児相に言われて引きとった中3孫娘が祭りでナンパされた高校中退先輩宅に入り浸る


(回答者に交代)

大原敬子:
こんにちは

相談者:
あ、こんにちはいつも・・すいません、お世話になります。

大原敬子:
いえ、まず、ご両親・・あなたですね、

相談者:
はい

大原敬子:
奥さんと・・

相談者:
はい

大原敬子:
あなたの関係の中で・・このお嬢さんがつくられたわけですね?

相談者:
はいはい

大原敬子:
で・・外から見ると、あなたが亭主関白。

相談者:
はい

大原敬子:
でも内から見るとあなたは妻に恐れてる関係の時に・・こういうタイプが多いんですね。

相談者:
はあ、はあ、なるほどね。

大原敬子:
そしてその時どうなるかというと・・

相談者:
ええ

大原敬子:
とにかく家を出たがるんです。

相談者:
あー、はあ・・はあ

大原敬子:
非常に、この家に居るのが嫌だっていうことで。

相談者:
うーん

大原敬子:
で、わたしが今まで恐れていたのは・・

相談者:
はい

大原敬子:
お父さんお母さんでないって気付いた時に、

相談者:
はい

大原敬子:
こういうタイプの女性は・・自分のしたいことをします。そしてね・・

相談者:
あーあー

大原敬子:
すべてこうなったのは・・

相談者:
ええ、はい

大原敬子:
みんーな、あなた達のためだっていう風に・・もう、しっかりと自分の中で・・

相談者:
はい

大原敬子:
決めちゃうんですね。

相談者:
あーあーあー

大原敬子:
そしてお父さんは、その娘さんの・・甘えのその、例えば結婚する、別れるも・・

相談者:
ええ

大原敬子:
幼児期に、あれだけうるさいと思ってたお父さんが、

相談者:
はい

大原敬子:
何も言えなくなってしまって、

相談者:
ん、ええ

大原敬子:
そして、オタオタしてる姿を見れば見るほど・・お嬢さんがもっと、その・・本性を出して、とことん、とことんやってしまいます、これは。
ただ・・

相談者:
ええ、そういうとこがある・・やっぱり今もあるんです、けど、あのお・・

大原敬子:
世間を考えてませんから。

相談者:
ええ、そうなんですよ。

大原敬子:
子どもも好きじゃないですから。

相談者:
うん、うん、うん

大原敬子:
こうなったのは・・すべてが・・わたしじゃなかったと。

相談者:
うーん

大原敬子:
わたしはこんなに頑張ったんだ・・っていうことになると・・

相談者:
うん・・うん

大原敬子:
そのお嬢さんの幼児期は・・

相談者:
うん

大原敬子:
我慢してたってことです。

相談者:
うーん・・なるほど。

大原敬子:
それが一点なんですね。
「母親自ら」・・

相談者:
ええ

大原敬子:
あの、「相談所に行った」って言いましたね?

相談者:
え、ええ、ええ

大原敬子:
本人は相談所も、子どもがどうなっても、全然構わないんです。

相談者:
うん、うん、うん

大原敬子:
「わたしはこんなに辛いのよ」っていうことを、「分かる?お父さんお母さん」って。

相談者:
ああ

大原敬子:
自分が産んでるんですよ?

相談者:
ええ、ええ

大原敬子:
自分がしたいことしてるんですよ、2回も結婚して。

相談者:
え、え、ええー

大原敬子:
全部過去ないんです。

相談者:
ええ

大原敬子:
なくって、「今こんなに苦労してるの」って。

相談者:
あーん

大原敬子:
するとお父さん慌てますよね?

