中3で不登校をする息子が姉の知的障害を理由に自分の可能性を否定する


(回答者に交代)

三石由起子:
はい、こんにちは

相談者:
あ・・

三石由起子:
うん

相談者:
よろしくお願いします。

三石由起子:
まずあの、わたしは、あの、お母さまのこと心配、するんですけれども。

相談者:
はい

三石由起子:
あの、人のアドバイスをお、こ、聞いてね?

相談者:
はい

三石由起子:
あれやってみたり、これやってみたり・・それでも続かない。

相談者:
はい

三石由起子:
またこう自分の気持ちを奮い立たせて、

相談者:
はい

三石由起子:
これやってみたり、あれやってみたり、それでも続かない。

相談者:
はい

三石由起子:
そうすると自分で自分ん・・のことが分からなくなって、

相談者:
あ、はい

三石由起子:
混乱して来るでしょ?

相談者:
そうですね。

三石由起子:
あのねえ?

相談者:
はい

三石由起子:
楽になる方法ってあるんですよ。
自分の態度を決めちゃうことなの。どういうことかっていうと・・

相談者:
はい

三石由起子:
1つはね?

相談者:
はい

三石由起子:
も、徹底的に優しくなる。優しくなるっていうのはワガママ全部聞く。
もう1つはね?、自分の立場で厳しくする。
「知らねえよ」という口の利き方おかしいよね?まず。

相談者:
はい

三石由起子:
うん、それでね?・・あたし、あの・・厳しくする方が、わ、わたしはですよ?

相談者:
はい

三石由起子:
自分だったら楽だなあと思うんだけれども、

相談者:
はい

三石由起子:
もしわたしだったらこの息子にね?

相談者:
はい

三石由起子:
「ま、ちょっとお座んなさい」と、座らせてね?

相談者:
はい

三石由起子:
一回話をしますね。
あのお、「お姉ちゃまがこういう状況で」・・

相談者:
はい

三石由起子:
「下の子は小学生なんだ」と。

相談者:
はい

三石由起子:
「だから、身体が悪くもない」ね?

相談者:
はい

三石由起子:
「健康な」・・「子どもでもない、お前を気にする」・・「時間はない」と。

相談者:
はい

三石由起子:
うん
「分かるでしょ?」っていうことを・・

相談者:
はい

三石由起子:
聞けばね?

相談者:
はい

三石由起子:
あのお、分かると思うんだよね、この中学3年生。

相談者:
あ、と、この子、すごく優しくて。

三石由起子:
うん

相談者:
この間も、

三石由起子:
うん

相談者:
うん・・「俺が、一生」・・ね、「お姉ちゃん看ないといけないんでしょ?」って・・

三石由起子:
うん

相談者:
「どうせ俺の好きなことはできないんでしょ」っていう・・感じで言ってきたんですね・・

三石由起子:
あ、それはおかしいじゃない?
それはおかしいじゃん。
それはおかしいですよ。
「いや、なんでも好きなことどうぞ」って。

相談者:
・・

三石由起子:
ただ「今、わたしは親としてね?」・・

相談者:
はい

三石由起子:
「お姉ちゃんがああいう状態で」、

相談者:
はい

三石由起子:
あの「下の子がもう、子どもなんだから」・・

相談者:
はい

三石由起子:
「少なくてもお前を構っている暇はないんだよ」っていうことをはっきり・・言ってやるのと・・

相談者:
はい

三石由起子:
「お前は好きなことができるんだ」っていうこと、これ二本立てで言ってやんないと・・本人すごく混乱すると思う。

相談者:
・・はい

三石由起子:
だ、そこが、上手く伝わってないんじゃないの?

