調理師49歳主婦の転職相談がノロケに変わる


スポンサードリンク

(回答者に交代)

大原敬子:
こんにちは

相談者:
あ、こんにちはあ、よろしくお願い致しますう。

大原敬子:
いいえ、あのですねえ、

相談者:
はい

大原敬子:
今日の・・

相談者:
はい

大原敬子:
あなただけじゃなくって、

相談者:
はい

大原敬子:
わたしもそうなんですけども、

相談者:
あ、はい

大原敬子:
立ってる位置を・・

相談者:
はい

大原敬子:
自分の都合のいいようにすり替えると、

相談者:
はい、はい

大原敬子:
自分のやった後悔と悔しさを、

相談者:
はい

大原敬子:
相手に被せちゃうんですね。

相談者:
あーはい

大原敬子:
今回は夫なんです。

相談者:
はい

大原敬子:
つまり、まとめますとですね、

相談者:
はい

大原敬子:
まずですね、

相談者:
はい

大原敬子:
1つは、わたしは・・「いえ、主人の母」って言うけれども、

相談者:
はいはい

大原敬子:
その前に、選択肢が2つあって、

相談者:
はい

大原敬子:
どちらにしようかな?って決めてる時に、

相談者:
はい

大原敬子:
主人の話が来たと。母から。

相談者:
はいはい

大原敬子:
無意識にあなたの中に、

相談者:
あー

大原敬子:
主人の母から、

相談者:
フフ(苦笑)

大原敬子:
わたしを・・認めてくれた、証人ですよね?

相談者:
はいはい

大原敬子:
だから、つい、感情的でもいいから、嬉しくって、「ハイ」って返事してしまったんです。

相談者:
ハハハ(笑)はい

大原敬子:
その辺り・・もし、主人の母が・・

相談者:
はい

大原敬子:
紹介でね?

相談者:
はい

大原敬子:
「あなたのお嫁さん駄目ね」って言われても困るし。

相談者:
はい

大原敬子:
それから、その前に、

相談者:
はい

大原敬子:
えー仕事、2つ前ですかね?

相談者:
はい

大原敬子:
えー、人間関係がありましたね?

相談者:
はい、はいはい

大原敬子:
そういう事が・・被って来て、

相談者:
はい

大原敬子:
万が一、

相談者:
はい

大原敬子:
と思って来ると、気が重くなって来たところに、

相談者:
はい、はい

大原敬子:
ご主人さまが、

相談者:
はい

大原敬子:
2つの仕事をやっていましたね?

相談者:
はい

大原敬子:
で、1つは「正社員がいいよ」って・・

相談者:
はい

大原敬子:
言った時に、「今あなた」・・

相談者:
はい

大原敬子:
「うちは、経済的に大変なのよ」って。

相談者:
はいはい

大原敬子:
なのにあなたは、

相談者:
はい

大原敬子:
わたしが我慢をして、

相談者:
はい

大原敬子:
この主人の母のね・・

相談者:
はあ

大原敬子:
選択を決めたのに・・

相談者:
(笑)

大原敬子:
あなたは勝手に、

相談者:
はい

大原敬子:
「『僕は、厳しくって嫌だ』って言える?あなた」って事が、

相談者:
はいはい

大原敬子:
あなたの怒りなんですよ、違います?

相談者:
(笑)ホントに多分そうだと思います。

大原敬子:
ね?
じゃあ、それ何かというと、

相談者:
はい

大原敬子:
あなたご主人さま大好きなんですよ。

相談者:
はいはい、はい、はい

大原敬子:
で、いい妻・・

相談者:
はい

大原敬子:
もう姑からも、いい妻と思われたかったんです。

相談者:
はい、はい、もう、多分、おっしゃってる通りだと思います。

大原敬子:
そうでしょ?

相談者:
はい、もうわたし、はい、もう周りにいい子と思わ・・

大原敬子:
あー気付きました?

相談者:
やあ、いい人と思われたいと思う人間なんです、はい

大原敬子:
それは、まあ、

相談者:
はい

大原敬子:
あなた、だけではなくて、

相談者:
はい

大原敬子:
誰しもそうなんですけども。

相談者:
はい、はい

大原敬子:
それやってしまった時に、

相談者:
はい

大原敬子:
自分、その、やって、返事をした時は事実なんです。

相談者:
はい、そう、はい

大原敬子:
終わった後、「嫌だ、変な仕事引き受けたな」っていう感情が、

相談者:
あ・・

大原敬子:
ずーっと引きずっちゃうんです。

相談者:
(笑)はい

大原敬子:
その時ご主人さまは、
「いいよ、僕も、辛い仕事をやるよ」って言ったら、あなたはね、

相談者:
はい、はい

大原敬子:
しょうがない、やっぱり良かった、って思うんですけども、

相談者:
はい

大原敬子:
今度はガラっと変わりまして、

相談者:
はい

大原敬子:
わたしはキツい仕事選んだのに、

相談者:
はあ、はい

大原敬子:
あなたは選択するので・・自分のやってしまった、安易な行動の、

相談者:
はい、はい

大原敬子:
怒りをですね、

相談者:
はい

大原敬子:
ご主人さまに今向けてるんです。

相談者:
はあ、でもその通りだと思います。

大原敬子:
素直ですねえ。

相談者:
はい、はい(笑)

