父と同じタイプに疲れたカサンドラ妻。迷えるいい感じの女の夫をボロカス中川潤


(回答者に交代)

中川潤:
こんにちは、中川です。

相談者:
あ、よろしくお願いします。

中川潤:
奥様ねえ・・

相談者:
はい

中川潤:
そのお・・第二の人生考えてるっていう事でえ、まあ・・どりあえず生活う、の拠点を、家売ってアパートでどうこうっていう・・話があって、

相談者:
はい

中川潤:
えー、それをどうしようか?っていう事も、あるんだろうけども、

相談者:
はい

中川潤:
それよりもねえ?

相談者:
はい

中川潤:
あの、その選択肢の中にい、さっき加藤先生、とお話の時にね?

相談者:
はい

中川潤:
あの・・ご夫婦仲の、ことお、があって、あなたの選択肢の中には、

相談者:
はい

中川潤:
夫婦、携えての第二の人生だけじゃなくて、

相談者:
はい

中川潤:
別に歩む事も考えてる・・

相談者:
はい

中川潤:
あの、可能性の1つとしては・・ま、ないわけじゃないんだと・・

相談者:
はい

中川潤:
いうお話だったよね?

相談者:
はい

中川潤:
ただそ・・そこでえ・・んー、「わたしが」あ、「離れて行ったら」・・「主人が可哀想かなあ」と、

相談者:
はい

中川潤:
いう事を今・・1つおっしゃいましたよね?

相談者:
はい

中川潤:
だけど、翻って・・「常に面倒看てなきゃいけない人生だった」と・・

相談者:
はい

中川潤:
いう事もおっしゃいましたよね?

相談者:
はい

中川潤:
その常に面倒看てなきゃいけない人生って、ど、どういう・・もう少し、かみ砕いていうと、どういう事だったの?

相談者:
えーっとお、そうですね、家の、ことは、全然出来てない、出来ないですし、

中川潤:
うん

相談者:
友だちもいないですし、

中川潤:
うん

相談者:
ま、休みい、は、こう、外に・・わたしが、こ・・一緒に、行ってあげるとか・・んー、そんな・・感じですかね。

中川潤:
ん?、や、休みは、い、一緒に、行ってあげるって、どうふ、どういう事お?

相談者:
はい、一緒に、出掛けて・・あげるっていうか、でも会話がないので・・全くわたしが決めて、わたしが・・こう・・指導して「こっちがいんじゃない?」とか・・うん、決めて・・やってあげるっていうか・・

中川潤:
ずーっとそういう事なの?

相談者:
そうですね(苦笑)・・なんか、はい・・頼り甲斐が無いっていうか。でもなんか・・「やらなきゃ」みたいな部分で、ずっと・・

中川潤:
あなた結婚されたの、ご主人と、いくつぐらいの時?

相談者:
えっとお、も、結婚して28年経ちます。

中川潤:
・・うん・・て事は、お互い30前後だよね?

相談者:
はい

中川潤:
・・で、20何年間・・ずっとお・・あなたがリードして来たの?

相談者:
え、最初は主人・・主人が亭主関白で・・凄い・・すぐキレる人で(苦笑)・・それで、ちょっと、「ハイハイ」って付いて来たんですけど、

中川潤:
ほお、ほお、ほ

相談者:
でもわたしの父親も、割と亭主関白で、

中川潤:
うん

相談者:
男の人はみんなそうだと思った(苦笑)・・

中川潤:
おん。いや、今おっしゃった亭主関白っていう事と、

相談者:
はい

中川潤:
例えば、外へ出た時に、

相談者:
はい

中川潤:
あなたがリードしなきゃいけないっていう事と・・

相談者:
あの、場所とかは、はい、決めるのは、わたしがみんな決めて。
「ここがいんじゃない?」とか・・こういうところ「ここに来たらここに行きましょう」とか・・

中川潤:
その・・優柔不断で何でもあなたに、もたれ掛かって頼り・・掛かって来るってそうい、そういう事ではないんですか?

相談者:
そ、そうなんですけど、自分、好き嫌いがハッキリしてるので、

中川潤:
はい

相談者:
す、その主人の好きな場所とか、好きな食べ物とかを、わたしがこう、選択して行かないと、すぐ機嫌が悪くなるっていうか。

中川潤:
・・ああ・・それがずーっと続いて来たの?

