優等生の不登校。焦る母の自責の言葉に大原敬子が辛辣「思ってない人がソレ言う」


テレフォン人生相談 2018年11月12日 月曜日

受験を控える中3の娘が学校に行かなくなって3週間。
家では読書などをして過ごしている。
弟の面倒見もよく、成績も上位、部活(陸上)も県大会出場、目指す高校もはっきりしていたのに、三者面談では志望校を答えてくれない。
友人関係はあまり上手くいっていなかった様子。
口答えや、部屋の壁に穴を開けたことはあって反抗期かなと思っていた。
夫婦仲はいい。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 女49歳 夫50歳 娘14歳(中3) 息子12歳 4人暮らし

今日の一言: 母親が自分自身を受け入れた時に、子どもを受け入れる事が出来ます。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、はい、お世話になります。

加藤諦三:
はい。最初に、年齢教えて下さい。

相談者:
あ、はい。49歳です。

加藤諦三:
49歳・・

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
えーと、ご主人何歳ですか?

相談者:
はい。50歳です。

加藤諦三:
50歳・・

相談者:
はい

加藤諦三:
お子さんは?

相談者:
はい。えーと14歳の、娘と、12歳の息子です。

加藤諦三:
はい。と、え、今、4人で暮らしてるわけですね?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、どんな相談ですか?

相談者:
あ、はい。えっと14歳の娘が・・えっと中3で受験を控えているんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
ここに来て不登校になってしまって、
その事を相・・

加藤諦三:
・・はい、不登校っていうと、あの、どのぐらい、の期間ですか?

相談者:
あ、はい。この3週間は全く行けてません。ん・・

加藤諦三:
あーそうですか。

相談者:
はい・・

加藤諦三:
と・・

相談者:
今から3週間前からですね。はい

加藤諦三:
それの、以前の、このお嬢さんの、ん・・ん、態度なんですけれど、

相談者:
はい

加藤諦三:
学校では、中学校では、クラブ活動とか成績とか、なんかごく普通の・・

相談者:
はい

加藤諦三:
お嬢さんだったんですか?

相談者:
そうですね、部活う・・

加藤諦三:
うんー

相談者:
とても頑張っていて、

加藤諦三:
ああ

相談者:
あの、県大会に出場も、し、何度もしてるんです。

加藤諦三:
ああー

相談者:
はい、で、勉強の方も・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
頑張り屋さんで、

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお、塾には・・本人の希望で行っていないんですが、

加藤諦三:
うん

相談者:
かなり上位・・200、20人いるんですが、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、10位以内とか・・

加藤諦三:
うん

相談者:
入ってて、

加藤諦三:
うん

相談者:
わたしが「勉強」し、し、「しなさい」って言わなくても勉強するような・・感じで、

加藤諦三:
うん

相談者:
あと、学校の行事にも、凄くあの、情熱的に参加していたんですが、

加藤諦三:
んはい

相談者:
あの、今、人が変わったように、何も出来なくなってしまって・・

加藤諦三:
全く無気力になったってわけね?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
はい、はい、はい

相談者:
はい

加藤諦三:
恐らく・・

相談者:
はい

加藤諦三:
家でも良い子だったんでしょ?

相談者:
・・そう・・

加藤諦三:
家では良い子じゃなかったの?

相談者:
と、あの、ま、反抗期い・・ん、なんだなっていう・・

加藤諦三:
うん

相談者:
こう、言い返すとかっていう・・

加藤諦三:
うん

相談者:
瞬間も、ありましたし、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、壁にちょっと(苦笑)穴があ、開い、開いた事もありますけれども、

加藤諦三:
うん

相談者:
基本的には、いい子だし、

加藤諦三:
うん

相談者:
弟、をとても可愛がっていて、

加藤諦三:
はあい、はい

相談者:
はい。ただ・・

加藤諦三:
で、あなた達・・

相談者:
はい

加藤諦三:
は、ご夫婦の関・・

相談者:
すいませ・・

加藤諦三:
関係はどうだったんですか?

