息子の仕事を恥じる母に加藤諦三が回想する刑務所で会った赤いコートの女


(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
あの、坂井先生の今、アドバイスでね?

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたその、逆の立場からどうだ?っていう坂井先生のご指摘その通りでね。

相談者:
はい

加藤諦三:
本来ね?

相談者:
ええ

加藤諦三:
世間が、自分の事を蔑(さげす)んでも、「お母さんは自分の事を蔑んでいない」、と思えた時に立ち上がれるんでえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
これ、めちゃくちゃだもん。
「わたしが世の中に受け入れられるために、あなたは困った存在だ」って事でしょ?

相談者:
うん・・

加藤諦三:
あなたの中にはあ・・

相談者:
ええ

加藤諦三:
世間体が一番大切なんだよね。

相談者:
ああ

加藤諦三:
人の心を考えるって事、全く無いもんね?

相談者:
・・うん

加藤諦三:
なんか、いいか?悪いか?は、&#△%違うけどね?

相談者:
はい

加藤諦三:
アメリカに居た時マサチューセッツのね、コンコードの・・刑務所の、あの犯人の・・調査をするんでね・・通ったんですよ。
コンコードに。

相談者:
はい

加藤諦三:
すると、刑務所でに、しょっちゅう居るからね・・

相談者:
はい

加藤諦三:
刑務所の、に居る息子の、母親が・・とよく・・顔合わす時あるんですよ。

相談者:
ええ

加藤諦三:
そうするとね?真っ赤なコートを着てね?、お母さん来るわけ。

相談者:
はい

加藤諦三:
息子と、その、面会するんだ、その、息子は、あの、あれですよ?刑務所の中に、は、居るわけですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
それでね、日本だったらこんなことないだろうなと思ってね?

相談者:
ええ

加藤諦三:
で、向こうは、真っ赤なコート着て、派手に着てね。

相談者:

加藤諦三:
僕と・・目を逸らすどころかね?

相談者:

加藤諦三:
「ハーイ、プロフェッサー(*)、カトウ」とかつってやってるわけですよ。
それで僕はそのお母さんにね?

(*)プロフェッサー: Professor、教授

相談者:
ええ

加藤諦三:
「いや、日本だとね?」・・

相談者:
ええ

加藤諦三:
「刑務所に」ね、「息子に、会いに来る時とかって」ね・・「隠すような形で来るんだけども」っていうような話をしたらね?

相談者:
ええ

加藤諦三:
「わたしの息子ですから」って言ったのよ。

相談者:
あーあ・・

加藤諦三:
よくまあ、刑務所にしょっちゅう来るよと、ま、思いましたけれども。

相談者:
ええ

加藤諦三:
・・なんか、あなたも、ホントに、自分しか、ちゃ、大切じゃないんだよね。

相談者:
・・ああ

加藤諦三:
・・今度の事件は・・アドバイスを求めれば、簡単です。

相談者:
はい

加藤諦三:
一言。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・「あなたが変われ」

相談者:
・・

加藤諦三:
これだけです。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
それが、悩みの中心です。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
よろしいですね?

相談者:
はい、分かりました。

加藤諦三:
はい、どうも失礼します。

相談者:
ありがとうございました。

加藤諦三:
「世間が何と言ってもわたしは守る」というとき息子は立ち上がります。

(内容ここまで)

デリヘルはデリバリーヘルスの略。
挿入以外のサービスを提供する無店舗型風俗店のこと。

挿入すると管理売春と見なされるからだけど、場所が固定されていないだけにソープ以上の無法地帯だ。

 

坂口杏里(*)によると、息子さんがやってる送迎運転手には実は重要な役割がある。

(*)坂口杏里: お嫁さんにしたい女優No.1だったこともある坂口良子の実娘。
いっときデリヘルに登録してたことを自ら公表している。
高級の部類だったらしく、新卒初任給ぐらいのお値段だったとか。

それは保安要員。

業者によるが、坂口杏里の場合は、部屋の中まで運転手が付き添い、隠しカメラ等の有無を調べて、時間中は付近の車の中で待機してたらしい。

もっとも、コスト面や客の立場を考えると、全部が全部ここまでやってるわけではない。

嬢さえいれば始められるのがデリヘル。
専用サイトなんて作らなくても、出会い系サイトを活用して客を募る。

売春組織リーダーら逮捕 6億円売り上げ、名古屋
<産経ニュース 2019年4月9日>

こんだけの売上でもスタッフ数人なんだから、5年も一つのところで頑張ってる次男は、下っ端運転手じゃなくて、主要メンバーじゃないのかなって。

羽振りはどう?