相談者:
・・そうですね。

三石由起子:
うん、だから、俺のことも構って欲しい・・

相談者:
はい

三石由起子:
でも俺はどうせ・・家族の犠牲になってえ?、将来はないんだろう?っていう・・感じじゃないですか。

相談者:
はい

三石由起子:
これすごく気の毒なことだと思う。

相談者:
・・はい

三石由起子:
だからね?ちゃんとやっぱり一回話をした方がいい。

相談者:
はい

三石由起子:
で、話をする時にはその2つのことをね?

相談者:
はい

三石由起子:
明らかに分からせないとダメですよ。

相談者:
・・

三石由起子:
「今はお前なんか構ってる暇ないんだ」っていうことと・・
「お前の将来は」あ、「絶対的に自由なんだ」っていうことね?

相談者:
・・

三石由起子:
んで、その「父親に」だって、「ちゃんと養育費をもらってるんだから」ていうことだって、もう言っていいと思うんだよね。この、ちゅ、中3の子に。

相談者:
あ・・

三石由起子:
だから、お金を出してもらってる、父親が説教して何が悪いっていうことはさ・・

相談者:
・・

三石由起子:
やっぱりそこは母親としてえ、あの、いくら不仲でも・・

相談者:
はい

三石由起子:
子どもには言わないとダメですよ。

相談者:
一応それも伝えたんですけど。

三石由起子:
うん、うん

相談者:
今、その反抗してるからか?
自分がもっと、なんか、贅沢してるっていうような、言い方を・・ん、なんかしてて、

三石由起子:
え、それは稼いだ人間が、自分がどう贅沢しようがそれは勝手ですよ、大人の。

相談者:
あー、◆#$%□&

三石由起子:
そんなことを、認めてちゃダメですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
んな「当たり前でしょ?」って。

相談者:
はい

三石由起子:
「あんた大人になって稼いだらどうぞ」って。
そういうところがね?なんか・・

相談者:
はい

三石由起子:
一個一個お、の、その子どものセリフにい・・

相談者:
はい

三石由起子:
振り回されたり・・

相談者:
はい

三石由起子:
あの、色んな友だちのアドバイスに・・振り回されたり、

相談者:
はい

三石由起子:
で、なんか優しくしなきゃいけない、何、何しなきゃいけない、今の自分ではいけない・・

相談者:
はい

三石由起子:
ていうことばっかり、あなた思ってるから・・

相談者:
はい(苦笑)

三石由起子:
こう、態度が決まらないから・・

相談者:
はい

三石由起子:
それ見てたら、やっぱり、あの、子どもっていうのは不安になると思う。

相談者:
はい

三石由起子:
自由がないなんてこと思わせちゃダメだし。

相談者:
・・

三石由起子:
それは母親として残念ですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
ご飯作って捨てられたなんて、そ、わたしなら引っ叩いてるけどね?

相談者:
フッ(苦笑)

三石由起子:
不登校って大体共犯がいるんだよね、家(うち)に。

相談者:
・・ああ

三石由起子:
不登校しても暮らせるわけですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
冷蔵庫の中にご飯があったりさ。

相談者:
(苦笑)、はい

三石由起子:
そうでしょう?

相談者:
はい

三石由起子:
で、なんかね?あの、グズグズしてればね?

相談者:
はい

三石由起子:
結構居心地がいいっていう状態なんですよ、家(うち)が。

相談者:
はい

三石由起子:
それダメでしょ?

