結婚34年。毎日思う「死んでくれ」それでも法律は離婚させてくれない


テレフォン人生 2019年8月5日 月曜日

夫に離婚を持ち出したら、年金や退職金の分割を拒否されたと言うのだが、話を聞くうちに離婚そのものが簡単でないことが分かってくる。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女59歳 夫59歳 長男29歳は家庭持ち 次男23歳は同居

今日の一言: 覚悟がある。修羅場は避けないということです。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい・・よろ・・

加藤諦三:
最初に、年齢教えてください。

相談者:
59歳です。

加藤諦三:
59歳、結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
え、ご主人何歳ですか?

相談者:
59歳

加藤諦三:
59歳、お子さんは?

相談者:
長男、29歳。

加藤諦三:
はい

相談者:
結婚して独立してます。

加藤諦三:
はい

相談者:
次男・・23歳。

加藤諦三:
はい

相談者:
同居してます。

加藤諦三:
はい分かりました、それでどんな相談ですか?

相談者:
えーっと、夫と・・離婚したいと思っているんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
2週間ほど前に、

加藤諦三:
はい

相談者:
言い合いになりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
えーと、わたしは・・「1人になりたい」・・と・・言いまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
夫はまだ現職、なん・・ですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
退職金・・あと・・年金分割・・

加藤諦三:
はい

相談者:
・・の、話しを・・持ち出しましたら、

加藤諦三:
はい

相談者:
えーと「お前には一銭もやらない」と。

加藤諦三:
はい

相談者:
「裁判でもなんでも起こせ」と・・

加藤諦三:
はい

相談者:
言われました。

加藤諦三:
はい

相談者:
夫はその離婚に関しては否定してはおりませんでしたけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
その金銭的な部分では、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、拒否する・・という・・こと・・はい

加藤諦三:
離婚して、要するに退職金とか、年金分割とかそういったことは・・は、拒否する?

相談者:
はい

加藤諦三:
・・離婚は、いいけれども、ということですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
ということは離婚の条件の話ね?

相談者:
・・そうですね。

加藤諦三:
で、あなたは「1人になりたい」という・・こと、さっきおっしゃってましたけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
あ・・この気持ちは、揺らがないんですね?

相談者:
・・あ、ずっと、ずっと考えて来たことですので。

加藤諦三:
あ、ああー、昨日今日考えたことではなくて、

相談者:
はい

加藤諦三:
かなり前から・・離婚したいなとは思っていて、それが2週間前にハッキリした形で出たということですか?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
そうすっと、今日の相談というのは・・

相談者:
はい

加藤諦三:
要するに、離婚は、もうしたいという気持ちい、に変わりはないと。

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人もそれは了解してるけれども退職金、年金分割・・のことで・・

相談者:
はい

加藤諦三:
「お前には一銭も渡さん」と言ってると。

相談者:
はい

加藤諦三:
「裁判でもなんでもやれ」っていうけれども、

相談者:
うーん

加藤諦三:
そんなこと・・通るんでしょうか?という・・非常に・・相談が、具体的で、分かりやすいですよね?
今日はあの、スタジオに、弁護士の大迫恵美子先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

(回答者に交代)


「結婚34年。毎日思う「死んでくれ」それでも法律は離婚させてくれない」への24件のフィードバック

  1. 凄く気持ちが苦しいし心底ご主人が嫌いなのは伝わる
    だけど実際の行動を何十年も起こしてないのはどうかな
    子供たちに心配かけたくないって言うけど
    かけないよう離婚の準備をしなきゃ
    心が弱ってる相談者さんにはキツイ言い方だけど
    それくらい離婚後の生活は大変だよ
    きっと、受動的な性格なのね
    言えばパートの時間増やして貰えるなんて
    チンタラ言ってるレベルじゃ本当に難しい
    現実はしんどい
    大迫先生の言う事を自覚して自分の生活を大切にしてほしい
    まだ60前死んでほしい位嫌いな人と暮らすなんてもったいない
    やり直せるよ

  2. 聴いていて辛くなりました。大きな暴力は無くても、小さな精神的なDVが続いていたのではないかと思いました。
    離婚せずに、表面は今まで通り何も無かったように暮らして、夫が高齢になって弱気になるまで、相談者さんにがんばってもらいたいと思います。
    自立出来なければ、大切な息子に負担がかかってしまうのです。
    どこにいても、心は自由なのです。

