パニくる自覚なき関西男。離婚調停を蹴って警察の警告を無視して妻を探す


テレフォン人生相談 2019年12月11日 水曜日

妻娘に逃げられパニックになっている男。
離婚調停は成立させなかったものの、今後どうしていいか分からない。
警察から近づかないように言われながら、妻の身内を訪ねて厳重注意を受ける。
夫婦喧嘩もなく、心当たりが全くないと言うのだが・・
息子は自衛隊から逃げてきてウツで入院。

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 関西なまりの男48歳 妻50歳 2ヶ月前から別居中 娘21歳 息子20歳

ドリアン助川:
もしもし?・・

相談者:
あ・・

ドリアン助川:
テレフォン人生相談ですう。
え、今日どんなご相談ですか?

相談者:
離婚ん、して、ええもんか?悪いか?、ちょっと迷ってまして・・

ドリアン助川:
離婚するかどうかで迷ってるってことですか?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい

相談者:
離婚調停え・・あの、申し立てられたんですけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
調停不成立っていうことで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
そっから先、どうしてええんか?、こうしてええんか?ちゅうのがちょっと自分自身分からなんで、途方に暮れて困ってるんですけど。

ドリアン助川:
んで電話をく、くださったと?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はいはい
あ、あなた様おいくつですか?

相談者:
48です。

ドリアン助川:
48歳。奥さんは?

相談者:
えー50歳です。

ドリアン助川:
お子さんはいらっしゃるんですか?

相談者:
二人です。

ドリアン助川:
二人?

相談者:
下あ、が、長男で・・え、二十歳。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で上の子が女の子でえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
21

ドリアン助川:
一緒に暮らしてるんですか?

相談者:
長男の方がですね・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
嫁のお、ですね、母親の方で監禁されてしまいまして。

ドリアン助川:
え?

相談者:
自衛隊行かしてたんですねん。
息子、こ、高校卒業してから。

ドリアン助川:
んん

相談者:
ほんでえ、勤務放棄して、

ドリアン助川:
はい

相談者:
帰って来まして、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
怒られるんが嫌やからっていうて、母親が自分の実家に息子を隠したんですわ。
何をここで思ったんか?どう思ったんか?知らんけど監禁してしもたんですわ、6ヶ月。

ドリアン助川:
監禁っていうのは、具、具体的には・・

相談者:
部屋へ鍵、閉じ込められて、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
出してもらえないと。お父さんとこへは、とにかくう、あの、連絡するなと。

ドリアン助川:
はい

相談者:
強要されたっちゅうんです、かなり。

ドリアン助川:
はい

相談者:
ほんで、それに対して、反発してしまうと・・よけい出してくれんと。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
うーん、いうのが、あの、6ヶ月間続いたらしいです。

ドリアン助川:
はあー

相談者:
ほんで、「お前なんでえ、わいとこへ逃げて来ようとせなんだ?」なんて言うたら、
「逃げようとしたんやけど、捕まってしもて、また閉じ込められる」と。
その6ヶ月の間で、もうちょっと精神・・的にもう参って来て、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ほんで医者へ連れてって、その、内科の先生の方から精神科の方へ・・紹介状書いてもろうて、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
「この子、うつ病や」と。

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、医療センターの方へもう入ってる状態なんです。

ドリアン助川:
このことが、離婚の原因、ん・・

相談者:
いや、これはあの、向こうはあの、離婚する裏口実やったんですわ。たまたま、それを結局、ま、いうたら、この精神的におかしいなったんは、わしのせいに被せてくるつもりにしてたんです、あいつら、向こうら、向こうさんが、嫁の・・ま、言うたら嫁の身内周りです。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
もう初めから仕組まれてたんですわ。
これ、「なんでこんな」こ、あの「遠回しなことやったんな?」って言うたら、結局、慰謝料取るさい・・

ドリアン助川:
奥さんの方がね?、離婚したがってるっていうことは他に理由があるんですよね?

相談者:
だもんねえ、その、男おるんやと思うんやけど、それでもう、僕、特定しにかかって、色々調べたりも、したんやけどね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
一回バレてしもたんですわ。
警察、電話、110番通報、放り込めれたんですわ。

ドリアン助川:
え?

相談者:
警察の方からもお、出頭の呼び出しくろうてしもて、

ドリアン助川:
はい

相談者:
「もう、お前、嫁、出たんのやろ?」と。

ドリアン助川:
うん

相談者:
「つけ回すようなことだけはすんな」っていうことで警察が忠告は受けたんです。

ドリアン助川:
うん

相談者:
受けたんやけど、知人のとこは関係ない、僕もストーカー規制法っちゅう、その法律が・・あんまりちゃんと分かってなかって。

ドリアン助川:
はい

相談者:
ほんで、嫁の弟んとこ寄ったんです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
「なんとか、お姉のこの行動止めてくれ」ちゅうことで。

ドリアン助川:
はい

相談者:
今度また警察から電話があって、知人のとこへ来たっちゅうことで、またこれで、また警察から、出頭のもう呼び出しくろうてしもて。
もう、誓約書は書かされるだの、なんなのって、「もうお前、とにかくアクションとにかく起こすな」ってことで、あの、警察の方からもだいぶ怒られたんですわ。

ドリアン助川:
はいはい。その嫁さん出てったのはどれぐらい前?

相談者:
2ヶ月ちょっとぐらいなりますかね?

ドリアン助川:
2ヶ月ちょっと前。

相談者:
はい

ドリアン助川:
21歳の、長女はどうしてるんですか?

相談者:
連れてったんですわ。

ドリアン助川:
あ・・

相談者:
あの・・

ドリアン助川:
一緒に出てった?

