子供の騒音に病む妻を全面肯定する三石女史。近所に解決を求めた男をピシャリ


テレフォン人生相談 2018年5月30日 水曜日

普段は明るく朗らかで野球好きの妻。
以前から、道路で遊ぶ子どもや、井戸端会議をするお母さん連中に不満を漏らしていた。
昨日は今までにない精神的に不安定な様子を見せる。
向かいの方に事情を話して気をつけてくれるように頼んだ。

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 男48歳 妻50歳 結婚9年 子どもはいない

スポンサードリンク

ドリアン助川:
もしもし?、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、もしもし

ドリアン助川:
あ、よろしくお願いします。

相談者:
よろしくお願い致します。

ドリアン助川:
えー今日どんなご相談でしょうか?

相談者:
はい。
えーと、昨日なんですが・・自宅に帰ったら・・えー、浮かない表情のですね・・妻がですね・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
んま、機嫌が悪いというか。え、落ち込んでいるというか、そういう表情に見えたので、
「どうしたの?」って・・えー、聞いたんですけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
近所のですね・・子どもと・・ま、その親が・・毎日・・子どもは遊ぶし、親は・・井戸端会議・・なんでしょうけど・・
「うるさい」と。

ドリアン助川:
はい

相談者:
ん、んで、ちょっともう、いつもと・・ま・・常日頃からそういう事は・・まあ言ってたんですが、
わたしがその都度・・「まあ、何とかあ、子どもなんだから、しょうがないんじゃないか」とか、
えー、いう話をしていたんですが、
それを言った途端に、まあ、急に泣きじゃくりながら・・
「道路で、子どもを遊ばせえ、好き放題させて、そんなのって・・どうなんだ?」と。
んで、「他のお、場所をお、では、そういう事は、あんまり見かけない」と。
で近くに、ま、団地があったりするんですけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
「団地とかでも・・『道路で遊ばないように』、っていう立て看板が立て掛けられてる、ぐらいなのに、なんでここは、そういうような事をするんだ」と。
公道なので、

ドリアン助川:
はい

相談者:
えー「道路で」・・ま、「遊ぶのは危険だから」と・・いうような、ことを、妻の方がお話、わたしの方にしたんですね、ま、泣きながら、もう、ホントに号泣しながら・・さ、泣き叫ぶように・・

ドリアン助川:
はい・・

相談者:
あの、して来たん・・ですよ。

ドリアン助川:
ええ、はい

相談者:
でえ・・んまあ、思い返せばですね・・その妻が、
「アイツらはわたしい」・・「に嫌がらせをお」・・「しているんだ」とか。

ドリアン助川:
はい

相談者:
帰って来ないように、そこで・・通せんぼみたいにしてるみたいな・・要はわたし(妻)に対して、ちょっとした嫌がらせをしてるとかっていうような事を、相手に対して抱いてる、ぐらい、ちょっと・・精神状態が・・あの、不安定に、なってまして、

ドリアン助川:
はい

相談者:
その時点でまあ、わたしも、思い返せば、過去に何度もそういう事言われてたんですが、
「まあ、ご近所さんなんだからあんまり、波風立てないように」とか、
「我慢すればもうちょっとしたら大きくなるんだから」とか・・いうような事で、はぐらかしてたんですが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、もう、我慢も限界に来たようで、
じゃわたしが、あのお、正面の、家がそうだから・・見に行ってやる」と。

ドリアン助川:
はい

相談者:
んで、そういう事をしないようにお願いして来る、という事で、

ドリアン助川:
はい

相談者:
もーう、そうじゃなきゃ納まり付きそうになかったので、

ドリアン助川:
えーえ

相談者:
お話、実際にして来たんですよ。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、えー、わたしもまあ・・頭ごなしに・・あの・・な事ではなく、あの「すいませんが」と。
えー「自宅の前でこう・・騒いだりするのお、を、がうちの・・妻がちょっと、過剰に・・反応してしまって、何か気に入らない事が1つあったあ、のか分からないけど・・もう、子どもの声を聞くだけで・・」何ていうんですかね、あのお・・

ドリアン助川:
錯乱しちゃうような感じですか?

相談者:
んまあ、そんな感じに昨日は初めてなったんですね。

ドリアン助川:
はい、はい

相談者:
だから・・それで、あのお、そういう件を、話してちょっと・・ん・・ま
「ちょっと精神的に」・・「病んじゃってるぐらいの感じで」、あのお・・「なりかけてるので」・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
「ちょっと」・・「ご協力いただけないか」とか。

ドリアン助川:
はい

相談者:
そういう感じで、あのお、下手に出て、こう、お話を、差し上げて・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、あのお、幸い、別に、「だから何だよ」とかって言われたわけではなく、
「あーそうですか、それは大変申し訳なかったです・・があ、別に、そんなに迷惑を掛けてるとは思って、ないのですが」みたいなような事も、言われたんですよ。

ドリアン助川:
ええ、ええ

相談者:
だ、それがちょっと心配では、あるんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
でもま、あの、真摯に聞いていただいたので、

ドリアン助川:
はい

相談者:
旦那さんと、奥さんと・・一緒に聞いていただいたので、ま、それはそれで・・えー良かったかなとは思ってるんですが、
・・あのお・・

ドリアン助川:
奥さんですよねえ?

