息子の成長機会を搾取してきた母のムリな相談。魔法の杖を探す女69歳


スポンサードリンク

(回答者に交代)

中川潤:
こんにちは、中川ですう。

相談者:
あーどうも。

中川潤:
あ・・

相談者:
あのよろしくお願いします。

中川潤:
はいー

相談者:
はい

中川潤:
ま、大変ん、だとは思うんだけど。

相談者:
え#$%◆

中川潤:
1回や2回なら分かんだけど、

相談者:
そうですねえ。

中川潤:
5回6回でしょ?

相談者:
そうですねえ。

中川潤:
で、その都度・・う、ハッキリした、そのお、し・・使い道の説明はないんですか?

相談者:
・・あー、
「何に使った?」とか、そういうのはあ、追及しないんです・・あの、深くは。

中川潤:
ちょっと、い、いくらなんでも、ルーズう、に・・

相談者:
そうですね。そうです・・

中川潤:
いや、ご両親がですよ。

相談者:
あ、ああー

中川潤:
ハッキリ言って(苦笑)。

相談者:
あ、親がですね。

中川潤:
はあ

相談者:
はい、はいはいはい。あのお、本人の希望としてはあ、自分で仕事をしたいと・・ま、それも具体的い、に、思ってるみたいなんですけれども。

中川潤:
「自分で仕事をしたい」って・・

相談者:
はい

中川潤:
どういう意味ですか?

相談者:
・・自分で企業を起こしたいっていう事ですね。

中川潤:
んな、できるわけないですよ、こんな人に。

相談者:
ええ

中川潤:
悪いけど。

相談者:
いや、それはわたしも、あのお、分かってますけど(苦笑)。

中川潤:
ていうか、ホントだったらね・・

相談者:
はい

中川潤:
普通、ここまで行く前に、

相談者:
ええ

中川潤:
自己破産さしてるんですよ。
なまじ、あなた方が、手を差し伸べるから、大体、あの、自己破産するう、パターンが、

相談者:
はい

中川潤:
おんなじパターンで、

相談者:
ええ

中川潤:
いいですか?

相談者:
それは分かってます(強い口調)。

中川潤:
ええ

相談者:
・・それは分かってるんです。

中川潤:
はあ

相談者:
ええ、おんなじパターン繰り返してる。

中川潤:
そうそうそうそうそう

相談者:
えーそして、あのお・・つい手を出してしまう。あの、ま、援助してしまう。

中川潤:
うん・・でも、わたし5回も6回も・・

相談者:
それがいけない事だっていうのは分かってるんです。

中川潤:
はいはいはいはい

相談者:
はい・・

中川潤:
・・だけどもっと早くに・・

相談者:
ですので、それ・・

中川潤:
やってやるべきだったんですよ。

相談者:
はい?

中川潤:
もっと早くにやってやるべきだったの。

相談者:
そうですね、はい

中川潤:
あの5回も6回も・・

相談者:
ええ、でも・・

中川潤:
手え、出したっていうのはね・・

相談者:
ええ

中川潤:
助けったいうのは、わたしあんまり聞いた事ないんでね、

相談者:
あーそうなん・・

中川潤:
大体ね・・あのお、2度か3度、限度ね?、うん

相談者:
ええ、主人は、「破産を、おー、させてもいい」っていうような事を、あのお、今まであのお・・何回もい、言いまし・・た。

中川潤:
はい

相談者:
ええ

中川潤:
はい、そしたら?

相談者:
えー、そうすっと、あの、う、でもあの、土壇場になるとお・・結局、あー、しない、ような結果になってしまうんですね。
・・本人も、あのお、それは、とても、嫌がってまして。

中川潤:
当たり前です。

相談者:
・・え(苦笑)

中川潤:
そんなもん!・・あの・・喜んで破産する人間なんて誰もいないもん。

相談者:
・・うんー

中川潤:
でもねえ・・あのお、奥様ね?

相談者:
はい

中川潤:
奥様とご主人の、生活を守るのか?

相談者:
はい(苦笑)

中川潤:
共々・・ね?

相談者:
はい

中川潤:
えーー、その、水の底に沈むのか?

相談者:
はい

中川潤:
すがりつかれて。

相談者:
はい

中川潤:
そういうレベルの話ですよ?

相談者:
あー、はい

中川潤:
で、それは・・なんでこんな、い、あのお、えげつない、わたしい、物の言いようするかっていうと、

相談者:
ええ全然構わない・・

中川潤:
もっと前に、もっと前にチャンスはあ・・ったはずなんですけども、

相談者:
ええ・・はい

中川潤:
ここまで引っ張ってしまったから・・

相談者:
はい

中川潤:
今あ、今必要なのは・・あの・・お、奥様とご主人の・・今の生活をね?

相談者:
はい

中川潤:
守らなきゃいけない。

相談者:
はい

中川潤:
で、これを、第一義に考えるとすれば、

相談者:
はい

中川潤:
息子さん、放り出すしかないです。

相談者:
あー、分かりました。

中川潤:
いやあ、分かり・・うん「分かりました」っておっしゃるんだけども、あの恐らくう・・それなされないんでしょうねえ?
奥様的には要するに・・なんか、両立させる方法はないか?、つまり、息子もそれなりに、ほいで自分たちの生活も守ってと・・いう事お、の思いがどっかにあるんだろうけども、

相談者:
あーは、はい

中川潤:
二兎を追うって事はできないんですよ。

相談者:
あーはあはあはあはあ、はい

中川潤:
そうすると・・ご自身の生活を守る事を考えれば・・

相談者:
ええ

中川潤:
・・もう、引導を渡すしかないですよお?

