脈アリ、ナシ?自衛官のカレが訓練に入って繋がりはLINEの既読スルー


テレフォン人生相談 2019年1月15日 火曜日

趣味サークルで知り合い、8ヶ月前から付き合っている。
行くことは聞いていたものの詳しい出発日を相談者に知らせずに訓練に入ってしまったことをLINEで「教えて欲しかった」と言ったら彼が「もういい、待ってなくていい」。
気遣いが足らなかったことを謝って、負担にならない頻度で差し障りのない内容のLINEメッセージを送っているものの既読にはなるが返信はない。
復縁したい。

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 女26歳独身 8ヶ月前から3ヶ月程交際していた男23歳

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、もしもし、よろしくお願いします。

今井通子:
はい・・今日はどういったご相談ですか?

相談者:
はい。えー復縁の相談で、あの、お電話しました。

今井通子:
はい。あなたおいくつ?

相談者:
今26歳です。

今井通子:
26歳

相談者:
はい

今井通子:
そうするとお・・

相談者:
はい

今井通子:
今、独身なわけ?

相談者:
独身です。

今井通子:
はい。
で、元々は結婚していた?

相談者:
いや

今井通子:
あっ、じゃ、復縁って、違うの?

相談者:
あっ、違うますね、ごめんなさい。付き合っていた彼と、復縁です。すみません。

今井通子:
あ・・なるほど(苦笑)

相談者:
はい・・はい(苦笑)

今井通子:
はい
じゃ、彼は、何歳?

相談者:
彼は23歳です。

今井通子:
23歳

相談者:
はい

今井通子:
はい・・
じゃあまだ、両方独身同士なんですね?(苦笑)失礼しました。

相談者:
独身同士です。はい

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
じゃ、一番最初の出会いからあ、聞きましょうかね?

相談者:
はい。えーと出会いは、共通の趣味がありまして、そこのサークルで知り合いました。

今井通子:
はい

相談者:
で、8ヶ月前から付き合っているんですけれど、

今井通子:
はい

相談者:
やっぱその時から、あのお・・彼が自衛隊なんですけれど、教育に行くっていう事は、聞いていたんで、すく、す。

今井通子:
はい

相談者:
で、その教育が凄く厳しくて、連絡が取りづらくなるって事は聞いてました。

今井通子:
はい

相談者:
だけどやっぱり詳しい事とか日にちとかは決まってなかったので、彼もそれ以上は教えて、くれなかったんですよね。

今井通子:
はい

相談者:
で、あたしも、あの近くなったら、また教えてくれるのかな?っていう風に、思ってたんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
半年間教育に行くって事は聞いてたんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
具体的な日にち?、何日から何日までっていう事も聞いていなかったので、

今井通子:
うん

相談者:
あのお、何だろ、前日に「しばらく連絡取れなくなるから」とか一言、あるかなってわたしも思ってたんですけど。

今井通子:
はい

相談者:
それが、特になく、行ってしまったんですよね。

今井通子:
はい

相談者:
で、今思えば多分、彼的には伝えていたつもりだったと思うんですけど、それをちょっと分かってあげられなかったんですよね、わたしが。

今井通子:
はい

相談者:
それで、あの今までも、山とかに演習行くって時、連絡取れなくなる時は一言あったんですけど。

今井通子:
はい

相談者:
それが今回なかったので、ちょっと不安に思ってて。

今井通子:
はい

相談者:
で、いつまでに帰って来るのか?とか、そういう決まってる事を教えて欲しいなっていう風に・・

今井通子:
はい

相談者:
ま、LINEで、伝え、ましたら、

今井通子:
はい

相談者:
3日後ぐらいですね、あのお、
「今携帯がやっと見れた。ほんとに毎日忙しい」っていう、のが来て。

今井通子:
はい

相談者:
で、「帰るのは」、「今年の7月前半頃かな」っていう風な・・感じで、あのお、連絡が来たんです。
それで「それまでは会えない」って言われたんですよ「外出が一人で出来ないから会えない」って言われて・・あの、今、教育は、彼は、違う県で受けてるんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
あの、わたしが「直接そこの県に行っても会えない」って言われたので、
「あ、そうなんだ、じゃ、頑張ってね」って言って、多分ほんとに・・何だろ、その教育は、もう、そ、食事も睡眠も多分、管理下に置かれてるような、ほんとに厳しい教育っていうのは・・ま、インターネットの方でも調べまして、

