小1本人は嫌がる普通教室から支援学級への異動。悩むお母さんに19の質問


テレフォン人生相談 2019年6月8日 土曜日

息子のもの覚えが悪いという心配から、
・就学前相談・・特に問題なし。何かあれば学校の先生に。
・地元の発達相談・・IQ検査の結果は低いものの、就学して様子をみましょう。
・就学後に先生からの指摘・・ノートの使い方等から「支援が必要かも」
・夏休みに教育委員会の就学相談・・軽度の知的から支援級を勧められる。

息子本人はお友だちと離れることもあり、支援級には「行きたくない」。
どうすれば?

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 娘34歳 夫34歳 息子6歳(小1) 娘4歳(年少)

今日の一言: 人生の問題を乗り越える人は、心が新しい情報に開かれています。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもし?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願いします。

加藤諦三:
はい・・
はい、最初に、年齢教えて下さい。

相談者:
夫34歳、わたしが34歳・・

加藤諦三:
さ・・はい

相談者:
息子が6歳、小学校1年生です。

加藤諦三:
ん、はい

相談者:
娘が4歳・・

加藤諦三:
はい

相談者:
年少です。

加藤諦三:
で、今・・4人で暮らしてんですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました、それで、どんな相談ですか?

相談者:
6歳の、この息子の相談なんですが。

加藤諦三:
あ、はい

相談者:
えっと、就学相談に行きまして、
ま、ちょっと物覚えが悪かったりするので・・

加藤諦三:
はい

相談者:
学習に、お、遅れが出ないかなあ?っていう心配がありまして。

加藤諦三:
はい

相談者:
それで相談に行ったんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、その時の結果は、特に、問題なくって、

加藤諦三:
はい

相談者:
「就学した後に、もし何かあれば、また学校の方に相談して下さい」っていう話だったんですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
それでも、ちょっとやっぱり心配い、だったので、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、その後、地元の発達相談ん、に、

加藤諦三:
はい

相談者:
行きまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、ま、色々、話した、話しまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、年明けに、じゃ、IQ検査をしようっていう事になって、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、ま、その結果っていうのもやっぱり・・IQがちょっと低くって、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、「覚えが」やっぱり「悪」く、「かったりだとか」・・

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
「ていう事も」やっぱり「ちょっと、出て来るんじゃないか?」っていう話だったんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、ま、「小学校には、上がってみて学習してみて」それでやっぱり・・「何か」・・「問題が、きたすようであれば」・・「またそこで考えましょう」っていう事だったんですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、やはり、こう、就学して、あの、色々ちょっとやっぱり問題が出て来てしまって、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、学校の先生にもやっぱり指摘されまして・・

加藤諦三:
はい、学校の先生に指摘、っていうのはどういう指摘ですか?

相談者:
えーとお、ま、ノートを書き写したりだったりとか・・

加藤諦三:
ど、どういう事ですか?、ノートを書き写すの・・

相談者:
あのお、順序っていうか、こ、文字の大きさだったりとか、書く場所っていうのが、

加藤諦三:
うん

相談者:
滅茶苦茶になってしまったりだとか、

加藤諦三:
うん

相談者:
ノートをこう、順番に使って行くんだけど・・何ページも抜かして、そこにポンと書いてしまったりだとか。

加藤諦三:
うん

相談者:
やっぱりちょっと支援が必要だなっていう、ふう、な、お話だったんです。

加藤諦三:
・・はい、はい、は・・

相談者:
で、今年の夏に改めて、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、教育委員会の、教育・・就学相談っていうのを受けて、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、そちらの方からも、最近・・やはり軽度の知的・・がある事から・・支援級に、行った方がいいんじゃないか?っていうほう・・ことを勧められたんですね。

加藤諦三:
ええ

相談者:
で、それで、あの、今回の相談なんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
本人ん、の、意見としてはあ・・

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、支援級っていうのはちょっとこう・・他のクラスとちょっと離れた場所で・・お友だちとちょっと離れてて、

加藤諦三:
うん

相談者:
どうしても自分は・・行くってイメージが全然つかないみたいで。

加藤諦三:
うん

相談者:
・・どしても「行きたくない」っていう風に・・

加藤諦三:
うん

相談者:
迫られてしまって、わたしも。

加藤諦三:
うん

相談者:
そういった本人の、主張を、優先した方がいいのか?・・

加藤諦三:
うん

相談者:
それとも、やっぱり学習面で遅れが出て来ると、やはり、今後も・・ちょっと、こ、遅れが出て来てしまうから・・

加藤諦三:
うん

相談者:
そちらの方に行った方がいいのか?

