逝く半年前の入籍、連れ子‥小出しにする女。過去の夫の裏切りに供養心も遠のく


テレフォン人生相談 2019年6月10日 月曜日

去年亡くなった夫の遺品に中学校の同級生との親密なやり取りが見つかった。
亡くなる前には感謝の言葉を述べていた夫だが、供養する気持ちが揺らいでいる。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女64歳バツイチ 夫は去年59歳で他界 元夫との息子40歳と二人暮らし

今日の一言: 他人の評価を、素直に受け入れること。

加藤諦三:
もしもし?・・

相談者:
恐れ入ります。

加藤諦三:
テレフォン人生相談です。はい

相談者:
はい

加藤諦三:
最初に、年齢教えて下さい。

相談者:
64歳です。

加藤諦三:
64歳・・結婚してます?

相談者:
・・え、してましたけど、去年、主人が亡くなりました。

加藤諦三:
あ、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
と、今は、お一人で暮らしてんですか?

相談者:
いえ・・子どもが、一人おります。

加藤諦三:
何歳ですか?お子さん。

相談者:
40歳ですね。

加藤諦三:
40歳・・

相談者:
はい

加藤諦三:
男の子?女の子?

相談者:
おと、男の子です。

加藤諦三:
男の子・・

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。
それで、どんな相談ですか?

相談者:
えーと、ちょっと主人が亡くなって・・

加藤諦三:
はい

相談者:
色々遺品の整理をしていたら、

加藤諦三:
はい

相談者:
昔、若い時に・・付き合っていた彼女と・・

加藤諦三:
はい

相談者:
交際していたという・・ことが発覚しまして、

加藤諦三:
・・はい

相談者:
まだ現役だったので、

加藤諦三:
はい

相談者:
会社の方から・・

加藤諦三:
はい

相談者:
残っている物を全部自宅に持って来ていただいたんですよね。
その中に・・そのお、彼女から届いてた・・

加藤諦三:
はい

相談者:
えーと、誕生日とか、バレンタインデーのカードが?

加藤諦三:
はい

相談者:
何通かまだ残ってたんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
それで・・古い携帯が何十個もあったので、

加藤諦三:
はい

相談者:
それをちょっと見てたら、その中に・・ドライブに行ったり、会ったり色々・・ま、色々っていうか、ま(苦笑)、会ったりして、

加藤諦三:
はい

相談者:
7、8年前ぐらいに二人で撮ったような写真も残ってたんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
LINEっていうところがあって、

加藤諦三:
はい

相談者:
それを見たら・・ま、3年ぐらい前から、過去3年に遡(さかのぼ)ったLINEの・・

加藤諦三:
はい

相談者:
メッセージっていうか、やり取りが全部出て来たんですよね。

加藤諦三:
はい

相談者:
「身内は」・・「うちって」、「わたくしの家(うち)は」、あの・・

加藤諦三:
はい

相談者:
・・「冷えきってるから」?

加藤諦三:
はい

相談者:
彼が、書いてた文章ですよ?(苦笑)
「冷えきってるから」・・

加藤諦三:
はい

相談者:
相手の女性は、「奥さんも居るんだから、奥さん・・孝行とかしたら?」とかって言ったら、「いや、そんな必要はないんだ」と・・

加藤諦三:
う&#・・

相談者:
「うちもう」・・ね?「冷えきってるし」・・

加藤諦三:
冷えきってるからという事、はい

相談者:
「冷えきってるし」・・

加藤諦三:
はい

相談者:
それに、あのお・・「このまま行けば」・・「定年、離婚」・・「だな」・・って&#△%・・

加藤諦三:
あ、定・・定年になったら離婚するつもりだというような事を言っていた、書いて・・

相談者:
いや・・そうそうそう、そして・・

加藤諦三:
はい

相談者:
「出来れば今でも一緒になりたいと思ってる」、その彼女とね?