今井通子:
うん

相談者:
あの、きっと厳しいんだろうなっていうのは分かってたんで、彼に負担にならないように、

今井通子:
はい

相談者:
あの、ほんとに、LINEの頻度も考えて、

今井通子:
ええ

相談者:
こう、返信がいらないような、もう身体を気遣うメール?
「今日は寒かったね」あん、「身体に気を付けてね」っていうようなのを・・ほんとに2週間に1回。一行二行ぐらいで送ってたんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
で・・もうわたしの、不安がピークになってしまったんですよね、自分の事しか考えてなくって。
で、1ヶ月半ぐらい前に、あの、わたしが、あのお、彼に対して、やっぱり、なんかあの「待ってて欲しい」とか、何だろ?・・
あの・・教育に行く前の直前に連絡?、一言
「『しばらく連絡取れなくなるから』っていうことが欲しかったな」っていうような事言ったんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
そしたら、彼から、「連絡取れなくなる事は前もって言ってた。もう疲れた、待たなくていいよ。自分の好きにして下さい」っていうような、感じで、来てしまって、

今井通子:
はい

相談者:
そこで、わたしがやっぱり、自分自分で、自分の気持ちばっかりぶつけてしまった事を・・反省して、それを伝えて、
「これで終わりにしないで欲しい」って言ったんですよ、彼に(涙声)。

今井通子:
あはい

相談者:
そしたら「ごめん、もういい」って来て(涙声)、もう、帰ったら、転属になるっていう事があって、どうやらこの、今県外で、教育を受けてるんですけど、
その、教育が、終わったら、別の、県外?、に、転属が決まってしまったみたいで、
で、あたし達が、あの、出会ったサークルがあったんですけど、それももう、あのお、参加する事が出来ないって事ですぐ退会しちゃってたんですよ。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい。それで、あのお、わたしが、「やっぱりちょっと一度電話をしたい」って。
で、
「自分が全部悪かった事をほんとに分かってるし」、あーの「自衛隊っていうのはやっぱ転勤族だから、そういう風に遠くなるっていう事は分かってたから」それは、「あたしが会いに行くように努力するから」っていうような事を言ったら・・
「また、時間があったら電話する」って、いうLINEが最後に来て、そっから音信不通になってしまったんですよ。

今井通子:
あ、じゃ、これらの一連の・・

相談者:
はい

今井通子:
連絡のあと全部、もう、そのあと全く連絡がないっていう事ですね?

相談者:
連絡は・・はい、彼からはないです。ただ、LINEを1ヶ月半の間に2回送りました。わたし。
まず、わたしがやっぱり、彼の、忙しい時に・・あの、気持ちをぶつけてしまった事を、謝りまして。

今井通子:
はい

相談者:
そのあと、わたしも今は、あの、転職をちょっと考えていたので、

今井通子:
はい

相談者:
その、「採用試験の勉強頑張るから、お互い頑張ろうね」っていうLINEを送りました。
ん、頑張って、頑張って、1日考えたLINEを、送りました。

今井通子:
はい

相談者:
そしたらやっと既読にはなりました、だけど返信には至らなかったです。

今井通子:
はい

相談者:
なので、それがやっぱり・・彼の答えだったのかな?って、「電話する」って言ったのも・・あ、やばい、傷つけちゃったからっていう、その場のあれで、言っただけで、きっと電話は来ないのかなっていう考えに・・ま、やっぱり1ヶ月半も経ったんで、思い、まして、
ただ、状況がどういう状況かも分からないので、忙しい、厳しいっていうのは聞いてるけれど・・でも、ほんとに携帯も使えない状態、なのか?、それも分からず。
インターネットで調べても本当の事は出て来ないので。やっぱり彼本人に聞きたいんですけど、それも聞けない状態なんですよ、わたし。
で、もう可能性が少ない事は分かってるんです。だけどどうにか、自分が全部悪かった事はほんとに分かっているので・・復縁をしたいと思って(涙声)、テレフォン人生相談の方に電話、しました。はい

今井通子:
分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
そうすると・・

相談者:
はい・・はい

今井通子:
何ヶ月・・要するに、会ってないの?

