アラ還サーファー息子から束の間の初孫。DV&ストーカーで留置されても嫁非難


テレフォン人生相談 2019年10月16日 水曜日

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女82歳 夫は16歳年下 結婚30年 前夫との一人息子59歳 4年前に出て行った嫁は10歳年下 子ども4歳 娘は他界している

ドリアン助川:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい、よろしくお願いします。

相談者:
お願いいたします。

ドリアン助川:
はい
えー、今日どんなご相談でしょうか?

相談者:
59歳になる、息子のことなんです。
奥さん、が赤ちゃん産んでから、出て行って、もう4年経ちます。話し合いも一切していただけないので・・どうしたらいいか?と思って悩む毎日なんです。

ドリアン助川:
出てったのどちらですか?

相談者:
お嫁さんです。

ドリアン助川:
で、その赤ちゃんは、

相談者:
今お嫁さんの元におります。

ドリアン助川:
えっと息子さんと・・お嫁さんは、

相談者:
はい

ドリアン助川:
結婚なさっていたんですか?

相談者:
ずっと、あの・・籍を入れずに、おりまして、

ドリアン助川:
はい

相談者:
そいで入籍したのが、赤ちゃんが出来た時だと思うんですけどね、向こう・・お嫁さんの方の名前を、あの、名乗ることになったんです。あの、向こうに、男の子がなくて、女きょうだいが二人で、お父さんが亡くなったものですから、

ドリアン助川:
はい

相談者:
お母さんと3人女性ですので、それで入籍したっていう風に聞いております。

ドリアン助川:
ふうーん
え、失礼ですが、あなた様おいくつですか?

相談者:
えーと、82です。

ドリアン助川:
82歳・・

相談者:
もう・・

ドリアン助川:
あの、息子さん、お一人ですか?

相談者:
そうなんです・・

ドリアン助川:
あ、一人息子さん。

相談者:
娘を、亡くしまして。

ドリアン助川:
あらららあ
あの、旦那さんは?

相談者:
16もね、年が下なんですけど、

ドリアン助川:
はい、はい

相談者:
もう、30年ぐらい、一緒に結婚生活は送っております。

ドリアン助川:
あ・・ということは、あのお、その息子さんの、

相談者:
の・・

ドリアン助川:
お父さんではない?

相談者:
そうなんです。

ドリアン助川:
ふうん。息子さん59歳で4年前にお子さん出来たということは、そん時、息子さん50う、5歳・・

相談者:
そうですね。

ドリアン助川:
に、して初めての子ども。

相談者:
そいで、もう、嬉しくて嬉しくてね。

ドリアン助川:
ああ

相談者:
可愛がった、はずなんですけども・・

ドリアン助川:
その時の、お嫁さんっておいくつなんですか?

相談者:
やっぱり10歳ぐらい下、下かもしれませんね。

ドリアン助川:
あら

相談者:
やっと出来た子だったんです。

ドリアン助川:
あの、二人にとって初めての、子ども?

相談者:
そうなんです、わたしも、は、初孫ですし、

ドリアン助川:
はい、はい

相談者:
可愛くてね。

ドリアン助川:
この二人は初婚だったんですか?

相談者:
ええ、そうです。

ドリアン助川:
恋愛結婚で?

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
ふうーん

相談者:
サーフィンか何かでね。

ドリアン助川:
あららら
なのに、出来てしまったら、奥さん、出てっちゃった?

相談者:
息子も悪いんでしょうけどね、あのお、仕事して帰って来るとイライラして、赤ちゃんが、泣くのを、なんか、ほ、頬を、
「泣くな」って突っついたらしいんですね。

ドリアン助川:
ああー

相談者:
それでもう、そのお・・あれは、お嫁さん多分、ん、わたしにはそう言いました。
「もう、この人とはやって行けないって、思ったから」って。でも出て行くのに、どうしてそんなお家の権利書ですか?・・そういうのとか、現金とか持ってね、行くのかな?と思いましてね。

ドリアン助川:
住んでいたお家・・というのは、誰の物なんですか?

相談者:
えーと、息子の物です・・

ドリアン助川:
むす・・

相談者:
お父さんから買ってもらった物です。

ドリアン助川:
あ、どのお父さんから?

相談者:
んー、わたしの、最初に暮らした男性ですね。

ドリアン助川:
え、前の旦那さんから買ってもらったお家、で、名義は息子さんだったんですね?

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
はい
出て行く時に、お嫁さんは、その家の権利書とか持ってってしまったということですね?

相談者:
そうなんです。

ドリアン助川:
その時に、あの、司法書士が絡んだりっていうような手続きあったんでしょうか?

相談者:
・・買う時は、あのお、近所の、不動産屋さんから・・あの、買ったらしいんで、その時に、名前を変えたみたいなんですね。

ドリアン助川:
名前を変えたというのは、

相談者:
お嫁さんに・・そ、やっぱり好きだったから・・あの、どうせ年が上だしね?自分は。

ドリアン助川:
はい

相談者:
お嫁さん、の名義に「いいよ」って、「いいよ、あんたの名前を名乗るから」って言って、

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、あの、ん、届け出はしたらしいです。

ドリアン助川:
それはあのお、入籍の時ですよね?

相談者:
入籍の時ね。

ドリアン助川:
はい、それで、お・・

相談者:
で、お家買う時も、

ドリアン助川:
うん

相談者:
だから結局その、名前ですね。あちらの名前で買ってるんです。

ドリアン助川:
でも、お金を出したのは、前の旦那さんなんですよね?

