夫「離婚だ、離婚だぁ」妻「じゃ、します」夫「俺はいいけど、しねえよ」

テレフォン人生相談 2019年12月13日 金曜日

今週はスペシャルウィークという名の聴取率調査週間
テレ人もそれに呼応して、特集「もうムリ!妻が夫を捨てるとき」

なにかと離婚を口にしていた暴力夫がいざ離婚を持ち出すと応じない。
ネックは離婚の実現性と離婚後の生活設計。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女47歳 夫48歳 子ども15歳と12歳

今日の一言: 現実から逃避した大人になった幼児が増えています。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい・・こんにちは、お願いします。

加藤諦三:
はい、最初に年齢教えてください。

相談者:
47です。

加藤諦三:
47歳、結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
え、ご主人何歳ですか?

相談者:
48です。

加藤諦三:
48。お子さんは?

相談者:
二人です。

加藤諦三:
何歳ですか?

相談者:
12歳と15歳です。

加藤諦三:
・・はい、分かりました、それでどんな相談ですか?

相談者:
わたしは離婚を考えていましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
と、主人は・・

加藤諦三:
はい

相談者:
ま・・主人から何度も「離婚だ」「離婚だ」と言われてるんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、実際わたしが、「離婚を」し、「したいので話し合いを」って・・言っても・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
ま、聞き入れないというか・・

加藤諦三:
ずうっとご主人は、「離婚」「離婚」と言っていた。

相談者:
あのお・・

加藤諦三:
ん、で、あなたが、今度、離婚したい・・と思って・・

相談者:
はい

加藤諦三:
それで「話し合いをしたい」と言い出したら・・

相談者:
はい

加藤諦三:
離婚の話し合いには、お、応じなかったということね?

相談者:
・・そうですね・・

加藤諦三:
はい

相談者:
応じないですね。

加藤諦三:
え・・あの、あなた、ぎょ、ご主人が「離婚」と言い出したのはいつぐらいですか?

相談者:
あ、もう子どもが・・ま、3、4歳とかそのぐらいから・・もう、事あるごとに・・

加藤諦三:
という・・もう10年前ぐらいから・・

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、10年前には、ぐらいから、もう、「離婚」「離婚」と言っていたと。で、あなたが・・

相談者:
喧嘩すると、はい

加藤諦三:
あなたが離婚したい、っていう風に思い出したのは、いつ頃からですか?・・おおよそ。

相談者:
・・2年ん、ぐらい前です。

加藤諦三:
2年ぐらい前ね?

相談者:
はい

加藤諦三:
それで・・あなたが、「離婚したいので話し合いたい」って言ったのは、おおよそいつぐらいですか?

相談者:
えー、3ヶ月ぐらい前からですかね?

加藤諦三:
3ヶ月ぐらい前・・だけども、ご主人は、「じゃ、話し合いましょ」っていう、は、ことはなかったのね?

相談者:
・・そうですね、なんか、色々、言い訳をして、

加藤諦三:
うん
どんな言い訳してた?

相談者:
「俺にはメリットがないし」?

加藤諦三:
うん

相談者:
「損をするばかりだし」?

加藤諦三:
ええ

相談者:
「子どもが可哀想だから」・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
ていう感じで・・
「俺は離婚は別にいいんだけど」?

加藤諦三:
・・うん

相談者:
「そういうことがあるから」?、って言って、応じて、くれないです。

加藤諦三:
うん、なるほどね。
「俺はいいんだけれども」・・

相談者:
はい

加藤諦三:
「離婚すると周りに」、

相談者:
はい

加藤諦三:
あのお・・「迷惑が掛かるというか」・・

相談者:
はい

加藤諦三:
「周りに被害があるから」・・

相談者:
はい

加藤諦三:
「俺は、いいけれども・・お前のために離婚はしない」と。
「周りの人のために離婚しない」って、こういう論理ですよね?

相談者:
そうですね、はい

加藤諦三:
はい
で、あなたが「離婚したい」って言い出した時には、

相談者:
はい

加藤諦三:
この論理。
で、あなたが「離婚したい」って言い出す前ね?