相談者:
・・

中川潤:
やっぱりお母さまもね?

相談者:
ええ

中川潤:
今の時点で、きちんと精算をさせる・・ね?

相談者:
ええ

中川潤:
ほで、ハッキリとした、その、そういう事によって意思表示をする。
お母さまのメッセージを送る。

相談者:
ええ

中川潤:
ほいで、自分で・・地道な職を見つけて来て・・一人で暮らす。

相談者:
ええ

中川潤:
という方向へ持って行かないと、

相談者:
ええ

中川潤:
お母さん自身が大変な事になってしまいますよ。

相談者:
え、そう思・・っててもですね、現実になるとですね・・どうしたら、も、いいもんかな?っていう・・

中川潤:
いやいや、断ち切らなきゃしょうがないじゃないですか。

相談者:
あー断ち切るわけですね。

中川潤:
はあ、やっぱり・・もう、ん、鬼になるしかないですよ、お母様的な・・

相談者:
うん、うん・・はい

中川潤:
お母さまの、その・・

相談者:
はいはい、はい、はい、はい

中川潤:
気持ちから・・すれば。

相談者:
はいはい、はい

中川潤:
鬼、と言われようと、

相談者:
え・・

中川潤:
夜叉と言われようと。

相談者:
ええ・・ええ、はい

中川潤:
どっかで線引きしなきゃしょうがないでしょ?という事言ってんの。

相談者:
あ、は、はははは

中川潤:
ハッキリ言ったら叩き出せっていう事ですよ。

相談者:
あー、はは・・あー

中川潤:
今の状態って、

相談者:
ええ

中川潤:
ただ、先送りなんですよ。

相談者:
あー先送りね。はあ

中川潤:
あー、で・・きちんとしたメッセージ送るって事です。
で、それを態度で示す。

相談者:
ええ

中川潤:
ほいで「あなたがやる事はこういう事だ」と。
「わたしが手伝えるのは、もうここが限度だ」と。

相談者:
・・はい

中川潤:
「あなたは、あと一人で生きて行きなさい」と。

相談者:
ええ

中川潤:
いう事をやるしかないんで、だという事だと、思います、わたし的には。

相談者:
・・あ・・

中川潤:
はい

相談者:
はい

中川潤:
加藤先生いかがですか?

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
ああ、まあ、中川先生「二兎を追う事はできない」と、「あなた鬼になる」って、言いましたけどね・・

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたの相談ね?

相談者:
ええ

加藤諦三:
無理な事を相談して来てんです。

相談者:
あーは・・

加藤諦三:
魔法の杖を教えてくださいっていう事ですよ。

相談者:
あー、はあ

加藤諦三:
「わたしがこれ以上苦しまないで」

相談者:
ええ

加藤諦三:
「なんかいい方法ないですか?」って言うんですよ。

相談者:
・・んそうですね、分かりました。

加藤諦三:
ん、あなたが変わる以外に、

相談者:
ええ

加藤諦三:
解決の方法は・・

相談者:
ええ

加藤諦三:
ありません。

相談者:
・・あ、はい

加藤諦三:
つまり今までのあなたの家は、

相談者:
ええ

加藤諦三:
世間体を気にする家だから。
・・だからこんな世間体を気にしながら・・

相談者:
ええ

加藤諦三:
今、また、「これどうしましょうか?」なんて・・
「正気かよ」って言いたいですよ。

相談者:
あー・・

加藤諦三:
逃げて逃げて逃げまくって来たの。

相談者:
はい

加藤諦三:
子どもへの愛情でもなんでもないんです。

相談者:
あーやっぱりね。

加藤諦三:
うん、あの、他人の重荷を代わって背負ってあげるっていう事はね?

相談者:
ええ

加藤諦三:
搾取するって事なんです。
重荷を背負う事で人は成長するんだから。

相談者:
ええ

加藤諦三:
息子の成長の機会を奪って来たのはあなたです。

相談者:
あー

加藤諦三:
重荷を代わって背負ったんじゃないです。

相談者:
うーん

加藤諦三:
成長を、妨害したの。

相談者:
あー

加藤諦三:
あなたが変わる以外に、

相談者:
はい

加藤諦三:
解決の方法はありません。

相談者:
分かりました。

加藤諦三:
はいどうも失礼します。

相談者:
はい

加藤諦三:
「これが最後」「これが最後」と言って何回もお金を貸すのは、縁を切られるのが寂しいからです。

スポンサードリンク


「息子の成長機会を搾取してきた母のムリな相談。魔法の杖を探す女69歳」への2件のフィードバック

  1. ケンドー加藤の正気ですか?
    アラ50が 親からもらった 小遣いで
    この異常さを異常と思わないことが異常な相談者
    以上

  2. この相談者が更に年数重ねる(経済的にいよいよ赤信号)と、かの伝説「逆切れガチャ切り女教師」になるのかと思った。
    「毒親は子供の幸せを8割願う」という格言がある。そこそこ出世はしてほしい(老後の保証、自分のマウント材料)けど、自分を越えては欲しく無いから。
    この相談者は子供の幸せは2割だけ願っていたのかな。残りの8割に今押しつぶされそうになっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。