加藤諦三:
ああ

相談者:
ような事を・・書いてて「一番今、大事で、好きだ」みたいな事を(苦笑)、ずう、ダラダラダラって書いて(笑)・・

加藤諦三:
ああー

相談者:
書いてたんですよねえ。

加藤諦三:
それで「今でも一緒」と言ってるその彼女は・・

相談者:
え、同級生です。

加藤諦三:
・・同級生?64歳?

相談者:
はい・・あ、違います。うーんと、主人と同級生なので、

加藤諦三:

相談者:
若い、59ぐらいですね。

加藤諦三:
59歳ぐらいの方。

相談者:
はい、中学校ん時のね。

加藤諦三:
中学校の時の同級生。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・で、あなたはあ・・これを見るまでですねえ?

相談者:
はい

加藤諦三:
全くそういう事は、感じてなかったわけ?

相談者:
ん、ま、ったく、感じなかったですね。

加藤諦三:
あ・・まったく感じない・・

相談者:
もう、ま・・ったくですね、ほんとに。まさかこんな、ことを・・ま、7年も8年も?

加藤諦三:
はい

相談者:
・・やってたとは思わなかったですねえ。

加藤諦三:
それで、その、結婚したのは、あなた何歳ん時?

相談者:
うんとね・・一緒には暮らしてたけど、ずっと・・夫婦別姓で暮らしてたので。
籍自体、入れたのは、亡くなる、半年ぐらい前ですね。

加藤諦三:
・・なんでそんな、長い間ですね?

相談者:
うん

加藤諦三:
籍入れなかったの?

相談者:
・・えっと、わたしもずっと、一緒になる前から、一つの仕事をして・・お客さん相手の仕事だったので・・

加藤諦三:
はい

相談者:
やっぱりあの・・名前を変えるとか、そういう事・・あまり好まなかったので・・

加藤諦三:
ん、ん・・

相談者:
自分が仕事してちゃんと、収入とかもお互いにあったので、別に・・そんなメリットがないっ・・て別に変えなくても・・とは思ってましたね。&#△%

加藤諦三:
それで結婚した・・途端にご主人が亡くなられたわけ?

相談者:
・・いえ、亡くなるっていう事が分かったので・・色んな問題が発生するので・・相続とかそういう事ですよね。
家とか・・色んな物があるので・・ま、もちろん・・んとお、亡くなった主人の名義になってるので・・あの、わたしと籍が入ってなく、ないとね?

加藤諦三:
ええ

相談者:
それがほら、わたしに来ない・・

加藤諦三:
うん

相談者:
いう事もあったので、じゃ、「早く籍」・・「入れなよ」って、んも、「そういう事になるよ」って言われ・・まし・・

加藤諦三:
この、さっき言った40歳の息子、と一緒だ、暮らしてるって言いましたよね?

相談者:
それはわたしの・・わたしの子どもです。

加藤諦三:
あなたは、じゃ、初婚ではなくて、

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
初婚っていうのは、そうすっと何歳の時ですか?

相談者:
・・23

加藤諦三:
23歳で・・

相談者:
はい

加藤諦三:
初婚?

相談者:
はい

加藤諦三:
そいで、離婚したのはいつですか?

相談者:
30か31ですね。

加藤諦三:
30か3じゅう、い・・

相談者:
はい

加藤諦三:
それから・・

相談者:
はい

加藤諦三:
この・・亡くなられたご主人と、一緒に生活を始めたわけね?

相談者:
はい・・そうです。

加藤諦三:
・・で、今日、あなたが・・相談したいという事の、内容というのはどういう事ですか?

相談者:
えーと、それでですね?

