従業員であり株主であり妹であり不倫相手であり内縁でもあるシンママとの今後


(回答者に交代)

三石由起子:
こんにちは

相談者:
あ、こんちは

三石由起子:
えーとねえ?

相談者:
はい

三石由起子:
5年前い、えーと、離婚した、それより前に彼女と付き合ってた。

相談者:
はい

三石由起子:
で、その時に、親との養子縁組をしているっていうことはね?

相談者:
はい

三石由起子:
どういうことかっていうと、彼女はあなたの苗字になりたかったのよ。

相談者:

三石由起子:
結婚より前にね?

相談者:
あーは

三石由起子:
いつまで泥沼の離婚騒動が続くか分かんないから。

相談者:
はい、はい

三石由起子:
ていうことなんですけども。

相談者:
はい、はい

三石由起子:
その時に、離婚した時に・・

相談者:
はい

三石由起子:
なぜ結婚しなかったんですか?

相談者:
いや、それを、

三石由起子:
うん

相談者:
じ、わたしも言ったんですよ。

三石由起子:
ええ

相談者:
「もう、身内と一緒やからいいやない」と。

三石由起子:
え?彼女があ、あの結婚を拒んだ理由はなんですか?

相談者:
どうなんですかねえ?

三石由起子:
あのね?

相談者:
はい

三石由起子:
あなたは今それで、別れたいの?

相談者:
もう、そう、それが半分以上・・気持ちがもう・・いってますね。

三石由起子:
え?別れたいんですか?

相談者:
でもお・・子離れできないんで・・&#

三石由起子:
いやいやいやいや、そうじゃなくて、それは彼女の話で。

相談者:
ええ

三石由起子:
あなたの気持ちですよ。あなたが別れたいのか別れたくないのかってのが大事だと思う。

相談者:
ホントは別れたくないです。

三石由起子:
別れたくないの?

相談者:
はい

三石由起子:
そうかそうか、別れたくない時にね?

相談者:
はい

三石由起子:
「別れたい」みたいなセリフ出しちゃダメよ。

相談者:
ああ

三石由起子:
うん

相談者:
はい

三石由起子:
「別れた方がいいんじゃないかな?」とか、そういうなんていうか曖昧なこと言っちゃダメなの、男が。

相談者:
あーそうですか。

三石由起子:
別れたくない時はね?

相談者:
はい

三石由起子:
別れたくないっていうのをスタンドポイントに置いてえ・・

相談者:
はい

三石由起子:
そしてえ、思考していかないと・・

相談者:
はい

三石由起子:
頭こんがらがりますよ?

相談者:
はい

三石由起子:
うん
たぶんあなたが言ってるのは、

相談者:
はい

三石由起子:
自分は一人っ子で・・

相談者:
はい

三石由起子:
親の面倒を看なきゃいかん。

相談者:
はい

三石由起子:
で、彼女が、親と・・えーと、折り合いが悪い。

相談者:
はい

三石由起子:
で、彼女は・・娘え・・の方が俺よりも可愛いらしい。

相談者:
はい

三石由起子:
面白くないって、こういう話なんですよね。

相談者:
はい・・はい

三石由起子:
でも別れたくないっていうことをはっきりしないと・・

相談者:
はい

三石由起子:
彼女はどうしていいか分からないですよ。

相談者:
はあ、はあ、は

三石由起子:
彼女は、

相談者:
はい

三石由起子:
「別れたい」って言ってます?、今。

相談者:
いや、養子縁組の件に・・関しては・・そう・・

三石由起子:
いや、養子縁組を、あのね?、解消するっていうことはね?

相談者:
はい

三石由起子:
娘としての・・

相談者:
はい

三石由起子:
あのお、お世話をしたくないっていうだけの話であって。

相談者:
はい、はい、はい

三石由起子:
ね?

相談者:
はい

三石由起子:
で、その時に、えーと、苗字がまた変わったわけですよね?

相談者:
あーは、は

三石由起子:
も、元のお・・苗字に戻ってるわけでしょ?今彼女は。
それはね?、彼女が・・娘としてお世話をしたくないっていう意思表示として、決裂してるわけよ、今。

相談者:
はいはい

三石由起子:
親とね?