 

「みっともないから辞めて」

ま、母親のごく当然の反応なんだが、要はその言葉の源泉の話。

両氏が言うとおり、世間体と言えばそれまでなんだが、実は悩みのタネは、

相談者 「人に訊かれたとき」

ここにこそある。

つまり、世間体は否が応でも、向こうから攻めてくるわけだ。

適当に答えとけばいいっていうアドバイスもその通りなんだけど、それはそれで惨めな気持ちになるわけよ。

なぜって、訊いてくる人たちには無意識にでもマウントを取る(*)意図があるからだ。

(*)マウントを取る:mount(乗る、またがる)。
格闘技のマウント・ポジションが語源と言われる。

自分の立場を相手より優位にし、支配するのが目的と言われるが、ちょっとした会話の中で行われているそれは、ほとんどの場合、マウントを取ること自体が目的。

アタシも母親から聞かされる。

「どちらにいるの」
「何してるの?」
「どこの大学?」
「まだ一人?」
etc.
訊かれるらしい。

結構微妙な質問だと思うんだが、一人の人がした質問じゃない。
それぞれ別の人。

違和感があるのは、そのシチュエーションとその人と母との関係性。

関係性は、知り合いではあるものの、ほとんど付き合いがないってとこ。

場所は道端とか、スーパーお会計後の袋詰めの所とか。
つまり、たまたま会ったっていうだけのシチュエーション。

それで、コアな質問をしてくるわけだ。

実はこの人たちには共通の属性がある。
それは、その人たちにも同じような年頃の息子や娘がいるってこと。

鈍感な母でもちょっと嫌な気持ちになるらしいのだが、マウントを取られているからなの。

 

これはアタシ自身も経験があってだな。

自慢したい息子や娘(アタシの場合は全員息子)がいるとどうしても話したいらしい。

以下、印象深い三編。

まずはつい最近の話。
はとバス日帰りツアーで同じテーブルで食事した初対面の御婦人は、息子さんがみずほ銀行に勤務していることを訊いてもいないアタシに言う。

会社名、要るう?
勘ぐられそうで、午後からは午前中とはうって変わって、こっちから話しかけなかった。

 

これは数年前だけど、
不動産屋のオヤジが脈絡もなく、息子の名刺をアタシに見せた。
個人情報も何もあったもんじゃないが、その名刺にあった会社名がSHARP。

これなんか分かりやすいマウントで、アタシが、今どきウォシュレットが付いてないなんて考えられないとか言ってたから。

その後のシャープはご存知の通り。
数千億円の赤字を出し、1万円近くだった株価は急落。
一株90円以下で台湾メーカに叩き売られた。

今度会ったら台湾企業の子会社社員の息子さんの近況を訊いてみよう。

 

最後はそれよりもさらに前。
クリーニングに預けたコートが行方不明となって店主が自宅まで謝りに来たとき。

業界ルールを持ち出してまとめようとしてたのを、姉にプレゼントされた海外ブランド(嘘じゃない)だとかゴネて、当初の言い値のぅん倍ぐらいで話ついたところ、これまた財布から息子の名刺を出して見せられた。

一瞬、警察か法務関係かと思いきや違った。(苦笑)
漢字ばっかで覚えてもいないが、とにかく国家公務員らしい。

 

どう?

自慢するのが所属っていうのもアレだし、
その所属先にしたって微妙。
この程度でマウント取れると思われたアタシも舐められたもんだ。

てか何より、強引すぎるシチュエーションが分かってもらえただろうか。
スキあらばっていう感じ。

心理的には自慢やマウントは反動形成。
みずほ、シャープ、国家公務員、皆んなが知ってる所属先は劣等感の裏返し。

・ボッチで参加するバスツアー
・街のちっぽけな不動産屋、クリーニング屋

自己認識を自ら晒(さら)している。

 

