嫁の親に踏み倒される百万。大迫恵美子を笑わせドリ助をうならせた男の一言


テレフォン人生相談 2019年5月1日 水曜日

お嫁さんの母親から、すぐに用立てしないとマンションを出て行かないといけなくて、来月返すからと頼まれて百万円を貸した。
一年半経つが1円も返してくれない。
結局先方はマンションを出て生活保護を受けている。
貯金が国税に凍結されてしまっていると言うのだけど、そんなことあり得るのか?

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 男71歳 妻 結婚15年になる長男夫婦 長男45歳 嫁38歳 孫

ドリアン助川:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、よろしくお願いします。

ドリアン助川:
はい、よろしくお願いします。

相談者:
はい

ドリアン助川:
今日どんなご相談でしょう?

相談者:
えーっと・・お金を、貸したんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
それが中々、返してもらえないという・・

ドリアン助川:
はあー

相談者:
相談なんですが。

ドリアン助川:
ねえー。
どれぐらい貸したんですか?

相談者:
えー・・100万ですね。

ドリアン助川:
100万?

相談者:
ええ

ドリアン助川:
誰に?

相談者:
・・長男の・・嫁の、親なんですね。

ドリアン助川:
また、ややっこしい・・

相談者:
そう・・

ドリアン助川:
感じになって来ましたねえ?

相談者:
ハ(苦笑)

ドリアン助川:
友人とかじゃないんですね?

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
ご長男の奥さんのお父さん?

相談者:
ええ

ドリアン助川:
あらあー

相談者:
あ・・あ、まあ、そうですね。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
夫婦でいますから・・親ですね。

ドリアン助川:
あ、お・・そ・・親にですね?

相談者:
ええ

ドリアン助川:
ふうん、これどういう理由で100万・・お貸しになったんですか?

相談者:
うんーと・・正確な理由はよく分からないんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
とにかく、「すぐに、お金を払い込まないと」・・その「今住んでるマンションを、追い出されてしまう」と・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
いうような、ま、差し迫った、ような要請で、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ん、なぜ追い出されるのか?・・とかいうのはよく分かんなかったんですけれども。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
まあ・・あまり根掘り葉掘り、聞かないで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
とにかく・・その、「すぐに」、「次の月には返せるから」・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
「とにかく今すぐ」・・「どうしても」・・「お金が足りない」と。

ドリアン助川:
それはどういう方法で・・えー、誰が、伝えて来たんですか?

相談者:
それはあの、お母さんの方が電話で、
「ちょっと用立てて欲しい」と。

ドリアン助川:
ああー、お母さんが電話で?

相談者:
ええ

ドリアン助川:
は、は、は、は・・んー
あの、もう少し詳しく教えて下さいね。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えーっと、まずあなた様おいくつでしょう?

相談者:
71です。

ドリアン助川:
71歳。ご長男はおいくつですか?

相談者:
45ですね。

ドリアン助川:
45歳・・と、その、お嫁さんは?

相談者:
えーっと、えー、38かな?

ドリアン助川:
38歳

相談者:
ええ

ドリアン助川:
え、年齢ばかり聞いて申し訳ないですけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
具体的、な、ね?姿を思い浮かべるために、

相談者:
はい

ドリアン助川:
その、38歳のお嫁さんの、親の、お母さんおいくつぐらいでしょう?

相談者:
・・えーとね、詳しくは、ま、60う、7、8だと思うんですが。

ドリアン助川:
67、8?

相談者:
はい

ドリアン助川:
この方が、ま、ん、ご夫婦なんですよね?

相談者:
そうですね。

ドリアン助川:
えー、で、マンションに、住んでいて、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
えー、お二人だけでマンション住んでるんでしょうかね?

相談者:
そうですね。

ドリアン助川:
ふうん、で、そのお母さんから電話が掛かって来たと。

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい。結婚、どれぐらい経ってるんですか?ご長男は。

相談者:
長男は、もう・・えー、10、5年、くらいですかね?

ドリアン助川:
15年くらい?

相談者:
ええ

ドリアン助川:
この15年の間というのは・・

相談者:

ドリアン助川:
そのお嫁さんの、その、ご家族、お母さんお父さんとは、

相談者:
うん

ドリアン助川:
お付き合いは、あったんですか?

相談者:
ええ、ええ、もう、もちろん、あの、行き来はしておりませんけども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、孫の七五三とか、そういう・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
ところでね?