  3. 相談者は、甘くて、ズルくて、リスクを負わず、ラクして生きたい人だと思いました。
    印象的だったのは、相談者は、ハッキリしない考えや、話し方や控え目な感じなのに、旦那の事を小心者とバカにした感じで、ハッキリ言ったのには、何か裏表のある性格に感じました。
    被害者っぽく語ってるけど、旦那の事をずっと小バカにしてて、旦那も嫌気がさして、不仲なのかもしれません。
    家を出る気は、ありますか?と聞かれ、子供がどうのこうの…とか言い訳して、出る気もなくて、離婚はしたいって、矛盾してる。
    子供は、とっくに成人してるのに。
    自分は、家を出たり、働いたり、行動しないで、よく離婚したいと言うよ。
    離婚したら、ラクではありません。自立した人は、精神的には、ラクになりますが…
    相談者のように旦那の経済的恩恵を受けているのに、感謝の気持ちもなく、愚痴を言って34年も行動しない人には、無理でしょう。
    殺したいほど憎い人と一生一緒に暮らしていくのも人生…人それぞれです。
    感謝の気持ちがないから、自分も不幸ですね。そういうタイプは、離婚しても、しなくても、どっちにしても愚痴ばかりだと思います。
    ただ、そんな暗い母親を子供の頃から、見てる息子さんが気の毒です。
    もう十分、迷惑かけてますよ。

  4. 昭和40年半ば生まれまでかなぁ。
    結婚してすぐ仕事やめて、専業主婦するのが当たり前に出来てた世代。
    従属的に生きてるから自分にとって不都合があっても我慢するしかない。
    仕事して収入があれば、住む場所も、一緒に生活する人も、自分の意思で決められるのに。
    女性の権利として、仕事は続けるべきですね。

  5. もしかして周りの方が定年退職離婚なさったのかな?
    退職したら本気で離婚するんだ!って思ってたら何年も前から水面下で準備進めてると思うんだよね。
    後は相談者がお金の話しばっかりの場合不倫?とか思う。
    (旦那さんのこと小バカにしてるし)

  6. せっかく旦那さんが お金はやらない(=離婚しない)と言ってるんだから、この際 自分の健康にだけ気をつけて 相手が先に死ぬのをひたすら待って、 自分が生き残るまで頑張ってみたらどうでしょう?

    この相談者さんは離婚したからといって納得する生き方ができるとは思えない。パワーも覚悟もないから。

    まだ59歳だといっても、今の相談者の考え方では もう人生を取り返せないように感じました。離婚には遅すぎる!

    「自分を解放する」なんて言葉も、どっかから拾ってきたようで説得力もないし。「家事から解放されたい」んなら ものすごく解るけど。(笑)  
    どっちも離婚理由にはならんけどね。

  7. この弁護士は途方に暮れている相談者を叩き潰しています。
    せめて、これからでも出来る事を示ししてくれればよいのに。
    相談者が配偶者を殺める未来をかんじます。

  8. この読む人生相談コーナーが好きになったファンの一人です。今日は私事なのですが、コメント致します。実は昨日、場が読めない無神経な20代後半の男性二人にカチンと来てしまい、帰り道思い出して試しました。『ニッコリ ニッコリ ○○子』そして 『見ざる言わざる聞かざる&思わざる(by三輪明宏)』って声だして家路に着きました。いつもならぐちゃぐちゃ腹立ててしまいやすかった私の脳は、この魔法の言葉が効いたと見えてスッカリ忘れさせてくれました。
    毎日録音して聞いている人生相談ファンの私もはっきり言ってウルベさんは、この伝統あるテレフォン人生相談のアドバイザーには不適任者だと思います。せいぜい子供や二十代前半の若者には適されており、第一人者でいらっしゃる方だと、私は思いますが、この番組に相談して来られる様々な方々には、申し訳ないけれど、物足りない面が多々ありまして、1日も早く降板された方が良いといつも感じています。私は二十代の若者ではありませんが、でもこれだけは、これからも試していきたいと思ってここにコメント致しました。ところで、この言葉をアドバイスされた不倫中のうつの方、あれからどうされていらっしゃるかな?不倫だけはもう辞めて欲しく思っています❗

  9. 相談者を叩き潰してるというコメントがあり、驚きました。
    私は、今回の回答者のお二人は、適切なことを言い、素晴らしいと思いました。
    弁護士さんは、覚悟のない離婚をされて、後々、大変な目に合ってる人を実際に何人も見てる上で、相談者の事を思った意見を言ってくれてたと思います。
    退職金が出たらとか言ってる人は、結局、離婚出来なかったり、離婚したとしても大変な目に合ってると聞いて、納得しました。
    やはり、覚悟があるかどうかですね。

    離婚をしたいなら、まず家を出る事だと思いますが、家を出る気はあるか聞かれたら、子供に心配かけたくない…とか言って、家を出る気のない人に、何をアドバイス出来ますか?

