夫婦生活を軽く考えて来た年上女が今だに勘違いの上から目線。大迫恵美子が引導


スポンサードリンク

(回答者に交代)

大迫恵美子:
もしもし?

相談者:
はい・・

大迫恵美子:
こんにちは

相談者:
こんにちは、お願いします。

大迫恵美子:
はい。
あなたあ、が、お考えになってる事は、ん、とても難しい状況お、の、話ですよね?

相談者:
・・あ・・そうでしょうか?、やはり。

大迫恵美子:
うん。ま、たまに、こういう、ご相談ありますけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、要するにセックスの重要性っていうのはね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
簡単には言えないですけど、やっぱり男の人にとってはとても重要な物なんだろうと思いますよ。

相談者:
・・そう思います・・

大迫恵美子:
うん

相談者:
今更ですが、はい

大迫恵美子:
ま、今更ですよね?、今だから分かるっていう・・ことなんだろうと思うんですけど。
ま、愛と・・割と密っ・・着してるんですよ。

相談者:
うーん

大迫恵美子:
あの「セックスはないけど愛してる」みたいな事を・・

相談者:
うん、うん

大迫恵美子:
言う女性は、まあ、たくさんいるんですけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、そういう事では納得出来ないという風に感じる男の人は多いんじゃないですかね?

相談者:
もうね、そう、それがわたしも、あのお、答えかな?・・と、思っております。
・・だからといって、それを再開して・・「はい」っていう感じには・・絶対にならないな。

大迫恵美子:
あのね?、まあ、あなたの、そのお話の仕方あ、のせいもあるかもしれないんですけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
要するに、「じゃあ、わたしは我慢して提供すればいいのね?」みたいな事をおっしゃってるでしょ?

相談者:
はい、はい

大迫恵美子:
でも、あなたが我慢して提供する物で・・愛を感じられるのかなあ?っていう事ですね。

相談者:
そっか、なるほど・・そこですね。

大迫恵美子:
うーん

相談者:
ああ

大迫恵美子:
要するにご主人がね?、おっしゃった事は・・
「あ、やっぱり」・・「もう愛は感じられないよ」っていう話なんじゃないんですか?

相談者:
そういう事です。

大迫恵美子:
うーん

相談者:
それを、こう、宣言されてしま・・った・・立場の、人間としては、

大迫恵美子:
うーん

相談者:
お互いに・・これ生活して、同じ屋根の下にいるっていうこの・・居心地の悪さ?・・
あー、もう・・後悔、しかないんですけれども、今・・

大迫恵美子:
うーん

相談者:
うーん、そっか。でも自分、の気持ち、の側から話をしてはいけないっていうのは・・

大迫恵美子:
いやもう、もちろんね?・・

相談者:
あー、そだねって・・

大迫恵美子:
ご自分は大事な、ことなんですよ?、ご自分の気持ちに・・正直、じゃないといけないんだけれども・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
ただ、その、それだけでは解決出来ない話なので、

相談者:
はい

大迫恵美子:
自分の事を考えるのと同じように相手の事も考えないと、

相談者:
うん

大迫恵美子:
ま、2人で、えー、解決する問題ですからね。

相談者:
そう・・

大迫恵美子:
だから相手の事を全く考えない、で、自分の事だけを言っても、少しも解決にならないわけですから。

相談者:
はい、そうですね・・

大迫恵美子:
うーん

相談者:
おっしゃる通りですね。

大迫恵美子:
そういう時に若干ね、やはりあなたの、おっしゃりようを聞いてると、

相談者:
はい

大迫恵美子:
ご自分の事だけ言ってるなあっていう感じがするんですよ。

相談者:
ああーなるほどね。

大迫恵美子:
でね?、この44歳っていう年齢は、

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、とてもね、あの・・何ていうんですかね?こういう問題が起きる・・うー、可能性のある年代ですよね。
ま、今ならね?、例えば20代の・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
女性と・・付き合うとかね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
そういう事も・・ま、可能性としてあり得るわけでしょ?

