小1本人は嫌がる普通教室から支援学級への異動。悩むお母さんに19の質問


(回答者に交代)

大原敬子:
こんにちは

相談者:
こんにちは

大原敬子:
あの、今、加藤先生がおっしゃったように、

相談者:
はい

大原敬子:
わたしは一つだけ・・

相談者:
はい

大原敬子:
え!?・・この子、素敵じゃない?いい子じゃない?と思ったのは、

相談者:
はい

大原敬子:
「僕は」・・「あのクラスに行きたくない」って言えてるって事ですよね。

相談者:
・・あー、そうですね。

大原敬子:
自分で・・意思は持ってますよね?

相談者:
はい

大原敬子:
でね?、一番大事な事は、

相談者:
はい

大原敬子:
よく、子育ては、「神は」、「細部に宿る」っていうんですね。

相談者:
・・うん

大原敬子:
親が、細かいところ、こんなところというところに、

相談者:
はい

大原敬子:
心を配っていると・・そこに神が宿って行くっていうのがあるんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
それで、今聞きましたけど・・まず、学習障害なんですけども、

相談者:
はい

大原敬子:
3つあるんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
その1つに、文字が上手く書けないって事が、あるんですね。
もしかしたら、文字を・・

相談者:
はい

大原敬子:
形に捉える事が苦手なのかもしれないんです。

相談者:
・・あ、そうですね。あの、おっしゃってました、心理の、先生もそういう風におっしゃってました。

大原敬子:
てことは、

相談者:
はい

大原敬子:
その方は、確かに、学習障害ですよね?

相談者:
はい

大原敬子:
ただし・・大事なことは、流れを見してあげると・・

相談者:
はい

大原敬子:
子どもは形にハマって行くんです。

相談者:
うーんーん

大原敬子:
その時に、ご両親は・・

相談者:
はい

大原敬子:
鉛筆を、2B 、3B、HB、ちゃんとそれを揃えていたかどうか?

相談者:
うーん

大原敬子:
柔らかい鉛筆であればあるほど・・綺麗に走るんですね。

相談者:
うーん

大原敬子:
そういう事、神は細部に宿るって、そういう事なんですね。

相談者:
はあ

大原敬子:
だから、文字が書けない、書けないって言葉で教える事ではなくって、

相談者:
はい

大原敬子:
その、鉛筆を変えてみたらいかがでしょうか?
それから言葉も・・「こう書くのよ」じゃないんですね。

相談者:
うん

大原敬子:
「”あ”、っていう字はね?」って、「こうして曲がってね」って、「ほら、左側に”あ”っていう字は重たいでしょ?」・・

相談者:
うん

大原敬子:
「だから大きく膨らむところは」・・「右側に行くのよ」って事でバランスを教えると・・

相談者:
うん

大原敬子:
子どもは瞬間に絵で分かるんです。

相談者:
あー

大原敬子:
だから、ほんとに、瞬時、それが出来る子もいれば・・

相談者:
うん

大原敬子:
こういう学習障害で・・要するに文字が書けないお子さんっていうのは・・

相談者:
はい

大原敬子:
形に出来ないところを、形に、教える事によって、違って来るんですね。

相談者:
うんうん・・はい

大原敬子:
それが一点です。次はですね?

相談者:
はい

大原敬子:
あの子、変な子っていうのはね?・・日常生活が出来てないんです。
今、わたくし申し上げますけども・・

相談者:
はい

大原敬子:
答えていただけますか?

相談者:
はい

大原敬子:
まず、自分で顔洗いますか?

相談者:
あ、洗います。

大原敬子:
箸をきちんと持って、ボロボロこぼしませんか?

相談者:
・・多少、少しはこぼしますが・・箸は・・

大原敬子:
じゃ、ダメです。

相談者:
あ、ダメですか。

大原敬子:
こぼすって事はそうなんです。あとで教えますね。

相談者:
うん、はい

大原敬子:
フォークとナイフ使えますか?

相談者:
は(わ)使えます。

大原敬子:
・・ハサミは使えますか?

相談者:
ハサミは、えーとお、上手く切れません。

大原敬子:
それから、え、ティッシュで・・

相談者:
はい

大原敬子:
ティッシュをつかま、つまめますか?、つな、つまむ。

相談者:
あ、つまめ、つまめます。

大原敬子:
鼻をかむ事出来ますか?

相談者:
あ、出来ます。

大原敬子:
鉛筆は上手に持てますか?