相談者の苦悩は分かる。


息子の仕事を恥じる母に加藤諦三が回想する刑務所で会った赤いコートの女」への11件のフィードバック

  1. お二人の先生が言う事は正論だし
    文句の付けようがないんだけど
    相談者が言うように日常会話で息子さんどこにお勤め?って聞かれ
    はい!風俗店勤務とは言えないよ
    坂井先生が言う飲食店勤務ってどこ?って聞かれたらボロ出そうだし。
    それに学者の加藤先生や弁護士に坂井先生に言われてもねー。
    この相談者の世間体気にする姿勢があからさま過ぎるとは感じたけどね。

  2. このお母さんに、じゃあ、お前さんは仕事を紹介してやれるのか?
    今の仕事辞めて次の仕事決まるまで援助できるのかと、問いたい。
    出来ぬのなら口出しするな!と言いたいがね。

  3. 息子の仕事を人に聞かれて困るのはもっともで

    単純に困って相談してるのはわかる
    でも回答者がいうとおり
    息子本人の事情を何も考えないし
    聞こうともしてない様子が伺える

    低学歴でまともな職につけないと
    相談者が言ってたけど

    低学歴には様々な理由があるとは
    思うけど、
    この親子の場合、お母さんの姿勢に問題がある気がしたのは
    私だけでしょうか

  4. マウント・・恥ずかしながら自分にも思い当たります
    されたほうは不愉快だったろうな~、あああああ
    襟を正そう、そうします
    SNS、インスタ
    あれする連中はマウントだと思うんですわ、天然の

  5. 慶應大学卒の方によくされるんですよね〜マウント
    幼稚舎からの方にはひれ伏すように接してますよ
    めんどくさいから

    コメント連続感謝です

  6. マウント、やですよね。。
    脈絡もなくやられる。
    「息子が二人とも早稲田と慶応に入ったの」とか。
    こういう時、どう返したらスッキリするんだろう。
    どなたかアイデアいただけませんか?

  7. マウント、ありますよね~ あります あります。

    管理人さんも被害に遭ってたんですね。
    マウントの構造が解ってるだけに、不愉快ですよね。

    たいして親しくもない人から家族自慢(だいたいが勤務先や出身大学)を自慢されてもねぇ・・聞かされた方はどんな反応をすれば良いのでしょうか・・すごいですね~うらやましい!って答えれば満足?
    しかしながらそんな人にも、自慢できない変な人が家族や親戚にいる場合もあったりして、その場合はその事にはまったく触れない。アンフェアだけど自慢する人達の世界ってそんなモンよ。

    「人には言えない事」を抱えている人はいっぱいいるし、「聞かれても困ること」だってあります。
    相談者さん、今度聞かれたら、「実は内緒なの。だれにも言えないの。スパイなの」。

    信頼できる友人になら話せるレベルの悩みだと思います。

    その逆が今回の相談者さん。

  8. 挨拶代わりのようなものじゃない、「どちらにお勤め?」とか「息子さんお元気、何なさってるの?」
    誰も詳しいことが知りたくて尋ねていないから
    「どうにか一人でやってます」
    「まぁ、スネだけはかじらず働いてますよ」
    って答えときゃいい
    聞く方は、自分の息子の勤め先の自慢がしたくて聞いてくる場合もるので相手のことを逆に聞いてあげればいい
    何で詳しく報告する義務があるのかわからん⁉️赤の他人に
    私にすれば、ニートでもなく引きこもりでもなく
    親の扶養にもならず、学歴に負けずに働いている息子さんを偉いと思う。
    この、当たり前のことができなくなっている世の中ですよ
    居場所は誰も与えてくれない、親だってできないんだから
    そんな中、自分で見つけた居場所
    親だろうが取り上げる権利はない❗️
    そんなに恥ずかしいなら、親子の縁きれバカ親❗️
    そんなんだから、もう一人の息子にも相手されないんだよ🤪

  9. だよなぁ、正直に仕事内容話した息子褒めてやれよ。
    子供は親のアクセサリーじゃないっつうの‼️
    この母親、息子が悩んでた思春期寄り添うこともなく関わることもなく、何にもわかろうとしてなかったのがめにみえてわかるわぁ。
    まったくもってクソ親だよ😤

  10. 相談内容にぴったりのトップ画像、毎度毎度感心します。一体どこで調達してるの?管理人さん。

  11. 子のことより自分のこと優先して来た結果が風俗店勤務なんやろ。
    親自身の通信簿だ。
    それにちゃんと働いて飯食ってるんだから十分だろ。

コメントはお気軽にどうぞ