加藤諦三:
うん

相談者:
小学校1年生だけれども、今後どういう風に対応したらいいかな?・・っていうのが、

加藤諦三:
うん、か、はい

相談者:
はい

加藤諦三:
あのお・・就学相談の時って、もの覚えが悪いと・・

相談者:
はい

加藤諦三:
言われて、どの程度の事なんですか?もの覚えが悪いって。

相談者:
やっぱり置いた物を、どこにやったか?忘れてしまったりだとか。

加藤諦三:
うーん

相談者:
あと、凄く忘れ物が多かったりだとか。

加藤諦三:
うん

相談者:
そういう、ま、小さな事なんですけど。

加藤諦三:
うん

相談者:
ふうん

加藤諦三:
要するに関心の・・ある場所が違うっていう事は、ないんですか?
その子に対して関心のあるものは、覚えてるけれども・・そうすっと、その、じ、自分に関心のない、こ、ものについてはすぐ忘れますよね?

相談者:
そうですねえ。

加藤諦三:
ええ。あのね?

相談者:
はい

加藤諦三:
要するに、これはないんですか?
最初っからそういう風に、「え?この子なんか問題があるんじゃないかな?」というような、

相談者:
はい

加藤諦三:
見方を最初にしちゃってえ・・

相談者:
うん

加藤諦三:
そうすると、そういう事がどんどん目について来ますよね?

相談者:
うーん、あ、そ、そうですね、それは、あると思います。

加藤諦三:
そうするとね?

相談者:
はい

加藤諦三:
この6歳の男の子の側からするとね?

相談者:
はい

加藤諦三:
周りの人は自分を・・そういうように見ているという風に、感じるわけですよ。

相談者:
あー、はい

加藤諦三:
この影響っていうのはもの凄いんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
だから1年間この影響で・・こういう目で見られれば、

相談者:
はい

加藤諦三:
そういうようになって行きますよ?

相談者:
分かりました。

加藤諦三:
だからこのね?・・今あなたの言・・った事が・・

相談者:
はい

加藤諦三:
本当にこの子が支援を必要としてるか?支援を必要としていないか?という事についてはね?

相談者:
はい

加藤諦三:
もうちょっと、きちんとした・・偏見を・・持たないで・・

相談者:
はい

加藤諦三:
見る必要が、あるんですけれども・・

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はスタジオに幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい、よろしくお願いします。

(回答者に交代)


「小1本人は嫌がる普通教室から支援学級への異動。悩むお母さんに19の質問」への8件のフィードバック

  1. 今日は、加藤先生の言うこと
    ドンピシャだと思った。

    相談者も、学校も、
    「みんなと同じことが、同じ時期にできることが当たり前」だと思ってる。
    1学年だって、誕生日が学年の初日と、最後なら365日違う。そして、そもそももってる能力が違うし(優劣ではなく)、伸びる時期が違う。
    相談者は、この子はあれができない、これができない、って、入学前から決めつけている。

     一番大事なことは、
    「勉強を嫌いにさせない」
    「学校を嫌いにさせない」

    ノートの使い方(ページを飛ばす)とか、文字の大きさ、とかなんとか、細かいこと言ってると、間違いなく字を書くことが嫌いになるし、勉強が嫌いになる。嫌いな勉強をしなきゃいけない学校が嫌いになる。
     どんな字でも、「元気いっぱいな字だね!」「上手に書けてるね!」って認めてあげること。他のこともしかり。

    本人が普通学級がいいなら、そうすべき。少しの発達障害や、知的障害(私は相談者の子がそうだとは思わないが)なら、普通学級でいけると思う。

    大原先生のアドバイスも良かったと思うが、、相談者が心から、子どもに対する見方を変えてくれるといいのだが…。それだけが少し心配だな。
     そういう相談者に対して、本当は、学校側が、加藤先生や大原先生的な視点でいてくれるといいのだが、学校側が支援学級をすすめるようでは、いまいちな学校なのかな。

     とにかく、相談者は、加藤先生の言葉を、心に刻みこんでほしい!!!

