自損事故死の妹の保険金7千万!? クズ親を嘆きつつ薩摩男が追いかける蜃気楼


(回答者に交代)

中川潤:
こんにちは、中川です。

相談者:
こんに、こんにちは

中川潤:
大変な状況だなと思って、わたし伺ってたんですけどね?

相談者:
はい

中川潤:
このご両親からのお・・息子さんがこういう事で、困ってるっていうんなら分かるんだけども。
全く逆のバージョンだよねえ?

相談者:
ですね、逆のバージョンです・・

中川潤:
あなた・・うーん

相談者:
自分が両親の事を心配しないといけないバージョンで。

中川潤:
うーん

相談者:
もう・・

中川潤:
それでね?2点ほどちょっと教えて欲しいんですがね?

相談者:
はい

中川潤:
1つは、そのお、妹さん・・に・・ま、保険金、それから労災・・

相談者:
はい

中川潤:
これ・・保険金の受給者・・ていうのは?

相談者:
はい。自動車の自賠責、ですね、あの・・

中川潤:
はい

相談者:
人身障害・・

中川潤:
はい、はい、はい
その保険金、それから労災の方・・

相談者:
はい

中川潤:
についても・・これは、いずれも・・相続という形か、どうかはともかくとして、実際にその受給者・・は、

相談者:
はい

中川潤:
両親?

相談者:
です、ま、相続人なんで、両親。

中川潤:
相続人という事で両親になる・・

相談者:
はい、両親で。

中川潤:
という事で妹さんの、その相続処理を、あなたが・・実際は差配してると。

相談者:
中川先生、弁護士なんですけど、ま・・専門家の方に、お願いをして・・&%

中川潤:
「弁護士に頼んで」っていうのは・・

相談者:
はい

中川潤:
あなたの方で頼まれてね?

相談者:
です、ま、わたしが頼んで。

中川潤:
はい。あなたが「頼む」って言ったって、実際はだけど、受給者・・ていうか・・

相談者:
はい

中川潤:
受け取れる立場にある、あの、そ、それは両親である・・わけでしょ?

相談者:
はい、両親、です、両親と・・ま、母の方がまだ・・何とかしっかりしてたので、母あ、と一緒に、その専門家に相談に依頼・・

中川潤:
はい

相談者:
はい

中川潤:
そうするとね?・・弁護士を頼むにしても、ご両親が受け取る、財産・・

相談者:
はい

中川潤:
についての処理云々とか、或いはさっきのね?・・あの、お父さん名義の、家をね?

相談者:
はい

中川潤:
売るにしても、

相談者:
はい

中川潤:
・・これ現実問題としてはお父さんお母さんが納得し・・しない・・かったら、動かないから、そこんところは言う事聞くのね?

相談者:
・・ま、必要なのは聞いてます。な、出さないといけないのは出してます、しっかり。

中川潤:
うーん。それからさっきね?・・あの、あなた「父と母の任意後見人にわたしがなった」っておっしゃったでしょ?

相談者:
はい

中川潤:
でも正確な意味での任意後見人っていうのは・・あの。あなたもう・・ご承知だと思うんだけども、

相談者:
はい

中川潤:
後見が必要な状態になって初めて任意後見はスタートするんで、

相談者:
はい

中川潤:
恐らくあなたがなすったのはその・・弁護士のアドバイスう、なり何なりで、

相談者:
はい

中川潤:
あの、移行型の任意後見契約だと思、思・・うんだけども、今時点では財産管理人の立場でしかないんじゃないの?

相談者:
ん、だと思います、財産管理人の立場です、今では。

中川潤:
でしょ?
だか、今の任意後見契約う、あの・・正確にはあ、財産管理い、の委任契約とお・・それから任意後見契約ね?

相談者:
はい

中川潤:
ん、スタートした場合の、それのセットの・・契約を、恐らくその弁護士と相談の上で、

相談者:
はい

中川潤:
公正証書で作ったって、そういうでしょ?