相談者:
ええ、そうですね。

大原敬子:
で「じゃ、わしが看ようか」って。

相談者:
ええ

大原敬子:
あなたが看るのは当然なんだってことです。

相談者:
うーん、うん

大原敬子:
で、お孫さんはお母さんを見ていて。

相談者:
うーん

大原敬子:
お母さんは感情が物凄く激しいっていうことですね。

相談者:
あー、そうですね。はい

大原敬子:
ね?
で、すべてが夫が悪くなっちゃうんです。

相談者:
うーん

大原敬子:
自分が・・

相談者:
うん

大原敬子:
逃げる手段・・あの、手段ですね。あなた達両親から・・

相談者:
うーん、うーん

大原敬子:
あなた達家族から。
逃げる手段の男性ですから・・

相談者:
うーん

大原敬子:
彼女の言いなりになるのは当然なんですよ。

相談者:
そうで、ああ、はあい

大原敬子:
「あ、この人のおかげでわたしは家を出て良かったわ」とは思わないんです。

相談者:
うん、うん、うん

大原敬子:
「あなたのために」・・

相談者:
うん

大原敬子:
「わたしはこんなに苦労してるの」に変えちゃうんです。

相談者:
あーなるほど。うーん

大原敬子:
で、その全部の共通点は、

相談者:
はい

大原敬子:
過去がない。

相談者:
あーあ

大原敬子:
そこまでいかがでしょうか?

相談者:
ええ、ええ
ま・・あの、おっしゃる通り、やと思いますう。

大原敬子:
そうなりますとね?

相談者:
ええ、ええ、ええ

大原敬子:
お孫さんんも、みんな、わたしを捨てて行くってことなんです。

相談者:
うーん

大原敬子:
で、捨てて行くならば・・わたしは自分の・・母親までも捨てますと。

相談者:
うーん

大原敬子:
今、わたしを・・見てくれる人・・

相談者:
うん、うん

大原敬子:
構ってくれる人。

相談者:
うん・・そうで・・ああ

大原敬子:
これがわたしにとって一番大事な人なんですよ。

相談者:
それでその、人の、男の方に行くわけですね?

大原敬子:
そう、そこに・・

相談者:
ええ、うん

大原敬子:
お爺ちゃん行きますね?

相談者:
うーん

大原敬子:
「なぜ、わたしの幸せを」ね?

相談者:
うーん

大原敬子:
「だったら」ね?、「お父さんお母さん別れた時に、もっとわたしを大事にしてくれたらば、いいんじゃないか」と思ってしまうんです。

相談者:
うん、うん、ふーん、うん

大原敬子:
そしたらお孫さんは・・

相談者:
ええ

大原敬子:
・・お嬢さんとは違って・・母の愛を求めてますよね?

相談者:
うーん

大原敬子:
あなたのお嬢さんは・・

相談者:
ええ

大原敬子:
好き放題まだまだ・・まだまだやる。

相談者:
まだまだ、やります?

大原敬子:
やります。

相談者:
うーん

大原敬子:
だって・・もう、自分の怒りが収まらないんですもん。

相談者:
うーん、そうです・・

大原敬子:
でね?・・あなたはまだお若いですよね?

相談者:
うーん

大原敬子:
一本にしぼりますよ。

相談者:
うーん

大原敬子:
お嬢さんを捨てる。

相談者:
・・ああー

大原敬子:
だって2度も結婚して・・こんなに好き放題やってるじゃないですか。

相談者:
うーん

大原敬子:
ただ・・あなたにとっての財産は、

相談者:
うん

大原敬子:
お孫さんがいらっしゃるってことです。

相談者:
うん

大原敬子:
生きがいとしてあるでしょ?

相談者:
ええ、そりゃそうですね。うん

大原敬子:
これからあなたがお年召した時にも・・このお孫さん達がすごく支えになると思うんですよ。

相談者:
うーん

大原敬子:
ね?

相談者:
うん、ただ・・

大原敬子:
すと、あなたはどうするか?というと、今後の心の財産?・・

相談者:
うーん

大原敬子:
を・・育てて行こうっていう風に思った方がいいんだと、わたしは思ってるんですね。

相談者:
あーあー

大原敬子:
そうすっとね?・・お孫さん、女の子ですね?

