母から嫁とイネーブラーを得て依存症を続けるクズ息子。精神科医が告げる「底突き」


テレフォン人生相談 2018年5月3日 木曜日

働かず、タバコ、昼酒をする息子をどうにかしたい。
お金を嫁にせびる。
生活費もままならないのに借りてこさせる。
シンナー、教師への暴力で少年院歴あり。
前妻との離婚原因は覚醒剤。
親が通報し、2年の実刑。
今もワケ有りの友人と頻繁に遊んでいる。

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 高橋龍太郎(精神科医)

相談者: 女67歳 夫67歳 一人息子43歳はバツイチどうしで再婚 嫁43歳 孫(前妻との娘)中2 二世帯住宅で同居

スポンサードリンク

柴田理恵:
もしもし?、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい

柴田理恵:
こんにちは

相談者:
こんにちは、よろしくお願いいたします。

柴田理恵:
はい、今日はどんなご相談ですか?

相談者:
はい、あの、息子の事で・・ちょっとご相談したいんですけれども。

柴田理恵:
はい。む、えっと息子さんは、おいくつですか?

相談者:
えっと40う・・3です。

柴田理恵:
43歳

相談者:
はい

柴田理恵:
えと、あなたはおいくつですか?

相談者:
はい、わたくしは67歳です。

柴田理恵:
67・・えっと旦那様は?

相談者:
あ、主人も67です。

柴田理恵:
67歳。

相談者:
はい

柴田理恵:
で息子さんーが43歳で。

相談者:
はい

柴田理恵:
あとお子さんは・・いらっしゃるんですか?

相談者:
えっと息子、あの息子の◆#$は、前妻の方で、あの、中学・・2年の、女の子・・

柴田理恵:
ん?

相談者:
中2の女の子がおります。

柴田理恵:
ぜ・・前妻?・・もしもし?

相談者:
はい

柴田理恵:
息子さんが・・再婚さなったんですか?

相談者:
はい、そうです

柴田理恵:
あ・・

相談者:
ま、再婚同士っていう形なんですけれども、今は。

柴田理恵:
え?、あ、じゃ・・すいません、もう一度お願いします。

相談者:
はい

柴田理恵:
えと、ご主人と、

相談者:
はい

柴田理恵:
あなた様は、えっとお・・

相談者:
わたし達は、あ、普通で再婚ではないです(笑)。

柴田理恵:
あー、そうなんですか。

相談者:
はい。再婚でないです、息子と・・

柴田理恵:
え、息子さん・・

相談者:
はい、はい

柴田理恵:
今再婚なさってるんですね?

相談者:
はい。そういう事です。

柴田理恵:
はいはい

相談者:
はい

柴田理恵:
じゃ、奥様はいらっしゃるんですね?

相談者:
はい、そうです。

柴田理恵:
奥様は、おいくつなんですか?

相談者:
え、同じく43歳・・

柴田理恵:
43歳で・・でその・・息子さんと・・奥さんの間に・・

相談者:
はい・・は(わ)、子・・

柴田理恵:
お子さんは?、いらっしゃらな・・

相談者:
いないです、はい

柴田理恵:
いらっしゃらなくて、

相談者:
はい

柴田理恵:
前妻さんとのお子さんがいらっしゃるんですね?

相談者:
はい、そうです。

柴田理恵:
そのお、子が、中学校?

相談者:
ん、はい2年、はい

柴田理恵:
中学校2年生の男の子ですか?

相談者:
女の子です。

柴田理恵:
女の子ですか。

相談者:
はい

柴田理恵:
あーそうですか。えっとあなたあ・・方ご夫婦には・・あと、お子さんは、もう息子さん・・

相談者:
はい、1人なんです、はい

柴田理恵:
1人っ子なんですね?

相談者:
息子1人で、はい

柴田理恵:
あー、そうですか。んでその息子さん、43歳の息子さんが、どうかなさったんですか?

相談者:
ええ、もう、ちょっと・・1年半ぐらい前から、ちょっと仕事をしなくって、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、ちょっと体調も最初、不良なったんですけれども、

柴田理恵:
うーん

相談者:
でも、働きながらでも治せるっていう形だったんですけれども、

柴田理恵:
うん

相談者:
あーのお、働かなくって、

柴田理恵:
うん

相談者:
今現在に至ってて、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、仕事してくれないのも、ちょっと困るんですけれども、

柴田理恵:
うんー

相談者:
それよりも、も、金銭感覚っていうものが、

柴田理恵:
うんー

相談者:
ちょっともうー・・こっちも困り果ててて・・

柴田理恵:
うん、どんな?

