専業主婦が養育費ありきの生活設計。弁護士が警告するも「でもぉ貰えますよね?」

テレフォン人生相談 2019年12月12日 木曜日

価値観が合わない夫と離婚したい。
とにかく今のストレスから逃れたい。

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女43歳 夫42歳 長女4歳 次女1歳

柴田理恵:
もしもし?テレフォン人生相談です。
こんにちはあ

相談者:
はい、&#△%こんにちは

柴田理恵:
今日はどんなご相談ですか?

相談者:
あ、えーとですね・・

柴田理恵:
はい

相談者:
離婚したあ、くって、なんですが。

柴田理恵:
はい・・あなた今おいくつですか?

相談者:
40、3です。

柴田理恵:
はい
えーと、旦那さんは、おいくつですか?

相談者:
えと、40・・2です。

柴田理恵:
2、はい
えー、お子さんはいらっしゃるんですか?

相談者:
はい。えーと、娘が二人で、

柴田理恵:
はい

相談者:
4歳と1歳です。

柴田理恵:
あーあ、そうですか。

相談者:
はい

柴田理恵:
じゃ、あの、お子さん・・娘さん二人いても・・離婚したいと?

相談者:
今の気持ちは。

柴田理恵:
はい。どうしてですか?

相談者:
えーっと・・ま・・価値観、が合わないという・・のが、一番大きいかと思うんですが。

柴田理恵:
あはい。例えばどういうことで?

相談者:
うんー・・子ども・・達のこととかでも・・

柴田理恵:
うん

相談者:
熱が出たりしてもお・・

柴田理恵:
はい

相談者:
そんなに・・タッチ・・してくれないと言いますか。

柴田理恵:
ふん、ふん

相談者:
ん、と、娘が、

柴田理恵:
うん

相談者:
生後2ヶ月の時に、

柴田理恵:
うん

相談者:
40度近く熱が出て、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
で、夜だったんですが、

柴田理恵:
うん

相談者:
と、「熱が出て救急病院に行く」って言った時に、

柴田理恵:
うん

相談者:
あ、仕事が早かったので、ま、寝てはいたんですけれども、

柴田理恵:
うん

相談者:
次の仕事が早くって。

柴田理恵:
うんうん

相談者:
でも、あの、いや・・「40度近く熱があるから病院行って来るね」って言っても・・

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
「うん」って言って寝てたりです、とか・・

柴田理恵:
あー

相談者:
そうなことは多々、あるんです。

柴田理恵:
あー、仕事朝早いから、んじゃ・・「行って来てえ」みたいな感じですか?

相談者:
あ、もう全然、え、◆#$、だけでした。その時は。

柴田理恵:
うーん

相談者:
で・・

柴田理恵:
うん

相談者:
なんか、わたしとしてはあ、

柴田理恵:
うん

相談者:
子どもが産まれた、そん、その、生後2ヶ月で熱が出たりしたら・・

柴田理恵:
うん

相談者:
もう飛び起き、て、

柴田理恵:
うーん

相談者:
「大丈夫?一緒に行く」・・とかなるのかな?っていう感覚・・

柴田理恵:
うーん・・ふうーん

相談者:
ではあったんですが。

柴田理恵:
うーん

相談者:
そうでもなく。

柴田理恵:
うーん

相談者:
とか、な、ま、色々、こう積み重なって・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
ていうのが一番大きいですかね・・

柴田理恵:
お子さん以外に対しては何かありますか?

相談者:
金銭感覚といいますか、

柴田理恵:
うーん

相談者:
お小遣いとか、うん、ま、わたしは専業主婦なので、

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
主人は今お小遣いなんですが。

柴田理恵:
はい

相談者:
・・そういうのとかでも・・

柴田理恵:
うん

相談者:
ん、ま、なんか・・「世間一般の」・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「お小遣いってこれぐらいなんだって」みたいな感じで話をしても・・

柴田理恵:
うん

相談者:
ま「それは世間一般、だから」みたいな。

柴田理恵:
具体的に・・ん、いくらぐらいっていったら・・あれかもしれないけどお・・大体・・全体の・・ん、何パーセントぐらいなんですか?