相談者:
ええ、ええ、え

三石由起子:
あなたの親とね。

相談者:
ええ、ええ、え

三石由起子:
その時に大事なのはあなたの態度であってね?

相談者:
はい、はい

三石由起子:
ね?、あの、「自分の苗字になって欲しいんだ」っていうことを、

相談者:
はい

三石由起子:
ちゃんと、あのお、正式にプロポーズしなければダメですよ。

相談者:
ああ、ああ、あ

三石由起子:
あのね?、間違っちゃいけないのはあなたは別れたくないんだから、

相談者:
はい

三石由起子:
別れたくない時に、余計なことグズグズ言っちゃダメなのよ。

相談者:
はい

三石由起子:
「俺より娘の方が可愛い」とか・・

相談者:
あーあ

三石由起子:
そういう女々しいことを。

相談者:
はい

三石由起子:
だから、えーと、実際問題としてね?

相談者:
はい

三石由起子:
株を半々で持ってるんだったら、

相談者:
はい

三石由起子:
これ他人になるのめんどくさいじゃないですか?

相談者:
はい、はい

三石由起子:
はっきり言って。

相談者:
ええ、ええ、え

三石由起子:
そしてあなたにもしゅうちょくが、執着があるんだよね?

相談者:
はい

三石由起子:
その時にね?あなたがしなきゃいけないのは、

相談者:
はい

三石由起子:
「自分の妻になってくれ」と、いうことを言って。

相談者:
はい

三石由起子:
そして、あのお・・ここが、男の度胸の見せどころなんだけど。

相談者:
はい

三石由起子:
妻だったらねえ?

相談者:
はい

三石由起子:
もう、全面的に庇うしかないんだから・・

相談者:
はい

三石由起子:
浮気するわけじゃない、娘可愛がるくらい、いいじゃないの?

相談者:
はいはい

三石由起子:
よしにしないと。

相談者:
はいはい

三石由起子:
今までは・・妹の立場ね?

相談者:
ええ、ええ

三石由起子:
同じ方ね?

相談者:
はい、はい

三石由起子:
ん、うん、それ面白くなかったかもしれないけど、

相談者:
はい、はい

三石由起子:
妻になるんだから・・

相談者:
はい

三石由起子:
うん、妻の趣味みたいなもんでさ。

相談者:
はいはい

三石由起子:
友だちと旅行に行くようなもんでさ。

相談者:
はいはい

三石由起子:
「これはいいんだ」っていうことを言ってやらないとダメですよ。

相談者:
あーあ・・そうですね

三石由起子:
あなたがもし、別れたくないんであれば、

相談者:
はい

三石由起子:
別れたくないことを全面に分からせるような交渉をしなければダメですよ。

相談者:
ああーあ

三石由起子:
で、その時にね?

相談者:
はい

三石由起子:
もちろん、親の面倒看なくていいと。

相談者:
はい

三石由起子:
いうことですよ。

相談者:
あー

三石由起子:
そして、あの、あなたは、看なきゃいかん。

相談者:
はい

三石由起子:
妻にも看て欲しいってそういうことじゃなくて。

相談者:
はい

三石由起子:
あなたは妻としての彼女をこのまま置いておきたいのよ。

相談者:
はい

三石由起子:
会社のためにも。

相談者:
はい

三石由起子:
本心からもね?

相談者:
はい

三石由起子:
だからそれを彼女にちゃんと分からせなくちゃダメで。

相談者:
あー

三石由起子:
もし、父親がね?

相談者:
はい

三石由起子:
めちゃくちゃを言ってもね?

相談者:
はい

三石由起子:
「これはわたしの妻である」と。

相談者:
はい

三石由起子:
文句言わせないくらいのこと言わなきゃダメなの。

相談者:
はい

三石由起子:
失いたくないんだったら、

相談者:
はい

三石由起子:
失いたくないっていうことを、

相談者:
はい

三石由起子:
ちゃんと分からせないと。

相談者:
はい

三石由起子:
これね?あなたの奥さんていうか、この彼女はね?