相談者:
えー

柴田理恵:
うん

相談者:
あのお・・もう質素にしてくれたらいいんですけれども、

柴田理恵:
うん

相談者:
そうではなくって、あの、も、煙草とかも、お酒、アルコールですね。

柴田理恵:
うん

相談者:
それもお・・飲んで、もう・・食費とかいうのは、もう・・わたし達、があの、電気とか光熱費は一緒にわたしが払ってるんですけど、ただ食費だけは、あの、今の・・嫁のお、バイト代で・・食べてるものですから、

柴田理恵:
ふうん、あ・・

相談者:
まだ、アルバイトっていう形なんで、そんなに、もらってもないはずなのに、

柴田理恵:
うん

相談者:
もう、それ以上の事を、なんか、要求して来て、
「こんな不味いもの食べれるか」とか言ったりとかあ・・

柴田理恵:
うん、あの・・ちょっとすいません。えっと、今、じゃ、息子さん、は、一緒に、住んでらっしゃるんですね?

相談者:
はい、あの、ええ、上と下です。同じ、はい

柴田理恵:
あー、はあ、はあ

相談者:
一軒家で、はい

柴田理恵:
あ、それで、光熱費なんかは、

相談者:
はい

柴田理恵:
あなたが負担してるけれど、

相談者:
はい、はい

柴田理恵:
食費だけ入れてくれてると。

相談者:
はい、食費だけ。

柴田理恵:
それはその・・えっと奥さんの・・

相談者:
はい・・はい

柴田理恵:
奥さんのバイト代で。

相談者:
そうなんです。

柴田理恵:
うん、代で入れてくれてて・・じゃ、

相談者:
ええ

柴田理恵:
あの、ご飯作ってるのは実際は・・

相談者:
あ・・

柴田理恵:
お母さんが・・

相談者:
それは、も、お互いに、もう、2人、夫婦で、まあ、別々って形で・・あの、作ってます。

柴田理恵:
あ、じゃ、食費は関係ないんですね。

相談者:
はい、そうなんですね。

柴田理恵:
あの・・あなた方ご夫妻は、

相談者:
はい

柴田理恵:
ご夫妻でやってらっしゃって、

相談者:
はい

柴田理恵:
で、息子ご夫妻はご・・あの、ご家族でやってらっしゃるって事ですね?

相談者:
そうですね、はい

柴田理恵:
うん・・そのだから、奥さんがバイト代で、食費を、稼いで来ても、

相談者:
うーん

柴田理恵:
文句を言うんですか?

相談者:
はい、絶対もう・・それとお、やっぱり足りないから、遊びたいお金が欲しいから、
「ちょっとクレジットで、借りて来い」とかあ。

柴田理恵:
うーん

相談者:
ま、そういう形で借りて来て返済する分も、溜まって来て、

柴田理恵:
うーん

相談者:
んでえ、結局もう、見てみると、もう、もう、食う・・材でも、も、ほとんどお・・もう冷蔵庫に入ってないような?

柴田理恵:
うーん

相談者:
感じなので、

柴田理恵:
うーん

相談者:
やってるものですから、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、こっちも「野菜類使ってもいいよー」という形で、

柴田理恵:
うーん

相談者:
そうしてはいるんですけれども、そうしてもお・・

柴田理恵:
じゃその、向こうの、息子さんの奥さんとは、あの、あなたは割とこう、行き来して、色々・・相談に乗ってあげたりしてるわけですか?

相談者:
そうですね、も、そーお談っていうほどでないんですけど、向こうがもう、堪りかねていて、来る時は、聞くようにはしてますね。

柴田理恵:
うーん

相談者:
ええ

柴田理恵:
あの、遊ぶって・・どんな遊びしてるんですか?

相談者:
あ、そ、ぶっていうのか、なんか前よか・・

柴田理恵:
酒、煙草・・

相談者:
ええ最近・・

柴田理恵:
煙草をそんな、

相談者:
うん

柴田理恵:
物凄い吸うわけですか?