相談者:
・・給料、の・・

柴田理恵:
うん

相談者:
2割・・くらいですかね?

柴田理恵:
2割くらい?

相談者:
はい

柴田理恵:
結構ですよね?

相談者:
あの、世の・・家庭よりは・・多いかなと・・

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
いうか・・

柴田理恵:
・・ま・・世の中の・・旦那さん達がいくらぐらい稼いでるかにも、よりますけどね?

相談者:
はい、はい

柴田理恵:
そのご主人がとっても、大きいかもしれないから。

相談者:
はい

柴田理恵:
ふうん

相談者:
最近あったのが・・

柴田理恵:
ふん

相談者:
その、ちょっと・・支払い、だったりとか色々諸々、ある中で、

柴田理恵:
うん

相談者:
・・「今はちょっと、厳しいので」・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「少し」って・・いう・・

柴田理恵:
ん?

相談者:
感じに・・

柴田理恵:
どういうことですか?

相談者:
「もう少し抑えて」って、「減らして」・・っていう、話になった時も、

柴田理恵:
支払いっていうのは何の支払いですか?

相談者:
あ・・家だったりとか。

柴田理恵:
は、は、家のローンとか・・

相談者:
そういう、ええ

柴田理恵:
そうのが、あるから・・

相談者:
&#△%のものが、はい

柴田理恵:
あるんで、

相談者:
ええ

柴田理恵:
その「お小遣いを少し抑えて欲しい」って言ったんですね?

相談者:
はい

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
でもそれは・・あの・・あっ・・ん、んー、ま・・ない感じというかですね?

柴田理恵:
&#・・

相談者:
減らさ、減らさないというか・・

柴田理恵:
減らさない?

相談者:
ええ

柴田理恵:
ああ、でも、家計簿とかをこう・・見せたりは・・してらっしゃるわけでしょ?

相談者:
あ、そうですね、家計簿ではないですけど。

柴田理恵:
うん・・うん、うん、うん

相談者:
はい

柴田理恵:
こんな「こういうふになってますよ」っていう風に、言っても・・聞き入れてくれないわけですか?

相談者:
ま、聞き入れ、てくれないというか・・

柴田理恵:
うん

相談者:
その時の現状ではそうでした。

柴田理恵:
ふうーん・・でも生活費はちゃんと入れてらっしゃるんですもんね?

相談者:
あ、生活費というか、ええ、もちろん全部・・

柴田理恵:
うん

相談者:
給・・

柴田理恵:
給料は全部、奥さんに、ま・・

相談者:
はい

柴田理恵:
任せてくれてるわけですね?

相談者:
はい、そうです。

柴田理恵:
うんうん、はい
・・なるほど。
・・なんか・・こう、お聞きしててそんな特別すごい・・ひどい旦那さんっていうか、そんな気もしないんですけど・・

相談者:
あ・・はい

柴田理恵:
どの辺が、その、離婚までしたいと思われるんですか?・・そのお子さん今ね?

相談者:
はい

柴田理恵:
4歳と、1歳のお子さんだったら・・

相談者:
はい

柴田理恵:
すごく大変じゃないかしら?、これからと思うんですけれど。

相談者:
はい・・でももう、たぶんわたしの中で、日々、あ、んーと、今までの積み重ねから・・もう・・うんんん・・無理、だと思ってしまってですね。

柴田理恵:
無理?

相談者:
はい。一緒に、やって行くのがというか。

柴田理恵:
ふうーん・・恋愛結婚ですか?

相談者:
・・一応はそうです。

柴田理恵:
ふうーん・・結婚して・・ん、じゃ・・5、6年ってところですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
うん、ふん、ふん、ふん
いつぐらいからそういう・・ちょっと合わないわと思われ始めたんですかね?

相談者:
あー、ここの1年ぐらい、かもしれないです。

柴田理恵:
はあー・・ここ1年何があったんでしょうねえ?