相談者:
はい

中川潤:
・・ああー・・あ、でもぶっちゃけて聞くけど・・あのお・・今、ご主人との間でセックスはある?

相談者:
え!?・・もう全然ないです(苦笑)

中川潤:
ないよねえ?

相談者:
はい

中川潤:
んと思うんだ。

相談者:
はい

中川潤:
今のお、お話っぷりからすると。
あなたも、くたびれちゃったでしょう?

相談者:
くたびれました(苦笑)。

中川潤:
ね?別れたらあ?

相談者:
え?(苦笑)ハハハ

中川潤:
や、可哀想だなんて思わないで。

相談者:
・・なんか・・

中川潤:
だってね?

相談者:
はい

中川潤:
ちょっとさあ・・

相談者:
はい

中川潤:
おかしいよ!

相談者:
(苦笑)

中川潤:
旦那。

相談者:
ハー(苦笑)そうなんですよ。

中川潤:
あーあ

相談者:
はい

中川潤:
で、さ、更に言えばね?

相談者:
はい

中川潤:
亭主関白で?

相談者:
はい

中川潤:
だけど転職を10回以上繰り返して?

相談者:
はい

中川潤:
え、常に初任給で?

相談者:
はい

中川潤:
なアホなあ。

相談者:
(苦笑)

中川潤:
ほいで、何、外出たら?

相談者:
はい

中川潤:
あのお、どこ行くかあ、は、あなたが決めてあげてね?

相談者:
はい

中川潤:
なんでそこまであなた58になってまでね?

相談者:
あーハハハ(苦笑)

中川潤:
面倒看なきゃいけないのよ、別れなさい、別れなさい。

相談者:
えー(苦笑)

中川潤:
いやホントに。

相談者:
ホントですね(苦笑)。

中川潤:
ああー、あなたね?

相談者:
はい

中川潤:
まだ、一花あ・・場合によっては二花も・・あり得るんですよ。

相談者:
あー

中川潤:
あなたもっといいパートナー見つけられるよ・・

相談者:
エヘ(苦笑)

中川潤:
こんーだけ、そういう亭主でもね?

相談者:
はい

中川潤:
面倒看て来たんだから。

相談者:
アハハハ(苦笑)

中川潤:
うん、これ以上・・ちょっとねえ?

相談者:
はい

中川潤:
ご主人に付き合う必要ないんじゃない?

相談者:
・・ねえ

中川潤:
うーん

相談者:
なんかわたしも・・主人しか知らないので、

中川潤:
うーん

相談者:
わたしの我儘かなとか思うんですけど・・

中川潤:
いや、そうではないと思う。

相談者:
もう、疲れちゃって、はい

中川潤:
あのねえ、これがね?

相談者:
はい

中川潤:
いいですか?、さっきの、ちょっと、あの冒頭のお話の・・

相談者:
はい

中川潤:
60になったらあ、転職考えてると。

相談者:
はい

中川潤:
もう転職考えるどころか、今までが転職続きだったわけでしょうによ。

相談者:
はい

中川潤:
ね?

相談者:
はい

中川潤:
で・・それで・・60になったら今の仕事辞めて、

相談者:
はい

中川潤:
ほいでえ、ご主人なりになんかあ、妄想があるんですよ、きっとね。

相談者:
そうです(苦笑)。

中川潤:
そ、ん、それで、

相談者:
はい

中川潤:
その、住宅ローンの残が2千万もあるから・・

相談者:
はい

中川潤:
この、ローンの返済に、負担が大変だから、

相談者:
はい

中川潤:
で、売ってしまって、

相談者:
はい

中川潤:
ほいで・・あと家賃負担の方が、

相談者:
はい

中川潤:
まだマシだから・・

相談者:
はい

中川潤:
ていう事を、安易に考えておられるだけの話なんで。

相談者:
はい

中川潤:
そんなもんに付き合う必要ないんで。

相談者:
はい

中川潤:
ほで、そういう、人の船に一緒に乗ってね?

相談者:
はい

中川潤:
一緒に沈没したってしょうがないわけだから。

相談者:
はい

中川潤:
あなた、この先ね?

