男運の無い一卵性母娘。連れ子を慌てて養子にする夫を捨てる女に両女史が待った


スポンサードリンク

(回答者に交代)

大原敬子:
今日の相談・・

相談者:
はい

大原敬子:
あなた自身が、全てが、「子どもが泣いたから」・・「離婚は控えた」・・「こうした」、「愛の仕方は」、「母だった」・・

相談者:
はい

大原敬子:
全部、他人(ひと)なんですよ。

相談者:
はい

大原敬子:
でも・・

相談者:
はい

大原敬子:
あなたは二十歳の時に・・別れる決意が出来る人なんですよ。そうでしょ?

相談者:
はい、はい

大原敬子:
そしてもう1つは、途中で同棲してますよね?

相談者:
はい

大原敬子:
「子どもが」「子どもが」って言うならば・・同棲してる間、子どもがどう思ってるだろうかな?と思うと・・あなたの言葉には・・自分が他者に話す時に・・もう1人の自分が作ってる事を、話してるんです。

相談者:
・・はい

大原敬子:
子どもをあなたは可愛いとは絶対思ってない。
今までこうして一か八かを習った人生を・・大きくダメにした理由はですね・・1つはね?

相談者:
はい

大原敬子:
この41歳で、

相談者:
はい

大原敬子:
21歳と・・9歳の子が・・授かったっていう財産を・・

相談者:
はい

大原敬子:
あなたは・・自分が楽に生きようっていう・・駒に使ってるんです。

相談者:
・・はい

大原敬子:
次が2番目がですね・・あなたには、「愛」って言葉、いつも使ってますけども・・あなたの愛は・・

相談者:
はい

大原敬子:
性です。

相談者:
・・はい

大原敬子:
結局あなたの中には真面目に働くあなた。

相談者:
はい、はい

大原敬子:
もう1つは男性無くしては生きて行けないあなた。

相談者:
あ、はい

大原敬子:
全てのせいを・・母親の責任にしてるって事です。

相談者:
はい

大原敬子:
ところが・・もしですよ?今あなたがこれからね?、生きづらくなって来た時に、

相談者:
はい

大原敬子:
そうだわたし・・二十歳の時に・・籍を入れたっていう強さですよね。入れさせたって事は大したものですよ、あなた。

相談者:
母親が・・

大原敬子:
あなたが猪突猛進に行った事は凄かったでしょ?・・これは自分の誇りと思っていいんじゃないかしらね?

相談者:
あ、わたしは、はい、あの、一度も、後悔した事ないですね。#$%◆

大原敬子:
じゃなんで「母親が」って言うの?

相談者:
(鼻をすする)わたしは、「籍とかは関係なくわたし1人で育てる」って・・

大原敬子:
いや、それは嘘。

相談者:
・・はい

大原敬子:
子どもの将来考えてないじゃない?・・これは、籍を入れたために、この坊やちゃん助かったんですよ。

相談者:
・・はい

大原敬子:
あなた自身が、お母さんの愛を求めてたんです凄く。

相談者:
はい、そうです。

大原敬子:
だから、お母さんが「どっかに行かない?」、「あー行かない?」っていう時に・・行きたくなくっても「嬉しい」って言ってしまった時に、お母さんが喜ぶと思うわけですよね?

相談者:
そうです、はい、お母さんのために、行きました。(涙声)

大原敬子:
「ため」じゃなくって、本来それ自分のためなんです。というのは・・

相談者:
はい

大原敬子:
この方が、お母さんと摩擦を起こさないから。

相談者:
そうです。

大原敬子:
ところがね?、例えばですよ、これ、例ですけども。
お母さんが「今日、ドライブ行こうか」って言うでしょ?・・

相談者:
はい

大原敬子:
で「行きたくない」って言いますよね?

相談者:
はい

大原敬子:
でも言ってしまったら変な空気になってしまうから、

相談者:
はい

大原敬子:
「わあ、嬉しい」って車に乗りました。途中からお母さんが、
「感謝しなさい」、「あなたがこんなに喜んでるのは」・・「お母さんが『ドライブに行こう』と言ったからよ」とお母さん言うんです。

相談者:
はい、そうです。

大原敬子:
たら、あなたがその心の中で、「え?」・・「わたしは行きたくないけども、無理して来たのに」って、段々、段々、不満が出て来ますよね?

