兄弟仲が悪いにも程がある。親父長くないのに駆けつけない長男の奇妙な受け答え


スポンサードリンク

(回答者に交代)

大迫恵美子:
もしも・・

相談者:
よろしくお願いします。

大迫恵美子:
はい、こんにちは

相談者:
こんにちはあ

大迫恵美子:
ん、お父さんの・・お見舞い・・とかっていう事・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
会いに行きました?

相談者:
行、くに行けないんですよね。弟がいると怖いんで。

大迫恵美子:
・・弟さんがずーっと付いて・・面倒看てるかもしれないって事ですか?

相談者:
・・その辺が全くう、分からないのでえ。

大迫恵美子:
ふうん、次男の方はお見舞いに行ったって言ってました?

相談者:
行ってないです、まだ。

大迫恵美子:
次男の、方(かた)の、奥さんとかが行った、とかって事はないんですか?

相談者:
・・ん、まだ、そういった情報は入って来てないですね。

大迫恵美子:
ふうーん。
・・とても病気が重いのか?

相談者:
はい

大迫恵美子:
それとも、大した事がないのか?、その辺りは分かってるんですか?

相談者:
はい、もうあのお、余命わずかっていう風に、聞いてます。

大迫恵美子:
ふうーん・・あの、それなのに・・行ってないんですかねえ?、だ、どなたか。

相談者:
うー・・みたいですねえ、ホントは、わたしなんかはすぐに行きたいんですけど、なかなか・・

大迫恵美子:
まあそこに、あのお・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
弟さんが居たとしても、

相談者:
ええ

大迫恵美子:
ま、病院で、ひ、人前で、何か・・

相談者:
ええ

大迫恵美子:
その、直接ね?、あなたに危害を加えるって事は・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
ないんじゃないですか?

相談者:
・・それが実は一度あったんですね、揉めた事が病院で(苦笑)。

大迫恵美子:
あー

相談者:
え、何年か前に。

大迫恵美子:
あ、それ、どんな場面でですか?

相談者:
ちょっと、詳しい場面まではちょっと・・こっちもパニックになったんでよく覚えてはないんですけど。
なんか「お前は人生の落伍者」みたいな感じで・・急にして来たリして。

大迫恵美子:
ああ

相談者:
うん

大迫恵美子:
・・うんと、その・・

相談者:
うんー

大迫恵美子:
パニックっていうのは、

相談者:
はい

大迫恵美子:
何かパニック障害のようなものが出るって事なんですか?

相談者:
・・えーと、不安障害、を持ってますんで、

大迫恵美子:
ええ

相談者:
あんまり・・高圧的にされると・・も、感情のコントロール効かなくなんですよね。

大迫恵美子:
ああ

相談者:
それが怖いので、ちょっと今行けない状況というのが・・

大迫恵美子:
うーん

相談者:
あるんです、はい

大迫恵美子:
ま、お話がね?

相談者:
ええ

大迫恵美子:
え、とてもあのお、まあ、あなたお一人の、お話しかないですし、

相談者:
はい

大迫恵美子:
それからその、あなた自身も、他の人からあまり情報を集めていないのでね?

相談者:
ええ

大迫恵美子:
一体何が起きてるのか?・・推測するのがとても難しんですけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、男の子、3人がね?

相談者:
ええ

大迫恵美子:
そんなに仲が悪くて、

相談者:
ええ

大迫恵美子:
お母さんは何とかしようと。

相談者:
はい

大迫恵美子:
いう風に・・介入ってしなかったんですか?

相談者:
記憶の中に全くない・・ですよね、そういうのは。

大迫恵美子:
あの、あなたのお話で・・伺ってると、とても、あの・・

相談者:
ええ

大迫恵美子:
ね?、変わ・・ってるなと思うのは、

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、よくある話はね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
その、お母さんが・・3人のうち誰かだけを・・凄く、可愛がっていてね?

相談者:
ええ

大迫恵美子:
で、他の、兄弟が、

相談者:
はい

大迫恵美子:
それを、こ・・その事をとても、その、妬(ねた)んでいて、

相談者:
ええ

大迫恵美子:
まあ、あの、色々悪く言うとかね?

