夫が定年。息子も独立して夫婦2人きり。夫の変化に戸惑う妻


(再びパーソナリティ)

今井通子:
あ、おわ、お分かりいただけましたか?

相談者:
あー、はい、分かりました。

今井通子:
わたしあの、一つだけ気になることがあるんだけど、

相談者:
はい

今井通子:
三石先生が、「家のことは全部任せてください」って言われたけど、

三石由起子:
うん

今井通子:
そういうのって、家計費だけのことよ。

三石由起子:
あ、は、あん、あん

相談者:
はい

三石由起子:
うん

今井通子:
そうしてください。

相談者:
はい

三石由起子:
はい

相談者:
どうもありがとうございました。

今井通子:
はい、どうもお

三石由起子:
はい、楽しんでえ。

相談者:
はーい、ありがとうございましたあ。

三石由起子:
お幸せにい

今井通子:
はい、失礼しまーす。

相談者:
はい、失礼いたしまーす。

(内容ここまで)

こんなんは、テレ人じゃなく、「なんだフォン」(*)で十分。

(*)なんだフォン:
ニッポン放送の日曜日午前の生番組、「三宅裕司のサンデーヒットパラダイス」のコーナー「なんだろうテレフォン」の略。
リスナーが電話で愚痴や失敗談をしゃべって、三宅がオチを付ける。

 

ゴメンね、タイトルでちょっと釣って。
だって、内容が平和すぎて。

どこが釣ってるのか分からない?
あ、そ。
トボけんでもいい。それならそれでいいです。

いや、加藤芳郎(古!)さんなら、
「夜はどうなの?」
って聞くのがお約束だったとか。

この質問一つで良いコンテンツになるんだけどねえ。
加藤芳郎氏の後を継ぐパーソナリティは今いないんだわ。

 

なんか、聴いてて最後の中流って感じがしてね。
経済的にも夫婦円満こそが何よりの武器になるんだなって思った。

息子2人学校出して、あとは、悠々自適とはいかないけど、働かなくても、好きなことやって暮らす。

そら苦労はあったさ。
でも真面目に、てか、普通にやってれば、勝ちとか負けとかなく、皆んなここまでは来れたんだよ。



夫が定年。息子も独立して夫婦2人きり。夫の変化に戸惑う妻」への2件のフィードバック

  1. 浅い浅すぎる
    どのツラ下げて電話してきたのか?
    いつも思うけど、三石さん
    クドイ、同じ事何回も繰り返すだけで。
    あーウンザリする

  2. まだ50代でしょ。これからが、長アアア~いのよ~ン。まだまだ老後じゃ無いのよ~ン。取りあえず小手先で乗り切って・・って事でしょうね。

コメントはお気軽にどうぞ