男「無神経な妻の言葉が耐えられなくなってきた」どっちがやねん!


テレフォン人生相談 2018年1月25日 木曜日

無神経な妻の言葉が耐えられなくなってきた。老後にあたって、どう付き合っていけば?

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 高橋龍太郎(精神科医)

相談者: 男59歳 妻56歳 二人暮らし 長女30歳 次女28歳 長男21歳 子ども達は独立している

スポンサードリンク

ドリアン助川:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、どうもありがとうございます。よろしくお願いします。

ドリアン助川:
はい、よろしくお願いします。
えー今日どんなご相談でしょうか?

相談者:
あのお、妻との、関わり合いの・・えー、付き合い方について、あの、相談申し上げたいと思っています。

ドリアン助川
はい・・何か今、具体的な問題が起きてるんですか?

相談者:
あ、問題という事ではありません。あの、周りから見ると、普通に、平穏無事に過ごしていると、いう風に見えると思います。

ドリアン助川:
はい

相談者:
わたしが相当無理してるんです。ですから、わたしの心の問題だと思っています。

ドリアン助川:
ほうほうほうほ、えーっと、あなた様おいくつですか?

相談者:
59になります。

ドリアン助川:
59歳、奥様は?

相談者:
と、56になります。

ドリアン助川:
56歳、お子さんはいらっしゃるんですか?

相談者:
はい。3人おります。

ドリアン助川:
大体おいくつぐらいのお子さんですか?

相談者:
はい。えー上から・・30、28、21です。

ドリアン助川:
21、もうじゃあ、上の方のお子さんは、独立してらっしゃいますかね?

相談者:
はい、独立しています。3人共独立しています。

ドリアン助川:
えー、今、じゃ、一緒には住んでな、ないんですね?

相談者:
おりません、はい

ドリアン助川:
お二人でいらっしゃ・・

相談者:
今は、ふた、二人だけです。

ドリアン助川:
子育て終えて、

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、59、56と、いい、感じの年齢で、

相談者:
はい

ドリアン助川:
周囲から見ると平穏無事・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
で?

相談者:
そう思います。

ドリアン助川:
あなた様は何を我慢してらっしゃるんでしょう?

相談者:
妻の一言一言があ・・心に刺さってしまって、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、それに対して、まあ、話し合い、もしくは・・あの、お、申し、立てといいますかね?

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの・・こちらから言うと・・もう、10倍以上に、返って来ます。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、一つ一つが・・あのお、凄く、わたしの心にぐさぐさと刺さってしまって、

ドリアン助川:
うんー

相談者:
いつまでもつんだろう?と。

ドリアン助川:
はい

相談者:
はい、そういう気持ちです。

ドリアン助川:
なるほど。これはあのお、ね?、具体的にこういう事言われたっていうのがあると分かりやすいんですけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
例えばどんな事を奥さんおっしゃるんですか?

相談者:
一つ一つなんですね、つまらない事なんですが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
例えば一緒に・・テレビなんか見ていますと、

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、その時に、あの役柄にハマった役者さんの事を、一言例えばなんか・・グチったりしますよね?、普通に(苦笑)

ドリアン助川:
あなたが?

相談者:
や、例えば「下手だな」とか、

ドリアン助川:
はい

相談者:
「こんなんじゃ分かんないよな」とか、

ドリアン助川:
はい

相談者:
「だから駄目なんだよな」っていう、あの、普通に男の人だったらするような会話をすると(苦笑)、

ドリアン助川:
はい

相談者:
もういきなり怒り出したりします。

ドリアン助川:
うん、どんな風に怒るんですか?