相談者:
・・鉛筆持てます。

大原敬子:
で、左巻き、右巻きってぐるぐる書けますか?

相談者:
巻く事は出来るんですけど、

大原敬子:
うん

相談者:
ちょっと形は歪(いびつ)ですね。

大原敬子:
うん、と思います。
折り紙・・ありますね?

相談者:
はい

大原敬子:
折る事出来ますか?

相談者:
折り紙は、折れないです。

大原敬子:
はい
卵・・あるでしょ?

相談者:
はい

大原敬子:
それ、割る事出来ますか?

相談者:
あ、卵は割れます。

大原敬子:
出来ます?

相談者:
はい

大原敬子:
自分の頭洗えますか?

相談者:
あ、洗えます。

大原敬子:
・・今度はスキップ、運動です。スキップ出来ますか?

相談者:
スキップ出来ます。

大原敬子:
カスタネットでいいですけども、

相談者:
はい

大原敬子:
リズム感が取れますか?

相談者:
あ、それは出来ます。

大原敬子:
出来ます?

相談者:
はい

大原敬子:
それから、輪ゴムで・・

相談者:
はい

大原敬子:
一つの、束ねを・・

相談者:
はい

大原敬子:
くくる事出来ますか?

相談者:
あ、出来ません。

大原敬子:
・・それから、えー、自分で・・

相談者:
はい

大原敬子:
服を着れますか?

相談者:
・・洋服う、は、着れるんですけど・・あのお、ボタンだったり、

大原敬子:
そうですよね?

相談者:
ファスナーっていうのが、出来にくいです。

大原敬子:
はい。それからね?、暑い寒い時に、

相談者:
はい

大原敬子:
自分で・・あ、脱ぎ替え出来ますか?

相談者:
・・最近やっと、ちょっと出来るようになったんですが・・

大原敬子:
うん

相談者:
小さい時は、やらなかったです。

大原敬子:
今、これだけ見ても・・

相談者:
はい

大原敬子:
指先がすごく弱いですよね?

相談者:
そうですね。

大原敬子:
弱くないですか?

相談者:
弱いです。

大原敬子:
指先、脳に行っちゃうんですよ。脳に行くんです。

相談者:
はあー、はい

大原敬子:
そしてね?じゃ、テーブルで・・

相談者:
はい

大原敬子:
雑巾絞る時に、

相談者:
はい

大原敬子:
きちっと絞れますか?

相談者:
絞れません。

大原敬子:
それは全部お母さまが、

相談者:
はい

大原敬子:
ほんとはなさる事だったの。

相談者:
ああー

大原敬子:
今なら間に合う。

相談者:
あ、分かりました・・はい

大原敬子:
例えば・・よくみなさんね。
「え?箸は持てますよ」って。持つ事出来ます。

相談者:
はい

大原敬子:
ちゃんと持って、たぶん口からボロボロ出るはずなんです。
落ちちゃうんです。

相談者:
はい

大原敬子:
でしょ?

相談者:
はい

大原敬子:
それが小学校に行くと・・

相談者:
うん

大原敬子:
みんなが「嫌だあ、あの子」ってなってしまうんです。

相談者:
ああ

大原敬子:
つまりね?

相談者:
はい

大原敬子:
文字が、上手に書けない、形が取れないお子さんに・・

相談者:
はい

大原敬子:
生活、今パターンありましたね?

