夫の浮気を目撃した娘の気遣いチクり。「お母さんより年いっててブスだったよ」


テレフォン人生相談 2018年4月6日 金曜日

浮気夫のについて娘19歳との共有のし方。家族円満で別れる気もない場合。
夫が幾度も浮気をしてきたことは、私の心の中に仕舞っていた。ところが娘が夫の浮気現場に遭遇。娘に真実を話すべきか?

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 女49歳 夫48歳 一人娘19歳大学1年生

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい?

相談者:
あ、もしもし

今井通子:
テレフォン人生相談でーす。

相談者:
あ、よろしくお願い致します。

今井通子:
はい。
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
あの主人の、浮気癖が、

今井通子:
あら。

相談者:
酷いんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
ま、わたしに、ちょっと事情がありまして、

今井通子:
ええ

相談者:
えー、離婚は、しないよう、に、も、心の中で留めておこうと、わたしの。
・・思っていたんですが、

今井通子:
ああ、はいはい

相談者:
えー・・娘が19歳・・大学1年生、でいるんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
たまたま、あの、主人が、他の女の人と手を繋いで歩いてるのを、

今井通子:
ええ

相談者:
目撃してしまったらしくって(苦笑)、

今井通子:
あー

相談者:
それで、子どもには、隠しておこうって、ずっと思ってたんです、けれども、

今井通子:
ええ

相談者:
現場を見てしま・・ってるものですから、

今井通子:
はあー

相談者:
ええ・・これを、本人に、

今井通子:
ええ

相談者:
事実を言うべきなのか?

今井通子:
ふうーん

相談者:
それとも、誤魔化して、このまま行くべきなのか?
その事について、ちょっと悩んでいます。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
あなたはおいくつですか?

相談者:
えっと49歳です。

今井通子:
49歳。

相談者:
はい

今井通子:
ご主人は?

相談者:
48歳です。

今井通子:
48歳。

相談者:
はい

今井通子:
そうするとお子さんはその、お嬢さんお1人?

相談者:
あ、1人です。

今井通子:
で?、その、お嬢さんが見て、しまった・・

相談者:
はい

今井通子:
そのご主人が、手繋いでる姿っていうのは、

相談者:
はい

今井通子:
場所的には、どーういう感・・感・・

相談者:
あ・・あの、家の近所なんですね。

今井通子:
あー、家の近所で?

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
で、あの、地元の友だちの家に遊びに行って、

今井通子:
うん

相談者:
朝早く帰って来る時に、

今井通子:
うん

相談者:
朝、あのお、駅の方に向かって歩いて行く、

今井通子:
ええ

相談者:
主人と、女の人、を、見ちゃったみたいなんですね(苦笑)。

今井通子:
あー
例えば、

相談者:
はい

今井通子:
あなたはもう、じゃ、ご主人の浮気癖は前から知っているとおっしゃいましたね?

相談者:
あ・・はい、もう、子どもが生まれてしばらくしてから、ずーっと・・ほとんど途切れた事がないような感じで・・

今井通子:
あ、あ、ほとんどの履歴をご存知なの?

相談者:
えーと、結構わたし、あのお・・証拠を見つけては、

今井通子:
うん

相談者:
写真撮ってパソコンに保存してあるんですけど(苦笑)。

今井通子:
ハハ(苦笑)なるほど。

相談者:
ハイ(苦笑)

今井通子:
ていう事は大体分かってるわけ?

相談者:
で、大、大体っていうか、ま、一、一時期凄いなんか、あった、あの、証拠がたくさんあった時の時期のやつは凄い持ってます。はい

今井通子:
ふうーん・・離婚は全然考えなかった?

相談者:
あの離婚をホントにしようと思ってんですけども、

今井通子:
それはいつ?

相談者:
えー、3年前の時に、もうダメだって思って、

今井通子:
うん

相談者:
思ったんですけど、

今井通子:
うん

相談者:
わたし、乳癌で、

今井通子:
はい

相談者:
えー、骨と肺に転移があって、

今井通子:
あらあ、はい

相談者:
もう、あのお、ちょっと、離婚しても、働・・けないじゃないですか、

今井通子:
うーん

相談者:
フルタイムとかで。

今井通子:
うーん

相談者:
だから・・離婚ん・・し、したら・・あの、病院代とか払えなくなっちゃうし、

今井通子:
うーん

相談者:
もうこれは我慢するしかないのかな?って・・

今井通子:
うーん

相談者:
いう風に思いまし、て、

今井通子:
うん

相談者:
胸の中に納めて、わたしがおけばあ、

今井通子:
うーん

相談者:
我慢すれば、

今井通子:
うん

相談者:
それで済むかなって、苦しいですけど、ちょっと。

今井通子:
うーん

相談者:
そう思って我慢して来たんですけど(苦笑)。

今井通子:
なるほど・・

相談者:
はい

今井通子:
・・で、結局そうすると、例えばですよ?

