夫の浮気を目撃した娘の気遣いチクり。「お母さんより年いっててブスだったよ」


スポンサードリンク

(回答者に交代)

塩谷崇之:
はい、こんにちは。

相談者:
あ、よろしくお願いします。

塩谷崇之:
はい
えーと、ご主人がまあ、浮気を繰り返していて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、あなたの方ではもうその、証拠も色々掴んではいるけれども、

相談者:
あ、はい

塩谷崇之:
えー、ご主人に対しても、特に、

相談者:
はい

塩谷崇之:
こう、それを、責めるような事は最近はもう、言ってないという・・

相談者:
もう、はい、あの、もし、で(苦笑)はい・・はい

塩谷崇之:
ま、あなた自身が別にそのお・・おー・・
我慢してるんだったらね?、大変なんですけれども、
もう、あの、割り切って、行けるという事であれば、

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー、ま・・あの・・このまま?、結婚生活を続けてくって事は・・あー、十分ありなのかなという風には思います。

相談者:
はあい

塩谷崇之:
もちろん、あのお・・色々ね、世の中に、色んな意見がありますんで、

相談者:
はい

塩谷崇之:
「そんな夫とは別れるべきだよ」とかいう風に、

相談者:
あー

塩谷崇之:
言う人も周りにはいると思いますけどもね?

相談者:
はい、はい

塩谷崇之:
でもそれは、あのお・・おー、夫婦の形態っていうのは色々あるわけで、

相談者:
はい

塩谷崇之:
えーホントにそういう、ん、あの、男女の愛情で結びついてる夫婦もあれば、

相談者:
はい

塩谷崇之:
お金で結びついてる、

相談者:
はい(苦笑)

塩谷崇之:
夫婦もあるし、

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー、同居人としてその方が便利だからという事で、

相談者:
はい

塩谷崇之:
割り切ってる場合もあるんで、

相談者:
はい

塩谷崇之:
そこは、あのお、ま、あなたが、えー・・過度な我慢をせずに、

相談者:
はい

塩谷崇之:
割り切って一緒にいられるんであれば、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あのお、そのままにしておいても、いいんじゃないかとは思います。

相談者:
そうですね、はい

塩谷崇之:
はい。で、ま、それを踏まえて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
お嬢さんに、いー、どう話をするのか?という、

相談者:
はい

塩谷崇之:
事なんですけれども、

相談者:
はい

塩谷崇之:
お嬢さんと、

相談者:
はい

塩谷崇之:
そのお、あなたのご主人、

相談者:
はい

塩谷崇之:
いー、との間の、こう関係ってのは、どんな感じなんですか?

相談者:
あの、普通に、会えば、普通に挨拶するし、

塩谷崇之:
うん

相談者:
ま、たまに、わたしがいない時には、ご飯食べに、行ったりして、この間はしてましたし、

塩谷崇之:
うん

相談者:
ん、主人何も言わないんですね、娘に。
あのお、教育的、指導的なものを。

塩谷崇之:
ああ・・

相談者:
な、なんで、割と、甘いっていうか、

塩谷崇之:
はい

相談者:
はい
なので・・波風凄い立ってるっていう感じではないです。

塩谷崇之:
ふうーん
普通に仲良くしてる感じなんですか?

相談者:
まあ、だからあの、多分、娘も・・モヤモヤしつつ・・わたしと一緒で波風立てないようにしようとしてるんじゃないかな?って・・

塩谷崇之:
うん

相談者:
思います。

塩谷崇之:
その、浮気の事お、は、抜きにしてね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
普通にこう、おー、父と娘の、お、関係・・

相談者:
ううん
ま、普通に・・は、会えば、喋りますし、

塩谷崇之:
うん

相談者:
はい

塩谷崇之:
うーん

相談者:
普通にはしてますね。

塩谷崇之:
なるほど。
で、その、浮気の事をね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
知った時に、

相談者:
はい

塩谷崇之:
まあ、そういう年頃の、お嬢さんなんでね、その、父親に対する・・嫌悪感とか、

相談者:
あ、うーん

塩谷崇之:
不潔とか、そういうー・・うー、感情が、芽生え、そうですか?

相談者:
うーん、どう・・どうなんでしょう?、ちょっとその辺が(苦笑)

塩谷崇之:
その、浮気の事お、は、抜きにしてね?
普段の話の中でね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
こう、ま、一般論としてね?

