娘29歳の婚約者42歳が求めてこない。カップルの性生活に首を突っ込む母親60歳


テレフォン人生相談 2018年9月14日 金曜日

結婚の約束をした彼と暮らす娘がセックスレス。
ツラそうな娘を見るともうケリをつけた方がいいと思う。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 田中ウルヴェ京(シンクロ銅メダリスト、メンタルトレーナー)

相談者: 関西訛りの女60歳 夫59歳とは別居中で現在は一人暮らし 長女33歳 近くで42歳の彼と暮らす次女29歳

今日の一言: 人を救う前に、まず自分を救うこと。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもし、こんにちはぁ

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です

相談者:
あ、すいません、お世話になります

加藤諦三:
はい、最初に年齢を教えてください

相談者:
あ、わたしい、は、60歳です

加藤諦三:
60歳。結婚してます?

相談者:
はい、してます

加藤諦三:
えっと、ご主人何歳ですか?

相談者:
は(わ)、59です

加藤諦三:
59歳。お子さんは?

相談者:
は、えっと、33と、20・・9です。

加藤諦三:
と、今、一緒に暮らしているのは・・

相談者:
えーと、すぐ近くに次女がおりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
えっと、一緒に住んでたんですけど、ま、あのお、えっとお、結婚したい人がいるということで、近くう、に住んでいるんです。二人で。

加藤諦三:
あ、そうですか。
ということは、今、お二人で暮らしているんですね、ご主人と。

相談者:
えっとお、主人はちょっと事情がありまして、別に住んでるんです。

加藤諦三:
あ、別居しているわけですね。

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
ということは、あなた、お一人で暮らしてるんですか?今は。

相談者:
今、一人なんですよ。はい

加藤諦三:
はい、分かりました。
それで、どんな相談ですか?

相談者:
去年、あのお、その、好きな人がいるっていうふうなことで、えと、連絡をとったらあ、ま、こちらあ、の、

加藤諦三:
好きな人がいるって、誰が?

相談者:
あの、えっと、娘があ、

加藤諦三:
あ、この次女・・20・・

相談者:
えっと、3年ほど前に、

加藤諦三:
この29歳のお嬢さんが好きな人がいると?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい

相談者:
29の娘から、

加藤諦三:
はい

相談者:
えっと、3年ほど前に、ま、都会の方に、ちょっと、歌を勉強するとか言って、行ってた時に知り合ってた人がいて、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、まあ、あの、電話とかで、ちょっと連絡は取り合ってたんだけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、まあ、えっとお、結婚したい、向こうも結婚・・ま、してもいいっていうふうなことで、

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお、了承を得たので、こっちにい、あの、えっと、わたしたちの方の、実家の方に来てくれるっていうふうなことで、まあ、
あのお、協力して、来てもらったんです。

加藤諦三:
うん、それで?

相談者:
それで、あのお、えっとお、まあ、どういうふうな状態なるか、分からない、不安だったし、で、あの、相手の人も、ま、一年くらい仕事も、見つかって、落ち着いてから、籍入れようっていうふうなことを、あの、娘に言ってるそうなので、

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ、それもいいかな、思って・・

加藤諦三:
あ、言ってるそうなんで、っていうのは、今も、そう言ってるということですか?

相談者:
今、一年経ったから籍を入れる時期になってきたんで、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしの方がちょっと、娘の方に聞きましたらね、

加藤諦三:
はい

相談者:
いや、実は、あの、まったくう、あの、肌の触れ合いが、無いままこの一年来てえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
すごく辛いんだと。言うんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
もう、ちょっと、かなりビックリしまして、

加藤諦三:
はい、で・・

相談者:
で、えっと、そんなこととは夢にも、思わなかったもんだから、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、ちょっと、色々、あのお、友達に相談したりもしたんですけどお、

加藤諦三:
友だちっていうのは、あなたの友だちに相談した・・

相談者:
あ、ごめんなさい、はい、わたしの、同級生とかに

加藤諦三:
はい

相談者:
はい、だとか、職場の人とかに、チラッと

加藤諦三:
はい

相談者:
だけど、あの・・娘も、娘の職場で、ちょっと相談、をしたりしたそうなんですけどね。

加藤諦三:
はい

相談者:
彼に頼んで、あの、病院で、あの、その薬を、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、もらって、

加藤諦三:
はい

相談者:
都会の方に居たときには、あのお・・ちょっと関係はあったそうなんでね、

加藤諦三:
はい

相談者:
その、機能の問題ではなさそうだっていうことでね、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、ま、薬の手助けを借りて、

加藤諦三:
はい

相談者:
あん、ということで、あのお、病院を探して、一緒に行こうって言ったら、ま、自分一人が行くって言って、やっと行ってくれて、ま、薬を、仲良くもらってきて、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、あの、一回目はちょっと、あのお、まあ、慣れない、知らない土地で、ま、職場も変わって、大変な・・っていうストレスもあるだろうからっていうふうなことで、

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ、あのお・・ま、主人に、あの、相談を掛けたんですけど、

加藤諦三:
主、主人に相談って・・

相談者:
あ、わたし、わたしの

加藤諦三:
あなたの主人に

相談者:
はい、わたしの主人に、

加藤諦三:
はい

相談者:
今ちょっと別居してて、メールう、で、あの、必要なことをやり取りしてるような状態なのでね、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお・・子どもが、娘が悩んでるっていうふうに言ったんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、あのお、も、二人の問題だから、

