「両親が大好き」奢りグセ女が全てを失っても気づかない敵意の正しい矛先

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
(咳払い)・・はい、ども、こんにちは。

相談者:
お願いします。

マドモアゼル愛:
はい、ども・・

相談者:
こんにちは

マドモアゼル愛:
はい

相談者:
お願いします。

マドモアゼル愛:
はい。離婚して20年間・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
えー、その間生活とかは、どうしてたの?、大丈夫だったわけ?

相談者:
えと、昼も、夜も働いてました。

マドモアゼル愛:
あらあ、大変だったんだ、じゃあ。

相談者:
うん、必死でしたね。

マドモアゼル愛:
うーん

相談者:
とにかく大きくせなあかんと思って。

マドモアゼル愛:
子どもをね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
うん、うん、そうか。
でも娘さんにも苦労掛けたよね?
だって折角働いて来たお金を・・友だちや、なんかに、ほら、おごって、使っちゃってるわけだから。

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
ね、母さんは、自分のためにお金を使うのか・・ん、表面的な、そういう・・調子いい事で、使っちゃうのかっていうのは、かなり・・お嬢さんも傷ついてるよね?きっと。

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
ね?それは、分かってあげた方がいいよね。

相談者:
・・はい

マドモアゼル愛:
だから自分の性格が、もたらした、結果としてね?、んま、色んなとこへ影響与えてる。
そいで、ま、単純な話なんだけれども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あのお、おごってくれる人の周りに、近寄るが・・まともな人であるわけはないじゃないの?

相談者:
・・そうですよね。

マドモアゼル愛:
うーん

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
でも・・目先だけでも・・賑やかで・・あの、なんか、中心になっていたかったっていう・・ん、ある意味で貧しい話なんだよね。

相談者:
そうです、愚かだったんです。

マドモアゼル愛:
愚かだよね、やっぱり。

相談者:
愚か・・

マドモアゼル愛:
うーん

相談者:
虚しさしか残ってないですね。

マドモアゼル愛:
うーん
そいで、あい、みんなそういう人はズルいっていうよりも、ズルくさせたんだよね?

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
ていうのは、あなたの方が先に人をバカにしてるからなんです。

相談者:
・・バカにしてるんですか?

マドモアゼル愛:
バカにしてるんです。

相談者:
あ、そうなん・・

マドモアゼル愛:
お金で人を釣ろうとしたから。

相談者:
あ、あはい

マドモアゼル愛:
僕そんな人の側に絶対おごってもらいたくないって思っちゃうもん。

相談者:
あ、そうですか。

マドモアゼル愛:
だからまともな人はいなくなったの。

相談者:
はあー

マドモアゼル愛:
ズルい人だけが残ったの。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そういうやり方をした、自分・・ていうのは・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あったよね?

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
要するに、そいで・・居なくなった人を、
「なんであれだけやってあげたのに」ってまだ言ってるわけ。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
ね?「お金を使ったのに」、お金を使ったからそうなったわけ。

相談者:
うーん

マドモアゼル愛:
お金で人の気を引こうとしたから、そういう人しか集まんなかったって事なの。

相談者:
うーん

マドモアゼル愛:
敵を間違えてる。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
あなたの人生の敵を間違えたわけよ。

相談者:
うーん

マドモアゼル愛:
じゃ・・おごってくれて逃げちゃった人が敵でなかったら、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
敵は誰なの?

相談者:
・・えー?

マドモアゼル愛:
なんで「両親が大好き」って・・本当に思ってるの?

相談者:
それは・・(涙声)思ってないです。

マドモアゼル愛:
なのになんで「大好き」って言うの?

相談者:
・・(涙声)好かれたいから。

マドモアゼル愛:
すべてはそこから始まった物語じゃない?これ。

相談者:
うん・・(鼻をすする)・・ホントはもっと愛して欲しかった。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
褒めて欲しかった(涙声)。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
辛かったです。

マドモアゼル愛:
うん・・だから、本当に憎むべき人は・・敵意を向けるべき人は、両親じゃない?

相談者:
そうですね・・

マドモアゼル愛:
そこがはっきりしてないから・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
憎しみを気付けない、気付こうとしてない、蓋してるんだよね?やっぱりね。

相談者:
そうなんです。

マドモアゼル愛:
うーん、だからみんな嫌いになっちゃうよね?それはね。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
だって誰も好きになれないんだもん。

相談者:
はあい、そうです。

マドモアゼル愛:
誰も。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
その原因が・・え「両親が大好き」ってさっきまで言っちゃってたから・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
解決しない道に入っちゃったわけよ。

相談者:
うーん

マドモアゼル愛:
・・やっぱり・・愛してくれなかった両親憎んでいいんじゃないの?一回は。

相談者:
・・うーん

マドモアゼル愛:
お母さんに実際に何か言うっていうんじゃなくて・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
考え直してみたらどうかな?一回ノートに書いて。

相談者:
そうですね。はい

マドモアゼル愛:
そうすっと・・色んな事を悔しくて思い出して来ると思う。

相談者:
うーん

マドモアゼル愛:
そうすっと、とりあえず・・怒りが・・はっきりしてくれば、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ん、かなり苦しい作業だと思うけれどもね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ホントの声になって行くっていうか。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
ホントの自分の思い・・っていうものが、手応えが出て来ると思うの。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
今、あなたは、本当の自分の気持ち、を・・どっかでやっぱり、まだ、出しきってない、ごまかしてるから。
自分自身に手応えがないんです、今。