加藤諦三:
ええ

相談者:
えーと、主人は、あの、病気でえ、ずっともう、半年、ぐらいずっと、亡くなるまで・・家で介護してました。

加藤諦三:
あ、はい

相談者:
&#△の状態だったのでね。

加藤諦三:
はい

相談者:
それで・・ま、あの、その時は、やっぱりずっと一生懸命看病したので、主人はわたしに、ま、日記を書いてたんですけどお、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、「一緒になれて良かった」とか・・「ほんとに感謝してる」とか・・あの・・も、「ほんとに」って・・そういう事いっぱい書いてくれてたんですよね。

加藤諦三:
ええ、ええ

相談者:
まあ、そうやって言っては、亡くなってったのでえ・・

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、わたしも・・まあ、一生懸命、まだ、さい、ま、色々後悔はあるけど、ま、あれしたかな?と思って・・ま、お葬式したり、お通夜したり、色んな事し、して来ましたよね。

加藤諦三:
ええ

相談者:
でも、実際にね?・・こういう事が発覚して・・

加藤諦三:
はい

相談者:
え?なんだ・・あ、な、なんだったんだろう?とは思わないけど、なん、なんなんだろう?って・・そりゃ・・これからちゃんと、供養出来るか?わたしの自分の気持ちとして、っていうのがありますよね。これから・・

加藤諦三:
・・感謝しているという気持ちがほんとなら、供養するけれども・・

相談者:
うん、うん、うん

加藤諦三:
それが信用、信頼出来ないのであれば・・

相談者:
ええ

加藤諦三:
まあ、わたしの方も・・そんな・・亡くなった夫の供養なんか・・してられないと・・

相談者:
という気持ちにもなります。

加藤諦三:
分かりました。今日は、あの・・

相談者:
すいません。

加藤諦三:
スタジオに心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

相談者:
すいません。

(回答者に交代)

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
あの、よろしく、お願い致します。
なんかね・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
あの、話聞いてて僕もスッキリしないの。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
あなた相当やり手な人だって気がすんのよね。

相談者:
やり手?(笑)

マドモアゼル愛:
うん、色んな意味で。

相談者:
そ・・どういう風に・・

マドモアゼル愛:
ん、能りょ、能力があるっていう事かな?

相談者:
能力?

マドモアゼル愛:
うん・・まずお子さんが40歳にいるっていう事を、聞いて・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで・・ま、質問の流れで、当然・・自分のお、子どもであって、旦那の子どもではないんだ、ぐらいの話を・・
事前条件で、語ってくれてもいい・・いいはずなんですよ。
ん、それから・・あと、分かりにくかったのはあ・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
・・籍を入れてなかったっていう事も・・

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
ま、だいぶ、あとになって話して来た話で。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
それ、こちら、当分・・3人で、ああ、お暮らしになってたんだなっていう・・

相談者:
うん、うん

マドモアゼル愛:
普通の家庭だなと思ってたわけよ。

相談者:
・・うん

マドモアゼル愛:
でも話を聞いてくと段々違って来る・・

相談者:
うーん

マドモアゼル愛:
なんかそこら辺に、最初から、僕は違和感を感じてんです、実は。

相談者:
あ、そうですか。

マドモアゼル愛:
そうです。はい、そいでね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
良かったんじゃないかな?と思うのね、ああいう、そういう・・変なもんが色々出て来たおかげで・・

相談者:
うん、うん、うん

マドモアゼル愛:
あなたやる気ないんだもん、最初から。

相談者:
・・ん?

マドモアゼル愛:
だって・・相手がどうだったら、わたしはこうだっていう、あなたの思いなんか、何もないじゃない?最初から。

相談者:
・・うーん

マドモアゼル愛:
冷えてたんだよ。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
間違いなく。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
お、旦那さん可哀想な気がしますよ。

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
都合がいい形でえ・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
家も・・そいで・・この40歳のお子さんっていうのはずっと居たわけ?一緒に。

相談者:
そうです。

マドモアゼル愛:
じゃ、旦那さんと、40歳のお子さんの・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
間の・・人間関係はどんな感じだったのかしら?

相談者:
・・うーん・・そんなに・・そんなにコミュニケーションはなかったと思います。

マドモアゼル愛:
うん
そうすっと、あなたとしては助かったよね?随分、子どもを育てる上で。
自分の仕事も出来る。
家もある。
全部・・自分主体だよね?・・物事の考え方が。

相談者:
うーん

マドモアゼル愛:
本当だったら・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
当然じゃない?供養すんの。
当たり前の話じゃない?結婚したんだから。
何言ってんの?って話じゃない?

