励ましじゃなく理解。言葉じゃなく気遣い。悲しみのワケを知らず掛ける言葉はない


テレフォン人生相談 2018年8月1日 水曜日

自死で娘(義姉)を亡くして落ち込む姑に掛けてあげられる言葉は?

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女32歳 夫29歳 結婚3年 息子1歳 別居で祖母と暮らしている義父61歳 義母60歳 4、5年前に義姉が他界

今日の一言: 相手の心を理解する姿勢があって初めて相手を励ます事が出来ます。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願いします。

加藤諦三:
はい。最初に年齢教えて下さい。

相談者:
32歳です。

加藤諦三:
32歳、結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
えーご主人何歳ですか?

相談者:
・・29歳です。

加藤諦三:
29歳。結婚してから何年目、何年、ですか?

相談者:
・・3年ですね。はい

加藤諦三:
3年ですか・・

相談者:
はい

加藤諦三:
お子さんは?

相談者:
・・います。

加藤諦三:
何歳ですか?

相談者:
1歳です。

加藤諦三:
1歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。それで・・どんな相談ですか?

相談者:
えと、義理母あ、の、事について、相談したいんですけれども。

加藤諦三:
あはい

相談者:
あの最近、あの塞ぎ込んでるというか・・ちょっと元気がなくてですね・・あの・・

加藤諦三:
塞ぎ込んでるというのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
そこの・・お母さんが塞ぎ込んでるという事ですね?

相談者:
そうですね、はい

加藤諦三:
あ、それで一緒に住んでんの?、別に住んでんの?

相談者:
あ、いや別居ですね。はい

加藤諦三:
別居ですか、はい

相談者:
はい

加藤諦三:
ほで、ど、あなたの家からどのぐらい離れてんですか?

相談者:
えっとお、歩いて、10分・・から15分くらいで。

加藤諦三:
あーそうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
じゃあ、まあ、い・・行こう思えばすぐ行けるわけですね?

相談者:
あ、そうですね、はい

加藤諦三:
で、この、ん、お義母さんは何歳ですか?

相談者:
60歳です。

加藤諦三:
60歳ですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
それで・・このお義母さんは・・あん、あなたの義理のお父さんと一緒に暮ら・・

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
お父さんは何歳ですか?

相談者:
えと60・・1歳ですね。

加藤諦三:
61歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、これは・・2人で暮らしてんですね?

相談者:
あ、いえ、祖母も、一緒に・・

加藤諦三:
あ・・

相談者:
住んでおります。

加藤諦三:
そう、そ、祖母も一緒ですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、塞ぎ込んでるというのは具体的に言うと、どの・・程度の事ですか?

相談者:
あ・・4、5年前にですね・・

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、夫の・・姉が自殺しておりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、その時からなんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、わたしの、あの、息子が・・産まれ、て、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、孫ですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
孫が産まれてえ。

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ、あのお、いい方向にていうか、明るくう・・こう、なってくれるかなとは思ってたんですけれども、

加藤諦三:
うん

相談者:
逆に、ですね、最近・・こう塞ぎ込んでるというか落ち込んでいまして、

加藤諦三:
うん

相談者:
で、わたしとして・・こう、何か、こ・・励ましたり、

加藤諦三:
うん

相談者:
何か・・掛ける言葉などを?

加藤諦三:
うーん

相談者:
あったら、教えていただきたいんですけれども。

加藤諦三:
あーなるほどね。

相談者:
はい

加藤諦三:
あのお・・もう1回聞きますけど、塞ぎ込んでるてのは、例えば・・ぐ、具体的にはどうなのかな?、朝、ご飯・・を、あんまり食べないとか。或いは・・家の中にず・・

相談者:
あ、ちょっと、その当時、その当時よりは、あのお、いくらか、ご飯を食べるようにはなったんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、家族など・・の、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、食事い、の際には、

加藤諦三:
はい

相談者:
やはりこう、思い出が、蘇るのか?・・突然、こ、泣き出したり・・

加藤諦三:
お、お、思い出というのは、この夫(?)の・・

相談者:
あ・・

加藤諦三:
あの、自殺という事ですか?

相談者:
そうですね、はい

加藤諦三:
・・はい。突然泣き出す?

相談者:
そうですね。で、あのお、無言、に・・な、ったりですね、はい

加藤諦三:
はい。
それで、無言になるのでえ・・あの・・誰かを恨んでるとか、そういう事・・とは違うんですか?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
ただ悲しくて、悲しくて・・という事?

相談者:
はい。
わたしから見ると、あの悲しく、ての方が・・強い、と思いますね、はい

加藤諦三:
悲しくてという方が強い?

相談者:
はい

加藤諦三:
うん、それで・・夫婦関係は、別に、な、ど・・問題ないんですね?

相談者:
・・ちょっとそこの・・夫婦関係のところはあ・・あのお、あまり、ちょっとよく分からないというか、

加藤諦三:
うん

相談者:
あまり会話はないようには見えますね。はい

加藤諦三:
会話はないように見える?、うーん

相談者:
はい

加藤諦三:
・・これだけど、ちょっと難しいね?、難しいっていうのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
義理のお母さんでしょう?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
そうすとお、当然お互いに・・ま、多少、遠慮はありますよねえ?

相談者:
はい

加藤諦三:
実の母のように、なんか、し・・昔から喧嘩して・・

相談者:
そうですね、はい

加藤諦三:
たっていうような感じ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
感じじゃないわけですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
・・そうすっと、その中に・・夫婦う、関係で・・夫が・・心の支えになってない、塞ぎ込んでる時・・あなたが・・非常に善意ですよね?・・

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
あの、励し、物凄い善意ですよ。
で、励まして、あ・・あげようと、思・・ってもお・・

相談者:
はい

加藤諦三:
思うように・・あなたの期待する結果が・・必ずしも出るわけではないですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、わたし・・でなくても、わ、夫お、から、何かこう、掛けれる言葉というか・・

加藤諦三:
うん

相談者:
こう、支えてあげれる言葉あ、など・・もし・・

加藤諦三:
ああ、はい、はい

相談者:
あるのであればあ・・

加藤諦三:
あ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
あなた、割と本気なんだな。

相談者:
・・そうですね。

加藤諦三:
うん・・この・・

相談者:
なんか、こう・・

加藤諦三:
義、義理のお母さんを・・

相談者:
そうです。

加藤諦三:
励ましてやりたいってのは・・本気ですね?

相談者:
あの・・変な話ですけども、やっぱり後追いとか・・そういったのを・・やはり脳裏に、浮かんでしまうので・・

加藤諦三:
はい

相談者:
そういったのは、やはり防ぎたいなというか・・姉が、やはり・・自殺したという・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
ことがやはり、ショックですのでえ・・

加藤諦三:
・・そうか、あなたはその、後追いする事までも心配してるわけですか?

相談者:
そうですね。はい

加藤諦三:
じゃあ、それで・・ま、具体的に今日の相談というのは・・どんな形で・・彼(?)を励まして・・

相談者:
はい

加藤諦三:
あげられる、か?っていう事ですね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
はい。あの、大変難しい・・あの、相談だと思うんですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はあのスタジオにですね・・

相談者:
はい

加藤諦三:
心についてのエッセイストとしてお馴染の、マドモアゼル愛先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。