親の責任とは?、一人娘が高校の学費を稼ぐ約束を破って愛情が薄れる無職男


テレフォン人生相談 2018年11月19日 月曜日

娘は小学5年秋から不登校になって中2まで保健室登校が続いたものの、妻のスマホを娘が借りて知り合ったネット上の男のアドバイスで学校に行くようになり、娘が希望する私立高校に進学。
相談者は求職中で、私立に行く条件として学費の一部を娘がバイトで稼ぐ約束だった。
一年生は原則バイトが出来ないのを家庭の事情で認めてもらったが、今度は娘の方が働く気が失せたもよう。
約束を果たさない娘への愛情が薄れてきた。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 男52歳 妻45歳 娘16歳(高1)

今日の一言: なし

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
よろしくお願いします。

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。
はい、最初に年齢教えて下さい。

相談者:
はい。52歳になります。

加藤諦三:
52歳。結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
えーと奥さん何歳ですか?

相談者:
えー妻、45歳です。

加藤諦三:
45歳、お子さんは?

相談者:
えー、一人だけで、娘が、まもなく16歳になります。

加藤諦三:
は、はい、分かりました。で、どんな相談ですか?

相談者:
はい、娘の、おー、件なんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
この春、うー高校、ま、私学なんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、高校に入学いたしまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしが私学、高校に入れる条件として、

加藤諦三:
はい

相談者:
最低限、学校の授業料とかの、あの、納入金とか、そういうのだけでも・・自分で・・アルバイトして、えー、稼ぐという風な条件だったんで、

加藤諦三:
はい

相談者:
それを期待してたんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
まず学校の方が・・ま、一応、1学期は慣れるまで・・「アルバイトは」、ちょっと「控えて下さい」とはいうんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、事情を聞いたら、わたしの事情を聞いたら、「そうですか」って事で・・

加藤諦三:
はい

相談者:
認めつつあるんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
したら今度、子どもが・・働く気がなくなってしまったんで、

加藤諦三:
はい

相談者:
えーそうすると、じゃ、「最初の約束と違うじゃないか」という事で、

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと、わたしとしては、まあ・・ま、こんな、思いじゃいけないんですけども・・

加藤諦三:
はい

相談者:
子どもに対しての、愛情がちょっと・・時々薄れてしまう自分がいるので、

加藤諦三:
はい

相談者:
私学の・・偏差値レベルと同じ・・高校が、地元の、公立高校であるんですけども、

加藤諦三:
うん

相談者:
「そこに入れ」って言ったんですけども、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、どうしても、私立高校がいいって事で・・この学校に行きたいっていう条件は、自分で、アルバイトして・・「1万円でも」・・「2万円でも自分で」・・「働くから」って事で、

加藤諦三:
はい

相談者:
約束した、もんですから。

加藤諦三:
ああー

相談者:
行きたいっていう理由はですね、あの、ま、中学の時ほとんど不登校だったんで、

加藤諦三:
あー

相談者:
そいで、この、私立高校は・・まあ、そういった事情のある、お子さんが結構多いっていう事で、

加藤諦三:
はい

相談者:
中学の・・勉強から、やり直すっていう風な、カリキュラムみたいなんですよ。

加藤諦三:
うーん

相談者:
だから行きたいと。

加藤諦三:
ん、あ、そういう事ですか。んで不登校っていうのは、どの程度の不登校だったの?

相談者:
あの小学校5年生の秋にですね・・

加藤諦三:
はい

相談者:
当時のクラスの、おー、男の子から・・よく陰口叩かれたり、

加藤諦三:
うん

相談者:
ちょっと冷やかし、所謂、からかい、されまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
そいでえ、学校行かなくなって・・

加藤諦三:
・・はい

相談者:
えー中学2年生いっぱいまで、不登校だったんです。

加藤諦三:
結構長いですね。

相談者:
はい

加藤諦三:
小学校5年生からていうのは。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、不登校というのは完全に行かなかったの?それとも、ふこ、保健室には行っていたとか・・

相談者:
保健室にも行かなくて、朝学校に行って、
「おはようございます」と、挨拶して、

加藤諦三:
はい

相談者:
それで、出欠を確認して、それで、ま、すぐ帰るという風な・・パターンで・・

加藤諦三:
すと、1時間目の授業も受けないという事?