相談者:
うん

大原敬子:
中3の子。

相談者:
うん

大原敬子:
お母さんの血を受けてますから、

相談者:
ええ

大原敬子:
感情的に、家を出るんです。

相談者:
あー・・

大原敬子:
でも・・

相談者:
ま、そ、それあります。はい

大原敬子:
ね?
でもこのお嬢さん、あ、お孫さん、中3の子は・・

相談者:
ええ

大原敬子:
お母さんの愛を知ってるんですよね、実は。

相談者:
ええ、ええ

大原敬子:
だから、お母さんが、1年前にお父さんと別れたあと・・

相談者:
ええ

大原敬子:
みんな大人は好きなことをやっている・・

相談者:
うーん

大原敬子:
「わたしを捨てた」っていうのは子ども相談所。

相談者:
ええ、ええ、ええ

大原敬子:
あれ、お嬢さん知ってますからね。

相談者:
ええ

大原敬子:
お孫&#・・

相談者:
ああ、知ってます、知ってます。

大原敬子:
その怒りで、今、彼女はなってるんです。
じゃ、どうするか?っていうと・・

相談者:
ええ、ええ

大原敬子:
どっかで、お爺ちゃんお婆ちゃんが、

相談者:
はい

大原敬子:
抱えて欲しいんですね。

相談者:
うーん

大原敬子:
黙って。

相談者:
ええ

大原敬子:
たぶん帰って来ます。

相談者:
うんうんうん

大原敬子:
帰って来た時に、わたしいつも言うんですけど、人間の心っていうのはね?