相談者:
うん

塩谷崇之:
あのお、そういう、うー、不倫とか、

相談者:
はい

塩谷崇之:
そういうものに対する、その、強い嫌悪感とか、

相談者:
あー

塩谷崇之:
そういうのは、ありそうですか?
ま今、例えばテレビ見ててもね、

相談者:
あー

塩谷崇之:
しょっちゅう、あのお・・そういう不倫問題とか、の・・

相談者:
あー

塩谷崇之:
あー、番組なんかはやってますけれども、
そういうのを見て、

相談者:
はい

塩谷崇之:
こう・・そういうのに対して、凄い嫌悪感を持つ、方か?

相談者:
はい

塩谷崇之:
それとも・・他人事(ひとごと)だから、そんなのは・・あー、わたしは関係ないわ、っていうような感じ・・か?

相談者:
あ、ま、あれですね、その不倫の、あーいうのとかは、分からないんですけど、自分の彼が浮気してるんじゃないかとか、そういう事は凄い気にする方ですね。

塩谷崇之:
あー、なるほどね

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、それはそうでしょうね。

相談者:
はい

塩谷崇之:
うん、なるほどね。
まあ、あのお、19歳という事でね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、ある程度そういう・・男女の事とかも、

相談者:
はい

塩谷崇之:
ある程度分かってる年い、

相談者:
そうですね。

塩谷崇之:
ですし、

相談者:
うん、はい

塩谷崇之:
ま、自分ん、も、お付き合いしてる男性がいるという事であればね?

相談者:
ええ、ええ

塩谷崇之:
まあ、あのお・・普通にこう、まあ、女同士、の会話という事で、

相談者:
うん、うーん

塩谷崇之:
あの話を、してしまっても、いいのかもしれないですね。

相談者:
あー・・そう、ですかね、はい

塩谷崇之:
で、「実は、ま、お父さん、も、昔からそういうところがあって」・・

相談者:
あー、うーん

塩谷崇之:
うん、でも別にその、家族をね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー、捨てて、えー、蔑(ないがし)ろにしてとかいう事ではなくて、

相談者:
ではないですものね、はい

塩谷崇之:
うん、ま、ちゃんと、あの、「生活う、も面倒看てくれてるし」、

相談者:
はい

塩谷崇之:
うーん、ま、それもあるんで、

相談者:
うん

塩谷崇之:
えー・・ま・・「しょうがないかな?と思って、ゆ、許しては、来たんだけれども」、

相談者:
うーん、はい

塩谷崇之:
「一向に直らないのよね」と。

相談者:
そうですね・・

塩谷崇之:
いうぐらいの・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
まあ、話を・・して、みても、いいのかもしれないですね。

相談者:
そうですね・・
そろそろ、そういうのが分かる年ですよね。

塩谷崇之:
うーん

相談者:
はい

塩谷崇之:
た、それでね、なんかこう・・んー、凄く、家ん中が険悪な雰囲気になってしまうんだとするとね?

相談者:
うーん、はい

塩谷崇之:
まあ、ちょっと・・んー、な、話さなければ良かったなって事になるかもしれません、けれども。

相談者:
あー、はい、はい

塩谷崇之:
なんか、んー・・もう・・

相談者:
そう・・でもないような感じが(苦笑)・・

塩谷崇之:
ね?

相談者:
しますね、はい

塩谷崇之:
多分・・普通にこう、何ていうんでしょうかね?、女同士の会話として、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あのお・・「全くしょうがないお父さんなのよ」と。

相談者:
うん

塩谷崇之:
うん、でも、ま、「しょうがないお父さんだけれども」、

相談者:
はい

塩谷崇之:
「一応」、あの、「やるべき事はやってくれてるし」、

相談者:
はい、はい

塩谷崇之:
えー・・まあ、「しょうがないから、もう」

相談者:
うん

塩谷崇之:
「見てるしかないのよ」と。

相談者:
そうですね。

塩谷崇之:
うーん

相談者:
はい

塩谷崇之:
でも、ま、例えば・・あのお・・ただね?、それで、なんかそれを、浮気自体を容認してるようなね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
態度を取ってしまうと、

