ジモティの恋愛模様。シンパパとの結婚を遠ざけるシンママの振る舞い


テレフォン人生相談 2019年7月2日 火曜日

子持ちどうし付き合って3年になる。
彼が正式に離婚し、互いの子ども入れて4人で会うという話も出てきているものの、経済的な悩みを相談しても何も返ってこない。
結婚したいが、彼の気持ちを知りたい。

ジモティとは地元ィ。
大人になってからも、小学校・中学校時代の人間関係を維持して地元で暮らす人たち。
マイルドヤンキーはほぼジモティだが、ジモティがマイルドヤンキーとは限らない。

パーソナリティ: 今井通子
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女33歳バツイチ 娘7歳 二人暮らし バツイチで小1の息子と暮らす交際中の男33歳

今井通子:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、こんにちはあ

今井通子:
あ、こんにちは・・今日はどういったご相談ですか?

相談者:
はい、あの、今、お付き合いしている、彼がいるんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
あの、わたしは、再婚を、求めて、おりまして、

今井通子:
はい

相談者:
ただ、ちょっと彼の気持ちが、分からなく、てえ、

今井通子:
はい

相談者:
それでも、期待して?、付き合い、続けて、いいのか?、ちょっと分からなくて、お電話させていただきました。

今井通子:
分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
まずあなたはおいくつですか?

相談者:
はい、33歳です。

今井通子:
33歳

相談者:
はい

今井通子:
彼氏は何歳?

相談者:
33歳です。

今井通子:
33歳

相談者:
はい

今井通子:
あなた・・「再婚」とかおっしゃいませんでした?

相談者:
はい

今井通子:
あなた自身は一回結婚したことがあるわけね?

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
何歳で結婚されたの?

相談者:
20う、5歳・・ですかね?

今井通子:
25歳で結婚してえ・・

相談者:
はい

今井通子:
はい、何歳で別れた?

相談者:
28歳、9歳ぐらいですね(含み笑い)。

今井通子:
で、わ、別れた?

相談者:
はい

今井通子:
離婚理由はなんですか?

相談者:
性格の不一致とお・・

今井通子:
はい

相談者:
あと、性の不一致・・が一番です。

今井通子:
性格、性、両方不一致?

相談者:
そうですね。

今井通子:
これだって・・ま、3年・・ぐらいは、セッ、あの・・ご一緒に生活してらしたんでしょ?

相談者:
はい

今井通子:
えー、性格の不一致はちょっと、分かんなかったかもしれないけど、性の不一致はすぐ分かったんじゃない?

相談者:
最初は、そういうことなかったんですけども、

今井通子:
うん

相談者:
わたしい、が出産してえ・・

今井通子:
はい

相談者:
それからあ、「もう、したくない」と。

今井通子:
はい

相談者:
ん、わたしはこう、求めても・・求め、てくれないというか・・

今井通子:
はい
これ、あの・・出産されたのは?

相談者:
はい

今井通子:
何歳?

相談者:
20う・・6歳です。

今井通子:
26歳で・・

相談者:
はい

今井通子:
えー、出産されて。

相談者:
はい

今井通子:
男の子さん女の子さん?

相談者:
女の子です。

今井通子:
女の子さん。

相談者:
はい

今井通子:
今、あなたご一緒に住んでらっしゃんの?・・お子さんと。

相談者:
あ、はい、二人で住んでます。はい・・はい

今井通子:
離婚はどちらが言い出したの?

相談者:
わたしからです。

今井通子:
あなたからね?

相談者:
はい

今井通子:
分かりました。それで・・

相談者:
はい

今井通子:
今は、この、離婚騒動から・・

相談者:
はい

今井通子:
ちょっと経ってからあ・・

相談者:
はい

今井通子:
今の彼を、と・・いわ、いわゆる彼氏が出来たっていうことになった?

相談者:
ああ・・えーとですね・・

今井通子:
うん

相談者:
ま、被ってはないんですけれども、

今井通子:
うん

相談者:
元々・・中学校の同級生っていうのもあって、交流・・

今井通子:
ああ、中学の同・・

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
交流というか、こう・・ていうかLINEとか・・

今井通子:
はい

相談者:
そういうやり取り、とかはしていまして、

今井通子:
はい

相談者:
ここ相談とか・・

今井通子:
はい

相談者:
しているうちに、ま、そういう関係になったというか、好きになったというか・・

今井通子:
その相談っていうのは、あれ?

相談者:
はい

今井通子:
えー、まだ、離婚しない前から?

