鼻折られ、5千円取られ、家の前で物を燃やされるも、報復恐れて被害届けを躊躇


テレフォン人生相談 2018年1月19日 金曜日

高校生の息子が友人達とバイクに乗っていて、暴走族に因縁をつけられ負傷。仕返しが怖くて訴えないと言っているが、どう対処すれば?

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 女47歳 夫51歳 長男17歳 次男16歳

今日の一言: 世の中に正面から向き合う態度なくして、世の中のトラブルは解決できません。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
こんにちはぁ

加藤諦三:
あの最初に、年齢教えてください。

相談者:
40う、7です。

加藤諦三:
47歳

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、え、結婚してます?

相談者:
はい、してます。

加藤諦三:
えー、ご主人何歳でしょうか。

相談者:
51です。

加藤諦三:
51歳

相談者:
はい

加藤諦三:
お子さんは?

相談者:
2人います。長男17歳、次男が・・16です。

加藤諦三:
はい、分かりました、で、どんな相談ですか?

相談者:
はい・・えーとお・・ヘルメット。

加藤諦三:
ヘルメット?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい

相談者:
の、トラブルで、お電話しました。

加藤諦三:
はい・・どんなトラブルですか?

相談者:
え・・っとですね・・ちょっと、やん、ちゃな、子たちが、被るようなメットがあるんです。

加藤諦三:
や、普通のヘルメットと違う、んですか?

相談者:
あの、富士山が書いてあるのが、

加藤諦三:
はい

相談者:
やんちゃな子たちが・・

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、今、それが、暴走族の?、メットなん、らしいんです。

加藤諦三:
あー、そう、あの、そのヘルメットは、暴走族の中でも・・

相談者:
はい

加藤諦三:
愛好されてるというか・・

相談者:
はい。それが、たまたま、あのお、お友だちが持ってまして、

加藤諦三:
「友だちが持ってた」っていうのは・・この・・今、ヘルメットの話って、この17歳のお子さんの話?

相談者:
はい、そうです。
◆#$%

加藤諦三:
はい。17歳の・・

相談者:
はい

加藤諦三:
お子さんの・・

相談者:
はい

加藤諦三:
友だちが、

相談者:
はい

加藤諦三:
その今、言ってる富士山、の書いたような・・

相談者:
はい、メット・・

加藤諦三:
ヘルメットを持っていた?。はい

相談者:
はい、そうです。それえ、を、ちょっと被らせてもらったりしてまして、あのお・・

加藤諦三:
はい、息子さんが被ったっていう事ですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい

相談者:
それを、順繰り順繰り、他の、お友だち#$%◆・・

加藤諦三:
みんなが、みんなして・・

相談者:
はい

加藤諦三:
被った、次々被ったという事ね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、何人ぐらいで被ったんですか?

相談者:
うちのグループっていうのが、

加藤諦三:
はい

相談者:
6人ぐらいいるんですね。

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
それで、えーとお、他のグループが、

加藤諦三:
はい

相談者:
やっぱり、5、6人いるう、んですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
6人のグループの中の、1人だけが被って、ちょっと、遊びながら、こう・・しま?、あのお・・その・・

加藤諦三:
要するに、はい、6人が、

相談者:
はい

加藤諦三:
あのオートバイに乗って、

相談者:
はい

加藤諦三:
だーっと・・どっかを走ってた?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい

相談者:
はい

加藤諦三:
それで?

相談者:
それで、えーと、
「それはなんで被ってるんだ?」っていう、因縁を付けられまして・・いざこざがありまして、

加藤諦三:
いざこざっていうのは、どの、どの程度のいざこざですか?

相談者:
えっとお、鼻を折られ、た子が2人いて・・うちのグループの・・方で。

加藤諦三:
はい

相談者:
それでもう一人は、目の方を、青くう、なりまして、うちの子は、お金え、にするか、それか、焼きを入れるかっていう事で・・それで・・

加藤諦三:
つまり、それ、ごめんなさい、ちょっと、言ってる話の内容が掴めないんです。
元々・・その暴走族としてあなたの・・息子さんが暴走族の、な、仲間で?

相談者:
いや、暴走族じゃないんです。ちょっとだけやんちゃ?・・あの高校は、ちゃんと行ってますし・・ちょっと夕方、夜・・ぼ、あのお、バイクでちょっと遊びに行くぐらい・・な子なんです・・うちは。
たまたま・・あのカッコイイなと思って、その・・あのお、メットが・・なんかあ、流行ってるっていうのを、聞きつけまして、なんか、ちょっと被ってみたいなっていう事で、被・・ってたん・・ですよね、みんなで。
あのお・・たまたま、家の・・近所、で、たまたま遊んで、た、ところに、あの他の、チームが来まして、
「なんでそんなの被ってるんだ?」っていう事で・・あのいざこざが、あって、

加藤諦三:
うん、そのいざこざっていうのが、なんかちょっと・・お、大変な・・の、暴力事件ですよね?これは。

相談者:
はい、はい、それで・・

加藤諦三:
だから、なんで、そ・・

相談者:
「訴えよう」って言ってるんですが、
「訴えない」って言うんですね、本人たちは。
怖がって。
それで、どうしたら・・いいのか?・・っていうのが、ちょっと・・#$%◆

加藤諦三:
「どうしたらいい」っていうのは、このまま放っといた方がいいのか?、それともきちんと・・あの、暴力事件としてちゃんと・・

相談者:
はい

加藤諦三:
現実に、これだけ酷い事されてるわけですから、

相談者:
はい

加藤諦三:
「訴えなさい」という風に、どう説得したらいいか?という、そういう事ですね?

相談者:
はい、そうです。あのお・・

加藤諦三:
警察だって、こんだけの・・暴力事件が・・起きてれば、放っとかないでしょう。

相談者:
はい。本人たちが、怖が・・って、
「訴えない」って言ってるんので。

加藤諦三:
で・・警察には、報告してないんですよね?

相談者:
で、警察には、報告は・・してます。

加藤諦三:
で警察なんて言ってんの?

相談者:
ほんと・・
「訴えるんだったら訴えろ」って、言ってます。

加藤諦三:
んで、あなたの、そうすっと今日の相談ってのはどういう事ですか?

相談者:
・・どうすれば、説得できるかな?とおも・・

加藤諦三:
あ、要するに、この6人に、どう説得したらいいか?という・・

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
そういう相談ですか?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
はい、分かりました。あう、今日はスタジオに弁護士の坂井眞先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「鼻折られ、5千円取られ、家の前で物を燃やされるも、報復恐れて被害届けを躊躇」への1件のフィードバック

  1. なんや?そのふてくされた態度は
    平田勝男、二軍監督
    我が息子、事件は起きたが珍走団ではない
    暴走族という言葉に納得いかず相談者の態度は豹変する
    冒頭、この内容をヘルメットの話と切り出す強情さ
    不満を認めず黙ることで表現する攻撃性
    問題はもはや法的対処ではない
    ママの知らない悪い事、しこたましてるぞあんたの息子
    バカな息子やあなた自身、都合が悪くても認めることに活路あり
    クソボールやないかい!勘違いしたらあかん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。