相談者:
それを一番嫌がってましたね、母は。

大迫恵美子:
ていうのは?

相談者:
「みんな平等だ」という事・・

大迫恵美子:
ああ

相談者:
を常に言ってた、人なので。

大迫恵美子:
あーあ・・んま、親は大体平等だって言うんですけど(苦笑)。

相談者:
ええ

大迫恵美子:
子どもはね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
みんな敏感にね?

相談者:
ええ

大迫恵美子:
あ「『平等だ』って言ってるけど嘘で」・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
「あの子だけが好きなんだ」とかってね?

相談者:
うん、はい

大迫恵美子:
あの、思ったりするもんなんですけど、

相談者:
うーん、特にないー・・ですね、その辺りは。

大迫恵美子:
あー、そういう事を怒ってるわけでもないんですか?

相談者:
ええ、ええ

大迫恵美子:
うーん、不思議ですね。

相談者:
はい・・はい

大迫恵美子:
お父さん、は・・あの、どうですか?お子さん達に厳しい親だったんですか?

相談者:
というか、父親の存在はないですね。小さころ、あんまり(苦笑)。

大迫恵美子:
あんまり、その、子どもに関わってない感じ?

相談者:
しい・・色々と、遊びに行って、中々帰って来ないという印象とかありましたんで(苦笑)小さい頃、特に。

大迫恵美子:
あー、そうなんですね。

相談者:
ええ、はい

大迫恵美子:
そうするとね?、あなたの、なんか、お話の中に、

相談者:
ええ

大迫恵美子:
大人って、いないんですね?

相談者:
・・あー、よね。

大迫恵美子:
お家は結構・・バラバラですよね?

相談者:
あーあ、は、は

大迫恵美子:
お子さん、達だけが世界があって、

相談者:
はい

大迫恵美子:
えー、親御さんは、あまり、お子さんに・・構ってないですね。

相談者:
・・あーそうです・・ね。

大迫恵美子:
そういう中で、その・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
3人の、争いっていうのはどういう風になるんでしょうね。

相談者:
・・そうなんですよね。

大迫恵美子:
う、ホントに少ない親の愛を、奪い合ってるんでしょうか?

相談者:
・・かもしれませんねえ。

大迫恵美子:
うーん・・ま、わたしもね、3人姉弟の一番上なので、

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、一番上の人には、やっぱりどうしても、あの・・ま、親和性を感じるんですけど(苦笑)。

相談者:
はい

大迫恵美子:
わたしはね、あなたとお話しててあんまり、あなたが、そのお兄さんらしいという感じでは思わないんですよ。

相談者:
ええ

大迫恵美子:
ちょっと・・ふざけた本なんかもたくさん出てますけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、一番上の、子はね?

相談者:
・・はい

大迫恵美子:
ま、極端な言い方ですよ?

相談者:
はい

大迫恵美子:
誤解されたら困りますけど、

相談者:
あはい

大迫恵美子:
あのお、下の、妹とか弟をね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
人間だと思ってないっていう(苦笑)そういう・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
言葉があるんですけど、

相談者:
・・あはい(苦笑)

大迫恵美子:
わたしはね、それはね、ある程度当たってるなと思うんですね。

相談者:
ええ、ええ、ええ、

大迫恵美子:
どうしても、その、自分が、記憶がありますので。

相談者:
ええ

大迫恵美子:
あなたも、一番下のお子さん、が産まれた時ぐらいから記憶あるでしょう?

相談者:
ええ

大迫恵美子:
なんなら、あの、オムツを替えるの手伝ったりなんかしてる、もんですから、

相談者:
はい

大迫恵美子:
大きくなって、なんか言って来てもね?

相談者:
ええ

大迫恵美子:
何を言うか、人間みたいな事言って。って思っちゃうっていうね?(笑)

相談者:
ええ、はい

大迫恵美子:
そういうような、あの、感覚っていうのは、どうしても・・あ一番上はずっと思ってる事が多いんですけど。

相談者:
はい

大迫恵美子:
なんかあなたのお話に、あんまりそういうの、ないですよね?

