遺産を夫に譲る義妹を指して「話が通じない」親戚筋が暗躍したイミフな念書


(回答者に交代)

大迫恵美子:
あの、よく分からないんですけど。

相談者:
はい

大迫恵美子:
「放棄」っておっしゃってるけど、多分、分割協議書の事だと思うんですけどね。

相談者:
あ、そうです、はい

大迫恵美子:
これは・・判子をもらったんですか?

相談者:
もらいました。はい

大迫恵美子:
それで、司法書士さんにそれを見せて、

相談者:
はい

大迫恵美子:
登記をしてもらえるようになってますか?

相談者:
ええ、しました。もうそれも。全部、終わりました。

大迫恵美子:
あ、全部したの?、はい

相談者:
はい、終わりました。

大迫恵美子:
ああ
更地にする事に・・妹さんはどんな利害があるんですか?

相談者:
分からないです。それは彼女の考えなので。

大迫恵美子:
あの、全くよく分からないんですけど。

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、要するに更地にする事で誰が得をするか?っていうとね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
その解体工事をする人が解体工事費がもらえるっていう事だけなんじゃないの?

相談者:
そうですよね?はい

大迫恵美子:
だからその、念書のね?当事者に・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
妹さんがなってるけど、

相談者:
ええ

大迫恵美子:
妹さんは何のためにその念書を書いてるって事になるんでしょうね?

相談者:
彼女の考えてる事はわたしもよく分からないんですけれども(苦笑)

大迫恵美子:
あなたが「よく分からない」と、おっしゃってるけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
この問題の当事者はあなたのご主人ではないですかあ?

相談者:
そうです、そうです、はい

大迫恵美子:
要するにご主人は、妹さん・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
や、その親戚の方と一緒に、この念書を作るまでの間でね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
話し合いの中で・・どうして妹さんがこの更地にする事にこだわるのか?っていう事について、何の感触もないんですか?

相談者:
あの、話いがあんまり・・出来ない人なので・・中に入ってくれた人お、の・・言いなりなんだと思うんです。

大迫恵美子:
話が分からないような人が、誰かの言いなりになってるっていうのは(苦笑)、ちょっと・・

相談者:
うん

大迫恵美子:
う、わ、よく分からないんですけど、

相談者:
はい、はい

大迫恵美子:
あのね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
ま、その、おっしゃってる事、おー、その、「念書を守らないと」・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
「相続が」、「無かった事になるんですか?」みたいな・・

相談者:
あ、ええ、そうです。

大迫恵美子:
ことについてはね?

相談者:
ええ

大迫恵美子:
それは、うん、そういう事はないんです。

相談者:
あ、そうなんですか。

大迫恵美子:
うん・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
要するにね?、あの、非常にその辺り・・あのお、難しい言い方なんですけど、

相談者:
ええ

大迫恵美子:
も、所有権は、あなたの・・お、ご主人のとこに・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
来てるわけですからね?相続によってね。

相談者:
ええ

大迫恵美子:
あの・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
ま、一応、有効な・・協議があってね。ただ・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
その、遺産分割を、するにあたってね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
詐欺があったとか・・或いは勘違いがあったとか・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
なんかそういう事があって遺産分割の、その、ね?意思表示そのものに問題があったと、いう時には、

相談者:
ええ

大迫恵美子:
ひっくり返っちゃう可能性は・・残ってるんですけど、

相談者:
・・はい

大迫恵美子:
その念書の意味が分からないので、

相談者:
ええ

大迫恵美子:
要するに「この念書を書くと言って騙されたから」・・「分割にサインしてしまいましたよ」って、言われるのかどうか?、なんですよね?

相談者:
あーあーあーあ、はいはい

大迫恵美子:
だから、その念書に何か意味があるならば・・

相談者:
ええ、ええ

大迫恵美子:
その可能性もありますよ?・・例えばその、ね?「この土地を相続すると」お・・「あなたには大変な」・・あの「損害が掛かるので」え、「わたしが相続してあげるから、判子つきなさいよ」と騙してね?

相談者:
あーはい、ええ

大迫恵美子:
判子つかせたなんていう事が仮にあったとしますよ?

相談者:
はい

大迫恵美子:
そしたら、そんな別に言、「言われた事はデタラメで」・・

相談者:
うん、うん

大迫恵美子:
「ただ自分を騙すために、そういうデタラメな事を言って判子をつかせたんだ」と・・

相談者:
うーん

大迫恵美子:
いう事になったら、ま、取り消しだ、とかっていう事は、あり得ますけど、

相談者:
ええ

大迫恵美子:
その時にはやっぱりその・・

相談者:
うん

大迫恵美子:
騙される・・ために、色々言われたデタラメな事が、
あ、なるほど、そういう事を言われればね?・・誰でも騙され、て、判子を押してしまうなっていうような事でないと・・

相談者:
うん

大迫恵美子:
中々「詐欺だ」とかなんだとか言えないんですけど、

相談者:
うん、はい

大迫恵美子:
その、念書の話はね?(苦笑)

