入籍する息子の子連れ彼女にイチャモンつけたくてググっても分からずテレ人で撤収


(回答者に交代)

大迫恵美子:
もしもし?

相談者:
はい、よろしくお願いします。

大迫恵美子:
はい、こんにちは
えーとですね、

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、ちょっと、お聞きしたいんですけど。
さっきその、「お子さん達は」、

相談者:
はい

大迫恵美子:
「お父さんの籍に入ってる」っておっしゃいましたよね?

相談者:
はい・・はい

大迫恵美子:
はい
あの、前の結婚っていうのは離婚なんですか?

相談者:
離婚だと思います。

大迫恵美子:
はい
それで、え、奥さん、は、えー、出て、え、自分の新戸籍を編纂したんですね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
で、その時に、その、姓は・・前の夫婦の時の、姓をそのまま使うという、届け出をしてるっていうことですね?

相談者:
そうだと思います。

大迫恵美子:
はい
で、その新戸籍の中に子どもは入れてないんですか?

相談者:
いやそれがね?分からないんですよね。

大迫恵美子:
ふうーん・・ま「分からない」っていうのは・・

相談者:
&#△%

大迫恵美子:
もちろん、お母・・

相談者:
もしかしたらば、そのお、えっと、新戸籍の中に・・彼女だけなのかもしれないし・・でもただ、ずっと、わたしが知ってる限りは・・親権はその、彼女にあって、ずっと一緒に暮らして・・たと思うんですね。

大迫恵美子:
ま、親権があるのは分かるんですけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
あのお・・え、でも「お父さんの戸籍に入ってる」っていうことを・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
言ったんでしょ?

相談者:
そうなんです。

大迫恵美子:
うん、じゃ、そうだとしたらそうなんだと思いますよ。

相談者:
ああーあ

大迫恵美子:
あの、戸籍っていうのはね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、ま、一箱・・箱を作るみたいなもので・・

相談者:
ええ

大迫恵美子:
ま、筆頭者っていうね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、人を決めて、

相談者:
はい

大迫恵美子:
で、それはまあ、今、日本では、別姓が認められてませんので・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
結婚すると、同じ、姓になりますよね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
で、元々結婚する前から、その姓を名乗ってた人を筆頭者にするんです。

相談者:
あは、はいはい

大迫恵美子:
ですから普通日本の場合は、あの、女の人が・・男の人の姓になることの方が圧倒的に多いので、

相談者:
はい

大迫恵美子:
男の人が、筆頭者になってますけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
そういう箱があって、で、子どもが産まれると、その箱の中に、長女とか、長男とかっていう感じで次々と足して行くんですね。

相談者:
はい

大迫恵美子:
で、離婚になると・・その箱の中から・・筆頭者じゃない方が・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
出ちゃうわけですよね。

相談者:
あ、はい

大迫恵美子:
で、ですから、その・・お嫁さんになる人は、前に離婚した時に、自分は出たんだと思います。

相談者:
あ・・はい

大迫恵美子:
で、新戸籍を、編纂して、えー、結婚してる時の姓を使って、新戸籍を編纂してますけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
その、あの・・表面的にはね?・・例えば、ま、鈴木さん夫婦の・・離婚があって。

相談者:
はい

大迫恵美子:
え、奥さんが、鈴木姓で、戸籍を作ったとしても・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
これはね?同じではないんですよ。

相談者:
・・あー、そうなんですか。

大迫恵美子:
え、一応その、なんていうんですか、な、世の中に、ね?鈴木さんっていっぱい、い、いたりするじゃないですか?

相談者:
はい、はい

大迫恵美子:
でもそれはみんな・・一族でもなんでもないし・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、同じ名前・・には見えますけど・・

相談者:
うん

大迫恵美子:
それは戸籍上は別の名前なんですね。

相談者:
うーん

大迫恵美子:
ですから、その別の箱を作っちゃってるので、そこにいて、そこに、子ども達を入れてなければ、

相談者:
あーはい、はい

大迫恵美子:
それは、もうそういうことは、あり得るんです。

相談者:
あ、あり得るっていうことですね。

大迫恵美子:
ええ

相談者:
ああ

大迫恵美子:
ま、一般的にはね?親権を取ると、自分の、方に子どもも入れたいって言って・・

相談者:
そうですね・・はい

大迫恵美子:
あの、連れて来て、えー、ま、その時名前も変えてね?

相談者:
うん

大迫恵美子:
自分の戸籍に入れる、人の方が多いと思いますけど、
ま、別にそうする必要、しなきゃいけないってことはないのでね。

相談者:
ああー

大迫恵美子:
自分だけ出て新戸籍を作って・・

相談者:
うん

大迫恵美子:
え、表面上は、ま、さっきの例だと、鈴木・・さんていうことなんですけど。
それは、元の旦那の鈴木とは、法律上は違う鈴木なんです。

相談者:
あーああ

大迫恵美子:
で、子ども達は、元の、旦那さんの戸籍に残ってるならば・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
お母さんとは違う鈴木さんなんです(含み笑い)。

相談者:
あーそういうことですか?

大迫恵美子:
ん、んん、ええ
それで、まあ、そういう状態ならね?

相談者:
うーん・・うーん

大迫恵美子:
あのお、結婚して・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
えー、まあ、あの、その鈴木妻さんが、あなたの息子さんと同じ姓、に、の箱に入ると。

相談者:
はい

大迫恵美子:
それは、ありますよ?