相談者:
はい

加藤諦三:
黙っている間はあ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
ただ「離婚したい」「離婚したい」で喧嘩・・

相談者:
あの・・普通に、あのお、日常的な喧嘩の際に、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、最後にまあ、そういった捨て台詞を吐くっていうか・・

加藤諦三:
捨て台詞・・ん・・

相談者:
うんー

加藤諦三:
実際に、どんな言葉を言ったの?

相談者:
実際に・・普通に、あの、こう日常的に・・

加藤諦三:
うん

相談者:
喧嘩することっていうか、言い合いというか・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
あの、些細なことで・・

加藤諦三:
うん

相談者:
ちょっと言い合いした時に・・

加藤諦三:
うん

相談者:
ま・・うん・・段々こうヒートアップして来て、

加藤諦三:
うん

相談者:
・・「出て行け」とか「離婚だ」・・&#

加藤諦三:
「出て行けー」と言うわけね?

相談者:
出て行け・・はい

加藤諦三:
それは・・「出て行け」っていうんじゃなくて、かなり・・キツい調子で
「出てけえ!!」ってこと?

相談者:
はい

加藤諦三:
うん

相談者:
で、ひどい時は暴力もそこで・・あって。

加藤諦三:
あ、暴力?・・暴力っていうことは、殴る蹴るがあったの?

相談者:
・・と、今までに5、6回・・ほど、んー、頭を叩くっていうんですかね?

加藤諦三:
いや、頭を叩くって、これ大変なことだよ。
頭を・・殴ったの?振り回したの?

相談者:
うーんと、頭を・・平手で?

加藤諦三:
うん

相談者:
こ・・バチン!と叩くっていうんですか?

加藤諦三:
あーあーあ

相談者:
はい

加藤諦三:
そういう・・暴力もあったと。

相談者:
はい

加藤諦三:
それで「出て行けー」と。

相談者:
はい

加藤諦三:
じゃ、どういう風に言ったというけど「離婚だー」って・・あ「離婚しよう」っていうよりも「離婚だー」という叫んだんだ?

相談者:
あ、叫ん、びますね、はい

加藤諦三:
うーん・・ていうのは、あなた・・はい分かりました。
あなたは・・要するにこの10年前から・・

相談者:
はあい

加藤諦三:
喧嘩あ、のたびに、

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、こうであったと。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、あなたが2・・3ヶ月ぐらい前から、

相談者:
はい

加藤諦三:
に、「離婚したい」っていう話を始めたと。

相談者:
はい

加藤諦三:
離婚したいと思ったのは2年前ぐらいだったと。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
はい
それで今日の相談というのはどういうことですか?

相談者:
・・えー、ま・・全く離婚に応じようとしないので・・ま、これから・・

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、どういう風にい・・離婚ん・・するためにはどうして行ったらいいのか?っていうことをちょっとお聞きしたいと思いまして・・

加藤諦三:
あ・・あはいはい
あ・・割と明確な相談ですね。
どういう風に、離婚に持ってったらいいか?ということですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はスタジオに弁護士の大迫恵美子先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

(回答者に交代)


「夫「離婚だ、離婚だぁ」妻「じゃ、します」夫「俺はいいけど、しねえよ」」への22件のフィードバック

  1. お子さんたちも留守の出来る年齢なのだから、しっかり仕事を探して、正社員として収入を得てから、離婚を考えた方が良いですよ。
    養育費をあてにしても、それでは暮らせません。

    具体的に言わないと、相談者は分からないと思いました。

  2. 最近巷で繰り返される小児虐待殺人事件の理由の一つを見るような相談だった。昨日といい今日といい、、、。
    逮捕されても馬鹿親は反省したふり、泣いたふりで済ませればいいくらいの頭しか無いだろうが、馬鹿親に作られていい加減な育てかたされた挙句に殺される子が不憫。

  3. この人の旦那さんは幼稚そうだから相談者が
    ハイハイヨチヨチしてうまーく手の平で転がして上げればよいのでは?
    相談者も幼稚だからうまーくいかないんだろうけどね。

    1. 本物の幼児だって大人の思い通りに機嫌コントロールできないですよ
      ましてや小狡い大人がワガママ放題する目的で家庭内暴力振るうのだから手の平で転がすとか理想論の机上の空論なんじゃないですかねえ…
      少なくともタゲられてる相手にはできないこと
      相談者も離婚後の生活費を尋ねられてそんな夫からの養育費を第一に上げる頼りなさは同意だが…ここれずっこけるよね

