女「ちょくちょく居なくなる人やったから」去る者は追わず。失踪40年の今さら


テレフォン人生相談 2018年2月24日 土曜日

失踪した夫と離婚したい。
夫とは再婚。
女癖が悪く、ちょくちょく居なくなっていたので、探すこともなく、気づいたら40年。
自分亡き後、息子に迷惑を掛けないためにもちゃんとしておきたい。

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女77歳 夫76歳は40年前から失踪中
元夫との間に長男がいる。
失踪中の夫との間に次男がいるが同じく行方知れず。

スポンサードリンク

ドリアン助川:
もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、もしもし、よろしくお願いしまーす。

ドリアン助川:
はい、よろしくお願いします。
今日どんなご相談でしょうか?

相談者:
あのお、ちょっと失踪した夫の事で、

ドリアン助川:
・・はい

相談者:
あのお、死ぬ前、わたしがもう77歳なものですから、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ちょっと、離婚ん、とかそういうのを・・済ましておきたいなと思って、どうしたらいいのか?

ドリアン助川:
は、は、は、は、

相談者:
ご相談・・お願いしたいんですが。

ドリアン助川:
んー、旦那さん失踪されたんですね?

相談者:
はいー

ドリアン助川:
何年前ですか?

相談者:
40年前ぐらいなんです。

ドリアン助川:
40年前?!

相談者:
は、はい(苦笑)

ドリアン助川:
40年前というと、まだあ、あなたが37歳の時?

相談者:
そうですう。

ドリアン助川:
あらあ、そん時、その失踪した旦那さんはおいくつだったんですか?

相談者:
・・1つ、下でしたね、36です。

ドリアン助川:
1つ下、36歳。

相談者:
・・はい

ドリアン助川:
でもこれえ、あのお、どこかで生きて、い、い、いらっしゃるとしても、もう76歳っていう事ですね?

相談者:
そうですねえ。

ドリアン助川:
ふうーん

相談者:
女性と一緒だったもんですからあ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
・・わたしも放っと、放っといたんですよねえ。

ドリアン助川:
あー、
ま、昔あの、蒸発という言葉がやたら流行った時期ありましたけども。

相談者:
そうです。そうです。

ドリアン助川:
所謂、その、1人でポッといなくなったというの、ではなくて、

相談者:
なくて。

ドリアン助川:
相手に女性がいた?

相談者:
はい、そういうの、ことが時々、あったんですよね。

ドリアン助川:
ふうーーん・・
とはいえ、ちょっともう少し詳しく教えて下さいね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
旦那さんが40年前に失踪された時というのは、旦那さんは仕事されていたんですか?

相談者:
・・あの調理師い・・のようなも・・

ドリアン助川:
調理師?

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、この時は、どこかにお勤め、だったわけですね?

相談者:
はい、そうです。

ドリアン助川:
という事はあ・・家からいなくなっても、

相談者:
はい

ドリアン助川:
そのお、旦那さんがどこにいるかという事は、つ、突き止める事は可能だったわけですよね?

相談者:
・・そうですね。

ドリアン助川:
ええ、でも突き止めなかった?

相談者:
なかったです。

ドリアン助川:
うん

相談者:
んもう、しょっちゅうやってたもんだ・・

ドリアン助川:
ああ

相談者:
の事なんで、

ドリアン助川:
よく出て行く旦那さんだったんだ?

相談者:
そうなんです。

ドリアン助川:
はあ

相談者:
時々いなくなっちゃうんです。

ドリアン助川:
うーん。で、大体その女性関係で?

相談者:
はい

ドリアン助川:
あー
じゃ、またかと思って。

相談者:
またって事でしょうね・・

ドリアン助川:
へえ

相談者:
結局う、働い、てんだか働いてないんだか、給料はないし、

ドリアン助川:
ふうーんー
「給料ない」っていうのは、あの・・ご結婚は何年前なんでしょう?

相談者:
・・7年ぐらい前ですね?

ドリアン助川:
ええ、ええ

相談者:
その前のね?