相談者:
はい

大原敬子:
それが、みんなとついて行けない時に・・みんなはそこで、差別しちゃうんですよ。

相談者:
あーあ

大原敬子:
これは、お家で出来る事なんですね。

相談者:
分かりました。

大原敬子:
それも、怒る・・怒る事じゃなくって、

相談者:
はい

大原敬子:
あ、もう、「お箸上手に持てたね」って、「素敵よ」とかって言ってあげるんです。

相談者:
うーん

大原敬子:
えー、筆箱の中は、あなたは、常に、鉛筆はきちっと柔らかい鉛筆を用意しとくんですね。

相談者:
あ・・いつも心掛けてます、それは。

大原敬子:
・・
心掛けてる、ではなくって、

相談者:
はい

大原敬子:
えと、お子さんと一緒に、

相談者:
はい

大原敬子:
「今日、鉛筆どう?」「あ、随分使ったわね」って、「じゃ、お母さんこれ・・」
どういう風に、やっ・・鉛筆削りでやってるの?それとも・・

相談者:
あ、鉛筆削りで、

大原敬子:
うん

相談者:
一回持って帰って来たら・・

大原敬子:
うん

相談者:
鉛筆削りで一緒に・・あの、上手く使えないので、

大原敬子:
うん

相談者:
「こうやってやるんだよ」って見せながら、毎日やってるんです。

大原敬子:
あのね、「こう言った」「ああ言った」「そう言った」
子ども(言葉?)は分からないんです。

相談者:
・・ああ

大原敬子:
あなたが・・

相談者:
はい

大原敬子:
持ちますね?・・ポロって落としちゃうんです。
「あ、落ちちゃった」って。
「ダメだあ、この親指でこれ押さえなくちゃ、上手く回らないね」って。

相談者:
うーん

大原敬子:
それを、「こうするんだよ」って。子どもは、一瞬に、瞬間にその映像見ちゃうわけです。

相談者:
はい

大原敬子:
そうすっと、さっきも、先ほども申しましたように、筆圧・・指先が弱いですから・・

相談者:
はい

大原敬子:
握る事が弱いんです。

相談者:
はい

大原敬子:
そうすっともう、「嫌だ」って、やっちゃうんですよ。

相談者:
うんうん、はい

大原敬子:
すと、お母さんが、揃えてるわけでしょ?
もう一度、神は細部。
も、とにかく・・とにかく、ゆっくりと。

相談者:
はい

大原敬子:
あ、この子は・・指先が弱いんだなって。
この指先をしっかり持つ訓練をしとくと、

相談者:
はい

大原敬子:
生活・・が出来るんです。

相談者:
はい

大原敬子:
つまり学校の先生は・・

相談者:
はい

大原敬子:
文字だけでは・・

相談者:
はい

大原敬子:
別クラスとは言わないはずなんですね。

相談者:
うーん

大原敬子:
それ、生活態度が出来てないから。生活習慣が。

相談者:
そうですね。

大原敬子:
すと、周りも「何々ちゃんがね?、給食あれ、こぼしちゃった」とかって・・手が掛かるから。

相談者:
はい

大原敬子:
手が掛かるから・・

相談者:
はい

大原敬子:
ただそれだけなんです。
今日から・・

相談者:
はい

大原敬子:
今わたくし申し上げましたね?

相談者:
はい

大原敬子:
それだけやっただけでも・・

相談者:
うん

大原敬子:
お子さんは・・

相談者:
はい

大原敬子:
相当伸びて行きます。

相談者:
分かりました。じゃ、やってみます。

大原敬子:
やってみます?
それで最後にですね?伺いたいのは。

相談者:
はい、はい

大原敬子:
お母さん・・あの、お家の中・・整理してます?

相談者:
・・やっては、い、いると思うんですけど・・

大原敬子:
あの、買い物・・など行きます?お子さんと一緒に。

相談者:
あ、行きます。

大原敬子:
その時に・・

相談者:
はい

大原敬子:
物置くのに・・どの順番で置いたら・・物が壊れないのかを、話してあげるんです。で、子どもがね?

相談者:
ああー

大原敬子:
買い物ってのは、「あの品物が欲しい」ですよね?

相談者:
はい

大原敬子:
欲しい品物の時は、ジーッと見ています。

相談者:
うん

大原敬子:
「ここに上に置いちゃうと折れちゃうからね」とかって。
そうすると子どもは、考える事を覚えるんです。

相談者:
あー、はい

大原敬子:
だからすべて・・学問は・・生活の基盤が出来てない時には伸びないんですね。

相談者:
はあ・・分かりました。

大原敬子:
分かります?

相談者:
・・分かりました。

大原敬子:
今一番大変なんですけども、

相談者:
はい

大原敬子:
あの、まだこの年・・代に、

相談者:
はい

大原敬子:
1年間掛けて・・あ、この子と、この触れ合う時間はね?・・もう少ないんだわと、思って。

相談者:
はい

大原敬子:
それでこの子はいつか伸びるんだと、加藤先生おっしゃったように。

相談者:
はい

大原敬子:
伸びるならば・・わたしが、してなかったんです、これ考えてみると、違います?

相談者:
うん・・うーん

大原敬子:
ね?