相談者:
あ、あ、そうすると、要は、先生が今おっしゃってるのは・・

大迫恵美子:
はい

相談者:
要するに彼女だけ、別な箱に入ってるので、

大迫恵美子:
ええ

相談者:
彼女だけ・・あの、息子の、ところの、箱に入れるっていう、こと、ですかね?

大迫恵美子:
はい
それと・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、まあそうやってね?、ん、例えば・・お父さんの戸籍の方に残ってなかったとしても・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
お、連れて、自分の箱に二人の子どもを入れてたとしてもね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
それでも・・お母さんだけ箱から出て・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
えー、別の名前になることは出来ますよ。

相談者:
あ、それっていうのは・・

大迫恵美子:
はい

相談者:
あの、子どもが、未成年であっても、可能なんですか?

大迫恵美子:
可能です。

相談者:
・・あー、そうなんですか。

大迫恵美子:
あの、箱っていうのはあくまでもね?

相談者:
は・・ええ(苦笑)

大迫恵美子:
筆頭者っていう看板がある箱なんです。

相談者:
ええ、ええ

大迫恵美子:
で、その筆頭者が実はもう亡くなっちゃったってこともありますよね?

相談者:
はい、はい

大迫恵美子:
亡くなっちゃっても看板は掛け替えないんです。

相談者:
・・うんーん

大迫恵美子:
だから、その箱自体はあるんです。

相談者:
あ、そうすると・・

大迫恵美子:
はい

相談者:
えっとお、彼女が、例えばその箱から出て・・

大迫恵美子:
はい

相談者:
子どもの箱に入ります。

大迫恵美子:
はい

相談者:
そしてそのもう一つの箱っていうのは、子ども達二人だけが残る箱っていうことになる・・

大迫恵美子:
そうです、そのまま箱が残ってるのでね?

相談者:
あ、残っちゃってる・・

大迫恵美子:
はい

相談者:
それは、筆頭者っていうのは、そうするとどう・・

大迫恵美子:
だから筆頭者はただの看板なので、

相談者:
ええ

大迫恵美子:
さっきも言ったようにね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
亡くなったとしても筆頭者の、看板掛け替えないので、

相談者:
あー、そういうことです・・

大迫恵美子:
出ちゃっても看板は掛け替えないんですよ。

相談者:
あ、ただその箱が残ってるっていうことなんですね?

大迫恵美子:
はい、そうです。

相談者:
あー、分かりました(苦笑)。

大迫恵美子:
で、もう18歳だとね?

相談者:
ええ

大迫恵美子:
あの、未成年ではありますけど・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
自分でもう姓を名乗れる、あの、選べる、年頃なんですね・・

相談者:

大迫恵美子:
15になると、自分で選べるようになるんです。

相談者:
あー、そうなんですか。

大迫恵美子:
え、ですから、自分が「いや」、うん、あの、「名前今頃変えるの嫌だよ」って言うと・・

相談者:
うん

大迫恵美子:
あの、「いやいやお母さん再婚するんだからお願い」って言っても・・

相談者:
うん

大迫恵美子:
子どもの意思で、

相談者:
はい

大迫恵美子:
えー、前の、姓を名乗ることも出来ちゃうんです。

相談者:
あ、そうですか。

大迫恵美子:
はい

相談者:
あ、分かりましたあ。じゃ、こ、たぶん、子ども、が言ってるのはそのことなんだと思うんですね(含み笑い)。

大迫恵美子:
ま、そうでしょうね(含み笑い)。

相談者:
はい、すいません(苦笑)

大迫恵美子:
はい(苦笑)

相談者:
わたしが勉強不足っていうか、なんかネットで調べても分からなかったもんですから。

大迫恵美子:
うん

相談者:
・・すいません、よく分かりました。(苦笑)

(再びパーソナリティ)

柴田理恵:
あ、分かりましたか?

相談者:
はい、すいません。

柴田理恵:
大丈夫ですか?

相談者:
はい、大丈夫です・・

柴田理恵:
はい

相談者:
ありがとうございました。

柴田理恵:
もう、これから、あの・・息子さんの・・ご夫婦と・・幸せに・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
やってください。

相談者:
はいすいません。

柴田理恵:
はあい

相談者:
ありがとうございました。

柴田理恵:
はい、ありがとうございました・・

相談者:
はい

柴田理恵:
失礼しまあす。

相談者:
失礼いたしまあす。

柴田理恵:
はい




「入籍する息子の子連れ彼女にイチャモンつけたくてググっても分からずテレ人で撤収」への5件のフィードバック

    1. よく分からない相談ですねぇ。
      手当てを貰えなくなるからとか理屈をこね回しといて、実は入籍に反対なのかと思いきや、終わり際には得心のいったような爽やかな声。
      ほんとは子持ちの嫁なんて認めたくなかったんでは?

  1. みてみろこの女
    相手の立場なんてこれっぽちも考えていない
    名を変えることを鼻の糞ほど考えていない
    自分の面子からの話である
    まともな親子関係を築いていたなら
    息子が黙って家など建てない
    まともな息子なら親に黙って家など建てない
    この女に価値はあるのか?
    この息子に価値はあるのか?
    こいつらの問題に価値はあるのか?
    お互いに相手の立場で物事を進めたら
    問題になったのだろうか?
    鏡みてみろ
    戸籍どうこう以前に鼻糞付いていませんか?

  2. 傲慢な人ですよね。相談者。
    絶対嫁に嫌われる。
    うまくいきっこない。
    嫁の方が苦労してる分、しっかりしてるはず。

コメントはお気軽にどうぞ