離婚した息子の謎の週末外泊が気になるかしまし婆さんの口をふさぐ三石由起子


テレフォン人生相談 2018年9月25日 火曜日

同じマンションの上下階で暮らす相談者と息子。
相談者は夫を亡くしひとり暮らし。
息子は離婚してひとり暮らし。
息子が土日にどこかで外泊している。
息子に尋ねると、干渉するなら出ていくと言う。
普通の親子のように心通わせたい。

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 関西弁の女75歳 夫は6ヵ月前に79歳で他界 一人息子46歳は1年前に離婚 中3と小6の娘の親権は別れた嫁

スポンサードリンク

今井通子:
もしもし?、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ・・あ、こんにちは、いつも・・聴かしていただいてます。

今井通子:
ありがとうございます。

相談者:
今日はよろしくお願いします。

今井通子:
はい。今日はどういったご相談ですか?

相談者:
あ、ちょっとあのお、息子とわたしの、間柄の事でちょっと、ご相談、お願いしたいと思いまして。

今井通子:
はい。
あなたはおいくつですか?

相談者:
わたしは75歳です。

今井通子:
75歳。息子さんは?

相談者:
息子は46歳です。

今井通子:
46歳。

相談者:
はい

今井通子:
ご主人いらっしゃいますか?

相談者:
主人は、あのお・・6カ月前に・・先立ちました。

今井通子:
あ・・まだ、そんなに、ね?、長いことではなくって・・

相談者:
そうです。

今井通子:
そうするとご主人何歳でらした?

相談者:
主人は79歳です。

今井通子:
そうでしたかあ・・

相談者:
はい

今井通子:
それはご愁傷さまでした。

相談者:
はい

今井通子:
あなたと・・息子さん、

相談者:
はい

今井通子:
お一人?

相談者:
子どもは一人です。その息子が一人っきりです。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
・・ご一緒に住まわれてんの?

相談者:
いえ、あの、同しマンションの棟だあ、けど、

今井通子:
はい

相談者:
同し・・マンションの中の上と下と、別に住んでます。

今井通子:
はい。それとお、息子さんは・・もうご家庭をお持ち?

相談者:
1年・・ほど前に、

今井通子:
はい

相談者:
あの、息子、離婚しました。

今井通子:
あ・・そうだったんですか。

相談者:
はい

今井通子:
そうすると、ご結婚は何年ぐらいされてたのかしら?

相談者:
15年。

今井通子:
15年。

相談者:
はい

今井通子:
お子さんはいらしたんですか?

相談者:
子どもは、あの、い、現在、中3と、

今井通子:
はい

相談者:
小学校6年生の女の子2人です。

今井通子:
で、お子さんは?、その、息子さんの側、親権は・・

相談者:
ん、よ・・お嫁さんの方が、連れて行ってくれました。

今井通子:
はい・・あ、そうすると息子さんは、

相談者:
あ、1人です。

今井通子:
あ、1人でらっしゃるのね?・・分かりました。
それで・・あなたと息子さんの関係で、何が起こりました?

相談者:
あの他所の家(うち)のように、ちょっと心の中をこう、打ち解けて話し合えるような、あのお、親子関係になりたいと思うんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
あの、それがあ・・ずっと、なんか、子どもを、なんかあの・・心の中に何か、あるんかどうか分かりませんけどね、あの、離婚してから以来ね、

今井通子:
はい

相談者:
土曜日い、は、一晩泊まって日曜日の晩に帰って来るんですよね。
そんな生活がも、ずっと、ちょっとここ・・1年ほど続いてますもんで、なんかもう・・心配っていうんか、そんな生活した事がないから、なんか・・ちょっと、こ、不安・・とかそんなんがわたしにあるもんですから、
それを聞きただすとね。
「そんなん監視されるんやったら、ここの家から出て行く」ってこうで、言いますねんけど。

今井通子:
上下別のお、お部屋に住、住んでらっしゃんですよね?

