親の責任とは?、一人娘が高校の学費を稼ぐ約束を破って愛情が薄れる無職男

テレフォン人生相談 2018年11月19日 月曜日

娘は小学5年秋から不登校になって中2まで保健室登校が続いたものの、妻のスマホを娘が借りて知り合ったネット上の男のアドバイスで学校に行くようになり、娘が希望する私立高校に進学。
相談者は求職中で、私立に行く条件として学費の一部を娘がバイトで稼ぐ約束だった。
一年生は原則バイトが出来ないのを家庭の事情で認めてもらったが、今度は娘の方が働く気が失せたもよう。
約束を果たさない娘への愛情が薄れてきた。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 男52歳 妻45歳 娘16歳(高1)

今日の一言: なし

続きを読む 親の責任とは?、一人娘が高校の学費を稼ぐ約束を破って愛情が薄れる無職男