相談者:
うん、そんで・・

ドリアン助川:
あの、うん

相談者:
はい

ドリアン助川:
ちょっといいですか?

相談者:
あどうぞ。

ドリアン助川:
あの・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
整理させていただいていいですか?話を。

相談者:
はい、はい

ドリアン助川:
えっとお・・奥さん・・あなた今おいくつですか?

相談者:
あ、わたしは、えー48歳です。

ドリアン助川:
48歳、奥さんは。

相談者:
えー50歳です。

ドリアン助川:
あ、あーと、年上の奥さんなんですね?

相談者:
そうですね、はい

ドリアン助川:
で、お子さんは?

相談者:
あ、いないです。

ドリアン助川:
いないんですよね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
結婚されてどれぐらいになるんですか?

相談者:
えーと、9年ですね。

ドリアン助川:
9年。

相談者:
はい

ドリアン助川:
これ、お話、うわ、伺ってると・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
やはり、そこで子どもが遊ぶ事の問題よりも、

相談者:
はい

ドリアン助川:
奥さんの精神、状態の方が問題なのかな?って気がして来たんですけども。

相談者:
あーそうですか、はい

ドリアン助川:
奥さんはあのおー・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
お仕事は?

相談者:
・・してないです。

ドリアン助川:
してないんですよね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
1日、家(うち)にいらっしゃるわけですよね?

相談者:
・・そうですね、出掛けたりはしますが基本的には・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
あはい、何もしてないです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
家事だけですね。

ドリアン助川:
ま出掛けはするけども家に居る事が多いと。

相談者:
はい、はい

ドリアン助川:
で・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
あのお・・ま、うるさい、うるさい、うるさいというのがこう・・積み重なって行って、

相談者:
はい

ドリアン助川:
ただそれ以外にもね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
何か、あの奥さんの、精神的、に不安定になる理由っていうのは、ないんですか?

相談者:
多分ですねえ・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
周りに・・わたし以外に・・話出来るような人が・・

ドリアン助川:
ああー

相談者:
まあ、いないっていうのは、わたしずーっと気になってはいたんですよ。

ドリアン助川:
ええー

相談者:
で、仕事してれば・・職場で友だち出来たりとか、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、色んな話出来たりとか、バカな話も、遊びに行ったりとかも出来るんですが、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あのお、わたし以外にこう、もっと心許せるような人が、近くに、いれば・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
いいのかな?とは思ってるんですが、
・・如何せん、仕事もしてないとやっぱりそういうのも難しいのかなとは・・

ドリアン助川:
で、明るいタイプではない?

相談者:
明るいです。

ドリアン助川:
明るい?

相談者:
でも普段は、あのお、物凄い明るく、朗らかで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、特に野球が好きで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
野球観ながら、大声出して「頑張れ」とか、そういう、応援とかは・・えー、して、別にそんな、う、内に秘めるタイプでもないし、もじもじするようなタイプでもないんですよ。

ドリアン助川:
はあ・・
ただその、奥さん、が、ま、つまりあなたは勤めてるわけですから、

相談者:
はい

ドリアン助川:
奥さんが、ま、昼間1日そこに居て、

相談者:
はい

ドリアン助川:
でえ、ま、毒のような気持ちを持っちゃってるわけですよね?周りに対してね?

相談者:
もう、家に居る事が苦痛みたいですね。

ドリアン助川:
はいはい。で、これどうしようかっていう話ですね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
うん。分かりました。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、それでは今日の回答者の先生紹介致します。

相談者:
はい

ドリアン助川:
三石メソード主宰、作家で翻訳家の・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
三石由起子先生です。

相談者:
はい

ドリアン助川:
よろしくお願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「子供の騒音に病む妻を全面肯定する三石女史。近所に解決を求めた男をピシャリ」への3件のフィードバック

  1. 夫婦ともに、とっても真面目…なんでしょうねぇよかった私ご近所さんじゃなくて。
    相談者、奥さんを外に連れ出せとの三石先生の言葉に対して何かを言いたげにしてたのが気になる。

  2. 結婚期間と相談者夫婦の年齢からしてDINKS夫婦ではないのかと推測。夫婦でのんびり生きようとしていたら、妻にとってはそうじゃなかった・・・妻も夫も不満のぶつける先を間違えたね。たとえ選択子供無しの夫婦でも、恋人と夫婦では事情が異なる。
    相談者が妻に「ちょっとこれで気晴らししてきなよ」と小遣い渡すだけで解決できた話だったのに。あるいは、更年期障害の始まりだったかもしれないのに。近所から「クレーマー夫婦」「小梨様」で認識されたのは間違いないだろう。こういう夫婦がいるから「サイレント運動会」などチグハグな風潮が生まれるし、保育所も出来なくなる。相撲の触れ太鼓まで中止に追い込まれるなど文化の存続の危機をも招くのが「モンスタークレーマー」。
    相談者はまだ自覚できていないようだけど、近所果ては地域に歪みを招いたし、地域まるっと敵に回した可能性もあるから。近所の話題の中心になれない不満、夫婦の会話が無い自分らの幼さや不手際を他人のせいにするな。

  3. たぶんこいつら・・超、潔癖症じゃねえのかな?
    夫婦そろって
    電話相談にも昨日の今日する?
    その日の感情でお隣にクレームしてきてるって
    アラ50・・この方、仕事できないだろなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。