ムリと言ったらムリ自営の妻。夜のつき合いを否定され続けた夫の決断

テレフォン人生相談 2020年10月6日 火曜日

会社員だった夫が結婚して3年目ぐらいに自営を継いだぐらいから喧嘩が絶えず、二日前に離婚を決めたと夫に言われたがしたくない。

喧嘩の種は夫の夜のつき合いで、相談者としては頻度の多さと高級クラブで〆る午前様が我慢ならない。
夫としては手伝いもしないで文句だけの妻。
10年ほど前から夫は離婚を口にするようになっていた。

 

つき合いの頻度を減らし、
小言は控える。

たったこれだけで消える喧嘩の種を20数年も温存。
夫婦って不思議。

 

なんでばんざいしてんのやら。
夫がアンタに期待したパソコンの話。

別にプログラマーになれってんじゃあるまい。
とりあえず電子メールと文書作成に経理ソフト。

何がもったいなかったかって、経理を牛耳ることだって出来たのに。

経費でバッグを買うくらいお茶の子さいさい。

夫の行動なんてガラス張り。
高速にいつどこで乗って、どこで降りたか。

なんなら、お店に電話掛けて連れの面子を尋ねることだって、妻ならトンデモだけど、経理なら正当な行為。

盆暮れに付け届けでもすれば、高級クラブの何十分の一の出費で抜群の費用対効果。
経営面から夜のつき合いを減らすことだって出来た。

さらに万一のときはパソコンスキルで派遣登録。

ま、こんだけ損得を言っても、嫌なもんは嫌なのかしら。

アンタね、夫婦喧嘩が日常になってたの。
もはやルーチン。
夫との唯一のコミュニケーション。

どうしたら離婚しないで済むかって、アンタが判子押さなきゃいいだけ。

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女51歳 夫54歳 独立している息子(長男27歳 次男24歳)

続きを読む ムリと言ったらムリ自営の妻。夜のつき合いを否定され続けた夫の決断