ドリアン助川:
ふうーん

相談者:
あの・・一緒に顔を合わせるっていう事はしょっちゅうあります。

ドリアン助川:
あ、なるほど、なるほど。

相談者:
ええ

ドリアン助川:
ま、その時はニコニコ、笑顔で?

相談者:
はいはい、はい

ドリアン助川:
はい。で・・びっくりされましたね?じゃ、それ内容、そういう、電話が掛かって来て。

相談者:
そうそうそうそう

ドリアン助川:
んー

相談者:
それは大変だという事でね?

ドリアン助川:
はい・・んで、この100万という額は向こうが言って来た額なんですか?

相談者:
そう、そうです、そうです。

ドリアン助川:
はあ
で、この15年間でこういう話は全く無かったわけですね?これ。

相談者:
な、全く無かったですね。

ドリアン助川:
全く無かった?

相談者:
ええ

ドリアン助川:
これ・・その、お嫁さんとかは知ってるんですか?

相談者:
・・お嫁さんっていうのは・・息子の方ですか?

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あ、それは、知りません。

ドリアン助川:
知らない?

相談者:
うん

ドリアン助川:
じゃ、親同士の話ですね?

相談者:
そうそうそうそうそう・・

ドリアン助川:
なるほど。

相談者:
うん

ドリアン助川:
へえー
で、向こうの、お父さんも・・分かってる話ですね?これ。

相談者:
あ、もちろん、もちろん

ドリアン助川:
分かってる。

相談者:
あ、でも、その、お父さんに頼まれて、お母さんがわたしの方に電話したような形だと思います。

ドリアン助川:
あ、そうなんですか。

相談者:
うん

ドリアン助川:
しかしその、色々、お金の借り先もありますけど、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
あのお、自分のね?

相談者:
うん

ドリアン助川:
えー、子どものお・・

相談者:
そうそう(苦笑)

ドリアン助川:
ねえ・・

相談者:
だから・・

ドリアン助川:
婿さんの・・頼むっていうのは・・

相談者:
よほど・・

ドリアン助川:
結構、これ恥ずかしい話ですから。

相談者:
そうそうそう・・

ドリアン助川:
ええ

相談者:
だから普通ないですけどね。

ドリアン助川:
ないですよね?

相談者:
だからよほど困って、

ドリアン助川:
うーんーん

相談者:
まあ・・あー・・ま、あとから分かった事ですけども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの・・もう色々と、借りるとこが無かったようですね。

ドリアン助川:
はあ

相談者:
あとは
あ、あと、これはあとで知った事ですけど。

ドリアン助川:
はい・・んもう、じゃあれだ、金融関係では借りられない人なんだ。

相談者:
あー、多分、多分そんな感じ。

ドリアン助川:
ふうん・・で、この100万を貸したのは・・

相談者:
うん

ドリアン助川:
どれぐらい前なんでしょう?

相談者:
そうですね、1年・・半ぐらいになりますかね。

ドリアン助川:
1年半前。

相談者:
ええ

ドリアン助川:
で、これは「貸して下さい」という時は、「来月返すから」っていう事だったんですよね?

相談者:
そうです・・そ、だから、まあ、わたしもほら、年金生活だから、

ドリアン助川:
はい

相談者:
そんなに・・いっぱいあるわけでもないし、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
でも、ま、そういう困ってて・・とにかく当座行って、すぐ来月、返って来るんであればね?

ドリアン助川:
はい

相談者:
それはまあ・・その・・あ、相手も相手だし?・・そんなんダメって、中々撥ね付けられ、なくって・・

ドリアン助川:
うんー

相談者:
信じて、貸したんですけど・・

ドリアン助川:
ま、話半分にしてもね?

相談者:
ええ

ドリアン助川:
毎月10万戻って来るとか・・

相談者:
そうそう・・

ドリアン助川:
そういう、前向きな姿勢が具体的に見えるなら、

相談者:
あればね?

ドリアン助川:
ところが・・

相談者:
全く

ドリアン助川:
全く?

相談者:
うん

ドリアン助川:
1円も?

相談者:
ええ
ただ・・しょっちゅう、あの、電話は掛かってくんですよ?

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの・・ん、「もう少し」・・「ちょっと上手く行きません」とかいうのは・・

ドリアン助川:
ふうーん
あ・・「借りてる、お金の件ですけど」・・

相談者:
うん

ドリアン助川:
「ちょっとやっぱり今、上手く行かなくて」・・

相談者:
うん

ドリアン助川:
「もうちょっと待ってもらえませんか?」っていう電話は掛かって来る?