  2. まだ1年生だから、優しく細やかに見てあげると、本人も喜ぶと思います。お母さんにかまってもらえて。

    こどもを勉強好きにするコツがあって、ひざに抱っこして、一緒に鉛筆を持って、字を書いてあげると、うれしくて、勉強好きになります。絵本の読み聞かせも。
    少し大きくなったら、ひざに抱かなくても、後ろから、一緒に鉛筆を持って、書いてあげる。
    対面だと伝わりにくいお母さんの温もりが伝わって、こどもは、ほっこりするんです。

    お母さんは、こどもを評価する立場ではなく、一緒に問題解決する立場だということを再認識する、とてもいい回だったと思います。

    まだまだこれからです。これからの成長が楽しみですね。

  3. 学習障害も発達障害も脳の機能障害です。まして知的と診断が下っているのに、偏見の目?なんのこと?
    器用、不器用あるけど、育て方関わり方で伸びるのも勿論そうだけど。
    3歳からSTOT心理療育通ってペアレントトレーニング受けて病院でのPTリハビリ受けて就学に備えて家庭で出来ること全部やってたって、追いつけない子はいる。
    発達の凸凹が大きすぎて、苦手が本当に出来ないから。訓練してスモールステップで出来るようになったことはあっても、ノートに黒板の内容を書き写すは学習障害じゃ無理な子には無理。

    関わり方の問題、とか決めつけるな、じゃなくて。
    そういう苦手を抱えながらも、自己肯定感を失わないでどう生きていくサポートをしていくか、が問題であって。
    その子を知りもしない専門家がこうしてないでしょ、こうして、と話すだけ話して。
    質問者の質問したことに全く答えてくれてない。
    全くひどい内容ですね。

  4. 私の兄は、完全に知的障害ですが、母親の愛情と手助けで、生活面と学習面ではあるレベルには達し、一応会社で長年働けてました。
    何よりも素直で真面目なところがいい、と上司に言ってもらいました。
    一方、知的レベルは、兄よりずっと上なのに、親から愛情を与えられなかった知的障害の人は、同室の人のお金を盗み続け、会社からも信用されず、辞めさせられました。

    知的レベルでは劣っても、愛情を受けて育った人間は、真面目に根気強くがんばれます。だから、知的な面だけで、悲観的に考えないでください。
    その子自身の伸びしろを大切にしてあげてください。
    ついついできないことに目がいくでしょうが、とりあえず、お母さんもお子さんも、笑顔で過ごせますように。
    愛情をもらって育った人間は、基本的に人間を信じるし、周りの人間は自分を信じてくれる人を助けたくなるものなので、何かしら、助けてくれます。
    本当に、捨てる神あれば拾う神もある、のです。

    1. ↑共感します。
      すごく素敵なご家族ですね。

      大切なことは、本人に「僕はあれもこれもできない」という自分自身へのマイナスイメージをもたせないこと。

      そのためには相談者が、子どもに向き合う構えを変える必要があります。どうしても、「できないことをできるようにしよう」とすると、ダメ出しや指摘が多くなります。そうすると、本人は自信をなくし、親を含めた周りの人を、大袈裟にいえば敵、そこまでいかなくても、信じることができなくなっていきます。

      本人が、自分を好きでいられるように、周囲の人を信頼できるような、心を育てること。そういられたら、幸せじゃないでしょうか。

      加藤先生が言うのは
      「発達障害のある○○くん」というフィルターで見るなということ。
      「発達障害がある」というフィルターを通すと、全てのことがそう思えてくると思う。

      子どもは、それぞれ成長する時期も伸び方も違うけれど、必ず成長します。
      周りと比べず、その子それぞれの成長を、日々見つけることを意識して、(意識しないと気がつかないものですよね。)過ごしてほしいものです。

      私も、他の方のコメント、すごく心に響きました。相談者さんが、このサイトを見ることはないかもしれませんが、同じ境遇の方に参考になったらいいですよね。

      長々と失礼しました。
      相談者さんと、そのお子さんに幸あれ!

  5. 最近は、ラジオの回答者より、ここのコメント送信者の方の方が優しく、的確に、述べられております。
    本日も上段の方々の発言がとても心に残ります。

  6. うちの息子は小4で普通学級と支援学級を行ったりきたり。就学児前の検査で理解力が他の子より低下していて、教育委員会にどうしますかと聞かれ、支援学級をえらびました。学校には出来るだけ友達と関わりを持たせてほしい事を伝え、苦手な科目以外は普通学級で過ごしています。
    あとは、本人にとって1番いい環境を一緒に考えて、見つけることが大切かもしれません。

コメントはお気軽にどうぞ