女「我々の生活を将来脅かす恐れのある舅姑は人としてどうなのか」


スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

ドリアン助川:
もしもし?

相談者:
はい

ドリアン助川:
あのお、僕はどちらかというとその義理のお父さんタイプの人間なので、自分がこの77歳の、お父さんだったら・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
正直どういう風に思うかなー?と思ったんですね。

相談者:
はい

ドリアン助川:
で・・ホント素直な事言うとね?

相談者:
うん

ドリアン助川:
「こんーなにしっかりした女性が長男に付いてくれてこれはいいな」と思うと思います。まず。
まず感謝の気持ちがあります。

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、もう一つはね?
「しかし我々は、あなた達に迷惑掛ける気は毛頭ない」と。

相談者:
はい

ドリアン助川:
「食べれなかったら雑草をね?、茹でて食べても生きてくから」・・ま、「こっちの事は放っといてくれよ」と。

相談者:
はい

ドリアン助川:
そういう気持ちも強く感じると思います。

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい。
とにかく、ん、毎日・・楽しんで下さいよぉ。

相談者:
はい、あの・・そういった方向に気持ちを持って行くように・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
したいと思います。はい

ドリアン助川:
よろしいですか?

相談者:
はい、ありがとうございました。

ドリアン助川:
はい、失礼しまーす。

相談者:
失礼いたします。

スポンサードリンク

(内容ここまで)

終始後ろで聞こえる幼子の声。
和むわぁ。

電話の主は優しいお母さん・・

じゃねえよ。

我々って・・
今日は受話器だから。
拡声器じゃないから。

 

女「義父だけで月で25万」

本当かいな。
妻の分を足せば30万超えるんだけど。

振込額って聞いたのを勘違いしてない?
年金支給は偶数月だよ。

いや、金額が夫婦二人の国民年金2ヶ月分と妙にぴったり合うからさ。
市営でつつましく暮らす現状ともしっくり来るし。

 

だけど、イマイチ解せんなあ。

要するに突き詰めれば、舅姑が自己の将来に備えた貯金をしていないってことしかないんだけど、それが、

「道徳的に考えが合わない」
「人とししてどうなのか」

どうしてこんな強烈な非難になるのかってこと。
いや、だから相談者がおかしいって言われりゃそうなんだけど、アタシ的には腑に落ちないの。

てか、分かった。

大迫 「お父さんが怒るのは自分達を厄介もんだって思ってるって感じるからなんですよ」

先生、違うの。

ドリ助  「しっかりした女性が長男に付いてくれて、まず感謝の気持ちがあります」

ナイッ!

 

女 「自分達の生活がギリギリいっぱいだねっていう認識になって、じゃ、自分達の親はどうなんだろうか?って、それぞれの親に話を聞きに行った」

この下り。
不自然極まりない。

真実はこう。
「親に無心に行った」

さらにそれを裏付ける女のセリフを引用しよう。
長めだが、もう一度じっくり読んでくれ。

女  「それでも主人は、みんなが不幸にならないために話そうとしたけれども、お金の話をしようとした時点でもう電話を何回も切ってたらしいんですね。
しつこく、また掛けてっていう感じでしてたらしんですけど、話すらできなかったっていう結論だったんです」

いくらなんでも将来を案じてのしつこさではない。
断っても断ってもしつこく無心してくる相談者夫婦。

義父 「そんな余裕はない」
息子 「一体、何に使ってんの?」

たぶん、こんなやりとり。

そら、義父だって怒る。
「言わんかったけど、去年お母さんは倒れて入院したんだぞ」

ね?
腑に落ちるでしょ?

 

もちろん、狡猾な相談者夫婦が頭を下げて無心なんてするわけがない。
そこで奇妙な論理を編み出した。


将来何かあったら、面倒を看るのはオレたち夫婦。
だから今のうちから、月々○万円をオレたちに預けとけばいいんだよ。

もっと言うと、相談者夫婦は無心をカモフラージュしているという自覚すらないのかもしれん。

これが相談者夫婦の言う「みんなが不幸にならないため」。

自分たちの正当性を心から信じて疑わない。
カツアゲにはカツアゲの論理がある。

これで女のイラ立ちも腑に落ちた。

夫唱婦随(*)。
末永くお幸せに。

(*)夫唱婦随:ふしょうふずい
理想の夫婦。
夫が言い出し、妻がそれについていく。


スポンサードリンク


女「我々の生活を将来脅かす恐れのある舅姑は人としてどうなのか」」への7件のフィードバック

  1. いつも読ませてもらっています。ありがとうございます。
    この相談者のような人と友達にもなりたくないし、ましてや息子のお嫁さんだったのなら…人としての思いやりとか優しさとか何も無いように感じてしまいます。

  2. 管理人さん、やっぱりタイトルに付けましたね。「我々」って!
    「ワレワレワー、ロボットデアルー。無計画ナ義父母ノ金遣イヲ改善スベクー、戦ウノデアルー」
    あ、ロボットに対して失礼な発言でした。昨今のロボちゃん達の方が、はるかに人間的。

  3. 70代後半の義父が医療保険入れていて、年金が25万ってすごいとおもいますけど、、、
    想像ですけど、自分たちは独身期間長く楽しんで、不妊治療とかお金つぎこんだ後の現実の不安を義両親にぶつけるなんて。

  4. 親への感謝って何なの?

    旦那を産んで育ててくれた親じゃないの?

    相談者側の親は優等生なんでしょうね、感謝しろよ。

    ドリ助がボケて道端で草食ってても、放っておいてあげてw

  5. 書き起こしってした事無いですが
    じっくり内容を確認しながらの作業なんだとしみじみ思いました

    いつもありがとうございます

    管理人さんのコメントが流石だわといつも思うのそのせいなんだなと再確認しました

    我々はって読むとそれほどでは無いけれど聞くと違和感すごそうですね

    2度読んでもちろん不快なんだけど、なんか腑に落ちない

    そこで管理人さんのコメント
    そうか不妊治療して…
    確かにアレは金かかる…まず保険見直すよクゥ〜管理人さんお見事です
    でも2人産めてよかったじゃん

  6. 管理用さんすごいです
    金の無心

    おそらく、学資保険をかけてくれとお願いしたのでは?
    断られたので、「人として」(=祖父として)と恨みになったのでは?

  7. さすが管理人さん。お見事。
    相談内容を私はラジオで聞いていたのですが、回答者の大迫先生も 結構イタイとこ突いてるなぁと思って聞いてましたが、私的には今一つ。
    そこでこのサイトにすぐにアクセスし、管理人様のコメントで やっと腑に落ちました。
    これからも鋭い視点からのコメント楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。