同棲後30余年を経て電話掛けたら彼もバツイチ独身。高まる感情に傷つくのが怖い


スポンサードリンク

(回答者に交代)

高橋龍太郎:
あ、初めまして、高橋です。

相談者:
はい。こんにちは

高橋龍太郎:
こんにちは

相談者:
はい

高橋龍太郎:
まあー、でも(苦笑)・・それは、1回は会わないと先に・・んー・・

相談者:
んー

高橋龍太郎:
どんな方向性であれ先に進めないでしょう?

相談者:
あー、そうなんですかね?やっぱり。

高橋龍太郎:
うーん、だって・・

相談者:
うん

高橋龍太郎:
これがもし、会いに行って。

相談者:
はい

高橋龍太郎:
・・ダメだったとして。

相談者:
はい

高橋龍太郎:
あなたは何を失うの?

相談者:
・・んー・・やっぱりあの若い時に(涙声)

高橋龍太郎:
うん

相談者:
えっと、ホントに、えっと別れ、た事お、がもうホント辛くて。
・・その時の、あの、傷付いた・・

高橋龍太郎:
辛さ?、あ・・その、その時の辛さが・・

相談者:
気持ちとかが今、今も蘇っちゃうんですよ。

高橋龍太郎:
2度目の別れで更にまた蘇っちゃうの?(苦笑)

相談者:
だかも、それを、怖くてえ・・

高橋龍太郎:
ああ

相談者:
次、そういう事になっちゃうと、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
もう、ずっと、立ち直れないみたい#$%◆(苦笑)

高橋龍太郎:
いやいやいや、そら・・

相談者:
(泣き笑い)

高橋龍太郎:
二十歳前後のお、それだけ一緒に住んだ、別れの辛さと、今もう人生55年の、ベテランの、もし、別れになったとしても・・

相談者:
うん

高橋龍太郎:
それを堪える力は全然違うと思うよ。

相談者:
うん

高橋龍太郎:
彼の方に全く思いがなければ・・

相談者:
うん

高橋龍太郎:
もう少し冷たい対応をするんじゃないのお?

相談者:
でもなんかショートメールでとかでも、結構・・

高橋龍太郎:
冷たいの?

相談者:
分からないんですけど・・

高橋龍太郎:
うん

相談者:
なんか、だから、わたしも・・「ひょっとしてツンデレ?」って、こう、送ったんですよね。

高橋龍太郎:
・・うん

相談者:
それをちょっと書いたら・・あの、
「たぶん文章やから」、「気持ちは入ってるよ」って。そういう返事はしてくれるんですけど(苦笑)。

高橋龍太郎:
うん。ま・・少なくとも、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
あなたほど彼は、多分、燃え上がってはいないと思うよ(苦笑)・・

相談者:
やっぱりそうでしょうね(苦笑)。

高橋龍太郎:
それは間違いない事実だけど・・だけど・・でも、とにかく会わない事には何も始まらないし・・

相談者:
あー、や・・

高橋龍太郎:
今のまま・・

相談者:
うん、うんー

高橋龍太郎:
ね?、ショートメールだけやり取りしたら・・かえってその事の方が・・あなたがもういっぱいいっぱいになって、処理できなくなっちゃうと思うよ。

相談者:
うーん

高橋龍太郎:
会うんならもう、スパーンと行って。自分の思いをぶつけて。それから先じゃないの?

相談者:
でも先生ね?

高橋龍太郎:
うん

相談者:
まだあの・・ホントのこの、2、2週間ちょっと前ぐらいなんですよ、その・・

高橋龍太郎:
話をね?

相談者:
コンタクト、取り出したのが。

高橋龍太郎:
うん・・うん、うん

相談者:
だか、その思いを、ぶつけるって言ってもやっぱり、あの彼のその、今、置かれてる環境っていうのは、き・・ざっくりは聞いてるけど、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
あのお、ホントはど、どうなんだ?っていうのもわたしも分からないじゃないですか(苦笑)。

高橋龍太郎:
分からないよね。

相談者:
うん・・

高橋龍太郎:
あの・・

相談者:
だからその時に行、行ったわいいが、

高橋龍太郎:
うーん

相談者:
実は色んな事があって、わたし・・は(わ)結局・・あ、そうか、勝手な思い込みだったんだって(苦笑)・・

高橋龍太郎:
うん

相談者:
も、じ、こやって笑ってるって、実際・・

高橋龍太郎:
それはあり得るよ。だって、アロマセラピストなんか如何にもモテそうじゃない?だって。

相談者:
あ、モテ、モテる人でした。

高橋龍太郎:
んね?・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
で独身でしょ?・・

相談者:
今はね。

高橋龍太郎:
だから・・

相談者:
はい、はい、はい

高橋龍太郎:
うんだから、それは恋人の・・1人はいるかもしれないけど。

相談者:
で、それも聞いたんですよ・・

高橋龍太郎:
うんそしたら?・・

相談者:
電話で。

高橋龍太郎:
うん

相談者:
あの・・今は、それは何か、さり気に、えっとお、だ、「今」あ、「は」、「好きな人」、「とかいるんですか?」って。

高橋龍太郎:
あん

相談者:
「あー、も、全然」って。

高橋龍太郎:
うんー

相談者:
うん、で「僕は」・・

高橋龍太郎:
それは、そ、うん

相談者:
「家庭を」、「大事に」、あの「して行けれる人じゃないって、僕分かってるから」って・・うん。

高橋龍太郎:
あー、だから家庭を大事に・・しないで付き合ってる人はいるかもしれないじゃない?じゃ。

相談者:
ま、それはあり得ますよね。

高橋龍太郎:
ね?