相談者:
えー・・なんかそう「上から目線だ」とか、

ドリアン助川:
はい

相談者:
・・あの、ま、そんな感じですね。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
「馬鹿にしてる」とか、「上から目線だ」とか、

ドリアン助川:
はい

相談者:
「だから何なんだ」とか言って、現実う・・の・・い、一番嫌なところを、蔑視(?)持って来て・・まあ、それを言うんですね。

ドリアン助川:
うん

相談者:
向こうは攻撃してるつもりはないと思いますよ。恐らく・・わたしがどう受け止めるか?だと思うんです。

ドリアン助川:
うーん・・ま・・

相談者:
相手がどう言うかっていうよりも(含み笑い)わたしがどう受け止めるか?っていう問題だと思っています。

ドリアン助川:
うんなるほど。
あのお、ま、しかし・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
心にぐさぐさ来てるという事は・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
やはり、どこかで毒のある言葉も吐くんでしょうね?奥さん。

相談者:
・・毎日です。

ドリアン助川:
毎日?

相談者:
はい

ドリアン助川:
毎日毒を吐かれている?(苦笑)

相談者:
毒を吐かれています、フフ(苦笑)
わたしい、

ドリアン助川:
うーん、これあの、いつご、いつ頃からですか?

相談者:
あ、はい、あ・・それはですね、考えて見たら昔からかもしれませんが、あの、顕著にわたしがそう感じるようになったのは、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、3、4年ん、前ぐらいでしょうか。

ドリアン助川:
うーん、じゃ割と最近の事ですね?

相談者:
そうですね。

ドリアン助川:
うん

相談者:
最近だと思います。

ドリアン助川:
ま、あの、お子さん方が独立なさって、えー、今二人で暮らしてるわけですよね?

相談者:
はい、二人です。

ドリアン助川:
ですからもう話し相手となると、ま、夜などは奥さんだけですよね?

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
ですから余計その言葉一つ一つが・・砲弾のように飛び込んで来るわけですね?

相談者:
・・そうです。あの、ただあ、二人だけの、時い、で、二人の話をしてる時とか・・あまり問題はないんですね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、時々思い出したように、それが続いてしまいます。
あのきっかけは・・ほぼ、あの、娘が来たり、娘と連絡を取った後で・・そういう事になってしまいますね。

ドリアン助川:
ふうん、それはどうしてでしょう?

相談者:
ちょっと理由がありまして、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお・・娘上二人はいいんですけども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
が、あの、息子がですね、ちょっと罪を犯しまして、あのそういう・・

ドリアン助川:
息子さんというのは、

相談者:
はい

ドリアン助川:
い、一番下の?

相談者:
一番下の子です。

ドリアン助川:
え・・

相談者:
男の子です。

ドリアン助川:
上二人は女の子で、

相談者:
はい

ドリアン助川:
下が男の子なんですね?、はい

相談者:
はいそうです。

ドリアン助川:
はいはい

相談者:
女女男です。

ドリアン助川:
はい

相談者:
その男の子が、

ドリアン助川:
はい

相談者:
えー、所謂、罪を犯しまして。

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、施設に入・・ったんですね。で、その時に、ま当然裁判所・・家庭裁判所かかりますから、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、裁判官の前で色んな、事は、当然、会話があります。

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの裁判でなく審判ですが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、その時に、あのお、救ってやりたいっていう気持ちが、凄く、強くて。
・・わたしにはその救ってやりたいっていう気持ちだけだったんですけども。

ドリアン助川:
はい

相談者:
全面的にわたしが悪いっていう風に・・あ、申し訳ないですけど、仕向けてしまったっていうのあります。

ドリアン助川:
・・うん、仕向けた・・

相談者:
ですから・・

ドリアン助川:
うん、はい

相談者:
息子に、厳し過ぎたと。

ドリアン助川:
はい

相談者:
だから、喋りたい事も喋らせずに、やりたい事もやらせずに・・あの、とにかく愛情がなかったと、わたしが悪かったんですよ。
だからこんなんなってしまったと、「わたしがみ、最後まで見届けます」という事を、ま、裁判官の前で申し上げたりして。

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、その結果・・まあ、あの、ま、それなりの・・罪で・・ま、せ、罪は罪で背負うわけですけれども。
・・ま、それでおさ、納まっていったんですね。

ドリアン助川:
うんふん

相談者:
で、その時・・の・・ことで、うんその時、本当に、わたし、自身は・・意図的に、息子を救いたかっただけではなくて。
わたしい、自身、見直して、本当に反省したんです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
ですから、人間性が凄く変わったと思います。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
・・ていう事で、罪を認めて自責の念といいますか。まず自分を問うていう、態度に、人間が、変えられたんですよ。
人間ってこんなに変わるもんかと自分で感心するぐらい変わって・・

ドリアン助川:
あなたが変わったって事ですね?