相談者:
買ってもらった時のお家は、あの、息子の名義で買いましたけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
今度また、別な県に移った時に、お嫁さんのお父さんが亡くなられたんで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
その時、あの・・「あんたの名前にしていいよ」ってなんか、言ったらしいんですね。

ドリアン助川:
え、ちょっと待ってくださいね。

相談者:
はい

ドリアン助川:
最初に、あの・・最初のお家というのは・・お父さんが買ってくれたお家ですよね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、それは息子さんの名義だったんですよね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
で・・この、お嫁さんが、も、権利書持ってった家っていうのは同じ家ではないんですね?

相談者:
で、別な家です。

ドリアン助川:
あ、別な家ですね?

相談者:
うん、他府県の方の。

ドリアン助川:
他府県のね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、それは誰が買ったんですか?

相談者:
それはだから、あの、息子が・・お父さんからもらったお家を・・

ドリアン助川:
売って?

相談者:
売ってくれと。お嫁さんの、お家の実家の近くに?

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、仕事も紹介していただけたもんですから、

ドリアン助川:
はい

相談者:
現金持ってたからそれで買ったらしいです。

ドリアン助川:
で、お父さんが買ったお家は売っちゃったんですね?

相談者:
売っちゃったんです。

ドリアン助川:
あ、はい、はい、はい
じゃ別なお家ですね?はい

相談者:
はい

ドリアン助川:
権利は、あの、お嫁さんのもんだと。

相談者:
うん、そうなんです。

ドリアン助川:
それからそこは実家が近いんですね?

相談者:
え、近いんです。

ドリアン助川:
ということは、お嫁さん出て行ったとはいえ・・

相談者:
ええ

ドリアン助川:
実家の方に戻られた、んですね?

相談者:
え、そうです。

ドリアン助川:
うん、じゃ、距離的には近いとこにいらっしゃるんだ。

相談者:
近いです、割と。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
それから今度、あの、うん「戻って欲しい」って交渉しに行くと、うん、警察へ訴えちゃったから、近づいちゃ行けないっていうことで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
二週間、刑務所ですか?、留められたそうなんです。

ドリアン助川:
えー、離婚は成立しているんですか?

相談者:
してないんです。

ドリアン助川:
してない?

相談者:
したくても応じてくれないそうです。

ドリアン助川:
ふうーん

相談者:
それを言いに行って・・自分が可愛がってたワンちゃんも4匹、あのお、うろうろしてるのがガラス越しに見えたんでね、

ドリアン助川:
はい

相談者:
余計興奮しちゃ、って・・

ドリアン助川:
うん

相談者:
大きい声出したらしんですね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
そしたら警察が、駆けつけて来て、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あの、逮捕されちゃったんです。で、わたくしが説得に、あの、「会ってください」って言いに行っても、やっぱり会ってくれませんでした。

ドリアン助川:
ふうーん
そこまでね?、拒絶されてるなら・・離婚した方がよっぽどいいと思うんですけども。

相談者:
ええ、もう、すると心は決まってても、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
書類を送っても、一切なんの音信もないそうです。電話も掛けられないし。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
掛けたって出ないです。わたしが掛けても、出ません。

ドリアン助川:
お母さんとしては・・どういう風に・・なって欲しくて今日電話をして来たんでしょう?

相談者:
とにかく赤ちゃんのためにも、当然ね、あのお、養育費も必要ですからね?、「あげる物は全部もう裸一貫で、やり直しなさい」って、せがれには言ってるんです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
応じないからどうしたらいいか、もう、とにかく、悩むだけで・・

ドリアン助川:
分かりました。
では、今日の回答者の先生紹介いたします。

相談者:
はい

ドリアン助川:
弁護士の大迫恵美子先生です、よろしくお願いします。

相談者:
はい

(回答者に交代)


「アラ還サーファー息子から束の間の初孫。DV&ストーカーで留置されても嫁非難」への3件のフィードバック

  1. 82歳だし、仕方ないかもしれないけど、話が分かりにくい。
    うちの姑もそうだけど、主語を、抜かして話たり。
    そして、相談する時に、自分に都合の悪いことを言いたくないから、言わずに話をすすめて、話の後半に重要な事実を出してきたりする。
    自分で
    息子の事を「口暴力が酷い」といいながら、あまり息子の事を悪く思ってない相談者。

    回答は、回答者の言う通りでしょう。

    1. うん。確かに息子の非道を知ってか知らずか、大したことはしておらず、取るものとって逃げた嫁って解釈の母と、精神的成熟のないまま家庭だけは欲しがる息子。
      周りはアドバイスしようがないし、嫁は逃げるしかない。大迫先生もいつものパターンを繰り返すしかない。

      こういう母と息子は非常に多いような気がするが、幼子に八つ当たりするような、側から見たら未成熟すぎてかなり精神的問題が深そうな男性が社会にたくさん放たれている状況はしんどい。

      本当に、こういう男性の存在が許されすぎているので、精神的に問題のある男性の多さとその原因、対処方法、治療方法などについて、重大で深刻な社会問題として広く周知してほしい。

  2. スミマセン、私も管理人さんのツイート同様、この相談者と相談者の夫の ” 年の差婚”のほうにに興味が行ってしまいました。

    息子が29歳の時、36歳の男と再婚した52歳の母親か~。30年間、いろいろ あっただろうね。

コメントはお気軽にどうぞ