相談者:
あっ、そうですね。

今井通子:
要するに・・

相談者:
元々友だちい・・

今井通子:
「性格、性共に、不一致なんだけどどうしたらいい?」みたいな相談を・・

相談者:
あ、そ、そ・・(苦笑)そういうのはないんですけれどもお。

今井通子:
うん

相談者:
わたしい、の、子どもの・・相談だったりとかあ、

今井通子:
うん

相談者:
彼も今子どもがいるので・・そういう・・

今井通子:
あ、ちょっと待って・・

相談者:
はい

今井通子:
この、彼氏さんもお・・

相談者:
はい

今井通子:
一回結婚したことがあるってこと?

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
はい、彼氏さんはいつ頃結婚して、いつ頃、別れた人だか分かる?

相談者:
結、婚したのはたぶん、彼が2じゅう6、7ぐらいだと・・思うんですけれども。

今井通子:
はい

相談者:
子どもも彼居まして・・

今井通子:
で、お子さんは、いくつぐらいの、男の子女の子?

相談者:
あ、男の子で・・

今井通子:
はい

相談者:
小学校1年生の、男の子です。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい(笑)

今井通子:
はい。で、お子さんを・・彼が引き取ったの?

相談者:
あ、はい
今は、離婚して・・

今井通子:
うん

相談者:
彼が親権を持って、自分で看、ています。

今井通子:
あ、ああ・・分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
そこお、までは、ま、今までの履歴なんですが、

相談者:
はい

今井通子:
そのお二人があ・・

相談者:
はい

今井通子:
えー、付き合ってると。

相談者:
はい

今井通子:
付き合い始めたのは・・メールやなんか、あの、してるんじゃなくって、

相談者:
はい

今井通子:
その中学校の同級生は置いといて、

相談者:
はい

今井通子:
実際になんとなく・・二人で付き合ってるみたいな状態になったのは・・どれぐらい前?

相談者:
今からですと、たぶん3年前くらいですね。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
・・前からね?

相談者:
はい

今井通子:
自分としてはだから、彼と結婚したいわけでしょ?

相談者:
そうですね。

今井通子:
だけど、相手が・・相手の気持ちが分からないっていうこと、ですか?

相談者:
はい、はい

今井通子:
うん・・で、それは何?、どういう、ところで分からないの?

相談者:
やっと彼が、離婚成立してえ・・

今井通子:
うん

相談者:
4人でやっと、こう・・「遊ぼっか?」っていう話になってえ、

今井通子:
はい

相談者:
ま、前向きなってくれたんだなっていうのは、思うんですけれどもお・・

今井通子:
はい

相談者:
やっぱわたしい、自身があ・・生、活がやっぱすごく厳しくってえ、

今井通子:
はい

相談者:
で、こう、精神的にこう、お金の・・問題になると結構、落ち込んじゃうというか・・

今井通子:
お金の問題で落ち込むのは、ちょっと具体例としてどんな時?

相談者:
やっぱりこう・・父からの援助が・・止まってしまったりとかあ・・

今井通子:
はい

相談者:
そういう、じっ、あ、シングルマザー手当のような、そういう児童扶養手当があ、減額されたりとかあ、

今井通子:
はい

相談者:
税金が・・なんか非課税え、枠、超えちゃったとか、なんかこう色々あるんですけども・・

今井通子:
はい

相談者:
あとこう、自分で通帳、見た時に・・もう、カツカツ過ぎて・・どうしたらいいんだろう?とか、そういうのが結構、定期的にあって・・

今井通子:
ええ

相談者:
で、そういうのも、全部彼には相談はしているんですけれども・・

今井通子:
はい

相談者:
でも彼はなんもお、そこに対してはなんも言えなくって・・
かといって、こう、相談・・のように、こう、話しても、そこに受け答えはなくってえ・・

今井通子:
ええ
いや、受け答えがないっていうことは、「大変だねえ」っていう・・声がけもないわけね?

相談者:
はい

今井通子:
そうすると今日のご質問はもう一回なんですか?

相談者:
彼と再婚したいんですけれどもお・・

今井通子:
はい

相談者:
どうしたら再婚出来るのかなと(苦笑)。

今井通子:
「どうしたら」っていうのは・・

相談者:
どうしたら(苦笑)・・

今井通子:
あなたの方から、どうアプローチしたらいいか?っていうこと?