相談者:
はい

中川潤:
これ・・あなたが、59、60になりね?

相談者:
はい

中川潤:
旦那が60になってね?

相談者:
はい

中川潤:
今が、転職考えておられてね、

相談者:
はい

中川潤:
どんな事考えてんのか知らんのだけども、

相談者:
はい、はい

中川潤:
う、そのご主人が考えておられるその妄想の世界にね?

相談者:
はい

中川潤:
の、第二の人生にね?

相談者:
はい

中川潤:
付き合わされたら堪らんですよ、これ。

相談者:
アーハハハ(苦笑)

中川潤:
うんだからね?

相談者:
はい

中川潤:
さっさとそうなる前に、

相談者:
はい

中川潤:
今あ、ご主人幸いお仕事持っ、ね?

相談者:
まだはい

中川潤:
持っておられんでしょ?

相談者:
はい

中川潤:
だから自分1人じゃ食ってけるんでしょ?、ご主人も。

相談者:
はいもう・・秒読みですけども(苦笑)。

中川潤:
いや秒読みだろうがいいんだよ。

相談者:
はい

中川潤:
秒読みのうちにやっちゃった方がいいと思うから。

相談者:
あそうですか(苦笑)

中川潤:
あはあ。で、さっさとあなたねえ?

相談者:
はい

中川潤:
あのお、フリーになった方がいいと思うよ。

相談者:
え、そうですか。

中川潤:
うーん、ほいで、あなたが次のパートナーを見つけるかどうか、これは別の問題です。

相談者:
あーもう、全然もう。

中川潤:
いやいやもう、ね?

相談者:
アハ(苦笑)

中川潤:
もう、こんだけ、しんどい思いしたんだからね?

相談者:
はい

中川潤:
あの2度とね?

相談者:
はい

中川潤:
あのお、結婚してね?

相談者:
はい

中川潤:
またしんどい思いになんか、なんていう思いは・・あると思うし、

相談者:
あはい

中川潤:
あ、それは凄くよく分かるけど、

相談者:
はい

中川潤:
そんなものは出会いだから。

相談者:
はい

中川潤:
ね?、今のご主人が、

相談者:
はい

中川潤:
あのお・・ベストでなかったって事は間違いないんだからベターでもなかったんだから。

相談者:
アハハ(苦笑)

中川潤:
ね」

相談者:
はい

中川潤:
だから、あなたねえ、ここまでえ・・ちゃんと面倒看てあげたんだから、

相談者:
はい

中川潤:
あの、十分に、彼にやってあげる事はやってあげた、だと、お思いになって、

相談者:
はい

中川潤:
これからはやっぱりね?あなたの人生・・

相談者:
はい

中川潤:
ね?

相談者:
はい

中川潤:
を・・あの、どう、自分が、

相談者:
はい

中川潤:
この先まだ20年、30年あるんです。

相談者:
え(苦笑)はい

中川潤:
ね?

相談者:
はい

中川潤:
それを大事になさった方がいいと思うよ。

相談者:
(息を吸って)分かりました。

中川潤:
うーん

相談者:
ああ、ありが・・

中川潤:
別れなさい!

相談者:
アッハ(苦笑)

中川潤:
はい、加藤先生に代わります。

相談者:
はい

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
(苦笑)
今、中川先生に・・

相談者:
はい

加藤諦三:
勇気づけられる言葉をいただいたんじゃないの?

相談者:
あ、そうです。ありがとうございます(苦笑)。

加藤諦三:
あの、そ、僕はさっき、そのように、気になった言葉は「人生楽しくなかった」という言葉なんですけどね?

相談者:
あはい

加藤諦三:
あの、外からの、環境が、から考えれば・・全く、楽しく意味のない人生・・

相談者:
はい

加藤諦三:
ていうわけ・・ではないわけですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
だけど・・振り返った自分の人生楽しくないっていう事ね?

相談者:
はい

加藤諦三:
・・で、な、恋愛結婚?

相談者:
・・そうですね、恋愛結婚です。

加藤諦三:
恋愛結婚ですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
んで・・あの、お父さまも、亭主関白で、お父さ、今の今も、ご主人も亭主関白って言ってましたね?

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
・・実は、あなた・・同じタイプの男性、選んだんじゃない?