相談者:
1日に2箱ぐらい、もう1日中家(うち)にいるものですから。

柴田理恵:
お酒は?

相談者:
はい、お酒も、酎ハイを多分・・い、今はちょっと、ほんとに困り果ててるから、もう夜ぐらいだと思うんですけど、
ちょっとお金があると、もう昼間でも、酎ハイの缶ですか?

柴田理恵:
うん

相談者:
そんなんをね、2つぐらい買って来ては、飲んでるような、感じですね。

柴田理恵:
うんー、別にあの、アルコール・・依存、みたいな事ではないんですか?

相談者:
そう、ん、それほどではないと思うんですけど、

柴田理恵:
うーん

相談者:
たま、ただ・・あのお、気を紛れ、させるために飲んでるようだと思うんですけど。

柴田理恵:
うん、あとはどんな・・ギャンブルとか。

相談者:
あとは、ま・・

柴田理恵:
女とか。

相談者:
一時は、パチンコを6万ぐらいとかしたんですけど、それはもう・・出来なくなって、それは、いんですけれども。

柴田理恵:
うん

相談者:
今度は自分があのお・・あ、あの、わたし達は今あ・・こちらに住んでるんですけれども、

柴田理恵:
うん

相談者:
県外の方で、引っ越しして来たものですから、

柴田理恵:
うん

相談者:
で、友だちが・・そちらにいるものですから、

柴田理恵:
うん

相談者:
もう、最近はもう・・週に、1回、日替わ、週替わりぐらいで呼んでは・・なんかこっちで遊んでるんですよね、土日になると。

柴田理恵:
うーん

相談者:
ちょっとお、わけのある子お・・知り合った子、たちもいるし、ま、今はちゃんと、

柴田理恵:
「ワケのある」って?

相談者:
ん?、はい

柴田理恵:
「わけのある」ってどういう事ですか?

相談者:
えーちょっと、あの、悪さをして・・あの、ちょっと、入っていたとか(苦笑)

柴田理恵:
・・ん?

相談者:
少年院とかに、

柴田理恵:
ええ

相談者:
入ってるとかあ。

柴田理恵:
ていう、仲間ですか?

相談者:
はい・・ええ、ま、うちの子も、そうだったんで。

柴田理恵:
あー、はいはい

相談者:
そういう知り合い、とか。はい

柴田理恵:
あー、ちょっと、ワル仲間と、

相談者:
うんー

柴田理恵:
遊びながら・・自分も、その、か、稼がないで、遊んでるって事なんですね?

相談者:
そうー・・そのお金を出せっていう形で、もう、ここんとこ、週になって、頻繁でえ。

柴田理恵:
え?「出せ」っていうのはお母さんに?

相談者:
じゃなくって、やっぱり嫁の方ですね。

柴田理恵:
うーん、んー

相談者:
もう、わたしももう一切もう「ない」ってもう、かなり出してるもんですから、ないお金を。

柴田理恵:
うんー

相談者:
だから「もう一切ないよ」って言ってあるもんですから、

柴田理恵:
うーん

相談者:
言うに言えないから、今度、嫁の方に?・・あのクレジットでも、ある程度お、借りれる限度もありますよね?

柴田理恵:
うん、はい

相談者:
他、「もう、いっぱいで借りられない」と言うと、今後は自分の、親の方へ?

柴田理恵:
うんー

相談者:
「行ってもらって来い」とか。

柴田理恵:
あー

相談者:
んも、別れた旦那に?、もう、「もらって来い」とか。

柴田理恵:
無茶苦茶ですね。

相談者:
そうなんです。

柴田理恵:
アハ(苦笑)

相談者:
それがもう一番嫌で、もう、わたしも、あの、前、嫁が来る前は、前はそう言って、わたしも言う、言われてたもんですから、
「兄弟に借りて来たらいい」とか。

柴田理恵:
うんー

相談者:
言われてたんで、もう、その、気持ちは凄い分かるもんですから、もう何とかもう・・これ以上お・・ホントに出してたら、もう、も・・どうにか、もう共倒れになってしまうんで・・

柴田理恵:
うんー

相談者:
もうどうにかしたいんですけども、

柴田理恵:
うんー

相談者:
もう、ちょっとお・・ん、どうしていいのか分からなくって・・

柴田理恵:
うーん・・あの、う、息子さんの離婚の原因は何ですか?