相談者:
そうなんです、誰にもバレたらあかんって思ってますもんで。

マドモアゼル愛:
人形として生きてんの、まだ。

相談者:
はあい

マドモアゼル愛:
お人形なの。

相談者:
はい、うん

マドモアゼル愛:
自分をお人形だと思って、今度、可哀想な、可哀想な、可愛い・・愛すべきお人形さんが、どんな苦しみを受けたのか?・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
ていうのをどんどん、ちょっと思い出して。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
自分っていう事になっちゃうと、またごまかしちゃうかもしれないから。

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
そんな作業が・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ど-おしても必要だと思う、僕今やっぱり。

相談者:
そうですね、そしたら、あのお、もっと前向きに、あの、歩きます・・

マドモアゼル愛:
ん、もう、すぐ結論、言わない・・
結露は言う、言う必要ないの。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
本当の自分であれば、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
手応えが出て来るから。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
その時・・元気なくても、そう、一歩が・・一歩が、嘘でない一歩が始まる。
今お人形さんとして、こうしなくちゃいけないで、ピョン、ピョンって・・さも、あたかも、何事もないように、元気を装った、操り人形が生きてたんだよ。

相談者:
・・はい

マドモアゼル愛:
これを止めなくちゃいけない。

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
そいで、やっぱり心配なのはお嬢さんなのよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お嬢さんがそういう母の下で、どういう思いで・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
結婚されたんですか?お嬢さんは。してないのよね?

相談者:
してないんです。

マドモアゼル愛:
ん、なんて言ってる?

相談者:
「ママと離れたくないから」って言います。

マドモアゼル愛:
・・そうしたのは誰?

相談者:
わたしです。

マドモアゼル愛:
じゃ、お嬢さん縛ってるよね?

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
お嬢さんを、巻き込んでだよね?やっぱり。

相談者:
そうですよね、娘が一番可哀想ですよね?

マドモアゼル愛:
うん、だかそこら辺、僕、聞いてないから分からないけれども、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
その可能性があるからちょっと伺ってみたわけ。

相談者:
そうですね・・

マドモアゼル愛:
だって、操り人形に、のようにしか生きられないお母さん・・優しい人だったら捨てるわけにいかないし。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
もしくは、自分と同じように、娘を操っていたとしたら・・一人で生きて行く力をお嬢さん失っているだろうし。

相談者:
うーん

マドモアゼル愛:
どっちかだと思うよ。

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
うん・・だから・・

相談者:
・・強くなるにはどうしたらいいですか?

マドモアゼル愛:
ん?何?、何?

相談者:
強くなるにはどうしたらいいですか?

マドモアゼル愛:
ん、事実を認める以外ないんです。

相談者:
ああ、◆#$%ですね。

マドモアゼル愛:
弱い人が、弱いと分かった時に強くなんです、人って。

相談者:
あっ・・なるほど・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
だから何かまだ・・こう見せなくちゃいけない、あー、見せなくちゃいけない・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
ていうところに縛られてる、生きてるわけよ。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
でもそれは・・お母さんやお父さんとの関係の・・一つ・・終わりを見てないからなのよね、一つの・・結末をね?

相談者:
うーん

マドモアゼル愛:
まだ縛られてるっていう事よ。
操り人形で生きてんのよ、あなたは。

相談者:
そうですか。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
うん・・分かりました。

マドモアゼル愛:
だから苦しいのよ、うん

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
これはまあ、僕の、大変厳しい、冷たい言い方になっちゃったけれどもね。

相談者:
ああ

マドモアゼル愛:
はい

相談者:
はい、ありがとうございます。

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
よろしいですか?

相談者:
はい、ありがとうございました。

加藤諦三:
はいどうも失礼します。

相談者:
失礼します。

加藤諦三:
本当の自分であり得ないなら、悪魔になった方がマシだ。(デヴィッド シーベリー)




「「両親が大好き」奢りグセ女が全てを失っても気づかない敵意の正しい矛先」への5件のフィードバック

  1. まずは自分を、自分が何で傷付いて、成長が止まってしまったかを見つめて、認めることだーーー
    っていうアドバイスの回って、頻繁にあるけど。
    いつも思うんだけど、その後、相談者って立ち直れてるんでしょうか?
    結局どうしたらいいのか分からない、伴走者がいなくて悩んだままじゃないのかって思う。

  2. 個人的にはあまり共感出来ない雰囲気の相談者でした。
    本心を必死で伝えてるの分かるのに苦手だなと感じたのは何故だろう?

  3. 私は、加藤先生の著作とテレフォン人生相談のおかげで、何年もかかって、だいぶ自分の生き方を取り戻せるようになってきたと思う。
    自分が自分でない感じをいつも感じていたが、それをおかしいと思ってなかった。とりあえず元気なふりして本心を悟られないように必死だった、かつての自分を、今、不思議な思いで振り返っている。
    何を恐れていたのか。本当の自分を出して嫌われることが怖かったのだろうが、
    そして、本当の自分を両親が愛してくれなかったのは確かだが、それがそのまま、他の人にも当てはまる訳ではない。
    つまりは、自分が臆病で、両親に愛されてないことを認めるのも怖かったし、人生を一人で闘っていく気概が足りなかったのだと思う。
    少なくとも、今は、自分を害する人や物に対して、抵抗できるようになってきた。自分を自分で守れるようになったことは、本当によかったと思う。

  4. 私も上記の方同様
    愛先生や加藤先生の意見は凄く心の支えになってる。
    だけど、多くの精神科医や臨床心理士、教授は加藤先生の決めつける
    発言は危険だから鵜呑みにしない様にって言うんだよね

    1. 加藤先生は、ご自分の「型」がもう固まってしまっていると思う。
      「それを認めれば解決する」と仰るけど、認めたのかどうかも自覚ないまま相談が終わっている回もよくあると感じる。
      「解決しました。幸せになれます。」って締めるけど、もっと時間を掛けて説明して納得させないとならないと思う。
      時間の制約があるから仕方ないんだと思うけど。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。