相談者:
はい、作ってます、はい

中川潤:
あーあー・・お父さんは・・さっきおっしゃったような形で無職で、

相談者:
はい

中川潤:
んで、元々借金癖があって、

相談者:
はい

中川潤:
金があったら何するか分からんし、

相談者:
はい

中川潤:
て、ここへ大金ん、が入って来るわけで。

相談者:
はい

中川潤:
で、家まで売りゃもっと・・のお金になるわね?

相談者:
はい

中川潤:
で、お母さんの方も・・あのお、さっきのお話だと・・かなり・・あのお、わがままな人みたいだから。

相談者:
はい、はい

中川潤:
今もお仕事なすってないわけでしょ?

相談者:
ま、ん、ん、別居しても、仕事を自分で探そうってあれもなかったみたいなので。

中川潤:
あーあ、そうなの?、どうやって食ってたの?じゃ。

相談者:
・・なんか、退職をした時に退職金を、積んで、それで、してたみたいで。

中川潤:
退職金っていうのは誰の?

相談者:
ま、父の。

中川潤:
ああ、お父さんの退職金は、一応離婚する時に取り上げたわけか、お母さんが。

相談者:
取り上げたというよりも父がも・・「これだけは」って言ってお金を積んだっていう話は聞いたんですよ。

中川潤:
あーお、だから、離婚にあたってお母さんは、お父さんからある程度、お金はもらったわけね?

相談者:
もらってます・・

中川潤:
はい

相談者:
ま、もらった・・

中川潤:
で、それで・・ただ食い繋いでるだけで、

相談者:
食い繋いで、で、もう今は何か「お金がない」って言って、ここ、最近は聞いたら・・国民年金の免除を申請を出すって、ここ最近聞いて。

中川潤:
お母さんいくつなの?

相談者:
56です。

中川潤:
まだ56歳か。

相談者:
でこの・・わたしも、も、それを聞いた時に、呆れて(苦笑)。

中川潤:
うーん、呆れちゃうわねえ。

相談者:
働けるれんに、なんで・・普通の働いてる人から見たら・・

中川潤:
そう

相談者:
何してんの?って言われるような事を普通に平気で免除申請出すって言ったから。

中川潤:
うーん
・・さて、ホントにい・・ん、自分を、一生懸命育ててくれて、

相談者:
はい

中川潤:
それで、病を得てね?

相談者:
はい

中川潤:
身動きい、出来なくなった親・・

相談者:
はい

中川潤:
であればね?

相談者:
はい

中川潤:
それは、出来るだけの事をしてあげたいと思うし、

相談者:
はい

中川潤:
助けてあげたいとも、思、思うけども、

相談者:
はい

中川潤:
今みたいな状態の中で、

相談者:
はい

中川潤:
自ら動こうとしない人・・

相談者:
はい

中川潤:
に対して、あなたの力でさ、

相談者:
はい

中川潤:
動かそうとしたって所詮無理なんじゃないの?

相談者:
うん。
やっぱりまあ無理・・そこでどうしても・・心の葛藤があって。どうして行けばいいのかな?、自分でもっと・・

中川潤:
あのねぶっちゃけ言うとね?

相談者:
はい

中川潤:
例えば、もう、金目、にするものは金目にして。
「あんたらこれで生きてって」、「わしゃ知らんから」っていうのが1つ。

相談者:
はい

中川潤:
で、もう1つ、でもあり得るとすればなんだけども、

相談者:
はい

中川潤:
あり得るとすればなんだけど、でも言う事を聞くかどうか?って問題なんだけども、

相談者:
はい

中川潤:
そのお、7千万の他に、例えば、あなたがもし関わるとすればよ?

相談者:
はい

中川潤:
そこまでやる気が、あ、あればの話だけど。

相談者:
はい・・はい

中川潤:
家を売ったら金が、出ますわね?

相談者:
はい

中川潤:
ほいでえ、譲渡所得税払っても、ある程度・・んー、金は、残りますわね?

