息子の成長機会を搾取してきた母のムリな相談。魔法の杖を探す女69歳


テレフォン人生相談 2018年1月24日 水曜日

息子が多額の借金をする度に助けてきたが、今だに返済が残っている。もう助ける余裕はないが、どう対応すれば?

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女69歳 夫78歳 息子45歳 3人暮らし

今日の一言: 「これが最後」「これが最後」と言って何回もお金を貸すのは、縁を切られるのが寂しいからです。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
最初に、年齢を、教えてください。

相談者:
えーと69歳です。

加藤諦三:
69歳

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
えーご主人何歳ですか?

相談者:
78です。

加藤諦三:
78歳・・で、今は、お二人で暮らしてんの?

相談者:
えーと、3人です。

加藤諦三:
3人?

相談者:
はい

加藤諦三:
お子さんが1人いるんですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
何歳ですか?

相談者:
・・45です。

加藤諦三:
45さ、男の子女の子?

相談者:
男です。

加藤諦三:
男の子、はい、分かりました、それでどんな相談ですか?

相談者:
息子がちょっと借金をしてまして、

加藤諦三:
息子ってこの45歳の?

相談者:
はいそうです。

加藤諦三:
息子、しゃ、借金どのぐらいしてんの?

相談者:
・・200万ぐらいじゃないでしょう・・

加藤諦三:
200万ぐらい?

相談者:
2、300万ぐらいで、あと・・

加藤諦三:
2、300万、はい

相談者:
あと税金が、未払いのが、結構あると思います。

加藤諦三:
あーそうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
で・・どのぐらいの期間で、2、300万円借金なったの?

相談者:
そうですね、借金はですね、今まで何回もしてまして、

加藤諦三:
あ、ていうのは、借金をして、誰かが精算してあげて・・でまた借金をしてって、そういう事ですか・・

相談者:
あーそうですね、そういう事です。ま・・

加藤諦三:
あ・・と、何回ぐらい、そういうのを、周りが・・精算してあげたの?

相談者:
そうですねえ・・5、6回ぐらいありますかね?

加藤諦三:
かなりだね、何歳ぐらいから、その、借金始めたんですか?

相談者:
・・(息を吸い込んで)10う、10年以上になりますかしら。

加藤諦三:
な、で、も、そうすと30、歳ぐらいから借金を始めた。

相談者:
はい

加藤諦三:
この借金のあれは何ですか?、その生活のためとか、ギャンブルのためとか、仕事を始めちゃったとか。

相談者:
ギャンブルはやってない・・と思います。

加藤諦三:
あー・・

相談者:
はい

加藤諦三:
となんで、5、6回も、みんなは、精算した?

相談者:
あー、そーうですね、ハッキリは分からないですけれども・・ここ、一緒に住んでからは3年ぐらいになるんですけれど、

加藤諦三:
はい

相談者:
その前はあ、一人暮らししてましたので、

加藤諦三:
はい

相談者:
えー高いマンションん、の家賃住んだりとか、あとは生活でなんだかんだって無くなっちゃうんでしょうね、きっと。

加藤諦三:
そうすると、まあ働くのは働いて、給料はもらうけれども、そのお、給料に見合う生活をしてないと。

相談者:
あ、そういう事ですね。はい

加藤諦三:
高級な、服を着てみたり・・高級なレストラン行っちゃったり。

相談者:
えーそれが憧れでしょうね。

加藤諦三:
「それが憧れ」ねえ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
それで、だけど、多す、多いね、5、6回っていうのは。

相談者:
はい

加藤諦三:
普通、5、6回なる前にもう・・親も、愛想つかすって事は・・

相談者:
んーそこはちょっと(苦笑)・・親あ、としてこう、心理的にい、どうですかねえ。ま、心配してしまってえ・・

加藤諦三:
これはあれですか?、大体親が払ったの?・・それとも・・

相談者:
そうです。

加藤諦三:
あー

相談者:
そうです、はい。ま、主人があのお、働いてました時は、ま、ある程度収入がありましたので、

加藤諦三:
うん

相談者:
いんですけれど、ま、これから、もうホントの年金生活で、

加藤諦三:
うん

相談者:
経済的にも、もうホントに・・ごく普通の、あのお・・年金生活になってしまったので(苦笑)。おー、なんです・・

加藤諦三:
うん、で一応その、2、300万円っていうのはどういうところから借りてんですか?

相談者:
あの、カードローンですね、ほとんどね。

加藤諦三:
あー

相談者:
ええ

加藤諦三:
働くのはきちんと働いてん・・ですか?

相談者:
・・そうです、あのお、それは・・働いてますけども、まあちょっとこう・・色々、転々と、してまして、

加藤諦三:
ああ、一つのところには・・ん、お、おおよそどのぐらい?