  10. 「殺したいほど憎い」「死んでくれ」
    そこまで思ってるんだったら、金なんかじゃなく別れられれば本望じゃないの?
    旦那も無一文で出て行くなら別れるってことでしょう?
    そんなに辛いのであれば、子どもが成人したのをきっかけにさっさと家出て行くでしょう?
    退職金と年金もらうまではという思考があるからねぇ、DV被害者みたいに麻痺してないし。
    どうするんでしょうね、退職後は一緒にいる時間今より長いですよ。

  11. 思うに、暴力を振るう男性が
    腕力があるから、それって天然の
    武器をいつも持ってて
    振りかざして脅してる状態な訳
    ですよ。そんなので対等も
    何もないわけで、DV野郎には
    女性はそれに見合うだけの武器を持っても良いって法律にしたら
    緊張感あふれる同じ思いをDV男性もして恐怖におびえる
    相手の気持ちも分かって、話し合いも進むのでは?

  12. 女も「口」という天然の武器持ってるよ!
    もし、武器を持ち合って話し合っても何も解決しません。

    今回の相談で離婚理由にDVというのは、出て来ませんでしたよ。

    憎しみ合ってる夫婦は、退職してから一緒に過ごす膨大な時間、介護…など考えると地獄ですが…

    1. ⤴の匿名さんへ

      ~解決しません。」
      ってどこのスローガンですか?

      世のDV男集めて、目の前で言ってやってください。

      大体口と暴力同列に語りますか?
      暴力は犯罪ですよ?

      過去にDV被害にあって子供たちも
      それみてるって書いてありますよ。
      過去の事だから離婚事由にはならないだけでそれに類することは多々あって
      根深く今に至るんじゃない?
      殺したいほどに

      今まで相談者さんのおかげで体面保って
      これたこの器の小さい夫はきっちりお金を半分にして「元気でね。」
      と言ってやれば、男を上げて大団円だと思うのに、
      わざわざオカルティックな相談者に枕元でしゃーこしゃこ刃を研がれたいなんて
      もはや救いようのない変態ですね。

      自分の罪は自分で購え!

  13. DVの証拠がない、ということは病院に行かなくてもよかった程度のことでしょう。

    私は男で離婚経験者ですが、元妻もDVって言ってましたよ。
    (離婚を言い出したのは私で、元妻は不利だからありもしないDVを出してきたんだと思う。)
    元妻も社会の事がわからず、私と常識が噛み合わない、それでもって自分の常識が正しいと思ってました。
    若い頃ならそれは幼げに見え、かわいいものですが、子供がどんどん成長するのに、元妻は社会に出てなかったので成長しなかった。
    なので、君のやってること、言い分は間違ってるよ、というと本人は逆切れする。

    この相談者の言い分を聞いていて、元妻とよく似てるなあ、と思いました。

  14. 私は、バツイチ女性ですが、私も離婚して社会に出て働くようになり、色々もまれて(独身時代も働いていましたが)、変わりました。
    働くことで、理不尽なことがあったり、イジメられたり、悔しいこともありましたが、責任感を持ったり、自分を強く持てるようになりました。気も強くなりましたが、感謝の気持ちも持てるようになりました。
    私は、結婚してる時は、経済的にも、精神的にも、結局、旦那に依存していたくせに、自分は正しいと思っていました。
    旦那の稼ぎで暮らしているのに、感謝の気持ちの持てない人を見ると、昔の自分を見るようで、甘いなと思います。
    旦那が嫌なら、別れて、自分で生きていきましょう!

  15. 口の暴力を発せられて、肉体的暴力で立ち向かう人もいますよ。
    どちらも、暴力です!
    DV男が嫌なら、大人なんだから、別れればいいです。

  16. 相談者さんがここを見る(辛辣な意見もあるからキツイけど)か、放送をもう一度聞くかしてほしいと思う。旦那さんを「小心者」と貶める一方で子供に対して「迷惑をかけられない」と弱気になる。おそらく、30年以上の結婚生活の中で様々な顔を使い分けて生きてきたのだろう。多重人格とまではいかなくても、波風立てないように様々な顔で。矛盾した仮面達をつなぎ止めていたのは「子供の為に離婚しないし、子供が独立したら自分は被害者だから慰謝料代わりに多額の財産分与を」という計画だか願望。その長年の支えが折れたから相談という流れだろう。しかし、大迫先生の言う通りに長年矛盾した行動取っていたり受け身の生活していた人がいきなり離婚して幸せにはなれない。自身の相談を再び聞き返して、自分が長年はらんできた矛盾に気づけば離婚なり現状維持なり結論がでるのでは。

コメントはお気軽にどうぞ