相談者:
そうですねえ、はい

大迫恵美子:
44歳っていうのはまだね?・・男性としての人生をやり直せるだけの、力のある、年、代なので。

相談者:
はい

大迫恵美子:
男性として、え、もっと、実りのある人生で、あって欲しいっていう風な・・

相談者:
うん

大迫恵美子:
感覚っていうのは・・女性の側からするとあまり(苦笑)、ピンと来ないんですけど・・

相談者:
うん

大迫恵美子:
男性はそう思ってる人は多いですよね。

相談者:
あー・・なるほど。
・・あー分かりました。うん

大迫恵美子:
あのお、あなたのね?、立場、おっしゃってた事、つまり結婚生活を続けないと、自分たちの生活がどうなるんだろう?っていうのはね?・・それはもうホントに正直な・・あの、お気持ちだろうと思いますし。

相談者:
はい

大迫恵美子:
当然お子さんもまだね?、あの、これから、教い、く費も掛かる、うー年頃ですし、

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、大変な時ですからね?

相談者:
うん

大迫恵美子:
そっちに、あの、気持ちがあるのは分かりますけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
逆に、あなたの方が大変なんだという、ことはね?

相談者:
うん

大迫恵美子:
その、ご主人の側からすると・・それを背負わせられる自分の大変さっていうのがまた・・あ、見えるわけですよね。

相談者:
うーん

大迫恵美子:
だから・・ま、「フェアじゃない」っていう言い方は(苦笑)・・あの、あまりにも・・ね?

相談者:
あ(苦笑)

大迫恵美子:
露骨な言い方だと思いますけど、

相談者:
うんふ、うーん

大迫恵美子:
自分の人生は何なんだろう?って考えてしまうような状況になってますよね?

相談者:
うーん・・そうだと思います。

大迫恵美子:
で、そこをやっぱり、乗り切れるか乗り切れないかは・・愛だったんですけど、

相談者:
うん

大迫恵美子:
・・おー、恐らく・・この家には愛はないと、思われてるんじゃないですか?

相談者:
・・そう・・そうだと思うんですよね、なんかそういう事を、なんか、こう隠しながら・・言ったり、やったりしてるっていう風に、垣間見えーるところが何となくあるので・・

大迫恵美子:
ま、わたしはね?伺っていてね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、ご主人は誠実な方だと思いますよ。

相談者:
はい

大迫恵美子:
何とか修復して・・え、出来るものならというようなね?

相談者:
うーん

大迫恵美子:
えー姿勢を見れてるわけですから、それは、ま、誠実な方なんだと思いますよ。

相談者:
彼がそういう風に思うんであれば、わたしも、それに、えー・・努力はして来ますっていうような事を・・まあ・・するんです・・

大迫恵美子:
うん

相談者:
が、うん・・

大迫恵美子:
あのね?、それはね(苦笑)・・

相談者:
フフン(苦笑)

大迫恵美子:
あの、愛は感じないと思う。

相談者:
・・そうなんですよねえ。

大迫恵美子:
だって、あなた、相手はね?、あなたに対して今と同じような事言ったら・・相手、は、自分を愛してくれてると思いますか?

相談者:
思わないです。

大迫恵美子:
・・だから彼が、あなたを求めているから・・あなたが努力して・・

相談者:
うん

大迫恵美子:
愛を与えれば・・解決出来ると思ってるでしょ?

相談者:
思ってます。

大迫恵美子:
それは、も、違うんですよ?

相談者:
違うんですね。

大迫恵美子:
ええ。彼は・・「あなたを愛してない」って言ってるんですよ。

相談者:
そうですね。

大迫恵美子:
・・だからあなたが、愛されるように努力しなきゃいけないんです。

相談者:
そうですよねえ。

大迫恵美子:
ええ

相談者:
・・そうだ。

大迫恵美子:
そこのところが間違ってるんですよ。もうわたしの事嫌いになった人を、もう一回わたしを愛して下さいっていう事が・・どれだけ難しいのかは・・

相談者:
うん、うん

大迫恵美子:
要するにストーカーみたいな事になっちゃうんですよ、心理的にはね?

相談者:
ああー

大迫恵美子:
で、も、そういう心理的にね、ストーカーになってみたって、愛なんて取り戻せないでしょ?

