捨てなきゃ、でも捨てようとすると頭痛。感情的便秘にライティングキュア


(回答者に交代)

田中ウルヴェ京:
はい、よろしくお願いします。

相談者:
よろしくお願いいたします。

田中ウルヴェ京:
はい、あの・・加藤先生が・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
「感情の便秘なんですよ」ってお話をいただいてました。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
んふふ(笑)、いい言葉なんですよね、ハハハハハ(笑)

相談者:
(笑)

田中ウルヴェ京:
あの・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
なので・・ちょっとごめんなさい、あの、ラジオなんですけど、そのままこの、言葉の・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
受、受け継ぎで・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
伺いたいのは、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
あなたは感情のオナラをした事がありますか?という、ことを聞きたいです、フフフ(苦笑)。

相談者:
ああー

田中ウルヴェ京:
ハハ(笑)えーと、感情を、上手に言語化するという事を、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
感情のオナラという風に表現をしたりします。

相談者:
・・はい

田中ウルヴェ京:
ん、なので、あのお、ちょっとわたしからのアプローチとしては、あの、もちろん、こ・・心も、身体も元気になる事で・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
良い行動が起こせるという・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
視点から・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
えー色々お伝えしたいと思っていて、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
あの、結果的に、あなたにとっての、今現在の、その・・向いて行きたい行動は、ま、整理するって事ですよね?

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
あの、ま・・捨てるべき物は捨て・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
あの大切な物はしっかり整理を出来るようになれば、ま、良い行動なんだと思いますが、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
心を健康にする、良い方法を今からご紹介しますね?

相談者:
はい、お願いします。

田中ウルヴェ京:
はい。例えば、あのお、えーと、歩くでも走るでも、その、運動をしている時に、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
えー、痛いなとか、疲れたなとか・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
うんと、悔しいなとか、所謂ネガティブな感情もちゃんと出せえ、る時ありますよね?

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
あの、例えば、うんとお・・なんか、こ、ご自身が、イラついたり、焦ったり・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
する時ってありますか?・・運動をしてて。

相談者:
・・あ、痛みがある時はあ、焦ったりします。

田中ウルヴェ京:
そうですね?

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
そうですよね?

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
はい、あのね?・・あなた自身が、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
ネガティブな感情を、出しにくい、つまりネガティブな感情のオナラを、我慢する人かなあ?っていう風に思ったからなんです。

相談者:
あー(苦笑)

田中ウルヴェ京:
んふふ

相談者:
はい、はい

田中ウルヴェ京:
はい、なので、例えば、わたしは元々オリンピックの選手でした。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
で、えと、選手の時・・は、こう・・絶対に、焦っちゃいけないとか、イラついちゃいけないとか。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
落ち込んじゃいけないとか・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
あの、「悪い感情は言葉に出したら、終わりだ」みたいに、頑張っちゃう人だったんですけど。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
実は・・オリンピック選手でも、そして、あなた、え、のように、例えば、色々な心を元気にしたいなと思うような方でも・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
共通して、とても大事な事が、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
ホントの自分の感情は、自分が認めるって事が大事です。

相談者:
・・はい

田中ウルヴェ京:
あの、人に言わなくていいんですよね。あの、人に・・「もう、焦っちゃいました」なんて別に言わなくても良くて、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
でも、走っ、折角走ったり歩いたりっていう、こ、色々な運動をしてる時って、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
我々人間はたくさんの感情を感じる事が出来るんですね。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
なので、こ、走りながら・・あ、「今、ここが痛くてちょっと焦ってる自分がいるな」とか・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
あの、走る時って、割と時間、あ、長いじゃないですか?

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
なので、その時に、あのお、自分の、ホントの感情を・・言語化するっていう事も一緒にやってみて欲しいんです。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
で、あの、あ、「こんな事でイラつく自分がいる」、「こんな事で焦る自分がいる」。「あ、でも、こんな夕日を見て」・・「夕日を見て、わたしはどんな感情かな?」とかって、こ、独り言を言ってて欲しいんですね。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
で・・人によって夕日を・・「嬉しい」、「生きてて嬉しい!」って思う人もいれば・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
夕日を、「わあ、なんて美しんだろう」、「ありがたいな」みたいに思う人もいるわけですよね?