相談者:
はい

加藤諦三:
じゃ、クラスには全く出てないし・・

相談者:
中学2年生いっぱいまでは、クラスに1回も行かなかったです。

加藤諦三:
1回も行かなかったわけですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
で、その間(かん)、あの、カウンセラーの先生なんかとの、接触ってのはなかったんですか?

相談者:
あ、もちろんございましたけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、カウンセラーの先生との・・ま、ちょっと折り合いが、あまり、よろしくなくて。

加藤諦三:
あ、カウンセラーとの先生・・

相談者:
あ、あ、これはあの、親子じゃなくて、子どもと、そのカウンセラーの先生との・・

加藤諦三:
はい・・はい、はい、はい

相談者:
はい

加藤諦三:
要するにこの子からすれば、カウンセラーの先生も、だーれもわたしの事を分かってくれないと。

相談者:
はい

加藤諦三:
小学校5年生から、中学校2年生までね?

相談者:
はい

加藤諦三:
それで・・中学校3年の時には学校へ、行き始めたの?

相談者:
あのですね、これ、お恥ずかしんですけども・・

加藤諦三:
うん

相談者:
所謂う・・ま、携帯、ま、スマートフォンなんかチャットとか、なんか、色んな人と・・繋がるツールがあるじゃないですか。

加藤諦三:
はい

相談者:
それで、妻のスマートフォンを使って、

加藤諦三:
はい

相談者:
色んな人と、繋がりを持って、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、ある男性から、

加藤諦三:
は・・

相談者:
あの「高校ぐらい出てないと」・・

加藤諦三:
はい

相談者:
「ダメだよ」と言われて、

加藤諦三:
はい

相談者:
それで行く気になったんです。急に。

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
中、学校にですね、ホントはそれまでは「高校なんか行かない」っていう風な言い方だったんですけども。

加藤諦三:
うん、うん
見も知らない男性、で、出来た事なのに、ん何故・・

相談者:
結局、甘やかしていたのかな?という、ちょっと、今、今は考えております。

加藤諦三:
ふうーん、それは、あなたが考える「甘やかしていたから」っていうのは、具体的にはどういう事ですか?

相談者:
例えば、わたしは、あのお、その時は仕事をしてた、もん、あー、あの、仕事して、ちょっと病気で・・

加藤諦三:
はい

相談者:
途中で、あの、ダウンしたんですけども、

加藤諦三:
ええ

相談者:
まだ、仕事に関わっていたんで、

加藤諦三:
はい

相談者:
あまりい、関わりはなかったんですけども、

加藤諦三:
うん

相談者:
女房が車で、あの学校に行きまして、

加藤諦三:
うん

相談者:
送って行って、それで、ま、「おはようございます」だけで帰って来ると。あとは・・
「もう行きたくないから行かないんだ」と「いいよ」っていう風な事を、妻が、こう受け止めて。
あとは時には・・妻が感情が悪いと、起伏の・・変化が激しいんで。状態が悪い時は・・ま、ちょっとした事で、子どもに当たり散らすと。

加藤諦三:
・・ああ

相談者:
いう事で。
ま、わたしには、ちょっと、バカにした感じで、あと、妻には、ちょっと、こ、機嫌を伺う感じで・・いた感じがずっとあったもんですから。

加藤諦三:
うん。それで今は、あなたは・・あの働いていないという事で・・

相談者:
あ、今あ、まだあの、就活中、仕事を探してる、と、とこです。

加藤諦三:
せ、さ、探、してる中。今日はそうするとあなたはそういう状態の中で、

相談者:
はい

加藤諦三:
現実に、授業料を払うという事は非常に厳しいという・・

相談者:
授業料、ま、色んな行政の補助はありますけども・・文房具代とか・・

加藤諦三:
はい

相談者:
こう、そういった出費が、重なるので、

加藤諦三:
はい

相談者:
せめてそれだけは自分で、働いて・・というのが、当初の約束だったんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
それを実行できない、子どもがいるので・・えー、ま、それ、そんな事思っちゃいけないんですけども、ちょっと・・う、今の言葉で言うと、ウザくなったり、

加藤諦三:
うん

相談者:
する気持ちと・・◆#$%□&▽*+

加藤諦三:
ん、さっきのあなたの・・言葉でかえ・・言うと、

相談者:
はい

加藤諦三:
愛情が薄れてるという事ですね?