相談者:
あ、離婚はやっぱりちょっと、あのお・・ちょっとあの・・薬をしてたんですよね。

柴田理恵:
だ、息子さんが?

相談者:
はい

柴田理恵:
薬っていうのは?

相談者:
あのお・・んーと、今、覚醒剤ですね。

柴田理恵:
あっらあ・・
覚醒剤か、うん

相談者:
そうなんです。

柴田理恵:
うーん。それの治療はきちんとなさったんですか?

相談者:
あっ、ま、それは、もう・・ちゃんともう、ちょっと・・ま、こっちに戻って来てからも、ちょっと証拠を見つけたんで、
もう、親が、ちょっと、通報して、

柴田理恵:
うん

相談者:
2年・・ぐらいはちょっと刑務所の方に入ってました。

柴田理恵:
うーん

相談者:
それからは、もうしてないと、思うんですけどお。

柴田理恵:
うん、え、じゃ、あの、覚醒剤いー・・で、検挙されたって事ですか?

相談者:
はい、そうです。

柴田理恵:
うん、それで、それでだから前の奥さんとは離婚になり、

相談者:
うんん

柴田理恵:
って事ですね?

相談者:
はい

柴田理恵:
で、確実に・・止めてらっしゃいますかね?

相談者:
多分、それはあの多分お金が結構いるもん、だから、もうそれはないと思うんですね。

柴田理恵:
うんー

相談者:
うんー

柴田理恵:
あのお・・少年院時代い、っていうか少年、どういう原因で少年院に入られたんですか?

相談者:
少年院の時は、ちょっとあの中学校の先生と、

柴田理恵:
うん

相談者:
喧嘩をして、

柴田理恵:
うん

相談者:
暴れて、

柴田理恵、
うーん

相談者:
ま・・その前からちょっとやっぱりシンナーをやってたから、それを治すためにも、

柴田理恵:
うーん

相談者:
ちょっと、ま、入れた方がいいかな?、っていう形で。

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
うん、もう・・もう・・入らんでも、いい、良かったんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
もうちょっと離すためにも、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、「入れて下さい」っていうのか、
「もうちょっと入って、勉強しなさい」っていう形で、い、で、それも、恨、親に、恨みを持ってるんですよね。

柴田理恵:
うん

相談者:
とにかく自分が種を蒔いた事なのに、人のせいにするんですよね、なんでも。

柴田理恵:
うーん・・分かりました。
今回のお、お悩みはね?、その、今、息子さん43歳で暮らしてらっしゃる・・一緒に暮してらっしゃる息子さんが、

相談者:
はい

柴田理恵:
ちょっと働かないで・・あのお・・遊んでばっかりいると。

相談者:
え、はい

柴田理恵:
で、この息子さんの状態をどうしたらいいか?っていう・・

相談者:
はい

柴田理恵:
お悩み、相談ですよね?

相談者:
そうね、金銭感覚をどうしたらいいのか?ちょっと。

柴田理恵:
うん。はい、分かりました。

相談者:
はい

柴田理恵:
では、あの、先生に聞いてみましょ。

相談者:
はい、お願い致します。

柴田理恵:
はい。今日の回答者の先生は、

相談者:
はい

柴田理恵:
精神科医の、高橋龍太郎先生です。

相談者:
はい

柴田理恵:
先生お願いします。

相談者:
分かりました、お願い致します。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「母から嫁とイネーブラーを得て依存症を続けるクズ息子。精神科医が告げる「底突き」」への2件のフィードバック

  1. キャー今日も底辺しっかり前科一犯

    依存症
    底つかせて病院で治すんだよね
    親や嫁の愛や努力じゃ治んない

    親も嫁もユルイって言うかヌルイ
    変なとこ厳しくて少年院いれちゃうし
    I.Qっていうか偏差値も底辺な感じ
    底辺て本当に輪廻するんだな

    こういった人達の生活、ビックダディーとか美奈子とか目が行っちゃうのはなんでだろう
    覗き見して自分よりも下の生活をみて優越感を感じたいのか?とにかく大好物
    悪趣味とわかっていても、いい加減やめたいんだけど見たり読んだりやめられない

  2. 少年院、薬物使用・・レベルが違います。お母さん
    まともだったわけがない・・親御さんもな
    男親の方にとんでも要素あるんじゃないかね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。