大原敬子:
でもね、これあなただ、だけではなくって、

相談者:
はい、はい

大原敬子:
誰しもこれやってしまうんですよ。

相談者:
#$%◆はい

大原敬子:
そうして段々、段々夫婦の中でね、

相談者:
はい、はい

大原敬子:
亀裂が来るんです。

相談者:
はい、あのだから、

大原敬子:
ええ

相談者:
わたしあの・・凄く、

大原敬子:
ええ

相談者:
あの・・主人と一緒に居て、

大原敬子:
うん、うん

相談者:
自分が大好きになれたんです。

大原敬子:
ですよね。

相談者:
元々は、自分の事大っ嫌いだったんですけど、

大原敬子:
あー

相談者:
でも凄くそういう、何て言いますか・・

大原敬子:
ええ

相談者:
人を楽しくさせる・・

大原敬子:
うん

相談者:
人なんですね。

大原敬子:
うん

相談者:
で、凄く一緒に居て・・凄くわたし、良かったなあっていつも思うんです。
でも、この、この、今のこのタイミングの・・この・・態度が物凄くなんかモヤモヤ、モヤモヤしてしまってえ・・#$%◆

大原敬子:
そのモヤモヤは・・

相談者:
はい、はい

大原敬子:
今度の就職先は、

相談者:
はい

大原敬子:
あなたに合ってるんです。と申しますのはね・・

相談者:
はいはい

大原敬子:
今まで全部、調理師でやっていましたね?

相談者:
はいはい

大原敬子:
自分と向き合う仕事はトラブルってないんですね。

相談者:
はあ

大原敬子:
ところが・・

相談者:
はい

大原敬子:
と、人間関係をおかしくしたのは、

相談者:
はいはい

大原敬子:
自分と向き合うんではなくって、

相談者:
はいはい

大原敬子:
人と人との繋がりだったんです。

相談者:
はあー

大原敬子:
今回の、

相談者:
はい

大原敬子:
で、次に、楽しかったでしょ?、今度のあのお、えー#$%◆

相談者:
はい、そうなんです、はいはい

大原敬子:
それを・・

相談者:
はい

大原敬子:
これがいいと思った時に、

相談者:
はい

大原敬子:
今もあれを選べば良かったなと思うかもしれませんけども、

相談者:
はいはいはい、あ・・はい

大原敬子:
それはたまたま・・合った同じグループであって、

相談者:
はい

大原敬子:
何年ぐらいかかりますか?、い、元の、職場に戻るのは。

相談者:
あ、いえ、その、半・・年後に、その、一応復帰できる事にはなってたんですけれども、

大原敬子:
ね、そうすっと、

相談者:
はい、はい

大原敬子:
時間の流れが変わって来ると、

相談者:
はいはい

大原敬子:
人の心も変わるんですよ。

相談者:
あー

大原敬子:
そうしますとね、

相談者:
はいはい

大原敬子:
わたしは・・あなたは一生懸命やってただけに、

相談者:
はい

大原敬子:
神様はいい、ご褒美下さったんじゃないですか?
と申しますのは・・

相談者:
はいはい

大原敬子:
自分と向き合う仕事、今度の幼稚園ですね、

相談者:
はい

大原敬子:
決してあなたは失敗なさらないと思いますよ。

相談者:
はあー、そうでしょうか。

大原敬子:
そしてね?

相談者:
はい

大原敬子:
あなたが・・

相談者:
はい

大原敬子:
地道に、今度はコミュニケーションよりも、

相談者:
はい

大原敬子:
優しさと笑顔で十分ですから。

相談者:
はあ、はい

大原敬子:
して、お母さまの紹介ですよね?

相談者:
はい、はい、はい

大原敬子:
あなたは夫を大好きですよね?

相談者:
はい

大原敬子:
これが、また人間関係だったら悩んでもいいんです。

相談者:
はいはい

大原敬子:
今あなたがね?

相談者:
はい

大原敬子:
非常になんとか、逡巡、迷ってるのは、

相談者:
はいはい

大原敬子:
さっきまでの楽しい職場を、

相談者:
はい

大原敬子:
まだしたい、って引きずってるんです。

相談者:
はあそうなんです、はい

大原敬子:
でも、人間って一つ一つの世界を踏む・・

相談者:
はい

大原敬子:
1つ終わったら、次の段階があるんですよね。

相談者:
はい

大原敬子:
その次の段階の時に、あなたが慣れ親しんだ・・

相談者:
はい

大原敬子:
調理の仕事ですよね?

