注文も来ない借金まみれの三ちゃん会社にしがみつく父から弟を助けたい


テレフォン人生相談 2019年10月17日 木曜日

(*)三ちゃん会社:  家族経営の零細企業。
従業員はせいぜい、父ちゃん、母ちゃん、〇〇ちゃんの3人。
○○ちゃんには、爺ちゃん、婆ちゃん、坊っちゃんなど

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 女49歳バツイチ 一人暮らし 19歳の息子は元夫と暮らす 実家の父77歳 母73歳 弟が同居

柴田理恵:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、もしもし?

柴田理恵:
はい、こんにちはあ

相談者:
こんにちは・・お願いします。

柴田理恵:
きょ・・はい

相談者:
はい

柴田理恵:
え、今日はどんなご相談ですか?

相談者:
えー、実家の借金問題です。

柴田理恵:
じ・・あー、ご実家の借金問題、なるほど。
えっとお、あなたは今おいくつですか?

相談者:
49歳です。

柴田理恵:
49、ご結婚なさってますか?

相談者:
離婚しました。

柴田理恵:
あ、じゃ今・・お一人・・

相談者:
あ、はいそうです。

柴田理恵:
えと、お子さんはいらっしゃいますか?

相談者:
はい、おります。

柴田理恵:
お子さんはあ・・

相談者:
えー19歳です。

柴田理恵:
あーそ・・男の子さん、女の子さん?

相談者:
男の子です。

柴田理恵:
はい。じゃ、えっと、じゃ今、息子さんとお二人、で暮らしてらっしゃるんですか?

相談者:
えーと、息子は夫の方で・・

柴田理恵:
あー

相談者:
一緒に暮らしています。

柴田理恵:
あーそうですか。じゃ今・・

相談者:
はい

柴田理恵:
お一人で生活なさってるんですね?

相談者:
はい・・

柴田理恵:
はい

相談者:
あの、色んなちょっと実家の、迷惑等も・・ある、ので。はい

柴田理恵:
あーあ、なるほど。ご実家っていうとお父さんお母さん・・ご健在なんですか?

相談者:
あ、はいそうです。

柴田理恵:
おいくつですか?

相談者:
えー父が77歳。

柴田理恵:
はい

相談者:
母が73歳です。

柴田理恵:
はい。これ借金問題ってどういうことですか?

相談者:
えー父がですね、

柴田理恵:
うん

相談者:
事業をしておりまして、

柴田理恵:
はい

相談者:
まず2年ほど前に、

柴田理恵:
ふん

相談者:
取引相手え、との、

柴田理恵:
うん

相談者:
お仕事の上で、

柴田理恵:
うん

相談者:
えー、ちょっと、間違いというか失敗がありまして、

柴田理恵:
はい

相談者:
そのペナルティのお金を支払ったところから、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、どんどん、ちょっと・・仕事が回らなくなったのと、

柴田理恵:
うん

相談者:
その時の、あの、ペナルティ金額を支払い・・ったことで、作った借金がどんどん増え続けて、

柴田理恵:
はい

相談者:
今・・相当もう、完全に首が回らない状態には、なってるという・・

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
ところです。

柴田理恵:
はい

相談者:
はい

柴田理恵:
んで、で、今、その中で、お父さんお母さんは、一生懸命まだやってらっしゃるってことですよね?

相談者:
(苦笑)いやあのお、もう一生懸命やろうにも、本当に、仕事が、来なければ、仕事にならないんですけれども、

柴田理恵:
はい

相談者:
はい、あのお・・父は会社をたたむ気もなくう、

柴田理恵:
うん

相談者:
今、事務所が外にあるんですが、

柴田理恵:
うん

相談者:
仕事場を自宅に移すといったこともしないまま、こう経費だけが、かさみ、

柴田理恵:
うん

相談者:
また借金を借金で返すような状態でずっと、今、大変で・・

柴田理恵:
うん、ふん

相談者:
あの、弟が同居してるんですが、

柴田理恵:
はい

相談者:
弟が、あの、父と母の、食費などの面倒を看ながら、

柴田理恵:
ふん

相談者:
暮らしてはいるものの、という、

柴田理恵:
あー

相談者:
状態です。

柴田理恵:
えっと、弟さんはその会社は、携わってらっしゃらないんですか?

相談者:
あ・・一切関係ありません。

柴田理恵:
関係なく。お母さんも、か、あの、やってらっしゃるんですか?そのお仕事を一緒に。

相談者:
はい、えーと、実質う、的な仕事はほとんどないんですけれども、

柴田理恵:
ん、うん

相談者:
あの、一応会社の・・役員として、

柴田理恵:

相談者:
名前は入っていて、

柴田理恵:
あは、は、は

相談者:
ただ有限会社で、ホントに実質二人、しかいない会社なんで。

柴田理恵:
はい

相談者:
はい

柴田理恵:
ふーんうん
あ、それでじゃ、その借金、お父さんの借金が・・かさんじゃって・・それは、あなたには、影響のあることなんですか?