相談者:
うん、うん、うん

ドリアン助川:
ふうん・・完全に知らぬ存ぜぬではないわけですね?

相談者:
じゃ、ない、ないです。

ドリアン助川:
へえ・・
それで・・奥さんはいらっしゃるんですか?あなた様は今。

相談者:
あ、いますよ。

ドリアン助川:
ん、なんておっしゃってます?

相談者:
いや、それはもう、「どうしても返してもらわなくちゃ」って。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
い、憤ってますけどね。

ドリアン助川:
ねえ・・
でもその百・・

相談者:
ですから、それ・・

ドリアン助川:
うん

相談者:
それまで、ほら、あ、何か、子ども達の、あれば一緒に・・参加してたのが、もうプッツリと(苦笑)、わたしの方だけ行って、向こうは・・来なくなりましたけどね。

ドリアン助川:
あー、だけ、どお・・

相談者:
顔は、出せないんですよね。

ドリアン助川:
んー
その100万は、でも、無いんでしょうね?、もうね。

相談者:
うーん

ドリアン助川:
うーん

相談者:
と、思いますけど。

ドリアン助川:
ねえ

相談者:
で、わたし、知りたいのはね?

ドリアン助川:
はい

相談者:
その、返せない理由が・・「預金口座の中にはお金あるんだけど」、

ドリアン助川:
はい

相談者:
それが・・「引き出せないんだ」と。

ドリアン助川:
ほお?

相談者:
で、それは、「国税庁から、凍結されてるんで」、口座を。

ドリアン助川:
ふうん

相談者:
「それが解除できれば」、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
て、いうような言い方を・・してるんです。

ドリアン助川:
ふうん

相談者:
で、そんな事って・・わたしも、よく分かんないけどあるのかな?と思って。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
それって・・国税庁って言えば税金ですよね?

ドリアン助川:
はい

相談者:
税金を・・納めなかったから、それを先に差押えられたみたいな・・

ドリアン助川:
うん

相談者:
ふうに、受け取れるんだけど。
そんな事って、1年半も(苦笑)・・凍結したまま?・・は、って事はあり得ないんじゃないか?と思って。

ドリアン助川:
んー
ま、いずれにしろそういう状況で、

相談者:
そうそう

ドリアン助川:
えー、相手の言ってる事が本当かどうか?という事と・・

相談者:
そうそう・・

ドリアン助川:
それ・・

相談者:
そういうその・・

ドリアン助川:
うん

相談者:
うん、な、なんですかね?

ドリアン助川:
ええ

相談者:
そのお、お・・そういう事があり得るのか?

ドリアン助川:
はい

相談者:
そいで・・なんだか、あの・・毎月い、でも、っていう風に言ったら、「今、生活保護受けてるんで」・・
「働いて収入を得ちゃうと、生活保護の金額は減らされるから」・・「働、ても意味がないんだ」というような・・
で・・生活保護受けてるんだと・・
「そんな預貯金があって生活保護なんか、受けれないんじゃないですか?」つったんだけど、

ドリアン助川:
ええ・・んー

相談者:
「いやそれは」あの・・「ごまかして」、その、「『貯金なんか、無い』つって隠して」・・「申請したんだ」とか(苦笑)、言うけど、

ドリアン助川:
ふうん

相談者:
そんな事って、通るんだろうかな?と思って・・

ドリアン助川:
ま、怪しいですね?

相談者:
え・・

ドリアン助川:
全ての言葉がねえ?

相談者:
そういう事もね・・

ドリアン助川:
うん

相談者:
ほんとか?ってのを、ちょっと、知りたい。

ドリアン助川:
なるほど
まあ、でも、15年間何もなかったのに急にっていうのも、変な話ですねえ?

相談者:
ええ

ドリアン助川:
うーん、分かりました。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、それでは、今日の回答者の先生紹介いたします。弁護士の大迫恵美子先生です。

相談者:
はい

ドリアン助川:
よろしくお願いします。

相談者:
よろしくお願いします。

(回答者に交代)


嫁の親に踏み倒される百万。大迫恵美子を笑わせドリ助をうならせた男の一言」への1件のフィードバック

  1. 「先払い」と笑ってみせた相談者さん、素晴らしいですね。
    釣られるように、大迫先生がこんなに朗らかに笑ったのを初めて聴きました。
    相談者さんの器量のおかげで、いい回でした。

コメントはお気軽にどうぞ