加藤諦三:
はい

相談者:
子どもが決めるう、しかないだろうっていうふうな、返事だったんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
うん、だけど、あたしい、の方が身近に居て、実際に、ちょっとこう、辛そうな様子も見えたり、ま、あの、「こうこうしたけども」、「もう、無視される」・・
で、また、「薬飲んで欲しい」って言っても、「なんやかんや言って、逃げられる」・・
「もう、辛いんだ」、っていうふうなことを聞くもんですから、

加藤諦三:
うん
あのお・・質問ですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
要するに、3年前に知り合って、

相談者:
はい

加藤諦三:
ほいでえ、ま、今まで来てるわけですね。

相談者:
はい

加藤諦三:
その、その間、その、この方は、

相談者:
はい

加藤諦三:
要するに、性のことは別にして、

相談者:
はい

加藤諦三:
仕事とか、対人関係とか、そういうごく普通の人間関係はどうだったんですか?

相談者:
えーと、相手の男性ですか?

加藤諦三:
はい

相談者:
結構、忙しい・・仕事ではあったそうなんですよ。ずっと。

加藤諦三:
・・

相談者:
10年以上。

加藤諦三:
はい、要するに仕事は・・

相談者:
はい、だから、普通、あの、上手くいってたと思います、人間関係は。

加藤諦三:
人間関係は上手くいっていた・・

相談者:
まあ、ま、職場では、ま、慣れた職場で、えっとお、割とこう、皆に好かれるタイプでは、あったと、娘からは聞いてるんですけど。

加藤諦三:
ふうん・・

相談者:
あのお・・相手が、42なんですね

加藤諦三:
はい

相談者:
で、娘が29う、なんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
だから、もう、40過ぎて、ちょっと色々疲れてえ、そういうふうな性的生活う、が、出来なくなったかあ、ということも、ちょっと、思っては・・

加藤諦三:
ま、それは絶対あり得ないですね。

相談者:
・・

加藤諦三:
性の問題に全部結びつけちゃってるけれども、

相談者:
はい、そうですか

加藤諦三:
性は、関係ないでしょ、これ。

相談者:
んん

加藤諦三:
だって、42歳で、

相談者:
うんうん

加藤諦三:
結婚するのに障害ある・・無いわけですよね。

相談者:
ま、

加藤諦三:
今、奥さん、結婚していて、奥さんと離婚してて・・

相談者:
うん

加藤諦三:
あ、離婚したくて、別居中でね?

相談者:
うん

加藤諦三:
どうのこうのっていうのなら別ですけど、

相談者:
はい

加藤諦三:
独身なんでしょ?

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
要するに、彼、怖いんでしょ?人が。

相談者:
はあー
かもしれないですね。

加藤諦三:
人が怖いんですよ。
対人、女性恐怖症なんじゃないですか?

相談者:
うーん
うーん
そういうふうな・・

加藤諦三:
もしかすると、女性・・

相談者:
彼を、

加藤諦三:
はい

相談者:
好きに、なって、しまったからね、娘が。

加藤諦三:
うん

相談者:
だから娘も、優柔不断なところが・・あって、はっきりしないなあ、と、いうふうに、わたし、も思うんですけど、

加藤諦三:
お嬢さんにも、そら問題がありますよ。
だって、これ普通、「あ、さようなら」、って言いますよ。

相談者:
うーん・・

加藤諦三:
そいで、今日の相談というのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
こういう中で、別れさすのはどうしたらいいか?ということ?
それとも、いったいこのお嬢さんの心理はどう、どういうこと、だ?っていう・・

相談者:
はい

加藤諦三:
う・・あなたの相談の、ポイントはどこら辺です・・か?

相談者:
えっとお、あのお、もお、あの、見切りをつける時期かな?、別れないといけない時期かな?と、わたしは思ってるんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、えっとお、わたしの方からもう、あの、娘も、ちょっと頼りないから、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、彼と、彼の、お母さん亡くられているから、お父さんなんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお、話するう、と、もう、これでアウトだな、ということで、ま、わたしが、話していくべきかな?と思うんです。
娘の方で、パッと決断、出来ないような、気もするんですけど。

加藤諦三:
うん
決断できないですけど、29歳ですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
自分の結婚ですよね。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、それ、そこにあなたが出ていく・・行かなきゃならないっていうのも・・

相談者:
うーん

加藤諦三:
で、じゃ、分から、ま、今日、そういうことも含めて、

相談者:
はい

加藤諦三:
全体を含めてどうしたらいいでしょうか?ということですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
その、あのお、今日はあの、ゲストに、シンクロの銅メダリストで、メンタルトレーナーの

相談者:
はい

加藤諦三:
田中ウルヴェ京先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います

相談者:
はい
はい、お願いします

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「娘29歳の婚約者42歳が求めてこない。カップルの性生活に首を突っ込む母親60歳」への2件のフィードバック

  1. セックスレスを母親に相談し、それが、父や、母の友達にまで相談されるなんて、気持ち悪い!!
    娘も娘だが、相談者も相談者。

  2. 子供の悩み相談を真剣に聞いて「自分の人生なのだから自分の好きなように」
    という高等回答ができない私は 今回のウルヴェさんの回答は参考になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。