相談者:
はい

三石由起子:
今ものすごく不安だと思うよ、なんつう男って。

相談者:
はい

三石由起子:
例えば、えーと、両親とお、

相談者:
はい

三石由起子:
あなたはほら、「娘と俺とどっちが可愛い?」「娘の方が可愛い」みたいなことグズグズ言うけども、

相談者:
はい

三石由起子:
彼女にしてみたってね?・・わたしと両親と天秤に掛けた時に・・

相談者:
はい

三石由起子:
向こうは両親のことしか考えてないになるんですよ。

相談者:
あー、はあはあ

三石由起子:
絶対なってるよ、そんなことは。

相談者:
&#、それは、それはまあ、そうですね。

三石由起子:
そうですよ。

相談者:
はい、ええ、ええ

三石由起子:
だから・・あのね?

相談者:
はい

三石由起子:
よくよく、ちょっと胸に手を当てて考えてね?

相談者:
はい

三石由起子:
あなたは、別れたい、別れた方がいいんじゃないか?、別れるべきなんじゃないか?っていうところからこの相談を始めてるけど、

相談者:
はい

三石由起子:
そこは違ってたでしょう?

相談者:
あーあー

三石由起子:
うん

相談者:
ええ

三石由起子:
だから別れたくないっていうことをさ、

相談者:
はい

三石由起子:
やっぱり、胸にストンと落ち、落として。

相談者:
はい

三石由起子:
そこを核にしてえ・・

相談者:
はい

三石由起子:
喋ったり行動したりしないと、

相談者:
ああ

三石由起子:
誰にもなんにも伝わらないですよ。

相談者:
ああ

三石由起子:
で、まずそこだと思う。

相談者:
はい

三石由起子:
あなた何が大事か?何が大事じゃないか?が分からないうちに、全部失くすよ。

相談者:
ですね。&#△%

三石由起子:
全部失くす。
そして、そういう曖昧なことしてると・・

相談者:
はい

三石由起子:
親からの信用も失くすしい。

相談者:
はい

三石由起子:
うーん、いいこと一つもないから。

相談者:
はい

三石由起子:
うん、あの、はっきりさせよ?

相談者:
はい・・

三石由起子:
うん

相談者:
分かりました。

三石由起子:
うん、はっきりさせましょう。

相談者:
はい・・はい、分かりました。

三石由起子:
はい、はい頑張れ!

相談者:
はい

(再びパーソナリティ)

今井通子:
お分かりいただけましたねえ?

相談者:
はい・・はい、はい

今井通子:
はいそれじゃ失礼しまあす。

相談者:
はい、すいません、ありがとうございました。




「従業員であり株主であり妹であり不倫相手であり内縁でもあるシンママとの今後」への7件のフィードバック

  1. 今井先生と三石先生、よくこの説明で相談者の家族関係わかったね…説明もわかりにくけりゃ、養子縁組だの破棄だのやってることもわかりにくい。カットされた分も聞けばわかるのかね。

  2. 49にもなって、父親を「お父さん」などと公の場で呼ぶな!
    まあ、父親から見たら可愛くてたまらない一人息子なんだろうね〜。
    プロポーズで彼女の気持ちは戻ってくるかもしれないけど、娘からは嫌われてるよね、どうする?

  3. 相談者の話し方に客観的視点が欠如し幼さを感じます。社長という立場みたいですがね。

  4. 本当になーにが二代目じゃ
    ですよね
    おとこのクセに
    自分でおこした会社でもねーくせに
    寄生虫みてえ
    自分で何か
    誇れるもんでもあるんですかぁ~?
    あっても自分じゃあくってけないから
    いかにも親孝行なふりして
    おいしいとこばっかくってるやたぁ
    来世で
    ヒャッハー

  5. いっそ彼女側から別れを言った方がいいかもね。多分以前の結婚生活、おくさんの方が強かったんじゃないかな?ちょっと頼りない。

コメントはお気軽にどうぞ