相談者:
ええ、なが、えー、長くて、5年ぐらいですかねえ。

加藤諦三:
うーん

相談者:
ええ。ま、働くのは、ちゃんと働、きます。

加藤諦三:
・・一応、5、6年は、働いてまた、次に行って、2、3年働いてっていう・・

相談者:
ええ・・そ、ええ、それで長い、こ、えーと30う、ぐらいまでですか、ちょっと・・留学してましたので、

加藤諦三:
あ、30ぐらいまで?

相談者:
はいはい

加藤諦三:
要するに・・学校、何、大学卒業して留学したの?

相談者:
いえ

加藤諦三:
ど・・

相談者:
向こうの、
えー大学に行ってました。

加藤諦三:
「向こうの大学」って、国はどこですか?

相談者:
はい、えー、アメリカですかね。

加藤諦三:
アメリカですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
アメリカに留学してるというと、ま、高等学校出てからアメリカに行ったっていう事ね?

相談者:
そうですね、はい

加藤諦三:
ええ、で、どのぐらいいたの?

相談者:
えーと、結構おー・・卒業するのを、までが・・結構年数掛かりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
7、8年は、い、い・・

加藤諦三:
7、8年?

相談者:
いましたかね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
はい

加藤諦三:
それで日本に帰って来て、一応就職はしたけれども、その・・

相談者:
はい

加藤諦三:
・・だから留学も、ま、わ、ま、こういう言い方悪いけれども、カッコつけた留学・・なんか自分、自分ん・・

相談者:
いや、それはですね、

加藤諦三:
ええ

相談者:
高校を卒業しまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
じゃあどうするか?っていう事になりまして、

加藤諦三:
うん

相談者:
自然とそういう事が出て来たんですね。
えー、本人が、どうしてもしたいとかっていうわけじゃなくて、

加藤諦三:
うん

相談者:
まあ、そうしてみようかっていう、お互いの、あれですね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
ええ。ちょっと田舎の方でしたので、アメリカも。

加藤諦三:
うん

相談者:
で、それがとてもあのお、耐えられない、くて。

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、気候も寒いところでしたので、

加藤諦三:
うん

相談者:
自分であのお・・手続きをして、全部、自分が、準備して、あの転校したんですね。

加藤諦三:
うん

相談者:
で、転校した先が、結構お金掛かったところなので(苦笑)ずっと援助を、してました。

加藤諦三:
で・・

相談者:
あの学費とか。

加藤諦三:
借金そのものは総額として、ま、5、6回その精算したって、今は2、300万残ってるっていう事ですけど・・総額で、どのぐらいー・・払ってあげたんですか?

相談者:
そーうですね、ま、1千万から2千万ぐらいですかね。

加藤諦三:
1千万から2千万ね。はい

相談者:
はい

加藤諦三:
で、今日のあなたの相談というのはあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
まあ、単純に言えば・・困ったもんだ、どうしましょう?っていう事ですか?

相談者:
その大きな借金は払えませんけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ、例えばですね、

加藤諦三:
あはい

相談者:
ここで、あのお、ま、最悪の場合ですね、

加藤諦三:
はい

相談者:
仕事を辞めてしま、えば、また、無収入になるわけですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
そうしますと、あのお・・
「2万円貸してくれ」とか、

加藤諦三:
うん

相談者:
「5万円貸してくれないか」とか、

加藤諦三:
うん

相談者:
言われますよね?

加藤諦三:
あー

相談者:
そうしますと、

加藤諦三:
うん、そうか。

相談者:
あー

加藤諦三:
要するに2、300万円って額じゃなくて、
2、「2万」・・「貸してくれ」「3万貸してくれ」って言った時、どうしたらいいか?っていう・・

相談者:
ええ、そういう事ですね。ええ

加藤諦三:
そういう事ですね?

相談者:
ええ

加藤諦三:
はい、分かりました。今日はあのスタジオに弁護士の、中川潤先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「息子の成長機会を搾取してきた母のムリな相談。魔法の杖を探す女69歳」への2件のフィードバック

  1. ケンドー加藤の正気ですか?
    アラ50が 親からもらった 小遣いで
    この異常さを異常と思わないことが異常な相談者
    以上

  2. この相談者が更に年数重ねる(経済的にいよいよ赤信号)と、かの伝説「逆切れガチャ切り女教師」になるのかと思った。
    「毒親は子供の幸せを8割願う」という格言がある。そこそこ出世はしてほしい(老後の保証、自分のマウント材料)けど、自分を越えては欲しく無いから。
    この相談者は子供の幸せは2割だけ願っていたのかな。残りの8割に今押しつぶされそうになっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。