女「我々の生活を将来脅かす恐れのある舅姑は人としてどうなのか」


スポンサードリンク

(回答者に交代)

大迫恵美子:
もしもし?

相談者:
あはい、よろしくお願い致します。

大迫恵美子:
はい、こんにちは。
・・えーとですねえ、あの、向こうのね?、義理のお父さんお母さんの・・

相談者:
ええ

大迫恵美子:
考えている事をね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
それから、ま、あなたが考えている事。

相談者:
ええ

大迫恵美子:
これが、そのお、お互いに分かり合うのは・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
あー、相当難しいでしょうねえ。

相談者:
・・そうですね。主人もそう言・・ってたし、わたしもそうなんだろうなって。
理解してもらうのも、こちらが理解するのも無理なんだろうなあ・・っていうのは何かこう・・半ば分か・・り掛けていて、でも・・それをするにもやっぱり心の距離っていうのが近くなければ、気持ち良く出来ないんじゃないかなっていうのが凄く、あって、#$%◆

大迫恵美子:
あのねえ・・うーんと、まずそこのところはね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
えーと、多分あなたは間違っていると思うんですよ。

相談者:
あー、そうですか、はい(苦笑)

大迫恵美子:
それはね?・・えー、自分達の生活の中から犠牲を払って・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
手を差し伸べるっていう時にね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
気持ち良く出来るっていう事はないと思いますよ。

相談者:
・・たぶん(苦笑)そうですね。

大迫恵美子:
気持ち良くは出来ないですよ。

相談者:
はい

大迫恵美子:
だって迷惑な事なんですもん・・でしょ?

相談者:
そうですねえ・・何か理由があって努力してるのにその状況っていうなら、まだ分かるとは思うんです・・

大迫恵美子:
いや、それはね、言い訳だと思いますね。

相談者:
アッハハ(苦笑)

大迫恵美子:
分からないですよ。それだって迷惑ですよ。
だってあなた、はね?、ま・・あの、若いながらも自分の、子ども、達と、それから自分、達の、老後の事を考えてね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
えー、きちんと、計算して・・え、これならやれると。
ところがその・・それ以外の人に手を差し伸べるとね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
そういう考えてた事はみんな破たんするわけですよ。
そしたらそれはねえ・・迷惑でしょ?

相談者:
そうですね。

大迫恵美子:
あの、お父さんやね?、お母さんが怒るのは、

相談者:
うん

大迫恵美子:
要するに・・自分達の事を迷惑だと思ってるんだなっていう事が分かるからですよ。

相談者:
・・あー

大迫恵美子:
自分達の事を「『厄介もんだな』って思ってるんだな」っていう風に感じてるからなんですよ。

相談者:
はい

大迫恵美子:
だから怒ってるんですよ。

相談者:
うん

大迫恵美子:
で、それをね?・・まあ、あのあ、あなたが、
「だって思われるのは当然でしょ?」と。
「そんな生活態度でね?」

相談者:
うん

大迫恵美子:
「あなたの方が間違ってるでしょ?」って・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
考えてるでしょう?

相談者:
そうですね。

大迫恵美子:
あの、ま・・しっかりしてると思いますけど、あなたのおっしゃってる事はね。

相談者:
うん

大迫恵美子:
ま、正しいように聞こえますけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
でも・・ホントにそれが正しいんだろうか?と、いう事はちょっと思いますね。

相談者:
・・うーん

大迫恵美子:
40歳のあなたが、今作った計画がね?・・絶対正しくて、
その計さ、算に合わないお父さんとお母さんは間違ってるからね?・・も、77にもなってね?・・
「考え方変えろ」とか「生き方変えろ」とかね?・・それはそう簡単な事じゃないですよ?

相談者:
・・

大迫恵美子:
みんなね、嫌いだなと思いながらもね、

相談者:
うん

大迫恵美子:
仕方がないから手を差し伸べて、成り立ってるんですよ。
社会は。

相談者:
・・

大迫恵美子:
だからよく言うじゃないですか、嫁姑だとかね?

相談者:
うん

大迫恵美子:
色々親戚の悪口言うとか、

相談者:
うん

大迫恵美子:
そんな事もう・・も、多分、ね、人間が、人間という物が出来てからずーっとみんなやってる事だと思うんですけど、

相談者:
うん

大迫恵美子:
ま、それは関わり合いになるから悪口が出るんであってね、

相談者:
うん

大迫恵美子:
悪口が、あの、出ないって事は、も、誰もみんな親戚なんかと関わらないって事ですから、

相談者:
・・あー、はい

大迫恵美子:
でも、そんな風には生きて行けないでしょ?

相談者:
・・ん、そうですね、そこはあ、うんー、な、何て言ったらいいんですかね?、その、こう、関われないっていう、かん・・がえのつもりはなくて、それであっても、人として・・ていうのは・・

大迫恵美子:
いや、だからね?「人として」とか(苦笑)って言うけど、
・・あの「人として」っていう・・言葉はね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
ま、自分にしか使えないんですよ?
分かりますよね?

相談者:
・・うん自分を・・

大迫恵美子:
あなたは、その「人として」っていう、あの、何かの、おー、ま、測りをね?

相談者:
はあ

大迫恵美子:
義理のお父さんやお母さんにも当ててますよね?

相談者:
・・

大迫恵美子:
その生き方は人としてどうなの?って思ってるでしょう?