相談者:
はい(涙声)

大原敬子:
抑圧で。

相談者:
はい(涙声)

大原敬子:
そういう親子関係だったんです。

相談者:
はい(涙声)

大原敬子:
全てがお母さんじゃないんです。

相談者:
はい

大原敬子:
好きな事は全部自分でやっておきながら・・事が悪くなると・・あーこれは、お母さんに愛されてないから、こうなるんだ・・っていう、そのあなたの気持ち。

相談者:
はい

大原敬子:
そっくりお母さん同じなんです。

相談者:
・・ああー

大原敬子:
その気持ちで・・あなたとお母さんは接してたんです。

相談者:
・・ああ(ため息交じり)・・ああ(ため息)

大原敬子:
両方とも・・もう求めてたのね。

相談者:
(泣)ずっと許せなくて愛されたかったし、愛したかったのに愛させてくれる人じゃなかった・・

大原敬子:
お母さんもお母さんで・・愛し方が分からないんですよ。

相談者:
(泣き)

大原敬子:
だから、必死で・・「籍を入れなさい」っていうのは・・母なりの、寂しい思いをさせたくなかったんでしょうね。

相談者:
・・(泣き)何かっていうと、わたしい、に、甘えに来るんです。

大原敬子:
お母さん、全部あなたのせいでしょ?

相談者:
はい(泣き)

大原敬子:
あなたが今日(こんにち)全部お母さんのせいにしてんの(苦笑)。

相談者:
そう(泣き)・・そう、わたしが1人で・・

大原敬子:
お互いに・・共食いしてんの、そうなの。

相談者:
・・「わたし(相談者)のせいでわたし(相談者の母)がおるから」って、「我慢してる」「わたし(相談者)のせいで」・・「わたし(相談者の母)は不自由だ」「わたし(相談者)のせいで離婚も出来ない」って、ず、全部わたしのせいなんです。

大原敬子:
全部似てません?

相談者:
似てる、同じです。

大原敬子:
紛れもなく、あなたと、お母さんは・・一卵性双生児みたいなもんですよ。

相談者:
(号泣)

大原敬子:
お母さんも、男性に、恵まれてなかった。男の人の性です。あーあなたの弱さは。

相談者:
はい

大原敬子:
あのお、自分を認められないと・・と・・

相談者:
わたし何がしていいか分かんない・・

大原敬子:
性の世界しか分からなくなっちゃうの。そうでしょ?

相談者:
分からない。#$%

大原敬子:
だから、この夫は嫌い云々ではないんです。

相談者:
はい

大原敬子:
性が出来ないからです。

相談者:
あーあ

大原敬子:
極論を言いますけど。

大原敬子:
・・あ、そうかもしれないですね。

大原敬子:
自分の本能、欲望の部分が、

相談者:
はい

大原敬子:
自分が・・止められないんです。

相談者:
はい

大原敬子:
じゃ、その止められない理由は何かという、大きな理由は、お母さんなんです。

相談者:
はい

大原敬子:
これほどお母さんに憎しみを持つようにしてしまうと、いつも心が乾いてしまうんです。

相談者:
はい

大原敬子:
是非ですね・・

相談者:
はい

大原敬子:
わたしとお母さんの共通点と、どこが違うのか?
お母さんのこの嫌なところを、

相談者:
はい

大原敬子:
わたしが直せるかどうか?・・それをまず自分が、現実を受け入れる中で、初めて自分が求めてるものが分かるんです。

相談者:
はい、はい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

今井通子:
ズバリ言ってしまうと・・あなたもお母さんも両方とも傲慢な人なのよ。
で、あなたは・・

相談者:
はい

今井通子:
お母さんに「可哀想」って。

相談者:
はい

今井通子:
あの可哀想って愛情じゃないから。
相手の人を貶(おとし)めちゃうんですよ。

相談者:
・・(鼻をすする)

今井通子:
だからお母さんは・・可哀想がられるような・・弱い人間じゃございませんっていうところを見せようとしたわけよ。

相談者:
はい

今井通子:
実家へ戻りましたよね?

相談者:
はい

今井通子:
で、戻った時に・・

相談者:
はい

今井通子:
「土下座しろ」って言われたでしょ?