相談者:
はい

大原敬子:
手が掛かるから自分がやってしまったんじゃないでしょうかね?お母さんが。

相談者:
そうですね・・そう、そうだと思います。

大原敬子:
その方が早いから。

相談者:
そうですね。

大原敬子:
でもお子さんは、折角生まれたその手、指先を、使わずに・・

相談者:
うーん

大原敬子:
行ってしまうの。

相談者:
・・はあー

大原敬子:
そして「僕は」、「何にも出来ない」ってなっちゃうんですよ。

相談者:
うんうん

大原敬子:
で、お母さんは、「いや困ったわ、この子は不器用だから」
不器用な子て、いないんですよ。

相談者:
はあ・・じゃ、芽を摘んでしまったのは、わたしかも、しれないですね(涙声)・・

大原敬子:
それを受け・・責めるんじゃなくって、

相談者:
うん

大原敬子:
「そうか」・・「初めて気付いた」って。「6歳で良かった」って。
6歳だからこの範囲を教えられるんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
中学校でもこれ出来ないんですよ?、あなた。

相談者:
あ、そうですね。ち、小さいうちだからこそ出来るって事ですね?

大原敬子:
中学で教えるのはとても難しい。

相談者:
はい

大原敬子:
「こんなの折っていられない」って言うんですもん。て言いながら折れないんですよ?

相談者:
うーん

大原敬子:
じゃどうします?

相談者:
うん

大原敬子:
良かったね、早く気づいて。

相談者:
はい

大原敬子:
まず生きるってこと、いう事?

相談者:
はい

大原敬子:
で、人間の知恵っていう事?

相談者:
はい

大原敬子:
知識、すべて、生活の中から・・土台が・・出来上がって初めて・・

相談者:
はい

大原敬子:
学問の方に行くんです。ね?

相談者:
はい

大原敬子:
だから、あのお、おちらこちらに行くのも大事でしょうけれども・・

相談者:
はい

大原敬子:
まず、これをやってみて下さい。

相談者:
分かりました。やってみます。

大原敬子:
ね?頑張って下さい。先生いかがでしょうか?

相談者:
はい

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
え、あのね?、ろ、6歳でもって、「この子はこうだ」と、決め込まないで下さい。

相談者:
はい、分かりました。

加藤諦三:
要するに、偏見なしに・・この子を見て下さい。

相談者:
はい

加藤諦三:
それともう一つ、あなたのずうっと行動を見てると、

相談者:
はい

加藤諦三:
「あなたの行動が、あなたの現実を作る」っていう事だけは頭に置いといて下さい。

相談者:
はい

加藤諦三:
どんどん、決め込んでいますから。

相談者:
はい、気をつけます。

加藤諦三:
よろしいでしょうか?

相談者:
はい、ありがとうございました。

加藤諦三:
はい、どうも失礼します。

相談者:
失礼しまあす。

加藤諦三:
人生の問題を乗り越える人は、心が新しい情報に開かれています。




「小1本人は嫌がる普通教室から支援学級への異動。悩むお母さんに19の質問」への8件のフィードバック

  1. 今日は、加藤先生の言うこと
    ドンピシャだと思った。

    相談者も、学校も、
    「みんなと同じことが、同じ時期にできることが当たり前」だと思ってる。
    1学年だって、誕生日が学年の初日と、最後なら365日違う。そして、そもそももってる能力が違うし(優劣ではなく)、伸びる時期が違う。
    相談者は、この子はあれができない、これができない、って、入学前から決めつけている。

     一番大事なことは、
    「勉強を嫌いにさせない」
    「学校を嫌いにさせない」

    ノートの使い方(ページを飛ばす)とか、文字の大きさ、とかなんとか、細かいこと言ってると、間違いなく字を書くことが嫌いになるし、勉強が嫌いになる。嫌いな勉強をしなきゃいけない学校が嫌いになる。
     どんな字でも、「元気いっぱいな字だね!」「上手に書けてるね!」って認めてあげること。他のこともしかり。

    本人が普通学級がいいなら、そうすべき。少しの発達障害や、知的障害(私は相談者の子がそうだとは思わないが)なら、普通学級でいけると思う。

    大原先生のアドバイスも良かったと思うが、、相談者が心から、子どもに対する見方を変えてくれるといいのだが…。それだけが少し心配だな。
     そういう相談者に対して、本当は、学校側が、加藤先生や大原先生的な視点でいてくれるといいのだが、学校側が支援学級をすすめるようでは、いまいちな学校なのかな。

     とにかく、相談者は、加藤先生の言葉を、心に刻みこんでほしい!!!

