母子家庭となった嫁が孫にヒステリー。68歳の女が同じ境遇だからこそ出来ること

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
あ、もおね、

相談者:
うん

加藤諦三:
もう、ほんとに僕も今、か、あのお・・
「その通りだなあ」と思いながらあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
聞いてたんですけど、

相談者:
はい

加藤諦三:
それはあ、お母さんとお、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたとが仲良くする事です。

相談者:
はい

加藤諦三:
あのねえ、これえ、お互いに悪口言うとねえ、

相談者:
うん

加藤諦三:
子どもはあ、あのお、調子のいい、ずるい子になっちゃうんですよ。

相談者:
ああ、なるほどねえ。

加藤諦三:
こっちに、おばあちゃんとこに行ってえ、いい顔してえ、

相談者:
ああ、はい

加藤諦三:
お母さんのとこで、いい顔するう、っていう、

相談者:
なるほどお、

加藤諦三:
その場その場のねえ、凄い調子のいい子になっちゃって、これ、物凄く悪い影響です。

相談者:
はい

加藤諦三:
だから、お互いに悪口を言わないと、

相談者:
はい

加藤諦三:
それで、あとは、もう一つねえ、

相談者:
うん

加藤諦三:
どういう、おかあ、ああのお、お母さんに、そのアドバイスって先程、言いましたけどねえ、

相談者:
うん

加藤諦三:
あの、「出ていけ」までは良いけれどもお、

相談者:
ああ、そうですか・・はい

加藤諦三:
あの、「お母さん、知らない」って言って、どっか行っちゃう、

相談者:
はい

加藤諦三:
「これだけは、止めなさい」っていう事をねえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
言っといて下さい。

相談者:
はい、分かりました。

加藤諦三:
よろしいでしょうか。

相談者:
ありがとうございますう。

加藤諦三:
はい、どうもお、失礼しますう。

相談者:
どうもありがとうございましたあ。
失礼します。

加藤諦三:
子どもの心を、より深く傷つけるのは、
「出て行けえ」より、
「お母さん、出て行く」です。



コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。