【日曜に読む傑作選】仕事より大切な少年野球。苦情に堪らず辞めると言ったら‥

テレフォン人生相談 2012年07月16日 月曜日

自分の子どもが所属するチームで球拾いなど練習の手伝いをするうちに監督的な役割を担うようになった。
相談者に直接ではなく色々とクレームが耳に届くようになり、辞めることを申し出たものの、そこから事態はまったく動かない。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 男39歳 妻40歳 長男小学3年生 次男小学1年生 三男4ヶ月

今日の一言: 自分と違うタイプの人間を理解するということは、極めて大変なことです。

続きを読む 【日曜に読む傑作選】仕事より大切な少年野球。苦情に堪らず辞めると言ったら‥