相談者:
うん

大迫恵美子:
どうしてその更地にするっていう事が条件になっていて、

相談者:
ええ

大迫恵美子:
それを反故にすると、おー、「騙された」とかね?、あの、そ「勘違いした」とかっていう話になるのか?がね?、分からないので・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
だから一般的には・・間に入った人の、利益のためだけの念書のように思うので、

相談者:
はい

大迫恵美子:
これを、に、違反したからといって、妹さんが何かを、あの、意思表示が・・「勘違いだった」とか、ま・・ね?「騙された」とかって、いう事にはならない、と、思うんですけどね。

相談者:
うん
例えば、更、地にしないで、そのまま売って、主人が、金を・・懐に入れたとか・・そういう風に、なるのが嫌なのか?・・ま・・

大迫恵美子:
だってね?、普通はね?

相談者:

大迫恵美子:
そんな、ま、40年未満の、家の値段ってどのぐらいか分かりませんけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
更地と、家が、乗ってるのとでね?

相談者:
ええ

大迫恵美子:
値段どうなんですかあ?更地の方が高いっていう事だってあるんですよ?

相談者:
ああ、そうですよね・・そうですよね。

大迫恵美子:
ええ

相談者:
うーん

大迫恵美子:
ま、それ場所にもよりますから・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
一概には言えないのかもしれないですけど、

相談者:
ええ、ええ

大迫恵美子:
それでね?遺産分割で、えー、ま、自分は所有、取り分要らないですよっていう事で、判子押してるでしょ?

相談者:
はい。ええ、え

大迫恵美子:
そうするともう所有権はね?・・相続で・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
親からまっすぐあなたのご主人に行くわけですよ。

相談者:
はい

大迫恵美子:
間にその・・お、妹さんが持ってた時期っていうのは無い、ことになるんですね。

相談者:
あーあー

大迫恵美子:
遡って、相続の効力が発生してしまうので。

相談者:
はい・・ええ、ええ

大迫恵美子:
そうするとね?、固定資産税を妹さんが払うとか払わないなんて場面はないんですよ。

相談者:
そうですよね。うん・・

大迫恵美子:
ええ

相談者:
はい

大迫恵美子:
だからこの、固定資産税を、払うっていう事を約束しろなんていう念書も無意味だし、

相談者:
うーん

大迫恵美子:
だ、妹さんにとっては・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
無意味な念書を・・書いたのに、守らないからといって、妹さんが何を、出来るっていう風に、考えてるのかがね?、一般的にはちょっと考えづらい事なので、

相談者:
分かりました。

大迫恵美子:
だからこれに・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
違反したからといって妹さんが、例えば・・相続のひっくり返す事も多分出来ないだろうし、それ以外にもね?
「違反してるから損害賠償を払え」とかね?

相談者:
ええ

大迫恵美子:
そういう事も、言う・・理由がないと思うんですよね、だって・・

相談者:
分かりました。

大迫恵美子:
何も損害が発生して来ないはずだから。

相談者:
はい、分かりました。

大迫恵美子:
だ、この念書を・・の、は、ほんとに、多分、間に入った人が、解体費が・・欲しいっていうだけなんじゃないのかな?と、思われるのでね?

相談者:
うん・・わたしもそうは思っていましたが(苦笑)。

大迫恵美子:
うん

相談者:
はい(苦笑)

大迫恵美子:
で、その、その人との間で・・

相談者:
はい(苦笑)

大迫恵美子:
あの、この念書に違えたからね?そのお、人が・・

相談者:
ええ

大迫恵美子:
あの、なんか文句言って来るか?っていうとね?

相談者:
ええ

大迫恵美子:
だってこれは相続のための念書として書いてるので、

相談者:
ええ

大迫恵美子:
相続としての念書としてはその人は関係ないわけですからね?

相談者:
そうですね、はい・・

大迫恵美子:
うん

相談者:
はい、あ、分かりました。はい

大迫恵美子:
あの・・

相談者:
ありがとうございます。

大迫恵美子:
うーん、なんか、あの・・専門家を入れないから、こんな・・ややこしい事になってるなって感じはするんですよ。

相談者:
あ、そうですね(苦笑)

大迫恵美子:
ええ

相談者:
はい、分かりました。

大迫恵美子:
はい

相談者:
どうもすみません(苦笑)

大迫恵美子:
で、

(再びパーソナリティ)


遺産を夫に譲る義妹を指して「話が通じない」親戚筋が暗躍したイミフな念書」への3件のフィードバック

  1. 大迫弁護士の無駄遣いだ(笑)

    それにしても相続は面倒なことに感じる。財産を受け継ぐのだから仕方ないかもしれないが、付いてくるしがらみが要らなすぎる。介入してくる親戚もいっちゃなんだが、うざったい。

  2. 相談者の話、全然わからなくて、途中から頭に入ってこなかったんだけど、
    管理人さんの解説、最高!!

コメントはお気軽にどうぞ