相談者:
はい

三石由起子:
これ問題はあなたの態度だと思う。

相談者:
はい

三石由起子:
子どもがすごく不安になってるんだと思う。

相談者:
はい

三石由起子:
うんだからその、中学3年の健康な男っていうものはどういうものかっていうことをさ、

相談者:
はい

三石由起子:
未来の自由と一緒に(含み笑い)教えてやるってことは大事だと思いますよ。

相談者:
はい

三石由起子:
成績はどうですか?成績。

相談者:
最初良かったんですけど、行かなくなって落ちてしまったので、それでもう自信を失くして・・る感じで・・

三石由起子:
「将来の、自由がないとか未来がないっていうのは、それあんたが作ってることなんだよ」っていうこと言った方がいいじゃないの。

相談者:
・・

三石由起子:
あのね?、みんな人のせいになっちゃうんですよ、そうすると。

相談者:
あー・・そうですね。

三石由起子:
「俺はどうせ自由がないんだ」「俺は」うん「どうせうちの、犠牲になるんだ」?、それを母親が否定しないわけですから。

相談者:
はい

三石由起子:
ね?それはわたし、きっちり否定してやらないとダメだと思う。

相談者:
・・

三石由起子:
だから「あなたの未来を潰すのはあなたであって、わたしではない」っていうことをさ。

相談者:
はい

三石由起子:
言葉ではっきり一度言ってやってください。

相談者:
・・分かりました。

三石由起子:
15歳の男だからあ・・

相談者:
はい

三石由起子:
あの、母親が考えてるより大人だと思いますよお?

相談者:
・・

三石由起子:
きっちり言えば分かると思う。

相談者:
・・

三石由起子:
ただ、ふらふら、ふらふらしている母親っていうの、あの・・見てて嫌なんじゃないかな?この子。

相談者:
(苦笑)

三石由起子:
「なんだ?この女!」とか思ってんじゃないかな?

相談者:
はい、なんか・・

三石由起子:
うん

相談者:
それは言われたことあります。

三石由起子:
そんなあの、親としてさ、情けないじゃない?「俺には自由がないんだ」、「希望がないんだ」っていうことを・・

相談者:
・・うーん

三石由起子:
よくそんなことを、言わせておきますねえ?

相談者:
・・あ(苦笑)

三石由起子:
そういう時は怒らなくちゃダメだよね?
だからたぶんあなたの中でバランスが物凄く悪いんですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
うん
笑っていい時と、怒っていい時とあるわけでしょう?

相談者:
はい

三石由起子:
あのね?、まず、自分の態度を・・決めてから接しないとダメだ、子どもには。
15歳の、健康な男だっていうことをまずあなたが認識して・・

相談者:
はい

三石由起子:
うん
「未来はあなたの手の中にある」ということをさ・・言葉ではっきりと言って、やるっていうのはやっぱり母親の務めじゃありませんかね?

相談者:
はい

三石由起子:
はい

(再びパーソナリティ)

ドリアン助川:
もしもし?

相談者:
はい

ドリアン助川:
ま、ザリガニは脱皮するんですけどね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
あの、わたし達は脱皮はしないんですけど、

相談者:
はい

ドリアン助川:
心には脱皮ってあると思うんですよ。

相談者:
はい

ドリアン助川:
「あの時期に」こう・・「自分は、一歩前進したな」とか、「もが少し見えるようになった」・・「な」とか。
で、この不登校っていう時期もですね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
ま、世間的にはまあ、あんまりよく、言われませんけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
も、心ん中当然、今、ぐちゃぐちゃになってるわけで。
脱皮のためには逆に言うといいチャンスだと思うんです。きっかけは何かっていうと・・これ対話なんですね、言葉なんですよ。

相談者:
はい

ドリアン助川:
やっぱりどうしても人間ってその、言葉を、のやり取りで・・見えたり見えなかったりってのがあると思うんです。
言葉のやり取りが出来てなかったってこと、とても大きなことだと思いますので、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、お子さんにとっても、お母さんにとっても・・いい脱皮の時期になりますように。

相談者:
あ、分かりました。

ドリアン助川:
はい、よろしいですか?