相談者:
ええ

大原敬子:
食べ物しかないんです。

相談者:
ああ

大原敬子:
何にも言わないで・・

相談者:
うん

大原敬子:
「元気だった?」って、「良かった、お爺ちゃん心配したよ」っていう、言葉で・・

相談者:
ああ、なるほどね。

大原敬子:
「たくさん食べて」・・

相談者:
うん

大原敬子:
「早く寝なさい」って。

相談者:
うん

大原敬子:
学校は一切言わない。で、一番好きな物・・

相談者:
はい

大原敬子:
もし、分かっていたら出してあげる。

相談者:
はい

大原敬子:
例えばラーメンでも・・

相談者:
はい

大原敬子:
インスタントでもいいんです。

相談者:
ええ

大原敬子:
そこに・・

相談者:
ええ

大原敬子:
具がたくさん入ってるホッとするんです。

相談者:
あーなるほど。はい

大原敬子:
それから、白いご飯と・・

相談者:
うん

大原敬子:
お漬物でも・・お味噌汁に具が入ってたら子どもは喜ぶんです。

相談者:
あーなるほどね。

大原敬子:
そこに・・なんとなく・・
「ああ、自分を待っていてくれたな」っての感じるんですね。

相談者:
あーなるほどね。はい

大原敬子:
愛ってのは感じさせることなんですよね。

相談者:
うん、うん

大原敬子:
あとはお風呂。

相談者:
はい

大原敬子:
その代わり、「お風呂入れ云々」ではないですよ。

相談者:
うん

大原敬子:
お嬢さん好きなように・・

相談者:
あーなるほど。

大原敬子:
「もホント良かった、元気で」って。

相談者:
うんうーん

大原敬子:
「もうこれだけでお爺ちゃんなんにも要らないから」・・

相談者:
うんうん

大原敬子:
「今日食べて」・・

相談者:
うん

大原敬子:
「お風呂に入って」・・

相談者:
うん

大原敬子:
「休みなさい」です。

相談者:
・・はい

大原敬子:
そして翌日・・「学校に行け」とは言って欲しくないんですね。

相談者:
うん

大原敬子:
まずはお孫さん、中3の子が・・

相談者:
うん

大原敬子:
あ、わたしには帰る、家があったんだっていうことの・・

相談者:
あー

大原敬子:
安らぎの場所を、あなたが作るべきなんです。

相談者:
あー、与える&#△%ね。

大原敬子:
お母さんが・・わたしを捨てたってことで、自棄(やけ)になったんです。

相談者:
うん

大原敬子:
今、この、中3のお嬢さんは、

相談者:
ええ

大原敬子:
もう心が・・カスカスなんですね。

相談者:
あー、も、そうや、と思います。

大原敬子:
そして・・本人も・・男の子とバイク、を、乗りながら、

相談者:
ええ

大原敬子:
「どうにでもなれ」っていうね?、気持ちと、

相談者:
あー、あ、はい、はい

大原敬子:
「誰か助けて欲しい」って気持ちと。

相談者:
うん

大原敬子:
でも、「誰もわたしの気持ちを分かってくれない」って気持ちが・・

相談者:
あー

大原敬子:
交差してるんです。

相談者:
あーあ、も、そうだと思います。確かに。

大原敬子:
ぜひですね・・

相談者:
はい

大原敬子:
いつも、いつ、帰って来るかな?って頭に入れといて、

相談者:
はい

大原敬子:
今は・・

相談者:
はい

大原敬子:
待つことと・・

相談者:
待つことと、はい

大原敬子:
それから・・黙って受け入れること。

相談者:
はい

大原敬子:
すぐに「学校に行け」とか・・

相談者:
うん

大原敬子:
言わないこと・・

相談者:
はい

大原敬子:
だと思いますけども・・

相談者:
はい

大原敬子:
先生いかがでしょうか?、お願いします。

相談者:
はい、はい、すいません、ありがとうございます。

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
ええ、えっと、ほんっとに素晴らしい・・

相談者:
ええ、ええ、え

加藤諦三:
あ、お話だったと思います。

相談者:
ええ、ええ

加藤諦三:
帰って来た時は食べ物よ、と。

相談者:
はい

加藤諦三:
「風呂に入って」、で「元気で良かったよ」

相談者:
ええ

加藤諦三:
これが生きるんです。

相談者:
あ、そうですか、はい

加藤諦三:
この中3のお嬢さんは。

相談者:
はい

加藤諦三:
しっかりと・・

相談者:
はい

加藤諦三:
待って、下さい。

相談者:
はい、分かりました。

加藤諦三:
はい、どうも失礼します。

相談者:
はい・・あ、どうもすいません。ありがとうございました。




「児相に言われて引きとった中3孫娘が祭りでナンパされた高校中退先輩宅に入り浸る」への10件のフィードバック

  1. それにしても孫娘さん、ハジケてますね。学校に彼氏がバイクで迎えに来て、早退とは。(笑)
    心配はつきないでしょうが、とりあえずは見守ることしかできないでしょう。
    彼氏が性悪でないことを祈るしかありません。

    私が子どもの頃、インスタントラーメンにゴテゴテと具が入ってると嫌だった。たいていは煮込み過ぎてて、麺が柔らかくなってたし。
    「味が変わっちゃうやん」とか文句言ってました。(笑)
    味噌汁の具も・・・具沢山の味噌汁は好きじゃなかったな、子どもの頃は。

    相談者の娘さん、大原さんが仰るほど、救いがたいとは思えないんですが。結婚に2回失敗しただけでしょ?何か悲惨なエピソードが編集でカットされてなけりゃ。
    同居はできないのかなぁ。

    1. 私も具沢山ラーメンは嫌かも
      普通の味噌ラーメンにネギか卵で十分
      具沢山ならチャンポンでお願いします
      具沢山味噌汁も豚汁なら良いけど・・・。
      大原先生も最近、滑舌悪いし決めつけるし
      年齢を重ねた証拠だね

  2. 具だくさんの味噌汁は最高だよ。
    これとおにぎりで栄養十分だからね。
    うちはお肉と緑黄色野菜、根菜、きのこたっぷり味噌汁!
    いい出汁でるし。

  3. 具だくさんラーメンの野菜は
    別で炒めたものを最後に乗せてね
    おじいちゃん!

  4. 子孫繁栄という意味では・・・。
    爺さんの望む未来につながるのかは疑問。

  5. どの道を選んでも人は不幸になり
    どの道を選んでも人は幸福になる
    しかしそれすら自分で決められない人はいる
    だから電話してきたんだろう

  6. 38才娘を捨てて、孫を取れってどうよ~?
    と思ってここを覗いたら、
    みそ汁、ラーメンの具の話になってて(笑)

    わたしはねぎ&ゆで卵で充分かな。

コメントはお気軽にどうぞ