妻に逃げられたDV男が醸し出す感じ良さ。鏡に囲まれて他者がいない


スポンサードリンク

(回答者に交代)

大原敬子:
こんにちは

相談者:
こんにちは、よろしくお願い致します。

大原敬子:
あのね、凄くね・・感じがいいんです。表面的には。

相談者:
はい

大原敬子:
表面的に感じがいいって、一体何か?って言うとね、

相談者:
はい

大原敬子:
全部自分は、先生のお話は分かってるつもりなんですよ。

相談者:
はい

大原敬子:
ね?

相談者:
はい

大原敬子:
で、一生懸命、わ、分かろうとしてんのよね?

相談者:
はい

大原敬子:
ぜーんぶ受け入れてるんだけども、

相談者:
はい

大原敬子:
言葉だけが、素通りして・・

相談者:
はい

大原敬子:
心に入って来ないんですよ。

相談者:
うーん

大原敬子:
何故かっていうとね?

相談者:
はい

大原敬子:
物を投げる。

相談者:
はい

大原敬子:
大声を出す。

相談者:
はい

大原敬子:
抓る
・・これ幼児がやる事なんですよ。

相談者:
あそうですね、はい、確かに。

大原敬子:
ね・・大声をあげる子どもっていうのは、

相談者:
はい

大原敬子:
凄く抑圧があって、

相談者:
はい

大原敬子:
そしてその、抑圧を我慢したところに・・瞬間・・

相談者:
はい

大原敬子:
パチって切れた時に物を投げちゃうんです。

相談者:
はい、そうですね。

大原敬子:
投げた後・・怖くなるんです。子どもでもね?

相談者:
はい

大原敬子:
で、次にですね、大声をあげる。

相談者:
はい

大原敬子:
これはね?・・恐怖と不安なんです。

相談者:
はい

大原敬子:
怖ーい、と思うから・・もうどんどん妻にいって行くっていうのは、恐怖と不安なんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
抓るは、コミュニケーションが出来ないんです。

相談者:
あー、はい

大原敬子:
それが、この3つのパターンが、あなたの今まで生きた人生と、同じなんです、実は。

相談者:
あぁ・・

大原敬子:
と申しますのは、

相談者:
はい

大原敬子:
こういう事言いましたね?、
「あの僕ね」って、
「物を投げたりね」・・

相談者:
はい

大原敬子:
「大声出して・・抓ったり」・・

相談者:
はい

大原敬子:
「こういう事が・・重なりましてね」って言ってるんですよ。

相談者:
はい、そうですね。

大原敬子:
「重なりましてね」っていう事は、

相談者:
はい

大原敬子:
周囲の人の・・あなたが客観的になっていて、

相談者:
はい

大原敬子:
「あ、重なってやってるんですよ、あの人は」って事で・・やっている僕が・・第三者になってるんです。

相談者:
はい

大原敬子:
加害者が、

相談者:
はい

大原敬子:
被害者の立場・・或いは、傍観者の立場で喋ってるんです、これ。

相談者:
はい

大原敬子:
だ、「僕は殴っています」、「妻を抓っています」
・・・ていう事を、言葉で言ってるんですけども・・

相談者:
はい

大原敬子:
抓る感覚・・

相談者:
はい、はい

大原敬子:
投げる感覚・・

相談者:
はい

大原敬子:
投げた時の妻の恐怖の感覚。

相談者:
はい

大原敬子:
これ全部がね?

相談者:
はい

大原敬子:
感覚が、理解出来ないあなただと、わたしは思ってるんですよ。

相談者:
妻の気持ちを理解出来てない・・

大原敬子:
か・・感じる心です。

相談者:
はい、・・感じる心、はい。

大原敬子:
だから、加藤先生がお話した時も、
「そうですね、分かります」って・・理解・・

相談者:
はい

大原敬子:
は、出来るんです。

相談者:
はい

大原敬子:
感じる物がないんです。

相談者:
はい

大原敬子:
感覚が。

相談者:
はい

大原敬子:
だから抓る事が出来るんです。

相談者:
はい

大原敬子:
で・・それを、
「僕はこういう事やっていましたよ」って。
「こういう事は・・こういう事を僕はね・・続けてやってしまうんですよ」ってのとね?