相談者:
そうなんで、全く同じです。ホントに。

加藤諦三:
・・

相談者:
・・

加藤諦三:
そこ気が付いたんだったらもういいです。

相談者:
(ため息)ね・・

加藤諦三:
ごめんなさいね、折角電話掛けてくれたのに。

相談者:
あ、いえいえいえいえ

加藤諦三:
あなた自身が成長してないんです。

相談者:
あーあ・・

加藤諦三:
だから小さい頃恐らくお父さまに、

相談者:
はい

加藤諦三:
父親に、

相談者:
はい

加藤諦三:
・・尊敬とか親しみとか・・愛着・・だけではなく・・

相談者:
はい

加藤諦三:
ある種、疎遠なものを感じてはいたんだと思うんですけれども。

相談者:
そうです、はい

加藤諦三:
・・だけれども・・やっぱり・・同じタイプの人間と恋愛をして、結婚してんです。

相談者:
あーあー、はい

加藤諦三:
ですから折角中川先生から勇気づけられるね?

相談者:
はい

加藤諦三:
言葉をいただいたんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
だけれども・・その勇気づけられた言葉をいただいて、人生を前に進んでく時にね?

相談者:
はい

加藤諦三:
・・今までの自分が・・全く成長してない・・人間だったっていう事を認めないと・・

相談者:
はい

加藤諦三:
またおんなじ事繰り返しますよ?

相談者:
はい・・分かりました。そうですね。

加藤諦三:
つまり・・父親と、同じタイプだから、あなたは、今の・・ご主人と結婚したんです。

相談者:
(ため息)・・はい

加藤諦三:
そして・・残念ながら上手く行かなかった。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、その原因をすべて・・ご主人の側に・・責任転嫁をしている限り、

相談者:
はい

加藤諦三:
・・あなたの言う「第二の人生」は開けません。

相談者:
はあ

加藤諦三:
このつまらない結婚生活の責任は、

相談者:
はい

加藤諦三:
・・わたしにもあるんだという事ですよ。

相談者:
そうなんですよね、はい

加藤諦三:
これを認めればね?

相談者:
はい

加藤諦三:
・・第二の・・人生・・

相談者:
はい

加藤諦三:
・・スタート出来ると思います。

相談者:
ああー・・深い言葉ですね(苦笑)。ありがとうございます。

加藤諦三:
はいどうも失礼します。

相談者:
はい、ありがとうございました。

加藤諦三:
人は全く同じ過ちを繰り返します。




「父と同じタイプに疲れたカサンドラ妻。迷えるいい感じの女の夫をボロカス中川潤」への6件のフィードバック

  1. 我慢強い人だなぁ
    全然褒めてないですよ。
    転職10回までよく隣で見てられたね。かなりの鈍さと思われる。

    普通もっと早くに相談すると思うよ。
    こういう人って離婚できんのか?
    できなくて何年後のシリーズ編になるタイプじゃないでしょうか?

  2. 離婚しないね。
    このまま、もう、疲れちゃってえ、て言いながら夫に傅いて疲弊するだけの人生

  3. この人は別れろとアドバイスされて、別れるつもりで動いてみても、夫がこの人に依存してるから、絶対離婚届に判ついてもらえないでしょう。
    この人も夫に一度拒否されたら、もう離婚の理由をむりくり作り上げて調停するとか、家を出てしまうとか、そういう強行策が取れなさそう。それは、親の教育の結果で。

    抑えつける親に反抗する、親の意のままにならないで自分の意思で行動する、って、大事なことだよな…そうしなくても、社会的には、普通に暮らせると思うけど、辛くなるよね。

    1. 私もそう思います。親に押さえ付けられて育った私も、彼女と良く似た家庭生活です。夫に対しては、上手く自己主張が出来ません。怒ったら口をきかなくなるからです。
      夫は、私にだけは威張っているのに、自分の不得手な場面ではオドオドします。
      子どもたちが成人して自分の結婚生活を振り返り『幸せではなかった』と思ったのも同じです。
      私の場合は、経済力が無いので離婚できません。「女は結婚すればいいんだ」と父親に勉強の必要が無いと言われて育ちました。
      私も、カサンドラです。

コメントはお気軽にどうぞ