相談者:
そうですねえ・・

今井通子:
分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね・・

相談者:
はい

今井通子:
心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。

相談者:
はい・・

今井通子:
先生よろしくお願い致します。

相談者:
はい

(回答者に交代)


「ジモティの恋愛模様。シンパパとの結婚を遠ざけるシンママの振る舞い」への7件のフィードバック

  1. シンパパ、シンママで付き合ってて
    「経済的に厳しい」って相談(?)を女の方からされたら、そりゃ、男のほうは「俺に援助しろってこと?」って思うのは当然。
    相談者も、「お金の相談」って、相手からのどんな回答を求めてるのか、なんて言ってくれたら満足するのか意味不明。
    節約方法を教えてくれたら満足なのか、お金を援助してほしいってことなのか。
     相手から経済的に頼りたい感、経済的に楽になりたいから早く再婚したい感が見え見えなんだと思う。相手が再婚に冷静になってもおかしくない。
     回答者の言う通り、相手に求めず、期待せず、子持ち同士の男女が新しい家庭を築いていけるのか、じっくり付き合ったほうがいい。
     子ども同士、年も近いし、性別違うし、子ども同士の相性だって分からない。ステップファミリー、一緒になったはいいけど、困難も多いかも。よほどの覚悟がないとね。
     相談者も、誰かに頼る前に、自分でなんとかやっていく、そういう気持ちで生活しないといけないと思う。誰かに甘えたい、頼りたい、助けてほしい、そんな気持ちを本質にもってる相談者だと感じた。

  2. まず働こうよ!
    結婚はそれからでもいいじゃない?お子さんはお父さんが見てくれるよ。可愛い孫だもの。新しい彼氏だってお金の相談事しか話題がない貴女に引いているところだと思う。

  3. 再婚を望んでるのは、経済的に困窮してるからなのね。
    入籍にこだわらず、付き合っていけばいいのでは?
    しっかり自立して生活して、それが出来るなら、結婚しても上手くいくと思います。

  4. 相談なさって、ご自身の”経済的に頼りたいが為の結婚”に気づけたようではありますが。
    その点に気をつけて 自立して前向きに頑張るとは言ってありますが。
    実際籍を入れてしまえば 伴侶となる方にどこか甘えもあり、やっぱり頼って生活するような形になると思われるので、長続きするかなという感じがしました。

    結婚生活に於いて お金の問題ってとても大きいし、喧嘩の原因になりやすい。
    生活の基盤をご自身でしっかり築けるようになってからの結婚でも 遅くないのではと思います。

    あとは上にも書いておられますが…
    お互いのお子さんのこと。
    男女で年も近い(同級生?)というところで、大人同士はいいとしても 子どもたちの気持ちはどうだろうと考えてしまいました。
    上手くいくといいのですが。
    お子さんたちの気持ちも大事にして頂きたいなと、個人的にはそこが1番気になりました。

  5. 気づいたとしてもこの相談者は変われないと思う。
    この電話で一念発起したとしても先ずシンママが十分に稼げるほど甘くない高額所得の資格も無さげだし
    そうなると根っからの依存体質がムクムクと
    顔を出して結婚を求めるはず

  6. 今井絵理子と橋本健の不倫騒動の時に「『密室にいたけど男女の関係は無かった』ってそんなん信じられるか」とネットで盛大にツッコミが起きた。相談者にも思ってしまう。「離婚前は相談に乗ってもらっていただけ」とはある一方、「ようやく彼も離婚が成立した」という言い分も引っかかる。
    相談者の離婚経緯や経済事情にも引っかかる点がいくつかある。「性格の不一致」での離婚なら財産分与もあって、おそらくは離婚後の生活に不自由しないように準備していたはずだが。養育費の取り決めはどうなのだろう。「父親からの援助も先細り」「収入が非課税枠を超えてきた」とは、老親も自らの健康維持の為に孫の教育費にまで手を回せない、相談者も仕事しているけど、非課税扱いを超えてしまって逆に税金が負担になってきた、ということ?しかし、母子手当とかありそうだけど。彼との結婚云々の前に相談者が行政からの援助事情とか税金事情とかが気になる。てか、再婚よりも行政支援を受ける方がハードル低いような気もする。
    穿った見方をすれば、再婚希望との彼とは結局離婚前からの「付き合い」があり、前のご主人にバレで財産分与も無くて離婚し、地元でも実家でも針の筵・・・ではなかろうか。なんにせよ子供が気の毒。

  7. 30過ぎた子持ちにしては随分子供っぽい印象だけど両先生のアドバイスに対して素直な受け答えしていて悪い子ではなさそう。
    アドバイス通りしっかり自立に向けて頑張れば再婚に限らずいい方向に行くと思う。
    天は自ら助くる者を助く。

    管理人さん
    いつも書き起こしありがとうございます。
    楽しませて頂いてます。

コメントはお気軽にどうぞ