相談者:
あ、えっとお、主人とわたしは、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、なんかあのお・・漫才のような(苦笑)・・

加藤諦三:
うん

相談者:
こう・・ま、突っ込んだり、突っ込まれたりってこう、な、仲がいいというか・・

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、お互いにちょこっとした喧嘩はありますけど・・

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、すぐに仲直りもしますし、

加藤諦三:
うん

相談者:
はい。そんな感じです。

加藤諦三:
うん

相談者:
で・・先程先生があの・・「友だちとも上手く行ってたんでしょ?」って、おっしゃってたんですけど・・

加藤諦三:
あ・・

相談者:
それは、上手く行ってなかったみたいです。

加藤諦三:
あ、友だちは上手く行ってなかったんですか?

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
あーあー

相談者:
あの部活う、の・・中に、その県大会なんかに行くのを、面白く思わない、子がいて、

加藤諦三:
うん

相談者:
ちょっとこう、嫌味とか、を、凄い言って来て・・

加藤諦三:
同性の友だちっていうのはどうだったんですか?

相談者:
同性の友だち、は、

加藤諦三:
ええ

相談者:
数少なかったです。
ワイワイやっていた時もあるんですが・・

加藤諦三:
うん

相談者:
うちの娘があの、割と人の表裏を、見てしまうと・・その子の事を・・嫌いになってしまう・・タイプで、
上手く行っていた時もあるけど、嫌な面を見ると・・うーん、なんか・・距離を置い・・てしまう・・

加藤諦三:
で・・これはあのお・・

相談者:
#$%◆

加藤諦三:
要するに、

相談者:
はい

加藤諦三:
自分の・・思ってる事、自分の立場、

相談者:
はい

加藤諦三:
自分の意見を・・ハッキリ言えないっていう事ですよね?

相談者:
そうですね。我慢してしまう・・

加藤諦三:
我慢する側・・

相談者:
はい

加藤諦三:
ですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたから見て、

相談者:
はい

加藤諦三:
・・なんーか、無理をしてるなっていう印象を持った事はないですか?

相談者:
あ、あります。あの、夜う・・12時過ぎても自分の部屋の電気が点いていたので、

加藤諦三:
うん

相談者:
「寝不足は」、あの・・「身体にも」・・「悪いし」・・「授業中」眠く、「眠いっていうのは本末転倒なので」、

加藤諦三:
うん

相談者:
「もう、そのぐらいにして」・・もう寝、「寝るように」っていう事を言ったりとか、し・・

加藤諦三:
うん

相談者:
は、してました。頑張り過ぎてるなって感じた事はあります。

加藤諦三:
で今、そのお・・もう、学校に行かなくなってしま・・って、

相談者:
はい

加藤諦三:
生活はどうなってんの?、や、あの、朝起きるとか。

相談者:
はい、えーと、朝は、あの、起こして、朝ご飯を食べて、います。で・・

加藤諦三:
ん、それは朝は普通の時間に起きてます?

相談者:
普通より少し遅いですね。

加藤諦三:
やっぱり遅いですね。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、昼間は何してるんですか?

相談者:
昼間は、えっとお・・読書をしたり・・

加藤諦三:
読書?

相談者:
はい

加藤諦三:
・・読書っていうと、例えば?

相談者:
えーと・・自分が好きな、外国の小説とかですね。

加藤諦三:
・・うーん

相談者:
はい・・#$%

加藤諦三:
・・だから、あなたが「無気力」って言ってるのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
学校の、勉強をしなくなったという意味?

