妻の行動がおかしいのか?夫の見方がおかしいのか?


スポンサードリンク

(回答者に交代)

大原敬子:
こんにちは

相談者:
あ、よろしくお願いします。

大原敬子:
あのお・・まず問題はね?

相談者:
はい

大原敬子:
やっぱり、夫婦関係が大きな問題ではないかな?と思ってるんですね、わたしは。

相談者:
はい

大原敬子:
それ、ちょっとお話しますとですね、

相談者:
はい

大原敬子:
まず、この色んな、止めさしたい、ズボンとパンツとかね?

相談者:
はい

大原敬子:
オッパイとか・・そのあなたが一つ一つあげてる事を、

相談者:
はい

大原敬子:
全部、卑猥(ひわい)とか、

相談者:
・・はい

大原敬子:
なぜこういう事、えっ、ま、嫌らしい事やってるんだろって、捉えるあなたの中に、わたしは、不思議でしょうがないんです。
笑いながらね、「止めろよ」っていうのはまだいいですよ。

相談者:
はい

大原敬子:
全部が・・なぜそういう事をするんだ?っていう、それを・・あなたが病的に捉える、あなたの心の中は何だろう?ってのわたしは気になってるんです。

相談者:
はい

大原敬子:
で、もう1つ。奥様のなさってる事は・・

相談者:
はい

大原敬子:
奥様・・二十歳で結婚してますよね?

相談者:
はい

大原敬子:
まだ、子どもですよね?

相談者:
はい

大原敬子:
まだ・・やってる事が、お尻チュウチュウするとか・・それ、子ども同士でもやる事が多いんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
だから、奥さんにとっては、精神的にはまだ子ども。

相談者:
はい

大原敬子:
でも、肉体的には、女性、お母さんになってるという、そのアンバランスの、ぶ、部分あるんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
こういう行為ってのは・・子育てをしてるお母さんの、

相談者:
はい

大原敬子:
10人中、6、7人これやってるんですね、こういう事。

相談者:
あ、はあはあ、はい

大原敬子:
それは、そりゃ、同じような事やってるわけじゃないですよ?

相談者:
はい

大原敬子:
でも、お尻とか、オッパイとか・・

相談者:
はい

大原敬子:
オッパイを飲ませるお母さんとか。

相談者:
はい

大原敬子:
これあるんです。

相談者:
はい

大原敬子:
んで、最後にですね、

相談者:
はい

大原敬子:
お尻とかオッパイを女性はどういう心理であるか?っての、お話したいと思うんです。

相談者:
・・

大原敬子:
女性にとって一番それ感じるところってオッパイなんです。

相談者:
はい

大原敬子:
そうすると、子どもに授乳をした時に、マリア様のような顔って言うでしょ?

相談者:
はい

大原敬子:
それは、確かに子どもを愛おしいって気持ちがもう#$%◆もあるんですね。
その中にもう1つ、子どもと、オッパイの関係の中で、自分が満たされる何かがあるんです。

相談者:
・・

大原敬子:
だから癒されるんですね、女性は。

相談者:
・・

大原敬子:
そうすると、夫との関係がなくっても、生きて行ける時あるんです。

相談者:
はい

大原敬子:
オッパイってのはそのぐらいに大事なところなんですね、女性にとっては。

相談者:
・・はい

大原敬子:
分かります?

相談者:
はい

大原敬子:
それから、あのお尻っていうのは、ホント可愛いんですよ、確かに。

相談者:
ええ、ええ

大原敬子:
ね?

相談者:
はい

大原敬子:
それで、その・・そのあなたが突然ね?、その
「ゲームやってると突然パンツを」って言いますけども・・

相談者:
はい

大原敬子:
それも、表現によって違って来るんですね。
オイタして、「悪戯(いたずら)するよー」ってぐじゅぐじゅぐじゅって、お母さんが、子どもに・・歩んで行きながら、パッ、パッて脱がして、チュッてやってるときもあるんですよね。それも親でないとできない事なんです。

相談者:
はい

大原敬子:
それも、いい意味悪い意味抜きにして、コミュニケーションなんですよ。

相談者:
はい

大原敬子:
ね?、それを人がどう捉えるかです。

相談者:
はい

大原敬子:
そうすると、何がおかしいかというと、それを見ていた時のあなたがどう捉えるかによって違うって事ですよね?

相談者:
・・

大原敬子:
で、性に・・を、置いてしまうと、
「いや、ま、妻はね、すごく学校の先生云々はよくやってるんです」ってのは、客観的に非常に・・捉えてるんです、あなたが。

相談者:
はい

大原敬子:
そうすると、あなたの心の状態。

相談者:
はい

大原敬子:
それから、自分の年齢、年齢差、妻との関係・・で、妻がまだ若い。31歳、まだほんとに、よく、頑張って、2人のお子さんを・・育てあげたなってわたしは思ってるんです。

相談者:
はい

大原敬子:
それでね?、まず問題はね?

相談者:
はい

大原敬子:
子どもが叩いてるんですよ、とかね?

相談者:
はい

大原敬子:
それから、いないところで、そーっとね、誰も見てないところで、やってるんです、って、これ、確かに問題かもしれません。
オープンですよね?、みんなの前で。

相談者:
はい

大原敬子:
そうすると、これは、じゃれ合ってるとも取れるんです。

相談者:
はい

大原敬子:
そうでしょう?