ドリアン助川:
ええ
・・あ・・

相談者:
それでえ、

ドリアン助川:
じゃ、結婚なさったのはあなた様おいくつん時ですか?

相談者:
20う・・いくつかな?・・分かん・・(苦笑)

ドリアン助川:
20いくつかの時にご結婚なさった?

相談者:
はい・・はい

ドリアン助川:
ま、じゃ、50年ぐらい前ですね?

相談者:
ええ

ドリアン助川
50年、ぐらい前に結婚なさって、

相談者:
はい

ドリアン助川
ん、10年ん、ぐらいにして出てっちゃったって事ですね?
旦那さんが。

相談者:
そうなんです。

ドリアン助川:
うーん、お子さんは、いらっしゃるんですか?

相談者:
子どもはあ・・あの、わたしが・・最初の・・旦那の子が1人と、

ドリアン助川:
はい

相談者:
その後に産まれた子が、小さ、あの、1人男の子がね?

ドリアン助川:
あ、じゃ再婚だったんですか?

相談者:
再婚です。

ドリアン助川:
再婚で・・あなた様も再婚だったと。

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、最初に・・お嬢さん?

相談者:
・・いえ、男の子です。

ドリアン助川:
男の子?
最初に男の子・・

相談者:
で、2番目も・・はい

ドリアン助川:
あ、じゃ、両方男の子?

相談者:
男の子。

ドリアン助川:
はいはい。でもう、独立なさってますね?

相談者:
ん、もう、独立してるんですけど、これも酷かった・・(苦笑)

ドリアン助川:
「これも酷かった」というのは・・お、お子さんが?

相談者:
ん、やっぱ、ええ

ドリアン助川:
あー

相談者:
あの・・子どもはね、あの、ちょっと体調ね、小さかったものですから、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、実家の方で・・あの、面倒看るっていう事でお願いして、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
で、その子が18ぐらいの時にちょっと事故起こして、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
で、「引き取ってくれ」って連れて来たんですよ。

ドリアン助川:
はい

相談者:
それもあまり良くなかったんだね、やっぱり(苦笑)。

ドリアン助川:
うーん。
色々、あのお・・

相談者:
で、その子も行方不明になって(苦笑)

ドリアン助川:
あ、これも行方不明?

相談者:
はい

ドリアン助川:
失礼ですけどこれは、上の子ですか、下のですか?

相談者:
下の子です。

ドリアン助川:
下の子。

相談者:
あのお、実家へ預けてた子が、

ドリアン助川:
はい

相談者:
・・やはり、ね、両親いないもんですから。

ドリアン助川:
うーん・・で今は、どこにいるか分かるんですか?

相談者:
今、あの、分かるんですよね。

ドリアン助川:
えー、ちゃんと、

相談者:
一応調べれば。

ドリアン助川:
え?、調べれば。
え・・

相談者:
あ、あの、「居場所を探さないでくれ」って言われて、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
それで会ってないんですけれども。

ドリアン助川:
はい。
じゃ今、会えるのは誰ですか?

相談者:
・・ま、長男だけですね。

ドリアン助川:
長男?

相談者:
はい

ドリアン助川:
長男は、あなた・・のお子さん?

相談者:
の、最初の子どもです。

ドリアン助川:
最初の子ども?

相談者:
はい

ドリアン助川:
あの、前、の旦那さんとの間に作った子ども。

相談者:
はい、はい

ドリアン助川:
この長男はしっかりしてるの?

相談者:
しっかりしてますう。

ドリアン助川
あー。ようやく1人。

相談者:
・・はい

ドリアン助川:
はい、それで、えー今日のお悩、みというのは、

相談者:
はい

ドリアン助川:
今日のというか、これ40年間ですからねえ、失踪されてたのが。

相談者:
そうなんですよ。

ドリアン助川:
ずーっと、まあ・・心に引っかかってましたよね?

相談者:
引っかかる、心に引っかかってるし、仕事はしなきゃないし(苦笑)。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
借金は払わなきゃないしでね(苦笑)。

ドリアン助川:
借金てのは、ど、どういう借金ですか?