  2. まだ1年生だから、優しく細やかに見てあげると、本人も喜ぶと思います。お母さんにかまってもらえて。

    こどもを勉強好きにするコツがあって、ひざに抱っこして、一緒に鉛筆を持って、字を書いてあげると、うれしくて、勉強好きになります。絵本の読み聞かせも。
    少し大きくなったら、ひざに抱かなくても、後ろから、一緒に鉛筆を持って、書いてあげる。
    対面だと伝わりにくいお母さんの温もりが伝わって、こどもは、ほっこりするんです。

    お母さんは、こどもを評価する立場ではなく、一緒に問題解決する立場だということを再認識する、とてもいい回だったと思います。

    まだまだこれからです。これからの成長が楽しみですね。

  3. 学習障害も発達障害も脳の機能障害です。まして知的と診断が下っているのに、偏見の目?なんのこと?
    器用、不器用あるけど、育て方関わり方で伸びるのも勿論そうだけど。
    3歳からSTOT心理療育通ってペアレントトレーニング受けて病院でのPTリハビリ受けて就学に備えて家庭で出来ること全部やってたって、追いつけない子はいる。
    発達の凸凹が大きすぎて、苦手が本当に出来ないから。訓練してスモールステップで出来るようになったことはあっても、ノートに黒板の内容を書き写すは学習障害じゃ無理な子には無理。

    関わり方の問題、とか決めつけるな、じゃなくて。
    そういう苦手を抱えながらも、自己肯定感を失わないでどう生きていくサポートをしていくか、が問題であって。
    その子を知りもしない専門家がこうしてないでしょ、こうして、と話すだけ話して。
    質問者の質問したことに全く答えてくれてない。
    全くひどい内容ですね。

  4. 私の兄は、完全に知的障害ですが、母親の愛情と手助けで、生活面と学習面ではあるレベルには達し、一応会社で長年働けてました。
    何よりも素直で真面目なところがいい、と上司に言ってもらいました。
    一方、知的レベルは、兄よりずっと上なのに、親から愛情を与えられなかった知的障害の人は、同室の人のお金を盗み続け、会社からも信用されず、辞めさせられました。

    知的レベルでは劣っても、愛情を受けて育った人間は、真面目に根気強くがんばれます。だから、知的な面だけで、悲観的に考えないでください。
    その子自身の伸びしろを大切にしてあげてください。
    ついついできないことに目がいくでしょうが、とりあえず、お母さんもお子さんも、笑顔で過ごせますように。
    愛情をもらって育った人間は、基本的に人間を信じるし、周りの人間は自分を信じてくれる人を助けたくなるものなので、何かしら、助けてくれます。
    本当に、捨てる神あれば拾う神もある、のです。

    1. ↑共感します。
      すごく素敵なご家族ですね。

      大切なことは、本人に「僕はあれもこれもできない」という自分自身へのマイナスイメージをもたせないこと。

      そのためには相談者が、子どもに向き合う構えを変える必要があります。どうしても、「できないことをできるようにしよう」とすると、ダメ出しや指摘が多くなります。そうすると、本人は自信をなくし、親を含めた周りの人を、大袈裟にいえば敵、そこまでいかなくても、信じることができなくなっていきます。

      本人が、自分を好きでいられるように、周囲の人を信頼できるような、心を育てること。そういられたら、幸せじゃないでしょうか。

      加藤先生が言うのは
      「発達障害のある○○くん」というフィルターで見るなということ。
      「発達障害がある」というフィルターを通すと、全てのことがそう思えてくると思う。

      子どもは、それぞれ成長する時期も伸び方も違うけれど、必ず成長します。
      周りと比べず、その子それぞれの成長を、日々見つけることを意識して、(意識しないと気がつかないものですよね。)過ごしてほしいものです。

      私も、他の方のコメント、すごく心に響きました。相談者さんが、このサイトを見ることはないかもしれませんが、同じ境遇の方に参考になったらいいですよね。

      長々と失礼しました。
      相談者さんと、そのお子さんに幸あれ!

  5. 最近は、ラジオの回答者より、ここのコメント送信者の方の方が優しく、的確に、述べられております。
    本日も上段の方々の発言がとても心に残ります。

  6. うちの息子は小4で普通学級と支援学級を行ったりきたり。就学児前の検査で理解力が他の子より低下していて、教育委員会にどうしますかと聞かれ、支援学級をえらびました。学校には出来るだけ友達と関わりを持たせてほしい事を伝え、苦手な科目以外は普通学級で過ごしています。
    あとは、本人にとって1番いい環境を一緒に考えて、見つけることが大切かもしれません。

コメントはお気軽にどうぞ