相談者:
はい

今井通子:
この、お嬢さんが見ちゃった日っていうのは、

相談者:
はい

今井通子:
朝早く、えー、あなたのご主人は、あなたのお家を、え、出たわけでしょ?

相談者:
あ、夜勤というか、

今井通子:
ああ

相談者:
夜仕事をしているんですね。

今井通子:
なるほど。
そうすると、

相談者:
で、夜、

今井通子:
うん

相談者:
仕事なのか?、それともどっかに行ってるのか?(苦笑)

今井通子:
うん

相談者:
ちょっと定かじゃない・・ていう部分もありまして・・

今井通子:
じゃ、お家から出たわけじゃないんだ?

相談者:
違いますね。
あの、仕事行って、そのまま・・朝、帰って来るんですけれども、いつも。

今井通子:
うん。夜勤に出て、本来ならば家向かって帰るはずなのに、

相談者:
あ、そうなんです、そうなんです。

今井通子:
い、家とは逆の駅の方、逆ですかね?

相談者:
あ、そうなんです。はい

今井通子:
逆に駅の方に、

相談者:
ハイ(苦笑)

今井通子:
あの、女性と、手繋いで歩いてっちゃったと。

相談者:
みたいです。

今井通子:
うん。
でえ、

相談者:
娘が見ちゃったんですよね。

今井通子:
うん、見ちゃっただけじゃなくて、お嬢さんから、その報告をあなたは受けちゃったわけでしょ?

相談者:
あ、はい。早朝帰って来まして、

今井通子:
ええ

相談者:
「今、お父さんが手繋いで歩いてるの見ちゃったんだけど」とか言って(苦笑)、

今井通子:
ええ

相談者:
凄い、動揺した感じで、

今井通子:
うん。女性が、どういう、ひ、どんな感じの人だったっていうの言ってました?

相談者:
あ・・「お母さんより全然年上で」

今井通子:
ほお

相談者:
「あ母さんよりブスだよ」(苦笑)って言って、

今井通子:
オッホッホ(苦笑)

相談者:
なんかわたしを、気遣ってくれてるのか分かんないんですけど、
「そんなにくっ付いてはいなかったよ」とか、

今井通子:
ええ

相談者:
なんかそういう感じで、わたしを傷つけないように、して、言ってくれたのかな?って感じ・・

今井通子:
おー

相談者:
の、ことを言ってました。

今井通子:
で、ちなみにその日は・・ご主人は帰って来られたの?

相談者:
はい、その後1時間ぐらいして帰って来ました(苦笑)。

今井通子:
あー、なるほど。

相談者:
はい。
で、何事もなかったかのように・・ご飯を食べて寝ました(苦笑)。

今井通子:
アハハハ(苦笑)はい

相談者:
はい

今井通子:
ちなみに・・ご主人て・・家にいる時は?
優しいの?

相談者:
はい
全然、普通だし、

今井通子:
うん

相談者:
買い物行ってくれたりとか。

今井通子:
うん

相談者:
こ、たまーに、ご飯作ってくれたりとか(苦笑)。

今井通子:
うん

相談者:
そういう事は、し、てくれるように、最近な、なりました。なんか。

今井通子:
ほう。
ていう事はやっぱり・・しっかり愛してるのはあなたなわけだ?

相談者:
あーん・・あの最初の・・飛び出した時に、

今井通子:
うん

相談者:
一番好きなのはわたしで、

今井通子:
うん

相談者:
他の人は遊びなんだ・・から、

今井通子:
うん、うん

相談者:
ていう事言ってたんで、それが変わってなければ、

今井通子:
うん

相談者:
ま、家庭壊す気はないんだと思います。
ホントに遊びなんだと思います。

今井通子:
そうですね。

相談者:
はい

今井通子:
今のお話を伺うと、そうですよね。

相談者:
そうですね。

今井通子:
という事で、

相談者:
はい

今井通子:
今日のご相談はそうすると?

相談者:
えっと娘に、

今井通子:
うん

相談者:
あの、事実を、

今井通子:
うん

相談者:
言った方がいいのか?

今井通子:
うん

相談者:
このまま、うやむやにというか、

今井通子:
うん

相談者:
しておいた方がいいのか?っていう事ですね。

今井通子:
なるほど。
今日は弁護士の塩谷崇之先生がいらしてますので、

相談者:
あ、はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
あ、はい

今井通子:
先生よろしくお願い致します。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。