相談者:
うん・・

マドモアゼル愛:
それを?・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
昔の、あれが出て来たから?・・「それが本当でなければわたしは供養したくない」?・・何言ってんだ?って、意味が分かんない。

相談者:
&#△%

マドモアゼル愛:
何、言ってんの。

相談者:
いや、したくないっていうわけじゃないですけど・・

マドモアゼル愛:
いや、したくないんですよ。したくないからこういう質問するわけじゃない?

相談者:
うーん

マドモアゼル愛:
正直に・・生きて行、った方がいいんじゃない?

相談者:
・・うーん

マドモアゼル愛:
正直じゃないよ、話が。

相談者:
うーん

マドモアゼル愛:
僕ね、旦那さんやっぱりね、気の毒だった気がするよ?

相談者:
うーん

マドモアゼル愛:
全部自分、使われていたんじゃない?都合で。
だって最終的に結婚したんだよ、この人は。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
そいで浮気、だか、なんだか分かんないけども、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
それは、それ以前の話だよ?

相談者:
・・うん

マドモアゼル愛:
ほんとにその人が思い出の人で・・あなた以上に大切な人だったら・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
あなたと結婚するわけがないじゃない。

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
半年前に。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
だから彼は・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
誠意見せてるじゃないの?

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
責任も取ろうとしてるじゃないの?

相談者:
・・そうですよね。

マドモアゼル愛:
それでいて「供養はしない」、「もう、それが嘘だったら、あの人の心が」・・「誠意あるもんでなければ、供養しない」って・・も・・意味が分かんないの。

相談者:
うーん

マドモアゼル愛:
あなた結婚した以上、責任あるんです。本当は。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
財産もらう以上、責任があるんだよ。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
・・そう思わない?

相談者:
思います。

マドモアゼル愛:
そうやって生きていかないと・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
あなた自身だって、これからあと10年、20年生きるんだよ。

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
通用しなくなるよ、段々。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
きっと何かで。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
何かで通用しなくなるよ、そういう・・

相談者:
・・うん

マドモアゼル愛:
わ、あなたのためにも、僕はやった方がいいと思います。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それからお子さん・・の、手前でも・・やっぱり母としての生き方・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やっぱりここは、ちゃんとけじめをつけて、
「あなたのお父さんは」・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「実の父ではないけれども」・・

相談者:
うん、うん

マドモアゼル愛:
「この人であったんだ」と。

相談者:
うん、うん

マドモアゼル愛:
それで「この人のおかげで、お前も大きくなれたんだ」と・・

相談者:
うん、うん

マドモアゼル愛:
いう事で・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ちゃんと、きちっと整理されんのが・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
僕は筋だって気がしますよね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あ、ちょっとあのお、言葉、大変失礼な言い方になっちゃったと思いますけども、

相談者:
いえいえ、とんでもない。

マドモアゼル愛:
加藤先生にもう一回ね、伺ってみたいなと・・

相談者:
はい、すいません。

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
あのお・・ちょっとあなたにとっては意外な質問かもしれないけど、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなた、実は恥ずかしがり屋なんじゃないの?

相談者:
・・ま、照れ屋ですね、すごく。

加藤諦三:
うん、そうですよね?、あなた、人から褒められると照れちゃうんでしょ?

相談者:
そうですね(苦笑)はい

加藤諦三:
他人から評価される事はあるんです、あなた。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・だけど、「あ!」・・「あなた今日素敵ねえ」って。
「え?わたしなんか」と。

相談者:
うん、はい

加藤諦三:
ていう、それ否定しちゃうんだよね。

相談者:
うーん

加藤諦三:
照れ屋で恥ずかしがり屋で・・他人から評価されてると・・それを否定してしまう。

相談者:
うん

加藤諦三:
したがって、人とは触れ合えない。

相談者:
うん

加藤諦三:
64歳。

相談者:
うん

加藤諦三:
まだ長い人生・・

相談者:
うん

加藤諦三:
どうしますか?