相談者:
はい

高橋龍太郎:
だから、そんな話も・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
メールでやり取りしたって・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
全然分かんないから。

相談者:
はい

高橋龍太郎:
向こうに出掛けて行って。

相談者:
はい

高橋龍太郎:
付き合ってるような、人はいるのかとか。も、色んな事情全部・・全部聞いてまくって・・

相談者:
でもそれって凄く、あの、ひ、ドン引きされそうで(苦笑)。

高橋龍太郎:
いやドン引きされるかもしれないけどさ(苦笑)・・

相談者:
(苦笑)

高橋龍太郎:
そんな・・こんなところに電話する暇があったらさ・・あの出掛けて行って・・

相談者:
やーも・・

高橋龍太郎:
ざっくり聞いた方が、いいんじゃないの?・・

相談者:
いやもう・・

高橋龍太郎:
僕だったらそうするよ。

相談者:
いや・・それも、怖くて出来ないから、先生に・・(苦笑)

高橋龍太郎:
あーそうなの、こ・・怖くて出来ないんだ(苦笑)。

相談者:
怖、怖いです。

高橋龍太郎:
でも、さあー・・

相談者:
うん

高橋龍太郎:
あれなんだよ?、それだけ好きだった人に会えるんだよお?

相談者:
うんー

高橋龍太郎:
ダメでも・・いいと思うけどな、それ、僕だったらそうするけど・・

相談者:
うん

高橋龍太郎:
それを・・秘めてずーっと抱えて行ける・・我慢強さがあなたにあるんだったらそうしたらいいけど。

相談者:
うん

高橋龍太郎:
これだけの口ぶりから、き・・あの、お話を伺うに・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
相当あなたは情熱的だし。

相談者:
はい

高橋龍太郎:
我慢できないと思うよ、秘めたままずーっと、遠距離で居続けるって事が。

相談者:
・・そうですか・・うん・・分かりました。なんか・・すいません。と言って#$%◆

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

今井通子:
お分かりいただけましたか?

高橋龍太郎:
フフフ(笑)

相談者:
うん。分かりました。アッハ(苦笑)

今井通子:
え?、ていう事は行ってみます?

相談者:
・・あの、その、その前にやっぱり少しお話をする機会を作りたいと思います、お電話で。

今井通子:
そうですね。

高橋龍太郎:
うん

今井通子:
最初にお電話なさった時・・

相談者:
はい

今井通子:
あなたの方からあ・・今結婚してるかどうかを聞いたんですか?

相談者:
・・なんか・・結婚したっていうよりは「17年前に離婚した」って、言われたような気がします。

今井通子:
うん、それは彼の方が、勝手に言ったの?

相談者:
・・うん、そうです、そうです。

今井通子:
あ、じゃ、彼も気があるんじゃないですか?

高橋龍太郎:
わあ!

相談者:
そんなに、ポジティブに考えない#$%◆

高橋龍太郎:
ハッハ(笑)

今井通子:
うん

相談者:
(苦笑)先生。

今井通子:
うん、い、色々あると思うんで、あの、フ(苦笑)

高橋龍太郎:
ハハハ(笑)

今井通子:
えっと高橋先生ね?「すぐに会いに行った方がいい」っておっしゃったけど、

高橋龍太郎:
ハハ(笑)

今井通子:
あのお、あと1ヵ月か2ヵ月ぐらいは・・

相談者:
はい

今井通子:
メールでもいいしい・・

高橋龍太郎:
電話がいいね。

今井通子:
電話、電話の方がいいですかね?

高橋龍太郎:
うん、肉声を聞いた方がいいよ。

今井通子:
うん。ちょっと色々と探りを入れる(苦笑)話し、ぐらいは・・

相談者:
アッハ(苦笑)

今井通子:
した上で。

相談者:
はい(苦笑)

今井通子:
うん・・いざ会いに行く時に、

相談者:
はい

今井通子:
「これから余生ずっと一緒に」みたいな・・

相談者:
はい

今井通子:
重い感じで最初から行っちゃダメで。

相談者:
んも、あのホントはだから、彼には1回だけ言ったんは、えっと「あっちに行っちゃうと、もうわたしは帰れなくなると思う」っていう事だけは言いました。

今井通子:
いやだからそこまで言っちゃうと・・

高橋龍太郎:
フフフ(笑)

今井通子:
重いって。

相談者:
や、言ってしまった・・

高橋龍太郎:
ハハ(笑)

今井通子:
だからこれから、じ、あの彼には言う必要ないから・・

相談者:
はい

今井通子:
1回だけ顔を見ればいいわって、それで満足しようって自分で思え、思えばいい。

相談者:
分かりました。

今井通子:
うん、で、そういうのが思えるようになってから・・

相談者:
はい

今井通子:
1回、会いに行ったら?

相談者:
分かりました。

今井通子:
・・頑張ってね。

高橋龍太郎:
頑張って下さい。

相談者:
フフフ(苦笑)、すいません、あの・・

高橋龍太郎:
はい

相談者:
今日は、参考になりました・・

高橋龍太郎:
はい

相談者:
ありがとうございます。

今井通子:
はーい、失礼しまーす。

相談者:
何とか頑張ってみます・・

高橋龍太郎:
はーい

相談者:
失礼いたします。

今井通子:
はい

相談者:
ごめん下さい。

今井通子:高橋龍太郎:
はーい

相談者:
はーい


スポンサードリンク



「同棲後30余年を経て電話掛けたら彼もバツイチ独身。高まる感情に傷つくのが怖い」への2件のフィードバック

  1. こんな相談にものってくれるんだ
    しかも精神科医使って…
    改めて番組の懐の大きさを感じた相談でした

  2. うん。結果がどうであろうと、なんかいいね。彼と思ったようにならなくても、これからの日々を、明るい顔で生きていくきっかけになったらすごくいいね。
    とてもいい相談だったな!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。