相談者:
あ、はい、それは・・そうですね。

塩谷崇之:
お嬢さんも、複雑な気持ちになってしまうと思いますんで、

相談者:
はい、はい

塩谷崇之:
もホントにまあ、お父さんは、そういうところはしょうがないと。

相談者:
はい

塩谷崇之:
うん、でもしょうがないというので、あの、お父さん、の・・つまりあなたのご主人のね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
人格を全て否定し、してしまうのではなくて、

相談者:
そうですね、はい

塩谷崇之:
こういうところは、あの、夫としては、

相談者:
はい、はい

塩谷崇之:
あー、ホントに、

相談者:
うん

塩谷崇之:
最低だと思うと。

相談者:
うん

塩谷崇之:
うん、でもま、父親としてはちゃんとやってくれてるし、

相談者:
そうですね。

塩谷崇之:
うん、やってるんで、

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、そこの部分は、あのお・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
ちゃんと評価を・・お、するという・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
うー、ふうな・・ま、そういう冷静な見方をね、
・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
あの、お嬢さんにも伝えてもいいんじゃないかなっていう気がしますけどね。

相談者:
あー・・そうですね。

塩谷崇之:
はい

相談者:
はい、分かりまし、た。

塩谷崇之:
もし、それを、ま、お嬢さんに伝えて、

相談者:
はい・・はい

塩谷崇之:
その結果、もう、家ん中がこう、ホントに険悪な雰囲気になって、

相談者:
あー(苦笑)はい

塩谷崇之:
もう、おー、こ、一緒に生きてくのは難しいという事になればね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
それはまた、離婚を考えてもいいかもしれませんけれども、

相談者:
あーそうですね、はい

塩谷崇之:
うん、今の段階では、そういう、ま・・ま、割り切りを、

相談者:
はい

塩谷崇之:
おー、あなた1人で抱え込むんではなくて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー、お嬢さんとも共有しつつ、

相談者:
あー、共有した方が、はい

塩谷崇之:
うん、いけない事は、いけないという風に・・価値判断を示しながらも、

相談者:
うん・・あ、はい、

塩谷崇之:
うん、でもまあ、あのお・・家庭を顧、みないという状態にならない限りは、

相談者:
あはい

塩谷崇之:
あのお、ま、何とか、こう続けて、行こうというような事を、お嬢さんと、

相談者:
はい

塩谷崇之:
普通に話をしても、いいような気がします。

相談者:
うん・・そうですね、はい

塩谷崇之:
はい

相談者:
共有するという事・・ですよね?

塩谷崇之:
そうですね。

相談者:
はい、分かりました。

塩谷崇之:
はい、そんな感じで、

相談者:
はい

塩谷崇之:
考えたらどうでしょうかねえ。

相談者:
はい、ありがとうございます

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

今井通子:
お分かりいただけましたか?

相談者:
あ、はい、ありがとうございます。

今井通子:
ただそのお・・わたしは、お嬢さんがホントにそこまで、浮気してると、お、思ってるかどうかが、まだよく分かんないんだけど。

相談者:
んん・・アハ(苦笑)、でもまあ・・な、な、なんか・・薄々は、分かってはいるんじゃないかとは思います、はい

今井通子:
まあ、だとしたらあれですね・・
ただ・・そのお、浮気は浮気で、お母さんの事愛してるっていうのも忘れない方がいいと思う。
言う時も。

相談者:
そお・・ですね。

今井通子:
だって、

相談者:
うーん

今井通子:
最初にそういう風に言ったんでしょ?

相談者:
はい、そう言いました。

今井通子:
うん・・だからわたしはそれを信じてるっていうのを、

相談者:

今井通子:
ちゃんと言わないと。

相談者:
あ、そうですね、はい

今井通子:
うん

相談者:
そこは、言わ、言わないとですね。

今井通子:
うん、そうなの。
そこをお、自分は、そう思っているっていうふうに・・信じてますっていうのを言っとかないと、

相談者:
はい、はい

今井通子:
いかにも許しちゃってるみたいな・・うん

相談者:
そ、そうですね、はい

今井通子:
うん。すと、お母さんも不潔みたいに思われちゃうから。

相談者:
あ、そ、そうですね。◆#$%

今井通子:
うん。そこのとこだけはしっかり言って下さい。

相談者:
はい、分かりました。

今井通子:
はーい

相談者:
はい、ありがとうございます。

今井通子:
それじゃ、はい、どうもお。

相談者:
はい・・はい、失礼致します。

今井通子:
失礼しまーす。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。