相談者:
そうです、住んでます。

今井通子:
だけどそうすると、日常生活は普段ご一緒されてんの?、例えば・・

相談者:
い、日常は、してないけど、乗りもんを、見たら・・
帰って来て、るか、帰って来てないかは、あの、乗りもんが・・ないから分かるんですよね。

今井通子:
あ、ていう事は普段の生活はご一緒、全くご一緒じゃないんだけど、

相談者:
あ、一緒じゃないんです。

今井通子:
土曜日の晩から、日曜日に掛けては・・要するにだから、息子さんなんかどっか、あの、会社でお勤めですか?

相談者:
会社に、仕事には行ってるんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
土曜日出勤の時もあるけどその、晩から・・泊まって日曜日の・・晩に、帰って来るんですよね。

今井通子:
うん、だから・・その間はいらっしゃらないっていう事?

相談者:
外泊するんですよね、ま、要するに。

今井通子:
うん「外泊」っていうか(苦笑)・・だから土曜日の日から日曜日の、夜、までの・・休日は・・息子さんの方のマンションに、いらっしゃらないっていう事ね?

相談者:
あ、そうです。自分の家に帰って来ないんですよね。

今井通子:
そうですね。

相談者:
ええ、ええ

今井通子:
あな、あなたのところに泊まりにいらしたりしてるわけじゃないのね?

相談者:
あそう、わたしんところには来ないんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
わたしんところには、も、全然、盆が来ても正月が来ても、訪ねて来るような事は、ま、滅多とないですね。

今井通子:
あ、なるほど、なるほど。
でその、土曜日と日曜日が・・どっかに外泊してらっしゃると。

相談者:
そうです、ま、旅行に行く時は、「どこそこに行く」言うて、その、ときは、あの、ちゃんとお、まあ、「カニ食べに行く」とか、そんな時は言うんですけどね。
普段の時に、それを、外泊するもんやから、そんな生活をし・・見た事がないから、もうなんか・・心配でね。

今井通子:
離婚される前は・・

相談者:
・・はい

今井通子:
息子さんは・・

相談者:
はい

今井通子:
同じやっぱりマンションの、そこに住んでらしたの?

相談者:
うん、同しところにずっと住んでました。住んでます。

今井通子:
ていう事はお嫁さんが、えー離婚して出て行、行かれたって事ね?

相談者:
あ、そうです、そうです。うん

今井通子:
で、結婚してる間は・・土曜日から日曜日の夜に・・居なくなる事はなかったのね?

相談者:
あ、なかったんですよ。

今井通子:
行き先について・・尋ねたら、

相談者:
「そんなに毎週、毎週どこに行くんか?」言うて尋ねたら、最初は「友だちの家」って言うてたんですけどね、

今井通子:
うん

相談者:
友だちってあんた・・ん、そんな、泊まるような友だちなんか今まで人生歩いて来たけど、わたしはあんまり、そんなんは、ないからね。

今井通子:
うん

相談者:
ずっともう・・こうなんか、秘密があるんやないか?と思って心の中を・・打ち明けて欲しいわけよね。何か、し・・そんな、泊まらな、いけんような何か、自分の心の中に・・心配事があったり・・何かするんやったらわたしにちょっと、こ、教えて欲しいわけよね。

今井通子:
はい

相談者:
それがあ、あの、話が全然、し、・・しないもんやから。なんか、なんでも話し合えるような親子関係になりたいなと思ってね。

今井通子:
・・あー

相談者:
兼ねがね思ってるんですけど。

今井通子:
あー、あの・・「友だちの」うえ、「家」って言われたんだけれども、

相談者:
はい

今井通子:
「そんなに監視するなら出て行く」とかって言われましたっけ?

相談者:
うん、そうそう、「出て行く」いうて言う。

今井通子:
それ・・

相談者:
「監視されるんやったら」・・「ここの家を出ても、い」あの、い、「おらんようになる」いうて言いますねん。

今井通子:
はい

相談者:
それはどういう事なんか?・・分からないけどね。

今井通子:
その「出て行く」っていう事は、ここのマンションから・・

相談者:
そうです。

今井通子:
引っ越して、他へ行くっていう事でしょ?