相談者:
その子もあのお、鬱になりまして、

ドリアン助川:
あららあ

相談者:
ええ、娘の方も。

ドリアン助川:
はい

相談者:
看護婦やってたんですよ。

ドリアン助川:
はい、はい

相談者:
長期勤務、ちょっと重なってしもうて。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
退院と同時に、どっかへ・・連れて逃げたんですわ、嫁と娘が。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
ええ

ドリアン助川:
そこまで奥さんに、距離を置かれるっていうのは・・何か・・あなたが、理由を作ったってことはないんですか?

相談者:
調停員にも言うたがな、「これなんなん?」ちゅうて言うて、

ドリアン助川:
うん

相談者:
あの、「なんでこんなことするん?」ちゅうて、その理由を言わしにかかったら、理由が出てこんのですわ。

ドリアン助川:
奥さんの方から?

相談者:
ええ

ドリアン助川:
うーん

相談者:
全然。
出て行く前も夫婦喧嘩なんかしてたら、あの、空気読めるんやけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
喧嘩も何もないんですよ。

ドリアン助川:
つまりあなたが、なんか、奥さん殴ったとか・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
あなたに、女がいたとか・・

相談者:
あ、それ、そんな、な、ないです。

ドリアン助川:
それはないんですね?

相談者:
ないです。あの・・

ドリアン助川:
なんにも、じゃ、そのお、こういう破綻してしまった理由が自分に理由がある、とは思えないってことですね?

相談者:
そうです。あの、被害妄想ひどいんです、元々。うちの奥さんが。

ドリアン助川:
今どこにいるのかも分かんないわけですね?

相談者:
分からないです。

ドリアン助川:
んで、向こうの親族一同は、あなたと、全員が距離をとって。

相談者:
はい

ドリアン助川:
何も教えてくれない。何かアクションを起こすと、あなたが警察に逆に怒られると。

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
そういう状況にあって、今どうしたらいいか?分かんないってことですね?

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
えーと、奥さんの方は、でも離婚を、も・・望んでるわけですね?

相談者:
うん、そうです、そうなんです。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、あなたとしては望んでないんですね?

相談者:
そうです。その離婚する理由も見当たらないんですわ。

ドリアン助川:
お金で迷惑、あの、掛けたことはありますか?

相談者:
いやないです。

ドリアン助川:
お酒はどうですか?

相談者:
飲みません。

ドリアン助川:
で、あなたに女性がいるわけでもない?

相談者:
はい

ドリアン助川:
暴力もふるってない?

相談者:
はい

ドリアン助川:
うんー

相談者:
ただ、あの、一つ言えることは、

ドリアン助川:
はい

相談者:
親戚身内周りが、あの、もう、反対なんですわ。

ドリアン助川:
奥さんの親戚が?

相談者:
うん、結局年寄り、あの、き、嫌うとるんですわ。うちのもう、オジとオバを。

ドリアン助川:
はあ、は

相談者:
うん、これは嫁の口から以前から出てます。
結局あんたらの、と、あの、面倒はあの、看やんと。
わたしら、あの「わたしは看る気はない」と。

ドリアン助川:
はい

相談者:
結局なんなんな?ったら、損得勘定ばっかりなんですわ。向こうの結局第三者、嫁の親戚身内周りですね。

ドリアン助川:
ふうーん

相談者:
そっちの方がとにかくもう、子ども成人するまでは、あの、辛抱せえと。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
これ成人して、あの、もうあの、あの・・終えた時に、あのもう、年寄りなんか看たってよ、あの、一銭の得にもなんにもなりゃせえへんから。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
あの・・「『お前おるやおるだけよ、損やさかいに、成人した時に別れて』いうことは、親戚身内周りから以前から言われやんね」っていうことは嫁の口から僕聞いてたんです。

ドリアン助川:
あの、ただ、問題、全部解決しようとしても、これ難しいので、

相談者:
はい

ドリアン助川:
どっか、どういう道筋があるのか?
今日の先生、に相談してみましょう。
今日の回答者、紹介いたします。弁護士の坂井眞先生です。よろしくお願いします。

(回答者に交代)


「パニくる自覚なき関西男。離婚調停を蹴って警察の警告を無視して妻を探す」への6件のフィードバック

  1. 相談者は奥さんを家政婦としか見ていない。
    奥さんは相談者の親類からも家政婦扱いされてたんじゃないでしょうか。
    相談者は今まで奥さんが訴えてる事をちゃんと聞いていなかったんでしょうね。
    子供達が成人した今逃げるのも当然。

  2. 奥さんが前から準備していたのは明らかです。何かを隠して相談しても解決策は見つかりません。
    話し方からあ〜って思ってしまいました。
    すみません…。

  3. この相談者と20数年、結婚生活を続けられた奥さんに感心するよ。
    まくしたてる喋り方、話がかみ合わない頭の悪さ、一緒に居たくないと思うね。
    お祖母ちゃんが、元自衛官を監禁なんて出来るわけない。

  4. 関西は関西でも、特に荒い感じの関西弁でしたね~~~。
    ドラマや映画みたいな凄まじい生活を想像しちゃった(笑。

  5. ラジオを聞いてなくてここを読んだけど、こてこての関西弁すぎてw
    なぜか月亭八方さんで再現されました
    書き起こしすごいです

  6. 浮気しなくても暴力を振るわなくてもどんなイケメンでもこの喋りの人とは5分といられないわ。威圧感半端ない。
    監禁って言葉選びもちょっと。
    粘着質で怖そうな人。皆全力で逃げて欲しい。

コメントはお気軽にどうぞ