相談者:
はい

大原敬子:
「重なりましてね」とは違いますよね?

相談者:
はい

大原敬子:
表現が。

相談者:
はい

大原敬子:
そこであなたがずーっと第三者になってるんです。
だ、「こんな酷い事をしてる僕なんです」って・・

相談者:
はい

大原敬子:
という事を「重なってしてるんですよぉ」って事で、あなたがいい人になっちゃうんです。

相談者:
はい

大原敬子:
ですから、加藤先生のお話を聞いて、何と感じがいいだろうと思うんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
んで、先生がほんーと色んな事お話して下さいました。

相談者:
はい

大原敬子:
聞いてる、ちゃんと聞いてるんです。

相談者:
はい、そうですね、はい

大原敬子:
感覚が分からない。

相談者:
「感覚が分からない」はい

大原敬子:
この、心の中に、くつ、感覚が。

相談者:
はい

大原敬子:
だ・・あ、大声を出した時も、大声を自分が出した時に、幼児期の、全ての感情を出してるだけであって、

相談者:
はい

大原敬子:
大声を出したら妻がどうなる云々はないんですね。

相談者:
うーん

大原敬子:
自分が大声を出す。

相談者:
はい

大原敬子:
抓る。

相談者:
はい

大原敬子:
物を投げる・・

相談者:
はい

大原敬子:
という事で、自分の感覚が楽になるんです。

相談者:
そうですね、はい

大原敬子:
ね?、でもそれを見て・・

相談者:
その通りです、はい

大原敬子:
相手がですね、

相談者:
はい

大原敬子:
うわ、怖い事やってるっていう感覚はないんです。

相談者:
はい

大原敬子:
他者がいない。

相談者:
はい

大原敬子:
僕が、「もうしません」・・「DVしません」・・「こうしません」って、僕が思ったならあ・・

相談者:
はい

大原敬子:
元に戻ると思ってるんですよ。

相談者:
・・はい

大原敬子:
だって、僕が、DVしなければ、彼女許すと思ってるから。

相談者:
そうですね、はい

大原敬子:
その時のすごい恐怖の顔とか、

相談者:
はい

大原敬子:
あなたに・・見る、憎しみの目とか、

相談者:
はい

大原敬子:
その感情が見えれば・・

相談者:
はい

大原敬子:
もっと、考え方が変わるんじゃないかな?と思うんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
で・・出来たらこれ、マラソンでもなんでも大声出す事の、自分出す訓練大事ですね。
感情の出し方がとても下手なんですよ。

相談者:
はい

大原敬子:
出せないんです。それが抓るっていう一番の現象です。

相談者:
はい

大原敬子:
子どもで・・小さい時、抓った子は・・

相談者:
はい

大原敬子:
コミュニケーションが下手ですよ。

相談者:
・・はい

大原敬子:
大人になっても。
で、抓るって事は・・自分の感じであって、

相談者:
はい

大原敬子:
相手は誰でもいいです、実は。

相談者:
はい

大原敬子:
相手がボケーとしてる時、キュっと抓るんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
で、「痛ーい」っていう時の、その「痛ーい」っていうところで自分の・・抑圧した感情がスッキリするんです。

相談者:
そうですね、はい、自分の、はい感情が。

大原敬子:
つまり・・妻と元に戻るとか云々ではなくって、

相談者:
はい

大原敬子:
この僕のこの抑圧の感情ですね、怒り。

相談者:
はい

大原敬子:
を・・わたしの場合では実践で・・も、とにかく走る。

相談者:
はい

大原敬子:
ね?

相談者:
はい

大原敬子:
大声でもう、騒ぐカラオケ行く、絶叫する。

相談者:
はい

大原敬子:
もしそれをしなくちゃだ、ダメじゃないですけどね・・でね?、この後はもう加藤先生に伺いますので、

相談者:
はい

大原敬子:
ただ、

相談者:
はい

大原敬子:
あなたのこの3つのパターン・・

相談者:
はい

大原敬子:
どんな時に自分を出、出したくなるのか?