相談者:
あそうです、「家を」・・「処分してどっか」・・「わたしの目に掛からんところに行きたい」っていうて言うんですけど。

今井通子:
なるほど。
・・ちょっと話変わりますけれども・・

相談者:
はい

今井通子:
その、1年前に、離婚された理由は何?

相談者:
理由ていうのが、それがあ・・わたしもなんか、ハッキリ分からんのね。どういう理由で別れたんか。
息子が急に来て、

今井通子:
はい

相談者:
「離婚したいから」っていうて言うからな。

今井通子:
割と急に、ですか?

相談者:
急に、もーお、ホントに、前からは思うとったんかどうかは、それは知りませんけど。
急にもう、ホント1ヵ月ぐらいの間にそれが・・決まってしまって、も、シャッともうね。

今井通子:
でその・・

相談者:
家探して出て行きました。

今井通子:
で、お嫁さんが出て行かれる前に、

相談者:
はい

今井通子:
お嫁さんの方は、離婚する気がなかったんですか?

相談者:
なかった。全然それもなかった。泣きついて来たから、わたしんところに何回も。
「頼むからお母さん、これを」あーの「守ってくれ」言うて。

今井通子:
ああ、そうですか・・

相談者:
でも、わたしに守る力がなかったからね。

今井通子:
なるほど。で、息子さんの方が・・「離婚したい」と。

相談者:
そうです。
わたしは説得したよ。

今井通子:
はい

相談者:
子どもにも。

今井通子:
はい

相談者:
息子に言うて・・やっぱ子ども達にも迷惑を掛けるんやから・・

今井通子:
なるほど。

相談者:
あー、言、言いました。ほんで、も、ホント、お嫁さんにも、ホントに皆おってもらいたかったんよ、わたしも、息子よりもそのお嫁さんの方頼りにしとったから。

今井通子:
なるほど。
そうすると、息子さんと・・所謂腹を割って話が出来るっていう・・

相談者:
そうですね。

今井通子:
うん

相談者:
それかどこに・・どんな風にしてるんか、そんな事もちょっと知りたいんよね。

今井通子:
そういう事が出来るように、するにはどうしたらいいか?っていうのが・・

相談者:
そうです、そうです、はい。そうですそういう・・

今井通子:
あなたのご相談?

相談者:
親子の関係の中をね?・・どこに行くんかなあ?もう・・

今井通子:
なるほど。

相談者:
ヒューヒュー、ヒューヒューもう、家に帰らんと。

今井通子:
んふーん、それが一番心配なのね?

相談者:
何か・・起こっとるんか・・目で見えんだけに、何かね?

今井通子:
なるほど。

相談者:
不安があるし。

今井通子:
はい。今日はですね・・三石メソード主宰で・・

相談者:
ああ・・

今井通子:
作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。

相談者:
あー、ありがとうございます。よろしくお願いします。

三石由起子:
(咳払い)

今井通子:
よろしくお願いしまーす。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「離婚した息子の謎の週末外泊が気になるかしまし婆さんの口をふさぐ三石由起子」への5件のフィードバック

  1. 相談者、『娘よりも、元嫁を頼りにしとった』って言ってるけど、子どもは息子一人なんでしょ?意味不明。

    回答者の言うとおりだと思った。
    46才の大の男が、毎週末どこにいって、何してるか、そんなこと心配したり、車があるかどうかで、出掛けてる、出かけてないを監視したり、ホントうっとおしい。

    うちの義母と全く同じだわー。

  2. 三石先生、「待ちなさい」「待って」ならまだしも「待て」なのがウケる。相談者、犬扱いw

  3. 同意
    まるで、感謝もリスペクトもない性根
    だから
    聞いてると不愉快
    犬扱いが言い得て妙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。