相談者:
あーはあ、はあ、はあ

大迫恵美子:
一番下はね?、やっぱり、あの、お兄さんの事凄く批判する事多いんですけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
ま、それはわたしの周りでも、わたしの、実の姉弟でも、そうですけど(苦笑)。

相談者:
はい

大迫恵美子:
要するに、「威張りん坊」ってね?

相談者:
ええ

大迫恵美子:
言うんですよ、一番上の事をね?

相談者:
ええ、ええ

大迫恵美子:
で、まあ、わたしとしては、「威張って当然でしょう、わたしが、」

相談者:
ええ

大迫恵美子:
あの、「わたしの方が、分かってるんだから」みたいなね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、そういう感覚でいますけど。
なんかあなた、やっぱりそういう上下関係あんまり感じない・・

相談者:
ええ

大迫恵美子:
ですよ。
で、そう、言いながら・・その、余命いくばくもないという噂のね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
お父さんのところへ駆け付けても行ってないという事にもね?
わたしは何だか凄く不思議な感じがするんですけど。

相談者:
はい

大迫恵美子:
お父さんとこへ駆け付けてね?、最後の時をね?・・ま、看てあげたいと。

相談者:
はい

大迫恵美子:
いうような事は・・優先しないんですか?

相談者:
優先したい・・本音は。

大迫恵美子:
でもその、弟が怖いというだけでね?

相談者:
ええ

大迫恵美子:
あの、行かないっていうのは、ちょっと理解できないんですけどね。

相談者:
ええ、ええ

大迫恵美子:
次男の方と誘い合って行くとかね?

相談者:
ええ

大迫恵美子:
・・ま、考えてもいいように思うんですけど。

相談者:
はい

大迫恵美子:
あんまりそんな風でもないじゃないですか。

相談者:
義理の妹からは言われてるん、で、まだちょっとそれえ、で、うん、今回のアドバイスも含めて、ちょっとまた・・聞いてみようかと思いますけども。

大迫恵美子:
でもね(含み笑い)?

相談者:
ええ、はい

大迫恵美子:
あのま、こんな事言うのあれなんだけど、

相談者:
はい、ええ

大迫恵美子:
余命いくばくもないって、言われているんですからね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
もう今日とか明日(あす)とか・・もう、1日1日がとても大切だと思うのでね?

相談者:
ええ

大迫恵美子:
あの、すぐ駆け付ける方法を考えた方がいいんじゃないですか?

相談者:
あ、はい、分かりました。

大迫恵美子:
ん、弟さんとそれは仲がいい方がいいと思いますけどね、

相談者:
はい

大迫恵美子:
だけど、あの、どうしたって話が出来ない、人と、仲良くなるために一生懸命・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、努力しても、ま、無駄ですよね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、そんな事よりは・・まあ、今は、お父さんの事優先しなきゃいけないでしょうし、

相談者:
ええ

大迫恵美子:
あの、弟さんとどうやったら仲良く出来るかね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、考えるっていうは、もうちょっと、ずっと後でもいいんじゃないですか?

相談者:
あ、はい、分かりました。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

ドリアン助川:
もしもし?

相談者:
はい

ドリアン助川:
ま、幸運にも、次男の方と・・

相談者:
ええ

ドリアン助川:
えー、コミュニケーション取れ、て、お酒飲んだりされてるっておっしゃってましたよね?

相談者:
あ、そうです、はい

ドリアン助川:
ええ、ですからもう、2人い、で、動かれた方がいいと思いますよ。

相談者:
あ、分かりました。

ドリアン助川:
ええ、はい

相談者:
じゃその方向で動いてみます。どうもありがとうございました。

ドリアン助川:
はい、はい、どうも失礼しまーす。

相談者:
はい、失礼いたします。

スポンサードリンク



「兄弟仲が悪いにも程がある。親父長くないのに駆けつけない長男の奇妙な受け答え」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。