相談者:
えーと、わたしにはないんですが、

柴田理恵:
うん

相談者:
えーと、ま、会社の、借金の他に父が個人で作った借金ん、の他に、

柴田理恵:
うん

相談者:
母あ、の名義で、父がやはり・・した借金などもありまして、

柴田理恵:
うーん

相談者:
で、本当に二人に今、生活費・・年金をもらっていてもそれも全部、つぎ込んで・・生活費がない状態なので・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
で、それで、よくお金の、無心をされるんですけれども、

柴田理恵:
ふん、ふん

相談者:
そして・・同居してる弟、なんかにもずっともちろんそういうことはあるんですが、

柴田理恵:
うん

相談者:
もう正直、お金を渡しても、そのお・・焼け石に水の、

柴田理恵:
うん

相談者:
借金の、返済に充てられてしまうので、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
ま、ちょっと姉弟で、相談をして、

柴田理恵:
うん

相談者:
現金を渡さないようにしようということにはなってるんですが、

柴田理恵:
ああー・・(咳払い)

相談者:
まあもう・・その借金も、金融機関、以外に、

柴田理恵:
うん

相談者:
あのお、身内など、親族、と色んな方・・から、借りてしまった・・

柴田理恵:
うん、ふん、ふん

相談者:
ような経緯もあるので、

柴田理恵:
うん

相談者:
ホントに・・これ以上、あの・・色んなところから、お金を借りないようにという・・ような、ことを父に言って、会社を・・たたむ、お願いもしてますし、

柴田理恵:
うん

相談者:
自己破産をしてもらうよう、

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
お願いもしてるんですけれども、

柴田理恵:
うん

相談者:
一切聞き入れないまま(苦笑い)2年、間過ぎてしまったんですね。

柴田理恵:
はあー

相談者:
はい
で、それで、もう本当に、

柴田理恵:
うん

相談者:
どこからもお金が借りれない状態で今、さすがに、もう父は、右往左往はしてるんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
もう、打つ手もない、いー、のに・・会社をたたまない、事務所も、引き上げない・・

柴田理恵:
うん

相談者:
てことをずっと・・ている状態で、

柴田理恵:
うん

相談者:
弟に・・「お金を貨してくれ」と言うんですが、

柴田理恵:
うん

相談者:
もう・・毎月、40万ぐらい、を「貨してくれ」というので・・

柴田理恵:
はあ、それじゃ・・

相談者:
いち・・

柴田理恵:
うん

相談者:
そうなんです。一サラリーマンが・・渡せる金額ではないので、

柴田理恵:
うーん

相談者:
もう、弟お、をなんとか・・あの、守るというか・・

柴田理恵:
うん、ふん、ふん、ふん

相談者:
もちろん・・両親のその、生活も気にはなるんですけど・・

柴田理恵:
うん

相談者:
どう・・対処して行っていいのか?が・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
ま・・分からない状態です。

柴田理恵:
うーん、なるほど。

相談者:
はい

柴田理恵:
じゃ、あの、先生に聞いてみましょ。
今日の回答者の先生は弁護士の坂井眞先生です。

相談者:
あ、はい

柴田理恵:
先生お願いします。

(回答者に交代)


「注文も来ない借金まみれの三ちゃん会社にしがみつく父から弟を助けたい」への7件のフィードバック

  1. 書き起こされた文章には表れてないのですが、坂井弁護士が時々含み笑いをしながら回答されているのが気になります。
    相談者は藁にもすがる思いで相談されているのです。
    私は聴いていて不快になります。

  2. この相談者さんはご自分でもう十分法律のことは調べられていて、知りたかったのは、頑固な父親を説得する方法だったんでは?
    それなのに、坂井先生ったら。。。意地悪な感じですよね。
    相談者さんの父親はちょっと年齢的なこともあって柔軟に物事を考えられないのではないでしょうか。大変ですよね。

  3. 坂井弁護士だけでなく、今井さんや田中さんなどの含み笑いもいつもの事ですが、ちょっとイヤですね。相談者がはっきり答えないのに業を煮やしたのか、「じゃ、マイナスか」と発言したとこにも、疑問を感じました。
    今回の回答は相談者の想定を超えたものでは無かったようですが、弁護士以外の回答者だったら、どうだったでしょうかね。

    1. だけど、この手の相談者って
      なんだかんだで親を助けちゃってる
      弁護士の坂井先生じゃなく他の回答者でも言いよう無いと思うよ。
      三石先生なら「あなたが相手するから悪い、親を切りなさいよ」って言いそうだし

      1. その三石さんの回答を聞きたかったですね〜。まさに仰る通りの回答になりそうですが。
        たしかに法律相談としては、これ以上の回答をしようがないと思います。相談者が回答のほとんどをすでに理解しているようですし(まあ、年齢からいっても当たり前だけど)。

  4. お父ちゃん意地になってるのかな。
    羽振りのいい時代が長かったんだろうな。
    だからまだ何とかなると思ってる。
    時代を読み間違えるとこんな風になりがち。
    現実に目を向けて欲しいね。

  5. 相談者の考えてることと、今行動してる事は間違ってないんだから、そのまま突き進むしかないよ!って事だとおもった。
    お父さんがそれを理解するしないは別の問題。相手は変わらないんだから自分が貫かないと。

コメントはお気軽にどうぞ