      1. 私もそう思います。
        私は、最近は結婚と子育てを間接的にする(ふれあいがない)人も減ってきたのもあるんじゃないかと思うんですが、犬をしつけるように子供や人をしつけようとしてるように見える人が多いなと感じます。

        幼児のままのおとななのはわかるけども、ほったらかすしかない…他人は変えられませんからね。たぶん正当化する狡いやつはヨチヨチいい子ねとやれば大人のふりして人生の全てを甘えてきて、人の人生を奪って我が物顔にしてくるから自尊心を持っていかれるし、成長する訳じゃないので大変なことになるんだなぁと思います。今の所の経験とよそんちの観察だと(汗)

  4. DVやモラハラの中で長年生活している妻は人としての自信や気力を削がれてしまうのかなと思いました。声にも力が感じられずどう動いていいのかわからない状況なのかな?子供達と協力し何とか離婚が出来ますように!

  5. 幼稚なDV夫と一緒にいられる事に呆れますが、一緒にいるメリットが少なからずあるのでしょうか。
    自分一人で子供を背負って、働くよりはDV夫といた方が都合がいいのでしょうか。
    お互いに相手をバカにしている似た者夫婦。

  6. 夫をうまく手のひらで転がしたらいいのに、という言い方、旦那をうまく操縦してるように見える人は現実にいるけど、かなり屈辱的なことを耐えているか、麻痺しているか、どちらかのケースが多いのでは。

    理論的に相手のおかしいところやこちらに迷惑や被害が及ぶことを指摘すると、言い返せなくて暴力を振るうって、自分を受け入れられてないんだから妻を受け入れるなんてできるわけないし、人格に致命的な問題があるから、うまく手のひらで転がすなんてこと、万一できたとしても、自分が折れなきゃいけないこと、諦めなくちゃいけないことは増えて、関係は冷えるし、憎しみも溜まっていくと思う。
    子供のため経済的な問題で離婚しなくても、互いに喧嘩しかやりとりのできない両親を見て育つ子供がかわいそう。

    まあ、経済力がないと、相手と対等な関係を築こうとしない人はたくさんいるし、上下関係の下側で生きていくのが嫌なら必死で働くしかないし。

    相手を対等に見られず、対等であろうとも出来ないなら、そもそも結婚しなけりゃいいのに。結婚のグロテスクなとこばっか見えてくるよ。

    1. そうなんです。経済力を持たないと、屈辱に耐えながら暮らすしか無いんです。
      離婚も出来ず、お金が無ければ気晴らしも限られる。
      パートで働いていくら頑張っても、たまるのはお金じゃなくて疲ればかり。

      そんな人と結婚した愚かな自分を悔いて泣けてくる。

      若い人が結婚しないのも分かります。

      1. この人の方が相談者より闇が深い。なお闇が深いのは、「旦那手のひらで転がせばいいじゃん」と机上の空論で悦に入っているコメント。確かに晩婚化非婚化少子化進むはずだわ。今や結婚出産とは、夫婦共々人格者で経済力あって、それぞれの実家も人格者揃いで資産家でないと出来ないような贅沢品。または結婚とは配偶者ガチャ。ハズレを引けば世間からの無責任な罵声が投げつけられる。

  7. 叩かれて転んでお尻に痣が出来ました。
    写真撮りました。
    それがDV?
    周りの人もそんなDV男と別れてしまえ・・・。

    こんなDVやパワハラやセクハラという風潮はここ10数年だと思う。

    根源は他にあると思う。
    ただその根源自体も離婚するほどの事?って感じがする。

    ここの相談室で夫婦物は、
    相手がこんなに悪いんです。
    私被害者なんです。
    って類が非常に多い。
    (大概は大したことないと思うよ、離婚後の辛い生活と比較すれば)

    私ら外野にとっては面白いんだけどね。
    私はこのバカよりマシだわ、って思えるから。

        1. いや、ご教授、ご教示、どちらでも間違ってないよ。
          ご教示の方が、一般的に軽く使われてるだけで。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。