相談者:
はい、そう思います。

大迫恵美子:
だから難しいんですよ。

相談者:
・・はあ、なるほど。

大迫恵美子:
だから、い、電話しててもね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
この間(かん)にあなたがまだ・・
「わたしは、じゃ、我慢して、愛を与えているように頑張ります」みたいな結論にしようとするから、

相談者:
ふーん・・#$%◆

大迫恵美子:
「それは違うよ」って、言いたいんですよ。

相談者:
うん・・分かりました。
・・なるほどねえ。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

柴田理恵:
ちょっと一度あのお・・

相談者:
うん

柴田理恵:
ホントに・・素直に・・お話になった方がいいと思います。

相談者:
・・

柴田理恵:
心が離れた彼にでも・・もう一回ちゃんと・・謝る気持ちで、ちゃんと、せめて、最後にはきちんと、お話い・・そういう形でしないと・・

相談者:
ふん

柴田理恵:
後悔すると思います。

相談者:
そうですねえ。

柴田理恵:
はい

相談者:
分かりました。

柴田理恵:
はい

相談者:
ありがとうございました。

柴田理恵:
はい、はい・・

相談者:
はい

柴田理恵:
失礼いたします。

相談者:
はーい

柴田理恵:
はい


スポンサードリンク



「夫婦生活を軽く考えて来た年上女が今だに勘違いの上から目線。大迫恵美子が引導」への5件のフィードバック

  1. 43で31の外国人の子を出産したと。やっぱり若い子の精子の方が妊娠しやすいですね〜お見事です

    ご主人31からずっとご無沙汰って事は欧米人ではないですよね?日本で働く事目的なアジア系でしょうかね?どうでもいいけど気になった。

    44歳外国人が残る人生を考えたと。
    レス生活、日本人も見慣れて奥様が年増であることに気がつき仕事も慣れてこの国でやっていける自信がついたんじゃないかな。

    子供授れた事で運使い果たしたって感じですか?
    この相談者さんなら1人でやっていけそうな気がします。頑張ってね。

  2. なんか、最後の方、アドバイスに対して内心怒ってるよね…?
    赤の他人から引導渡されて、「なるほどね〜」と平気なふりする時点で、まあ、愛を戻せないことが確定してるんですが…。しかもダメ出しの意味が理解できてないから賢くもなさそう…。

    時々、プライド高すぎて、周りが扱いに困っている人っているけど、そんな感じなのかな。結婚した相手にも、ずっと遥か高みからものを言ってたんだろうな。

    外国人の旦那は無事に彼女から逃げられるのかな?逃げられた後、彼女は超高飛車に、婚活したりするのかな〜。

  3. レス、「ハーグ条約ナニソレ?美味しいの」状態、家事の分担、親権は「さらった者勝ち」‥日本は婚活こそイメージ先行して盛んだけど、国際的には結婚感について後進国ですね。旦那さん、日本人と結婚して驚き、そして絶望したのでしょうね。
    こういう元夫婦知ってる。妻は「家事は貢献していたのに‥」と嘆くけど、言葉の端々にやはり旦那下げる傾向がありましたね。旦那更には子供だけで無く様々な人間がいなくなる‥まさに、「財産分与でお金はあるけれど」状態。
    相談者側に親権が行くとロクなこと無さそうだから旦那さんが頑張って親権取ってほしい。そうすれば相談者もレスの後ろめたさから逃れるし、生活も一人分だけ稼げばよい。これ以上は日本の恥を晒さないでほしいですね。

  4. 男は年取ってもいつまでもやりたい。女はやりたくなくなる。だから姉さん女房だと悲惨。男が年上のほうが自然の摂理に合ってるということ?

  5. 大迫先生の回答、的確でとても良かったですね。
    旦那さんの気持ちを無視して、優しさの上に胡坐をかいてきた結果がこれでしょう。にしても旦那さんよくぞ13年間も我慢しましたね。
    いいパパだったというから、子供のことを考えてのことでしょう。

    外国人の方は、愛に対してはオープンで正直ですから、愛が無くなったら別れるというのは、当然といえば当然ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。