相談者:
はい

中川潤:
すと桁とすれば、何千万単位で残るわけだよ。

相談者:
はい

中川潤:
それを・・

相談者:
はい

中川潤:
放っといて全部食い潰されて、

相談者:
はい

中川潤:
無一文になってね?

相談者:
はい

中川潤:
ほいで、お・・「『お前子どもだから』、『何とかせにゃいかん』なんて言われても、困るから」・・

相談者:
はい

中川潤:
と言うんであれば、

相談者:
はい

中川潤:
あの、親をどうしようこうしようって考えないで、

相談者:
はい

中川潤:
今の力関係の中で、

相談者:
はい

中川潤:
その金の管理をあなたがやってしまうと。

相談者:
うん、でその、そのね、やっぱりして、行くのが一番っていう事・・

中川潤:
今の状況でちょっと放っぽり出して、

相談者:
はい

中川潤:
好き勝手させて、

相談者:
はい

中川潤:
金え、け、すぐ無くなりますよ。

相談者:
はい

中川潤:
こういう人たちって。

相談者:
はい

中川潤:
数年も経たないうちに。

相談者:
んで、そこもわたしが一番、そこ自分、がここで、

中川潤:
そうなんですよ。

相談者:
あの2人に渡したら、わたしはもう・・

中川潤:
そうそう・・ね?

相談者:
無茶苦茶なるって。

中川潤:
そうそう、だ、そういう意味ではやっぱりあなたが・・

相談者:
はい

中川潤:
あの、その弁護士とよく相談されて、

相談者:
はい

中川潤:
その財産を、

相談者:
はい

中川潤:
あの、徹底的に・・親のために守るんだと。

相談者:
はい

中川潤:
そりゃ大義名分ありますから。

相談者:
はい

中川潤:
実際は、あの、両親が、とことん、あの「俺によこせ」って、やって来られたらどうしようもないんです。

相談者:
はい

中川潤:
どうしようもないんだけど、そこは今まで・・の・・生活状況を踏まえた、あなたとご両親の・・力関係で、法的に補正する事出来ないですから。

相談者:
はい

中川潤:
よーく、でもね?、その辺のところね?

相談者:
はい

中川潤:
法律関係を含めて、

相談者:
はい

中川潤:
今の弁護士さんと継続的にちょっと・・相談しながらやって行った方がいいと思う。

相談者:
あ、分かりました・・

中川潤:
うーん

相談者:
も、じゃ綿密に、もう、打ち合わせをして・・

中川潤:
そう

相談者:
いた方がいいっていう事ですね?

中川潤:
はい

相談者:
はい、分かりました。

中川潤:
いいですか?

相談者:
はい

中川潤:
はい

相談者:
すいません、ありがとうございます。

中川潤:
はい

(再びパーソナリティ)


自損事故死の妹の保険金7千万!? クズ親を嘆きつつ薩摩男が追いかける蜃気楼」への3件のフィードバック

  1. 7千万円について、もっと加藤先生に聞いて欲しかった。この金額はハンパない。二十代の女子が自損事故で、労災と保険金と蓄えでどうやったら7千万?
    お金のことって聞きにくいかもしれないけど、そこ一番のポイントだから。内訳聞かせて欲しい。
    だって7千万が無ければ(もっとずう~っと少額ならば)悩みはずいぶん減るよね。 えっ?金額には関係ないかしら。

  2. 両親がそれぞれ団地の片隅で一人「今までの人生とはなんだったのだろう‥」と炬燵に肩を竦めて踞っている、という風景を想像してしまう。娘は事故で急逝。息子は妄想癖が激しい‥。

  3. 解説まで読んで・・なるほどなぁ
    けっこうな誤審という・・
    やっぱ、7千万?は不自然な額と感じるのかが玄人
    正解は本人にもっと聞かない事にはだけど
    相談者の様子からして
    背後に潜む別な問題を抱えているわけですね
    気が付けば嫌いだった父親とそっくりな人生を歩みそう・・

コメントはお気軽にどうぞ