相談者:
あ、子どもがね・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
2番目のがあ・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
・・あの、今流行りの、なんですか、あの・・

ドリアン助川:
今流行りの・・

相談者:
あの、利息の高いところから借金して・・

ドリアン助川:
あー

相談者:
催促が来たりとか、

ドリアン助川:
あ、は、はいはい、うん

相談者:
長男のところへ取りに来たりとか、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
催促が来たりで、

ドリアン助川:
・・まあ

相談者:
そういうのみんな払ってたもんですから、

ドリアン助川:
下のお子さんが、ちょっと軌道から外れちゃったんですね?

相談者:
そうなんですよね。

ドリアン助川:
うーん
軌道からというか線路から。

相談者:
軌道・・そうそうそうそう・・

ドリアン助川:
で・・

相談者:
結局、父親はいない、わたしはいないわで、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
◆#$%・・わたしが結局恐らく・・実家でわたしが悪いって事で、

ドリアン助川:
うーんー

相談者:
あれされたんじゃないですかね?

ドリアン助川:
うーん

相談者:
連れて来た時はそうでもなかったんですけど。

ドリアン助川:
うーん・・
さてその・・旦那さんですけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
40年前に女性関連で・・これ多分女性関連って事ですね?

相談者:
そうです、それは分かってるんです。

ドリアン助川:
あ、それは分かってるんですか?

相談者:
はい

ドリアン助川:
それははっきりしてる?

相談者:
はい

ドリアン助川:
相手の、女性の事も分かってるんですか?

相談者:
分からないです、それは。

ドリアン助川:
それは分からない?

相談者:
はい

ドリアン助川:
ふうーん、んでも、なんで、分かってるんですか?女性関連だって。

相談者:
あの、あのね、しょっちゅう・・あったんですよ、そういう事が。

ドリアン助川:
ええ、ええ

相談者:
ええ

ドリアン助川:
いや、しょっちゅう、あったに・・

相談者:
で、時々いなくなっちゃうんです。

ドリアン助川:
うん・・でもその・・そうした・・

相談者:
もう・・

ドリアン助川:
浮気とかね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー・・いう事でいなくなっちゃう事が・・数多くあったにしても、

相談者:
はい

ドリアン助川:
この最後の、失踪から40年、帰って来てないっていう事は・・

相談者:
そうなんですよね。

ドリアン助川:
事件とか事故に巻き込まれた可能性もあるわけですよね?

相談者:
・・

ドリアン助川:
そういう疑いは持たなかった?

相談者:
持たなかったですね。

ドリアン助川:
うーん。
なんかその、今・・旦那さんが・・どこかで生きてる、らっしゃる、暮してらっしゃる、という情報はあるんですか?

相談者:
・・今は全然・・聞いてないです、わたし。

ドリアン助川:
んじゃもう・・その、最後に旦那さんの情報が入って来たの何年前ですか?

相談者:
・・居なくなってから・・

ドリアン助川:
あ、居なくなってから?

相談者:
はい。
えー、5年・・

ドリアン助川:
それで、そっから先はもう情報が全くないと。

相談者:
ないです。もう仕事で夢中になってたもんですから。

ドリアン助川:
うーん。
それで目下のところは、離婚を成立させたいという事なんですか?

相談者:
はい

ドリアン助川:
これ離婚は、なんかあ・・まあ、この現状だとね?

相談者:
ええ

ドリアン助川:
あの、あり得ると思うんですけども、それよりもその・・今、彼が生きてるのかどうかも、分からないという事・・

相談者:
そうなんです。

ドリアン助川:
なんですねえ。
で、これから調べる方法が・・

相談者:
はい、どうしたらいいのか、離婚・・

ドリアン助川:
あるのかどうか?という事も知りたいんですね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
・・分かりました。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、それでは、あのお・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
早速、伺ってみて下さい。

相談者:
すいません。

ドリアン助川:
弁護士の中川潤さんです。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「女「ちょくちょく居なくなる人やったから」去る者は追わず。失踪40年の今さら」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。