相談者:
はい

大原敬子:
それ1点。

相談者:
はい

大原敬子:
しかもお母さまの紹介。

相談者:
はい

大原敬子:
であなた、今まで長くこれ勤めてました。

相談者:
はい

大原敬子:
お母さん・・との関係は、悪くなるはずがないんです。

相談者:
はあー

大原敬子:
今あなたが、億劫だっていうのはね・・

相談者:
はい

大原敬子:
頭、頭のどちらかにお母さまっていらっしゃるはずです。

相談者:
エッヘヘ(笑)

大原敬子:
フフ(笑)、ね?

相談者:
(笑)あの・・

大原敬子:
そう、この環境を上手く持って行くには、

相談者:
はい

大原敬子:
もう今回の職場で、

相談者:
はい

大原敬子:
失敗は許されないと思うかもしれませんけども、

相談者:
はい、はい、はい

大原敬子:
あなたはなさると思いますよ、ちゃんと。

相談者:
うわー

大原敬子:
で、次にですね。

相談者:
はい

大原敬子:
ご主人さまだけは、

相談者:
はいはい

大原敬子:
あなたに甘えられるんですね。

相談者:
・・はい

大原敬子:
お母さまよりもあなたに甘えてますね。

相談者:
はあー

大原敬子:
4つ年下なんでしょ?

相談者:
はい、そうです。

大原敬子:
普通男の人がね、「ボク、嫌だ」とは言わないんですよね。

相談者:
はあ(笑)

大原敬子:
「こんな会社嫌だ」って言える事は、

相談者:
はい

大原敬子:
彼は、居心地がいいんです。

相談者:
はあ、なんか凄くいつも、あのお、あの、凄く言ってくれるんです。あのお、
「わたしと結婚して良かった」っていつも言ってくれて、

大原敬子:
あなたも良かったわね。

相談者:
はい、だから・・凄く、

大原敬子:
ねえ

相談者:
はい、なんかあの・・いい人なんです。だからこう思うのが凄く、嫌なところ、があって、
この、な、なんでこの・・「え?」って思うのが凄く・・

大原敬子:
それ、自分の気持ちだったのね?

相談者:
(笑)はい

大原敬子:
わたしに、後悔してるから、

相談者:
はい

大原敬子:
その後悔、払拭するための怒りが・・

相談者:
はい

大原敬子:
ご主人さまに向けられた。

相談者:
はい

大原敬子:
それだけご夫婦仲いいんでしょうね。

相談者:
うん、多分だから、凄く、ありがとうございます、なんだかこう・・

大原敬子:
どうします?、そしたら・・

相談者:
はい

大原敬子:
お母さまの所に決まっても・・

相談者:
はい、はい

大原敬子:
ご主人さまが「僕、嫌だよ、この会社」って言っても、受け入れてあげられるでしょう?

相談者:
はい、大丈夫です。

大原敬子:
その時ご主人さま、手を合わせますよ。

相談者:
はい、なんか・・分かりまし・・

大原敬子:
僕の言ってる事が、とんでもない事言ってるって事、知ってますから。

相談者:
(苦笑)

大原敬子:
で、お母さまも知ってます。

相談者:
はい

大原敬子:
最終的には・・

相談者:
はい

大原敬子:
あなたが全部、大黒柱の母になるんじゃないの?
あなたが最終的に。

相談者:
あーいいやあ、(笑)

大原敬子:
お母さまとか、本当に・・

相談者:
(笑)

大原敬子:
ただ、あなたが素晴らしいのは、

相談者:
はい

大原敬子:
原点、

相談者:
はい

大原敬子:
どこに立ってる位置か?・・すぐに気づかれるとこですよね。
凄いですね。

相談者:
はあ、いえいえ

大原敬子:
今ね?

相談者:
はい

大原敬子:
今井先生に代わりますのでね?

相談者:
はい、すいません、ありがとうございました。

大原敬子:
先生お願いします。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

今井通子:
えー、お分かりいただけました?

相談者:
はい・・

今井通子:
というよりは、

相談者:
もう何か・・はい

今井通子:
あのお、モヤモヤは晴れましたか?

相談者:
はいもう、あの、ストンと腑に落ちました。

今井通子:
うん

相談者:
そうなんだと思って、はい

今井通子:
そう

相談者:
はい

今井通子:
大原先生がおっしゃったように、

相談者:
はい

今井通子:
考えられれば・・

相談者:
はい

今井通子:
これはもうね・・

大原敬子:
うん

相談者:
はい

今井通子:
何も考える事もないし、

相談者:
はい

今井通子:
モヤモヤ悩む事もなしですよね。

相談者:
はい、もう、もう・・

今井通子:
うん

相談者:
あの決まってしまった事なので、

今井通子:
うん

相談者:
あの、行った先で、

今井通子:
うん

相談者:
もう、明るく頑張ります。

今井通子:
うん

大原敬子:
あー

相談者:
はい

今井通子:
ですよね?

相談者:
はい

今井通子:
以上です。

相談者:
はい

大原敬子:
お幸せに。

相談者:
すいません、色々ありがとうございました。

今井通子:
はい、どうもー、失礼しまーす。

相談者:
はい、失礼致しますう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。