相談者:
ここ1年・・いや何・・うん、たぶん積み重ねですね・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
積み重ねから・・

柴田理恵:
うん

相談者:
わたしの中で、ちょっともう、無理かもっていう・・

柴田理恵:
ふうーん・・分かりました。
あの、でも、あれですよね?・・専業主婦なさってらっしゃって、

相談者:
はい

柴田理恵:
で、お子さんがお二人いらっしゃって。

相談者:
はい

柴田理恵:
その離婚なさるとすると、その先のこの・・生活費とか・・

相談者:
はい

柴田理恵:
その、お子さんの親権の問題とか、

相談者:
はい

柴田理恵:
育てて、具体的にね?育てて行くっていう・・

相談者:
はい

柴田理恵:
こととか、

相談者:
はい

柴田理恵:
そういうことまでは考えてらっしゃるんですか?

相談者:
・・かん・・がえてます。というか・・

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
今は・・

柴田理恵:
うん

相談者:
なんかこの、大変でもお・・

柴田理恵:
うん

相談者:
・・抜け出してというか・・

柴田理恵:
うん

相談者:
で・・の方が強いん、ですよね。

柴田理恵:
うーん・・なるほど。すごくこのご主人と一緒にいることがストレスに感じ、るわけですね?

相談者:
今はそうですね。

柴田理恵:
ふうーん・・分かりました。

相談者:
はい

柴田理恵:
じゃあ、ちょっと・・先生に聞いてみましょうかね?

相談者:
はい、すいません。

柴田理恵:
はい
今日の回答者の先生は、弁護士の大迫恵美子先生です。

相談者:
はい

柴田理恵:
先生お願いします。

相談者:
お願いいたします。

(回答者に交代)


「専業主婦が養育費ありきの生活設計。弁護士が警告するも「でもぉ貰えますよね?」」への25件のフィードバック

  1. 相談者さんは、結婚前は何をして暮らしていたのでしょう。
    自営業の手伝いとか?
    おこづかいをたっぷり貰って、30過ぎまで自立していなかったのでは?
    放送を聴いていましたが、プライドの高そうな話し方でした。

    1. うん、確かに受け答えが要領を得ない割にプライドが高い感じがよく伝わってきた。お嬢様育ちやね。

      高いプライドゆえに何か隠してること、話してないことがあるかも。
      自分に好きな人ができたとか、旦那が浮気してるっぽいけど絶対に尻尾を見せないとか。

      それとも、旦那から、生まれて初めてのぞんざいな扱いを受けて、我慢してたけどプライドがズタズタでストレスに耐えられないと言っているのか。

      大迫先生は仕事柄うんざりな相談者だろうけど、柴田さん、もうちょっと口挟むの待ってほしい…というか最新のヒアリングでもっとたくさん聞いといてほしい…。

      1. 回答者の話に割り込むのが柴田さんのクセだ
        でもこの相談に関しては
        大迫先生も声が沈んでウンザリで諭す気力も無さそう。
        ちょうど柴田さんの割り込みで良いんじゃない?
        大迫先生の言葉なんか耳に入らないだろうからね。

  2. 離婚して旦那から養育費貰っても数年で生活が苦しくなって
    後悔するパターンじゃないですかねぇ?

    あまりにも離婚後の計画がガバガバ過ぎて…(汗)

  3. 夢だけ見て何も考えずに結婚して子ども産んで、こんなはずじゃ!?しんどい逃げたいー。
    子どもと旦那が可哀想。

  4. 相談者さんの40歳過ぎての育児は辛くて大変なのは分かります。でもそのまま突っ走ると皆が不幸になると思います。

    相談者 経済的困窮
    子供達 父親を失う
    旦那さん 家族の居ない家のローンを払う

    幸せになるのって難しいのですよ

  5. 会話の内容だけ聞いてたら、20代前半?かと思うような幼さ。
    43歳とは思えない、思慮のなさ。
    離婚後の生活を、甘くみすぎ。
    回答者も呆れてるのが、
    文章から伝わってきた。

  6. 「甘いもん」柴田さん、よく言ってくれました!
    まさしく、「甘い!」と思いました。

    それと、他の方も言ってるように、話し方というか、要領を得ない受け答えで、何か隠してる感じがしました。
    お小遣いがとか、どこの家庭でもある事だし、自分の思うように行かないと我慢出来ないのでしょうね。よその家庭のお小遣いの額を言うより、家計簿付けて、旦那を説得する努力をしたら?
    不満で文句タラタラで、旦那が気の毒です。
    相談者は、今は離婚したいと思ってますが、自分の損得を考えて、結局、離婚出来ないと思います。そして、一生、不平不満を言い続けて、生きて行くと思いました。