相談者:
はい

大原敬子:
わたしが、「妻は病気でしょうか?」っていうのが・・子どもが叩くんだと、妻がね?

相談者:
はい

大原敬子:
それからもう1つは、そういうその、オッパイ云々っていうのがね、誰もいないところで・・

相談者:
はい

大原敬子:
強引に仕向けたって、そしたらこれちょっと問題ですけども、

相談者:
ええ

大原敬子:
携帯で写してあなたに見せるって事は・・

相談者:
はい

大原敬子:
やっぱり、夫婦関係が大きな問題ではないかな?って思ってるんですね、わたしは。

相談者:
・・

大原敬子:
お互いに、お互いの心を話してないって事ですよね。

相談者:
はい

大原敬子:
そこに・・今日の、問題があるような気がするんです。それさえ・・多分あなたはその意味を知ってるはずなんですよ。
知っているけれども・・そんな馬鹿な、僕はそうじゃないと思うと、やっぱり妻のやってる行為がおかしいんだってなってしまうんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
妻も、あなたに対して、すべての事を、さらけ出す事ができない。
結局これだけ年上だったら、甘えられるんですけども、

相談者:
はい

大原敬子:
あなたが・・ガードが強いのか?、なんかお互いに、年齢差があるわりには、甘え・・られないし・・こちらも、余裕があって妻を見る事ができないっていう、今、そういう関係ではないかと、わたしは思ってるんですよ。彼女からすると・・

相談者:
はい

大原敬子:
・・この年齢差っていうのはあなたに甘えたいんですね。

相談者:
・・はい

大原敬子:
だけど、彼女と同じ年齢のような感じで、対応してたら、彼女は・・あなたに、求める事ができなくなるんですよ。

相談者:
あ、それは、そういう対応してる、と思います。

大原敬子:
でも、それはあなた無理してるでしょ?、ホントは。

相談者:
ま、無理し・・てるようには思ってなかったんですけど、どっかで無理してたん・・でしょうか・・

大原敬子:
うん
わたしこの全部がね、じゃれ合ってる関係なんですよ。見方によっては。

相談者:
はい

大原敬子:
でも、見方によっては非常に性的な問題になってるわけですよ。

相談者:
・・

大原敬子:
見る人の・・

相談者:
ええ、ええ

大原敬子:
願望欲求が、そういう目で見ちゃうんです。
・・それが心なんですよ。

相談者:
はい

大原敬子:
もしあなたが、そうか、僕、こういう欲求があったんだなって思った時に・・

相談者:
はい

大原敬子:
奥さんのやってる行為が理解できると思いますよ。

相談者:
・・

大原敬子:
もっと僕が・・あなたがですね?、成熟した大人と思うかもしれないけれども、まだお若いわけですから、

相談者:
はい

大原敬子:
弾けてもいいんじゃないの?

相談者:
はい

大原敬子:
それを彼女は求めてると思うんですよ。
でもあなたが、まあ、まあ、まあ、まあと、ご隠居さんみたいにやってしまうから、

相談者:
はい

大原敬子:
刺激を与えてるんでしょうね。

相談者:
なるほど

大原敬子:
先生いかがでしょうか?

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

今井通子:
はい。
あのお・・大原先生のおっしゃってる事お分かりいただけたかな?

相談者:
そうですね、や・・っぱり、あの・・ま、僕がやっぱり、妻に対してもその・・

今井通子:
うん

相談者:
ま、もっと本音で、はい

今井通子:
ズバリと言えばあ・・

相談者:
はい

今井通子:
あなたと奥様とがあ、

相談者:
はい

今井通子:
もうちょっと仲良くしてえ、

相談者:
はい

今井通子:
そのお、メイクラブのチャンスとかを、増やす必要があるっていう事ですよ。

相談者:
はい

今井通子:
うん。で、

相談者:
はい

今井通子:
確かに、子どものお尻可愛いしい・・

相談者:
はい

今井通子:
子どもにオッパイ無理矢理飲ませるのも、行動として・・

相談者:
はい

今井通子:
まだまだ大丈夫な、年ではあるけれど、

相談者:
はい

今井通子:
あなたが言ってるように、嫌々、嫌がる子ども。そこの部分はやっぱりね・・

相談者:
はい

今井通子:
子どもの人権を・・考えたら、

相談者:
はい

今井通子:
やらせちゃダメ。

相談者:
はい

今井通子:
で、それをやらせないためには、

相談者:
はい

今井通子:
まずあなたが・・

相談者:
はい

今井通子:
そんな事しなくても・・

相談者:
はい

今井通子:
奥様が・・

相談者:
はい

今井通子:
あなたとの絆に不安を感じないようにしてあげる事が一番だって。

相談者:
はい

今井通子:
そこを大原先生は言いたかったの。

相談者:
あ、は

今井通子:
うん

相談者:
はい。あー、よく分かりました、はい

今井通子:
はい。じゃ・・

相談者:
はい、すいません。ありがとうございます。

今井通子:
失礼しまーす。

相談者:
失礼します。

スポンサードリンク


「妻の行動がおかしいのか?夫の見方がおかしいのか?」への2件のフィードバック

  1. 旦那さんが関東、奥さんが関西
    だったら納得。
    遊び、余白のねー奴。てきとーとは違う

  2. 寂しさでペットを過剰に愛しすぎてしまう人と同じ状態だね。
    だからやっぱりこの旦那さんがもっと奥さんに対して色んな意味で愛情を見せないと、これは変わらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。