相談者:
はい

今井通子:
自分に反省しなさいっていう事なんだよね。

相談者:
ああ、はい

今井通子:
でもう1つはお母さんが、可哀想がられて、あんたに見られる・・筋合いはないと。

相談者:
はい

今井通子:
「ほら見ろ」、「あなたが」、「自分で飛び出してったって何にも出来ないまだ」・・「娘っこじゃないか」・・

相談者:
はい

今井通子:
ていうので、

相談者:
はい

今井通子:
そこを・・本人に知らせたかったのよ。
人が・・自分にしてくれない事を不満に思う前に、

相談者:
はい

今井通子:
してくれた事に対しての感謝。

相談者:
はい

今井通子:
それから・・出来ない事もある時には人に頼ろうっていう、謙虚な気持ち?

相談者:
はい

今井通子:
多分ご主人が、閉じ籠っちゃったのも・・

相談者:
はい

今井通子:
元々は・・あなたが弱ってる時に、相談に乗ってくれた人でしょ?

相談者:
はい

今井通子:
彼も、あなたよりも、上の立場に居たいのよ。

相談者:
・・あーあー、はい

今井通子:
あなたから上から目線で、「家族一緒に作りましょうよ」「何しましょうよ」って言うから・・もう疲れちゃったんですよ、きっと。

相談者:
あー

今井通子:
相手を立ててあげるっていう事も大切なわけ。
「何もしてくれないんだから離婚しよう」じゃなくて・・なんかしてもらうように・・もって行けばいいと思うんですよ。

相談者:
はい・・はい

今井通子:
で、結局どうすんの?離婚は。

相談者:
・・は(わ)あ・・します。

今井通子:
え?、離婚しようとしてんの?

相談者:
・・(鼻をすする)いや、んー、あーしたいんです。

スポンサードリンク

(再び回答者)

大原敬子:
ここが、今、あなたの性格で・・

相談者:
はい

大原敬子:
つまり今井先生の話を聞きながら・・あなたは会話の中で、自分のお母さんに重ねて来たんです。
で、あなたのお母さんいつも・・

相談者:
はい

大原敬子:
責任を問われるお母さんだったんです。

相談者:
はい

大原敬子:
だから、自分が「離婚したいと思います」って、もうあなた離婚なんてする気ないですよ、全く。・・自分の中に。それよりも、環境どう修復し、しようか?って頭しかならない、ないんです。

相談者:
ああ

大原敬子:
でも、今井先生が・・

相談者:
そう

大原敬子:
「どうするの?」って聞かれた時に・・瞬間お母さんとの関係になってしまって、ダブって来て。

相談者:
はい

大原敬子:
「いいえ、離婚します」・・て、こう「わたし言った事、文句ないでしょ?」っていう、この強がりの嘘が・・今後あなた大きく響きますよって事です。

相談者:
はい

大原敬子:
夫と話してても・・

相談者:
はい

大原敬子:
あなたの感情が、ぐうっと自分が追い詰められて・・「あなたってそういうダメな人間ね」ってあなたメッセージ受けるんです。

相談者:
あ、そう・・

大原敬子:
今井先生は、そういう気持ちじゃなくって・・「ここまで話しましたね?」って。
「あなたはそれでも離婚しますか?」って時・・でも今まで母との関係の中で・・烙印を押される事が怖かった。

相談者:
(泣き)

大原敬子:
で、意地でも・・言ってしまった。

相談者:
はい(泣き)

大原敬子:
今そうでしょ?

相談者:
そう(号泣)

大原敬子:
今井先生がお母さんとダブったんでしょ?

相談者:
・・(号泣)

大原敬子:
今井先生はあなたのお母さんじゃなかったの。

相談者:
はい(泣き)

大原敬子:
じゃ今井先生にちゃんとお答えしなさい?

スポンサードリンク

今井通子:
フフ(苦笑)

相談者:
はい(泣き笑い)

大原敬子:
先生に、はいどうぞ。

今井通子:
おわかりいただけたましたか?(笑)

相談者:
はい、頑張ります(泣き笑い)ありがとうございます。

今井通子:
それじゃ失礼しまーす。

相談者:
失礼します。

今井通子:
ハハ(笑)


スポンサードリンク



「男運の無い一卵性母娘。連れ子を慌てて養子にする夫を捨てる女に両女史が待った」への2件のフィードバック

  1. 今井先生のとどめの一撃の後に、さらに大原先生の最終攻撃か。僕も先生方に叱られてみたい。チコちゃん病かもw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。