  7. 私は相談者の気持ちがよくわかります。共感してくれない人と子育てするのは、ホントに孤独。相談者は離婚したいんじゃなくて、助けてほしいんですよね。
    子ども預けられれば預けて、無理ない範囲でアルバイトでもするといいですよ。外の空気吸うだけで、何か変わると思います。

    1. 正直、外の空気吸ったくらいで変わらないでしょうに。
      一瞬、サッパリした気分になるだろうけど
      一人で子育てするって大変だよ。
      頼る気満々のご両親も高齢だし子育て+介護まで
      必要になったら外の空気吸うレベルじゃないじゃん。
      現実を見るのって大切だよ。
      共感してくれ無い人と離れてラクチンでも
      お金を運んできてくれる人いなくなるよ。

  8. 年老いた親が何歳まで仕事続けて娘と孫を援助出来るかなんてわからないのに、親の仕事手伝って生活するとか大丈夫か?この人。
    離婚に夢見過ぎなんじゃないかなぁ?
    それより旦那さんとよく話し合った方が賢明だと思う。

  9. この相談者ももちろんだけど
    親御さんも大丈夫か? と思わずにいられませんでした。
    これくらいのエピソード聞いて離婚と言い出す娘に意見できないのかと。
    離婚は娘だけじゃなく孫も不安定な生活になることは目に見えている。
    まず結婚して子供を持った娘は独身の時の娘ではない。
    同居するのは難しい。トラブルおきるはず。
    実家暮らしがノンストレスの生活だと思っての離婚
    親が小言言えば又別のノンストレスだと思う生活を求めるのでしょう。
    親御さんが「離婚するのはあんたの勝手だけど うちではひきとれないよ」といえば さすがのこの相談者も考えなおすでしょ。

  10. 焼け石に水、この方には何を言っても離婚届けを出すと思います。旦那さんは嫁さんの性格を見抜けなかった。周りがかわいそうです。

  11. 世間にはこういう人いっぱいいるよ。
    そんな子供に育てる親がいっぱいいる。
    経済的にはお嬢様でもないのに、お嬢様ぽく育てる。
    お嬢様と言われるには、「ばあや」という使用人が必要なんだけども。

    1. 話を聞いてもらって、背中を押してもらいたいだけ
      この週と同じ月曜日に離婚の相談した人と一緒

  12. 旦那の小遣いはパーセンテージじゃなくて具体的にいくらか、親の仕事のジャンルは何かくらい聞いといて欲しかった。
    夫の小遣いが5万か20万か親の自営が斜陽産業か登り調子かでかなり印象が変わる。

    まぁでもこの相談者は親に甘えながら実家でウザい夫抜きで好きなように子育てしたいんだろう。
    それでもいいけど将来は親の介護が否応無く待ってる。
    どちらがマシかな。

  13. 実家で同居となって今ウザい夫がいなくなっても
    今度はウザい対象が両親にかわるだけ。
    親に甘えようと甘えまいと親の介護はのがれられないよん。
    親の介護は損得の問題ではないのです.

  14. このくらいのことも乗り越えられないようでは、結婚生活を継続するなんて そもそもが難しいと思います。
    子どもたちの成長に伴い、これからまだまだ問題は出てくるのに 柴田さんも仰るように甘い!!
    積み重なる前に 一つずつ吐き出し、解決しながら前に進む。
    DV など 明らかな理由がない限り、この作業をしてからでも 離婚は遅くない気がしますが。。
    お子さんが気の毒で。

    実家に戻っても 甘えて過ごすんでしょうね。
    いいご年齢ですがら精神的にあまり成熟していない印象を受けました。

  15. 子供に興味がない夫にウンザリというのはよくわかります。
    なんで自分だけ…っていう。
    けど、あと何年かして子供に手がかからなくなったらガラッと状況変わりそうな気がする。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。