相談者:
・・勉・・

加藤諦三:
もし・・

相談者:
はい

加藤諦三:
読書をきちんとしてるというのであれば。

相談者:
はい。勉強もしなくなりましたしい・・高校に、対して、希望を持っていないんですね。少し前は、
「高校に行ったらこれする」、「陸上も、もう一回」やり「やり直す」とか・・張り切っていたんですけれども、

加藤諦三:
ええ

相談者:
「またあのシューズが履ける」とか。

加藤諦三:
うん

相談者:
はい。
今は・・三者面談とかあるので志望校を書かなければいけないんですが・・何も答えてくれないんです。

加藤諦三:
うん

相談者:
勉強、今までの分・・はね?頭に入ってると思うので、

加藤諦三:
うん

相談者:
少し、勉強頑張って・・

加藤諦三:
うーん

相談者:
普通に高校に・・行けたら・・

加藤諦三:
あなたの場合、まだそこで・・

相談者:
あい(苦笑)

加藤諦三:
ん「勉強頑張って」になるんだよね?(苦笑)

相談者:
・・なんか、まだ間に合うと思ってしまって(涙声)

加藤諦三:
うん、まだ間に合うって、発想・・

相談者:
頑張らせない方がいんですかね?(涙声)、でも・・

加藤諦三:
は・・

相談者:
中卒って厳しいですよね?、この世界で。

加藤諦三:
うん

相談者:
でも先生、夏休みまでは・・「その高校に凄く行きたい」って言って、目をキラキラ輝、かせていたのが・・こんな・・わずか・・(鼻をすする)2、2ヵ月で・・

加藤諦三:
こ、なんか・・

相談者:
こんなになってしまうのかな?と思って。

加藤諦三:
うん、とにかく、不登校止めさせたい、という事?

相談者:
・・不登校、は、もうしょうがないと思う、ってます。その・・

加藤諦三:
「不登校はもうしょうがない」?はい、そうすると・・

相談者:
あの・・高校が・・その出席日数を・・「構わない」っておっしゃってくれたので、

加藤諦三:
うん

相談者:
受験して、もし・・それで娘が、あの、高校から、また(鼻をすする)・・前のように・・元気に、笑顔で、行けたら・・

加藤諦三:
うん

相談者:
はい

加藤諦三:
それでは今日はですね・・

相談者:
はい

加藤諦三:
スタジオに幼児教育研究の大原敬子先生が・・

相談者:
あ・・はい

加藤諦三:
いらしてるので、

相談者:
ありがとうございます。

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい、ありがとうございます。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「優等生の不登校。焦る母の自責の言葉に大原敬子が辛辣「思ってない人がソレ言う」」への4件のフィードバック

  1. YouTubeに過去の類似の放送がありますね。不登校の件数が過去最多という報道があるので、ネットしてない親御さんリスナーに啓発する意味はあったかと。

  2. 壁に穴を開けるって、相当なストレスがかからないと、できない。
    お母さん、それを看過できるって。
    臭い物に蓋をする人なんでしょうね。

    かわいそうに、このお嬢さん。
    周囲の嫉妬にまみれて、つぶされそうになっているのに、学校で。
    私なら、転校も考えるけど、ここまで頑張ってきた娘のためになら。

  3. このお母さん、表面しか見えてなさそう。娘さんのことも、娘さんがお友達とうまく行ってないことも。娘さんにもいろいろと理由があるんじゃないかな?と思った。
    唐突な「私の子育ては間違ってたんですね(泣)」にはオイオイ急になんじゃ?ヒロイン気取り?と思ったが、その後の大原先生のツッコミで少し溜飲が下がった笑

    でも、自分の娘のこととなるとこうなってしまうものなのかな?同じ年頃の娘がいる立場として、我が身を振りかえりながら聞きました。

  4. うちの母親と同じタイプで吐き気がする。ちょっと自分を非難されたと思ったら「私の子育てが悪かった」って「私が全て悪い」

    は??

    そう言われたら子供はまた自責にかられるよ。お母さんにそんな事言わせる自分が悪いんだってね。そんな母親だから不登校まで追い込んだんだよ。

    このタイプは自覚出来ないで子供をとことん追い込むんです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。