相談者:
そんな・・あの、自分が、少し半々出て来たんで。

加藤諦三:
はい。今日はあのスタジオに、心についてはですね・・

相談者:
はい

加藤諦三:
色んな深い洞察のエッセイを、書いていらっしゃるマドモアゼル愛先生がいらしてんので・・

相談者:
はい

加藤諦三:
伺って、てみたいと思います。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「親の責任とは?、一人娘が高校の学費を稼ぐ約束を破って愛情が薄れる無職男」への7件のフィードバック

  1. 私立高校の学費を本人のアルバイトで払わせる約束で入学許可する??不登校児多い私立高校だから?
    親としていくらなんでもおかしいだろ。
    やっぱり子供不登校児になってるし。
    リストラ(きっと)なってるし。
    次がなかなか見つからないし。

    奥さんどうした?パートは?奥さんのパート代出しても無理?救いようがないな。

    私立って無理して入れるところじゃないよね。

    この相談者の娘さんの私立とは全然違うのわかってる。だけど書かせてください。大した進学校でない(だからか?)私立中高一貫校に息子を入れた感想を!みんなスゴイ金がある〜子供に手がかからなくなったらパートするのが普通なんて思ってる人はいなかった!初の食事会で乗ってるスポーツカーの加速が良いのよって話に盛り上がってましたよ~あーあの時は驚いたわ。
    大人は笑ってその場限りで終わらせられるけど
    息子辛いみたい。みんなと話していると金銭感覚狂いそうって言ってますよ。

    普通バイトも禁止だし、きっと裕福な子がいるんでしょう。そんな中バイトするのは辛いよね~娘さんがんばって学校行っててエライ!どうにか卒業してほしい。
    そして親元離れな!

    でも確か年収1000万近くまでうちの県からは補助金出るはず。結構手厚いなって思った。うちは補助金もらえてないんですよ。それなのにね〜あの高校ね〜みんな年収どのくらいなのかなって思いながら話聞いてますよ。自分でもびっくりなんですがお金持ちの話楽しいです。

  2. なんとか娘の学費くらいは、相談者がバイトでもして、娘には苦労させたくない、っていうのが普通の考え方じゃないの?
    不登校経験して、頑張って、高校進学して、さぁ、これから、また高校通い続けられるかが踏ん張りどころなのに、自分で学費稼げ?

    娘は、多分、相談者に幻滅、軽蔑してる。母親に対しても、もしかしてそうなのかも。(これはちょっと分からないけど。)

    娘さんは、自分に対して親が頑張ってる姿をみて、自分もがんばろうと思うし、親に感謝する。

    私の親も、私が結婚式したとき、【○○(私)が、いつか海外旅行連れて行ってくれるかなぁ】とか言ってきて、悲しくなった。
    介護にしろ、その他にしろ、あからさまに親に当てにされると、なんかガッカリします。子どもには世話をかけない、と思って頑張ってくれてると、『旅行でも連れて行ってあげたいな』と思うもの。

    とにかく、相談者の、子どもに対して愛情の感じられない対応、娘さんに同情します。

    高校に進学しても、
    結局、学校ってシステムは、中学も高校も変わらない。高校の方が、中学ほど、生徒ひとりひとりをみてはくれない。
    学校って枠、システムがしんどいと感じる人が、違和感を感じながらも、登校し続けることはとても大変なこと。
    気の合う友人ができたら、かなり違うと思う。
    相談者!お前が、死に物狂いで働いて、子どもの学費稼いでこい!

    子どものせいに

  3. え?父親である貴方がまず働いたら?自分の無力を娘に頼ろうとしてないかい。こんな父親嫌だわ。

  4. ネットで知り合った男って……
    娘さん、危ういなあ。
    品性下劣な父親、
    存在感がボウフラ並みの母親、
    早く早く、娘さん、
    正体不明なネットの男なんかじゃなく、
    まともな支援を受けて、
    まっすぐ生きていってほしい。

  5. 品性下劣な父親、
    存在感がボウフラ以下の母親、
    こんな家、早く出て行ったほうがいい。
    この両親なら、そのうち娘に
    「おまえの学費はおまえの体で稼げ」とか、
    平気で口にするだろうから。

    正体不明なネットの男なんかじゃなく、
    まともな支援を受けて、
    娘さん、強く生きていってほしい。

  6. みじめすぎるだろ・・こいつ
    子供が心配じゃなくて
    自分(金)が心配だ、っていう・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。