相談者:
凄く今優しくなった、優しくなったと思います。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
その、タイミングで・・ま、娘達も含めて・・あの・・ま女房がですね・・わたしを攻撃モードに、入ってしまったんですよ(苦笑)。

ドリアン助川:
うん

相談者:
ですから、今まで言いたかった事、言えなかったんだと。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で・・これをきっかけに、もう言いたい事、言うようになったなっていうのは、思ってたんです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
だから、わたしはそれは・・自分も悪かったんだし、時間が解決すると思ってたんですけれども。

ドリアン助川:
はい

相談者:
ずーっとそれが続いています。

ドリアン助川:
ちょっと話を整理しますと、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー息子さんが、これは未成年の時に何か罪を犯してしまった。

相談者:
未成年です。はいそうです。

ドリアン助川:
でそれについて、お父さんとしては・・も救いたい一心で、自分の、非も・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
自分にも悪いところがあったと。

相談者:
はい「自分が悪い」と言いました。

ドリアン助川:
自分が悪いと。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、みんなの前でそれを語ったわけですね?

相談者:
そうです。はい、そうです。

ドリアン助川:
で・・あ、あなた自身、お父さん自身変わったと。

相談者:
・・変わりました。

ドリアン助川:
で、その瞬間からもう、我慢してたみんなの、も、ものが飛び込んで来るようになったという事ですね?

相談者:
その通りです。その通りです。

ドリアン助川:
はい。で、えー、では・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
あなた様の今日の、お悩みというか、

相談者:
はい

ドリアン助川:
うーん

相談者:
で、わたしの心の受け止め方の問題。

ドリアン助川:
心の受け止め方。

相談者:
はい

ドリアン助川:
もう、こういうふに・・

相談者:
それ、わたし自身の心だと思います。

ドリアン助川:
こういう風になってしまったと。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー

相談者:
相手をどう変えるかではなくて、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
もう変えようとして、あの、話し合いをすると大変な問題に、別の問題になってしまうので、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、そういう話はもうできないなあと思って、半分諦めてます。

ドリアン助川:
・・今でも・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
奥さんの事を・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
だけど・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
できれば・・前のように、

相談者:
はい

ドリアン助川:
こんな・・

相談者:
できればそうです。第一希望が、ま、それです。

ドリアン助川:
こんな、こと・・

相談者:
あの仲良くなりたいですよ。

ドリアン助川:
うん・・可愛い人が・・

相談者:
ま、普通にあの、ええ、老人、夫婦二人でいいので・・別に甘くなくてもいいので(苦笑)。

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、楽しく平穏に・・一緒に・・

ドリアン助川:
うん

相談者:
笑いながら暮らしてけたらいいなと思ってます。

ドリアン助川:
のためには・・

相談者:
それが第一希望です。はい

ドリアン助川:
あなたが何を心掛けるかという事ですね?

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
分かりました。

相談者:
ありがとうございます。

ドリアン助川:
えー、はい、えー今日の先生紹介いたします。

相談者:
はい

ドリアン助川:
精神科医の、高橋龍太郎先生です。よろしくお願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「男「無神経な妻の言葉が耐えられなくなってきた」どっちがやねん!」への1件のフィードバック

  1. こいつの〇ex、死ぬほどつまんなそうだな・・
    久々のわっかりやすいゴッリゴリのナルシスト
    龍もドリも飲んで別なことして忘れろって・・くだらねェ
    男が女房の不満、理屈つけて話す時点でケツ蹴りだわ
    男は黙って不器用な人間ですから自分
    その真は今ある現状を幸も不幸も受け入れて
    それでも自分の選んだ女房、子供もすべて己の結果だと
    黙して語らないからこそ不器用にみえる
    つまりは、この相談者、かなり、セコい、つまらん男

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。