相談者:
・・そうですね。

大迫恵美子:
そんな事、言ってもしょうがないじゃないですか、も、77年も生きて来た人に向かって。

相談者:
・・

大迫恵美子:
それはもうね?、みんなそれぞれ、そ、生まれ育って来た、ところが違うんだから、

相談者:
うん

大迫恵美子:
あー、この家の人たち、変わってるなとかね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
自分の家(うち)とは違うなとかね。

相談者:
うん

大迫恵美子:
そら内心思う事は、あると思いますよ。
でも、まあ、そういうもんでしょ?、世の中って。

相談者:
うーん、はい

大迫恵美子:
でその、なんか「1年前にね?・・『お母さんが倒れたぞ』って」・・「お父さんから酔っ払って電話して来た」って事ですけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
それもね?・・ま、お父さんの立場からするとね?

相談者:
・・

大迫恵美子:
えー、お母さんが病気で倒れたのに、えー、息子のところへ、長男のところへ連絡も出来なかったと。・・いう事。
で、酔っ払った時にね?・・酔っ払った勢いでだけ・・電話を掛けて来たっていう事は・・んー、まあ、それはあなたがそんな気持ちにならないかもしれないですけど、
「あ、可哀想だな」と思うような話だと思いますよ。
それを聞いた時に、「あ、お父さんって可哀想だな」と思うような・・エピソードですよ、これ。

相談者:
・・可哀想というか、もう・・な、哀れだなと思いましたね、わたしは。

大迫恵美子:
うん。ま、「哀れだな」っていう言葉でもいいですよ。

相談者:
うん

大迫恵美子:
ま、その「哀れだな」っていう言い方にね?・・若干、あなたがなんか・・威張ってるように聞こえちゃうところはあるけれども、

相談者:
はい

大迫恵美子:
でも・・それはね?、あの、失敗してようと、生き方が嫌いだろうとね?・・可哀想な部分じゃないですかあ・・
で、そういうところがあるとね・・その人の事好きじゃないとか・・あんまり関わり合いになってホントに迷惑だとかね?、
思ったとしたって・・えー、可哀想だったらやっぱり、手を出さなきゃいけないんじゃないですか?

相談者:
・・

大迫恵美子:
「お母さん、どうなの?」ってね?、お見舞いに行くとか。
・・「あ、じゃあ、お母さんの顔見に行きます」って言うとかね?

相談者:
・・あー

大迫恵美子:
78歳と77歳の人に「これやれあれやれ」、「出来ない?不合格」、「じゃもう付き合わない」って、それは出来ないじゃないですか。

相談者:
・・そうですねえ。

大迫恵美子:
うーん
みんな色々考えが違う中で・・えー、何でもきっちり成功するためにこれしか出来ないっていう生き方じゃなくてね、

相談者:
はい

大迫恵美子:
あれもこれもそれも色々あって、失敗もあってね、迷惑もあって、だけど、そうやって人が色々関わってく、行く中で、何かは・・得られるんじゃないかな?ぐらいのね・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
そういう、事だと思うんですけどね。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)


女「我々の生活を将来脅かす恐れのある舅姑は人としてどうなのか」」への7件のフィードバック

  1. いつも読ませてもらっています。ありがとうございます。
    この相談者のような人と友達にもなりたくないし、ましてや息子のお嫁さんだったのなら…人としての思いやりとか優しさとか何も無いように感じてしまいます。

  2. 管理人さん、やっぱりタイトルに付けましたね。「我々」って!
    「ワレワレワー、ロボットデアルー。無計画ナ義父母ノ金遣イヲ改善スベクー、戦ウノデアルー」
    あ、ロボットに対して失礼な発言でした。昨今のロボちゃん達の方が、はるかに人間的。

  3. 70代後半の義父が医療保険入れていて、年金が25万ってすごいとおもいますけど、、、
    想像ですけど、自分たちは独身期間長く楽しんで、不妊治療とかお金つぎこんだ後の現実の不安を義両親にぶつけるなんて。

  4. 親への感謝って何なの?

    旦那を産んで育ててくれた親じゃないの?

    相談者側の親は優等生なんでしょうね、感謝しろよ。

    ドリ助がボケて道端で草食ってても、放っておいてあげてw

  5. 書き起こしってした事無いですが
    じっくり内容を確認しながらの作業なんだとしみじみ思いました

    いつもありがとうございます

    管理人さんのコメントが流石だわといつも思うのそのせいなんだなと再確認しました

    我々はって読むとそれほどでは無いけれど聞くと違和感すごそうですね

    2度読んでもちろん不快なんだけど、なんか腑に落ちない

    そこで管理人さんのコメント
    そうか不妊治療して…
    確かにアレは金かかる…まず保険見直すよクゥ〜管理人さんお見事です
    でも2人産めてよかったじゃん

  6. 管理用さんすごいです
    金の無心

    おそらく、学資保険をかけてくれとお願いしたのでは?
    断られたので、「人として」(=祖父として)と恨みになったのでは?

  7. さすが管理人さん。お見事。
    相談内容を私はラジオで聞いていたのですが、回答者の大迫先生も 結構イタイとこ突いてるなぁと思って聞いてましたが、私的には今一つ。
    そこでこのサイトにすぐにアクセスし、管理人様のコメントで やっと腑に落ちました。
    これからも鋭い視点からのコメント楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。