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
あの、ご自分は、あなた自身は夕日を見て、綺麗な花を見て・・どういう、感情があるのか?っていう言語化をする。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
そういう事を、こ、それこそ・・運動と同時にやっていただくと・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
「感情のオナラが出来るようになる」という表現があります(含み笑い)。

相談者:
ああー

田中ウルヴェ京:
そうすると、加藤先生さっきおっしゃってた(含み笑い)、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
感情の、便秘は、無くなります。

相談者:
・・はい

田中ウルヴェ京:
で、これ続けていくと、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
・・段々、良い行動に繋がるような、心と身体を作れるという事にもなります。

相談者:
・・はい

田中ウルヴェ京:
すでに、運動で、もう、あのお・・こ・・ま、こ、あの、心というよりは、酸素を、こ、循環させるとか、血液を循環させるという身体を作れているわけですから。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
酸素とか血液、そしてもう一つ大事な、あなた自身の心を循環するっていう事を意識すると・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
循環する事の素晴らしさを覚えるようになるんですね。

相談者:
・・はい

田中ウルヴェ京:
そうすっと家も循環したくなります(苦笑)。

相談者:
あーあ

田中ウルヴェ京:
うん

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
循環の良さ。何ていうのかな?こう・・

相談者:
あー

田中ウルヴェ京:
風通しの良くなる・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
気持ちとかって・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
身体から分かるようになると、そういうのを、「感情の質感を感じられる生き方」なんて言ったりします。

相談者:
・・はい

田中ウルヴェ京:
あのどうぞ、あの、あなた自身が・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
あの・・お辛い経験などもある事によって、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
たくさんの感情がある方だからこそ・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
たくさんオナラが(苦笑)出(で)、出せると思いますので。

相談者:
そうですね(苦笑)。

田中ウルヴェ京:
うん!

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
そしたら、循環良くなれるように、自分が出来るじゃないですか?

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
ね?、だからそこは、こう、頑張らないで、楽しく、感情を出すっていう事を、あの、お一人でいいですよ、あの、人にやら、あの、こ、見せなくてもいいんですけれど。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
あの、ちょっとそんな事、やってみてもらえますか?

相談者:
はい・・

田中ウルヴェ京:

相談者:
ありがとうございます。

田中ウルヴェ京:
頑張らないで、あの、頑張って下さい。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
はい・・

相談者:
ありがとうございます。

田中ウルヴェ京:
加藤先生に、はい、お返ししまーす。

相談者:
はい・・はい

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
もしもし?、今、京先生にホントにいい話伺いましたね?

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、先生がね?

相談者:
はい

加藤諦三:
京先生が・・あ、ネガティブな感情を、の話を・・「言語化」と言ってくれましたけれども。

相談者:
はい

加藤諦三:
ホントにその通りでえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
ライティングキュアといって、書く事の癒しっていうのが非常に心理的に、

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、注目されてる時があるんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
書いてみると・・

相談者:
はい

加藤諦三:
要するに・・つまり感情を、出す事によって元気になるんです。

相談者:
・・あー

加藤諦三:
だから、あの、今、京先生がおっしゃったように感情の言語化っていうのは・・あのね?・・書いてみて下さい。
これを書いたら笑われるとかね?

相談者:
はい

加藤諦三:
こんな事を書いたら・・許されないんじゃないかとかね?

相談者:
はい

加藤諦三:
・・ま、人に見せるもんじゃないんですから。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・そういう形でネガティブな感情を・・処理して下さい。幸せになるためにはどうしても必要な事なんです。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
よろしいですね?

相談者:
はい。ありがとうございます。

加藤諦三:
はいどうも失礼します。

相談者:
ありがとうございました。

加藤諦三:
幸せになるためには、必要のない事は捨てる。物も、感情も。



「捨てなきゃ、でも捨てようとすると頭痛。感情的便秘にライティングキュア」への1件のフィードバック

  1. 加藤先生の回答だけで十分理解できたのでは
    ないでしょうか?

    怖いのは、相談者の兄は今どうなんでしょう?
    5~6歳時期に、妹の顔を切るって・・・
    その後家庭内暴力

    その家から脱出できれてよかったです。
    実兄の不運な人生面倒も捨ててください。

コメントはお気軽にどうぞ