相談者:
・・

加藤諦三:
今日の相談は・・この・・迷いに迷ってわたしどうしたらいいでしょう?って事です。

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
・・不安に対する対処のし方なんです。

相談者:
うん・・そうですね。

加藤諦三:
・・決定的な解決は・・ちょっと難しい言葉で・・意識領域の拡大です。

相談者:
・・意識領域の拡大?

加藤諦三:
あなたが今は意識してない事を意識する事。

相談者:
はい

加藤諦三:
色んな事を・・どんどん、意識を、領域を拡大してく事が・・不安を乗り越える方法なんです。

相談者:
・・

加藤諦三:
だからもう、供養すべきか?供養すべきだか?、こんな・・その前の、彼女のお・・

相談者:
(苦笑)

加藤諦三:
ら、LINEが・・

相談者:
うん(苦笑)

加藤諦三:
ど、どうだこうだなんて、関係ない、こんな事は。

マドモアゼル愛:
はい、そう・・

相談者:
関係ない(苦笑)

加藤諦三:
あ・・ちょっと待って下さい、はい

(割り込むマドモアゼル愛)

マドモアゼル愛:
そいで、あの(苦笑)ごめんなさい、途中でね?

相談者:
アッハハハ(苦笑)

マドモアゼル愛:
まあ、最後に、付け加えさせていただきたいのは(苦笑)・・

相談者:
(苦笑)はい

マドモアゼル愛:
あの・・今度お、意識の拡大というのは・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
意外と・・自分のいいとこ、やっぱ探す事だと思うよ?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
自分のいいとこを本気で探ってみ・・と・・無邪気さとか・・好奇心とか・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
すんごい、あなたの良さが実はあるのよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それが今まで、64にも思えない、若さの・・秘訣にもなっているわけで。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
だ、意識の・・拡大と中で、自分いじめの方に走るよりも、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あなたは、自分の良さ、魅力があるので・・ちょっと、そこら辺、視点・・を、突破口にしていただけ、ないかな?っていう、ちょっと・・あのお、えー、述べさせてもらったと、いう事です、はい

相談者:
ありがとうございます。

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
さすが、さすが、さ・す・が、マドモアゼル愛先生、その通りなんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
自分の、いいところを認めれ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
事に他人が・・

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたの事を評価した時に・・決してそれを・・否定してはいけません。

相談者:
はい

加藤諦三:
よろしいですか?

相談者:
はい、ありがとうございます、ほんとに長い間・・

加藤諦三:
はいどうも失礼します。

相談者:
ありがとうございました、ありがとうございます。

加藤諦三:
他人の評価を、素直に受け入れること。



「逝く半年前の入籍、連れ子‥小出しにする女。過去の夫の裏切りに供養心も遠のく」への3件のフィードバック

  1. 愛先生の洞察力は鋭いな
    時々ズレてる感じがしたりキレちゃうけど
    今日の回答は納得だな
    加藤先生に「何で籍を入れなかったの?」って聞かれると
    それまでペラペラ流暢に話してたのに急にゴニョゴニョ言い出した。
    相続したんだから責任も果たしなよ
    最後は加藤先生も愛先生も褒めてたけどね。
    こう言う地元のオッちゃん相手の客商売のオバちゃん結構
    要るよね

  2. この人を選んだ相手もまたしかり
    負の方向からしか物事を進めない
    しかし、死者にとって恨み祟りであろうと
    残った者が思い出してくれるならば
    それは悪いことではないのかもしれない
    なぜ、亭主がそんな物を残したのか
    お互いに寂しくて寂しくて臆病な似た者夫婦だったのだろう
    決してお互いを思いあってはいない
    くだらない

  3. ひさびさに(ゴメンナサイ) 愛先生の快進撃!
    リスナーが違和感を感じているところをバッサバッサと切ってくれて、気持ちよかった。

    この相談者の周りで、今までここまではっきり突きつけた人、いないんじゃないかしら。
    ここに電話してきてよかったですね。

    でも、最後にちゃんとフォローするところ、いいですね。

コメントはお気軽にどうぞ