相談者:
はい、ありがとうございます。

ドリアン助川:
はい、失礼しまあす。

相談者:
はい、失礼いたします。




「中3で不登校をする息子が姉の知的障害を理由に自分の可能性を否定する」への7件のフィードバック

  1. 息子さん、かわいそうです。
    家族のこと心配してるんですよ。
    お父さんは、この重荷を捨てたわけだから、ひどい奴だと息子は思ってますよ。
    頼りたいのに、頼れない。泣きたい気持ちでしょう。
    お母さんにも甘えたいに決まってます。
    なのに、お父さんはこのお母さんのせいで出て行ったと感じていれば、責めたい気持ちも同時にあるでしょうに、その上、もし、「お姉ちゃんのことはアンタが面倒みるんだよ」なんてこと小さいうちから言われたりしたら、本当にかわいそうです。
    親も兄弟も捨てて良し。
    輝かしい未来が君にはある!絶対ある!
    自分の人生をつかんで欲しいです。

  2. ここの回答者は不登校を軽く見過ぎてる
    特に加藤先生や大原先生は「これで解決できるんですよ」
    「夫婦の問題」っていうけど
    一度不登校になったら少々夫婦関係見直しても、会話を増やそうとしても上手く行かない。
    ご飯を捨てたら怒るって三石先生が言うようにしたら下手したらボコボコに殴られる事もある。不登校になったら後々の人生まで引きずって引きこもりや依存症になる事があるから「これで解決します」なんて言えないです。
    不登校になるにはそれだけの原因があるはず。
    専門家に時間をかけて相談、治療をした方が良い。
    この相談者さんは息子のしんどさより自分がしんどいって想いが強そうです。

  3. あなたは自由、か。

    きょうだい児からすれば、本人が死なない限り真の自由は無いんだよ。
    不登校だけを治すなら今だけその言葉でごまかしてもいいけど、息子さんは近い未来にまた苛まれるよ。
    彼女、結婚、親の老い等、全てのイベントごとに姉がつきまといその度苦悩する。
    施設に入れても誰かが連絡役にならなければいけない。死んでくれない限り自由なんて無いさ。

    生半可な前向きな言葉より、学校卒業したら親の方から絶縁する、くらいの言葉じゃないとただの対処療法なだけ。

    と、きょうだい児の自分は思うんだよ。

  4. 私も、兄弟が知的障害ですが、救いは性格がいいこと。だから、ゆくゆくは自分が面倒を見るつもりでいる。
    一方、性格の悪い引きこもりの兄弟もいるが、そちらは、見る気はない。勘弁してほしい。

    性格の良さって、けっこう大事。
    親や周りの人の愛情を受けてきたか、が大きいようにも思うが、本人の気質もあるだろうな。

    その中3の子には、自分の人生は自分で作って行け、と言いたい。
    色んなことに負けるな。絶望感や虚無感に支配されるな。自分の人生なんだから、ひねくれてたら、損だよ、と言いたい。

    こんな家、出てってやる、と心の中で思いながら、勉強や好きなことを頑張って、自ら道を切り開いてください。

  5. 立ち向かうしかない問題に
    方法ではなく性根を説く
    我が子なれど愛せず
    愛せるほど正直でもない
    どうしてこうなった?という問題には
    嘘の性根がありありとある
    自分についた嘘がある

  6. 姉のことが人生の重荷に感じるのは、とても理解できる。
    中学生だから思い切り悲劇的に悲観的になってるのかも。
    でも自身は健康なんだよね。
    障害兄弟児じゃなくたって、人間、何かしらハンデ持ってるのが一般的。
    自身が貧乏とか不細工とか太ってるとか記憶力弱いとかアスペとかアトピーとか…
    ちなみに私は上記の殆どが当てはまる。
    それらをどの位の不幸と考えるのかは実際のところ当人次第じゃん。
    家に篭ると暗いことばかり考えるから、一人旅にでも出て気分転換するといいのでは?

    将来、一番いいのは姉の面倒をみることも大して負担に思わないくらい金銭的に余裕がある大人になれること。

  7. 息子も親も悩めばいいと思う。
    それが大きな財産になるよ。
    お姉さんが疎外されていないってのはとてもいい家族じゃない?

コメントはお気軽にどうぞ