相談者:
はい

大原敬子:
今、ちょうど1人ですね?、お住まいは。

相談者:
そうです。

大原敬子:
大声出したくなった時どんな時か?

相談者:
・・はい

大原敬子:
全部自分で冷静に分析してごらんなさい。

相談者:
はい

大原敬子:
それで孤独感は消えるはずなんですけどね。

相談者:
はい

大原敬子:
先生いかがでしょう?、先生お願いします。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
うん。あのね・・今大原先生が、言われた通りでね、

相談者:
はい

加藤諦三:
確信の部分だけど、あなたが全く理解出来てないっていう言葉、言います。

相談者:
はい

加藤諦三:
大原先生「他者がいない」って言ったんですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
この言葉は・・確信的な部分なんです。
あなたは分かんないですよね?、この言葉。

相談者:
はい。どういう事ですか?

加藤諦三:
他人がいないの。
今ね、あなたね・・部屋で言うと、

相談者:
はい

加藤諦三:
四方、鏡の・・なっている部屋の中にいんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
どっち向いても自分しかいないの。

相談者:
はい・・そうですね、はい

加藤諦三:
そこが分かれば・・

大原敬子:
うん

相談者:
はい

加藤諦三:
要するに・・そこに・・他人も居るんだってのが分かれば・・

大原敬子:
うん

相談者:
はい

加藤諦三:
全部解決すんだよ。

相談者:
他人が分かる、居るんだっていう事を理解するためには・・
他人の気持ちを、分かる、という事でしょうか?

加藤諦三:
・・そういう事なんですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
だからそれが・・さっき大原先生言ったように・・妻が「怖い」っていう時の、その、怖い顔お、が・・分かれば・・

相談者:
はい

加藤諦三:
も、自然とやる事は分かって来ますよ。

相談者:
・・あーあ

加藤諦三:
だからさ、さっき大、大原先生のおっしゃった「まず絶叫する」「走る」・・

相談者:
はい

加藤諦三:
それ大切です。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、僕は心理的な事を言うと・・まず・・
「どうすれば、治るんですか?」じゃないんですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
自分に気が付くことがもう・・

相談者:
「自分に、気が付くこと」

加藤諦三:
うんー・・自分がやってた事は・・こんな酷い事なんだ。

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
あ、自分は・・こんーな辛い人生を生きて来たんだ・・っていう・・それ・・と、

相談者:
はい

加藤諦三:
・・同時に・・本当に自分が憎んでいる人は誰か?っていう事も分かって来る。

相談者:
・・

加藤諦三:
そうすると・・色んな事を自然と・・
「どうしたらいいですか?」なんて事はもう・・聞かなくたって分かって来るよ。

相談者:
はい、はい・・まずは・・

加藤諦三:
よろしいですか・・はい

相談者:
まずわたしがする事は・・えー、大原先生のおっしゃった、妻の恐れている顔を・・

加藤諦三:
うん

相談者:
ちゃんと理解する事。

加藤諦三:
うん

相談者:
そして・・加藤先生のおっしゃった・・自立する事。

加藤諦三:
そう

相談者:
そういう事ですね?

加藤諦三:
そういう事です。
あなた、現象ばっかりに捕らわれちゃったんです。原因が何かって事考えないで。

相談者:
はい、はい・・原因・・

加藤諦三:
現象は結果なんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
DVの、背後にある原因が・・理解出来なければDVは治りません。

相談者:
はい

加藤諦三:
よろしいですか?

相談者:
はい、ありがとうご・・

加藤諦三:
はいどうも失礼します。

相談者:
どうもありがとうございました。失礼いたします。

加藤諦三:
願望の底にある、無意識の力を理解すること。


スポンサードリンク


「妻に逃げられたDV男が醸し出す感じ良さ。鏡に囲まれて他者がいない」への1件のフィードバック

  1. 知ったとしたら
    絶望するのだろうか?悔むのだろうか?
    別れた女房は1ミリたりとも貴方との思い出では捨てていますよ
    自分が恐れ、嫌われているとは微塵も考えない・・
    この冷静さもあり本物かもしれない
    奥さんに同情。怖え~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。