相談者:
会ってないのは、え、っとですね、もう5ヶ月以上会ってないです。

今井通子:
5ヶ月ね?

相談者:
はい

今井通子:
はい
8ヶ月前にい・・

相談者:
はい

今井通子:
付き合い始めましたよねえ?

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
でえ、3ヶ月は、付き合っていた。

相談者:
そうですね。

今井通子:
3ヶ月ぐらいですよね?

相談者:
3ヶ月ぐらいですね、実質上・・

今井通子:
うん

相談者:
はい

今井通子:
ちょっとあの、事実関係なんだけれども、その・・

相談者:
はい

今井通子:
自衛隊の・・

相談者:
はい

今井通子:
隊員だっていう事は確かなのね?

相談者:
確かなはずです。わたしあの、証明っていうんですかね?あの、自衛隊が持ってる・・

今井通子:
あ・・

相談者:
身分証明みたいだったら、見た事・・

今井通子:
身分証明書の、はい

相談者:
はい、それを見た事あるんです、あの、彼よく持ち歩いてるんで。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
そして、えーと・・

相談者:
はい

今井通子:
その、教育で・・他県に・・

相談者:
はい

今井通子:
あの、県外に行かれたのも、確か?

相談者:
はい
それは確認はしてないです、わたしは。あのお・・直接・・

今井通子:
「いってらっしゃい」って、言った、あ、言ったわけじゃないのね?

相談者:
「いってらっしゃい」っていう、あのLINEは、わたしは送ったんですけど、返事は来なかったです。
ま、しばらく経って、その・・「ちょっと今は忙しい」みたいなLINEは来てましたけど。
やっぱり、前日に、ん、あの「連絡取れなくなる」とか一言もなかったです。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
お互いに、自宅は分かってんの?

相談者:
自宅は、分かってないです。
彼は、駐屯地に住んでるんですけれど、わたしと同じ県で。

今井通子:
はい

相談者:
あの元々の出身は違う県なんです。自宅には行った事はないです。

今井通子:
で、実家も分かんない?

相談者:
実家は分からないです。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
そこでご質問なんですけど。

相談者:
はい。この関係はもう、も、「もういい」って言われて、だけど「電話する」って言ってるんですけど、これはもう別れてしまったのか?・・と、あとは・・復縁するために・・わたしは今・・これからどういう行動をしていいのか?っていう事です。

今井通子:
何をすればいいか?、はい

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
今日はですねえ・・

相談者:
はい

今井通子:
三石メソード主宰で、作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますので・・

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「脈アリ、ナシ?自衛官のカレが訓練に入って繋がりはLINEの既読スルー」への8件のフィードバック

  1. 青春ッスネー
    高校生の時、体育の男性教諭が、女子生徒だけの授業で、言ってました。
    男を追いかけるな、男に追いかけさせろ、と。
    その方が、結婚してから幸せになれるぞ、と。

    それを信じて、追いかけてこない男は、いくら悲しくてもあきらめました。
    結果、今、幸せですよー。誠実な夫がいます。
    あの丸刈りオヤジの言ったことは、男の心理をついてます。

  2. 三石先生素晴らしい。本当に好きならそれが一番良い方法だと思う。
    心身共に訓練辛い時に、たまぁに携帯開ける時間出来たら、自分を気遣ってくれる連絡が入ってる。それが励みになるかもしれない。
    辛い時がひと段落して心に余裕ができた時にこの女性は自分が返信しなくてもずっと待っててくれたんだと思える時が来るかもしれない。
    恋って辛いけど素敵だね。ほんと若いって素敵だ。
    この女性が復縁できますように。

  3. まだまだ若い年齢!
    いろんな事に興味を持ってたら他の男性と知り合うだろうし
    あんな年下男っておもっちゃうかも?
    先生のおっしゃる通りだと思う。
    男も星の数ほどいるんだから!

  4. 余命
    治る見込みのない病に
    医師、看護師は何と言おう
    大げさですが案外遠からず
    受ける側も苦しみます

  5. 忙しい忙しいいうけど公務員だからちゃんと休みはあるんだよな。それで連絡しないってことはそういうことでしょ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。